2015年

著書

  1. 松井三枝、柴田多美子、少作隆子:前頭葉・実行機能プログラム(FEP)~認知機能改善のためのトレーニング実践マニュアル(Ann Delahunty、Rodney Morice)・臨床家ガイド付き~.新興医学出版社、東京、2015, ISBN978-4-88002-757-9

原著

  1. Uda S, Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Miura K, Kawana I, Noguchi K: Normal development of human brain white matter from infancy to early adulthood: a diffusion tensor imaging study. Developmental Neuroscience, 37, 182-194, 2015. DOI:10.1159/000373885
  2. Tanaka-Arakawa MM, Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Uda S, Miura K, Sakai T, Noguchi K: Developmental changes in the corpus callosum from infancy to early adulthood: A structural magnetic resonance imaging study. PLoS One, 10(3):e0118760, 2015. DOI: 10.1371/journal.pone.0118760.
  3. Miura K, Matsui M, Takashima S, Tanaka K: Neuropsychological characteristics and their association with higher-level functional capacity in Parkinson’s disease. Dementia and Geriatric Cognitive Disorders Extra 2015;5:271-284 . DOI:10.1159/00038133
  4. Nakagawa M, Matsui M, Katagiri M, Hoshino T: Near infrared spectroscopic study of brain activity during cognitive conflicts on facial expressions. Research in Psychology and Behavioral Sciences, 3 (2), 32-38, 2015.DOI: 10.12691/rpbs-3-2-3
  5. Otsuka S, Matsui M, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: The effectiveness and applicability of compensatory cognitive training for Japanese patients with schizophrenia: a pilot study. Advances in Psychiatry, vol. 2015, Article ID 314804, 12 pages, 2015. doi:10.1155/2015/314804.
  6. Omiya H, Yamashita K, Miyata T, Hatakeyama Y, Miyajima M, Yambe K, Matsumoto I, Matsui M, Toyomaki A, Denda K : The effects of cognitive remediation therapy using the frontal/executive program for treating chronic schizophrenia. Open Psychiatry Journal, in press.
  7. Gaynor JW, Stopp C, Wypij D, Andropoulos DB, Atallah J, Atz AM, Beca J, Donofrio MT, Duncan K, Ghanayem NS, Goldberg CS, Hövels-Gürich H, Ichida F, Jacobs JP, Justo R, Latal B, Li JS, Mahle WT, McQuillen PS, Menon SC, Pemberton VL, Pike NA, Pizarro C, Shekerdemian LS, Synnes A, Williams I, Bellinger DC, Newburger JW; International Cardiac Collaborative on Neurodevelopment (ICCON) Investigators, Pizarro C, Sood E, Bellinger DC, Dunbar-Masterson C, Jonas RA, Newburger JW, Ilardi D, Mahle WT, Lewis AB, Pike NA, Bernbaum J, Clancy RR, Gerdes M, Wernovsky G, Zackai EH, DeMare C, Needelman H, Donofrio MT, Glass P, Jonas RA, Skurow-Todd KB, Jacobs JP, Brosig CL, Ghanayem NS, Mussatto KA, Atz AM, Ohye RG, Pearson G, Williams I, Menon SC, Gunn J, Goldsworthy M, Beca J, Atallah J, Rebeyka IM, Robertson CM, Andropoulos DB, Turcich M, Voigt R, Ibuki K, Matsui M, Kakimoto TM, Yoshimura N, Beck I, Knirsch W, Latal B, Synnes A, McQuillen PS, Miller SP, Colditz PB, Robertson DR, Hövels-Gürich H.: Neurodevelopmental outcomes after cardiac surgery in infancy, Pediatrics, 135(5):816-825, 2015. doi: 10.1542/peds.2014-3825.
  8. 宮島真貴、大宮秀淑、山家研司、松井三枝、傳田健三:自閉スペクトラム症に対する前頭葉/実行機能プログラムを用いた認知機能改善療法の効果研究。作業療法、印刷中
  9. 安岡香苗、松井三枝、松岡理、鈴木道雄:アルツハイマー病および軽度認知障害における脳形態,脳機能,神経心理機能の関連-VSRAD,eZISと簡易神経心理検査を用いて―、富山大学医学会誌、印刷中

資料

  1. 松井三枝、大塚貞男:代償的認知トレーニング (Compensatory Cognitive Training : CCT) 日本語版の紹介、精神医学、印刷中

症例報告

  1. 宮島真貴、大宮秀淑、山下聖子、松井三枝、山家研司、傳田健三:前頭葉/実行機能プログラムが有効であった成人期自閉スペクトラム症の1例。最新精神医学、20 (2), 169-175, 2015

学会報告

  1. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: Cognitive remediation therapy focusing upon the strategy coaching in schizophrenia. International Neuropsychological Society 43rd Annual Meeting, 2015, 2, 4-7, Denver, Colorado, USA.
  2. Miura K, Matsui M, Takashima S, Tanaka K: Neuropsychological characteristics and their association with high-level functional capacity in Parkinson’s disease, 25th Annual Rotman Conference on “25 Years of Brain and Aging”, 2015, 3, 9-11, Toronto, Canada.
  3. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: Cognitive remediation therapy focusing upon the strategy coaching for Japanese patients with schizophrenia.15th International Congress on Schizophrenia Research, 2015, 3, 29 – 4.1, Colorado Springs, Colorade, USA.
  4. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: The effectiveness and applicability of compensatory cognitive training in schizophrenia. Symposium [Cognitive rehabilitation and supported employment for persons with schizophrenia], WPA Regional Congress Osaka Japan 2015, 2015, 6, 4-6, Osaka.
  5. Matsui M, Uda S, Tanaka C, Miura K, Kawana I: Development trajectories of human brain white matter from infancy to early adulthood: a diffusion tensor imaging study.2015 International Neuropsychological Society Mid-Year Meeting, 2015, 7, 1-4, Sydney, Australia
  6. Matsui M:The challenges and tips of oral presentations in english. Symposium “Tips for better oral presentations in the international congress”, The 79th Annual Convention of the Japanese Psychological Assosiation, 2015, 9, 22, Nagoya
  7. Takahashi M, Nakashima M, Matsui M: Normal development change of Broca’s area volume from infancy to early adulthood, International Symposium Adolescent brain & mind and Self-regulation, 2015, 11, 1, Tokyo.
  8. 松井三枝、柴田多美子、大宮秀淑、石井政栄:統合失調症の認知機能改善療法の実践ー前頭葉・実行機能プログラムによるアプローチ、ミニワークショップ「認知リハビリテーション」、第34回日本社会精神医学会、2015, 3, 5-6, 富山
  9. 古市厚志、松岡理、中坪太久郎、今村理沙、薮田歩、山本菜々穂、竹内あゆみ、西山志満子、柴田真由子、宮本嘉明、松井三枝、倉知正佳、鈴木道雄:富山大学附属病院における統合失調症の家族の心理教育ー介入3年後の転帰調査、、第34回日本社会精神医学会、2015, 3, 5-6, 富山
  10. 越智大輔、松井三枝,大塚貞男、星野貴俊、石井政栄、樋口悠子,高橋努、鈴木道雄:統合失調症患者における記憶の組織化と前頭前野の脳活動ーNIRSによる活動、第10回日本統合失調症学会、2015, 3, 27-28, 東京
  11. 宮島真貴、山下聖子、松井三枝、山家研司、傳田健三:前頭葉/実行機能プログラムが有効であった成人期自閉スペクトラム症の1例、第49回日本作業療法学会、2015, 6, 19-21, 神戸
  12. 酒井朋子、三上章允、小牧裕司、畑純一、松井三枝,岡原純子、岡原則夫、井上貴司、佐々木えりか、濱田穣、鈴木樹理、宮部ー西脇貴子、松沢哲郎、岡野栄之:ヒト、チンパンジー、コモンマーモセットにおける脳梁発達の比較研究:ヒト特異的な脳構造の発達機構の解明に向けて、第31回日本霊長類学会、2015, 7, 18-19, 京都
  13. 越智大輔、松井三枝,高橋芳雄、大塚貞男、星野貴俊、石井政栄、笹林大樹、樋口悠子,高橋努、鈴木道雄:統合失調症患者における記憶体制化に関わる脳機能の検討、第18回日本光機能イメージング学会、2015, 7, 22, 東京
  14. 松井三枝,宇多聡、田仲千秋、三浦佳代子、川名泉、植松明子、片桐正敏、野口京:乳児から成人早期にわたる脳白質の発達変化-DTI研究、第38回日本神経科学大会、2015, 7, 30, 神戸
  15. 酒井朋子、小牧裕司、畑純一、三上章允、松井三枝,岡原純子、岡原則夫、井上貴司、佐々木えりか、岡野栄之:コモンマーモセット、チンパンジー、ヒトにおける脳梁の発達様式、第38回日本神経科学大会、2015, 7, 30, 神戸
  16. 中島允丈、高橋芳雄、松井三枝: 大脳皮質前頭葉折り畳み構造の健常発達 ―Gyrification Indexを用いて―, 第20回認知神経科学大会、2015, 8, 8-9, 東京
  17. 續木 大介・多賀 厳太郎・保前 文高・中島 允丈・渡辺 はま・檀一平太・松井 三枝:小児脳のMRI構造画像における脳溝・脳回の形態分析, 第20回認知神経科学大会、2015, 8, 8-9, 東京
  18. 松井三枝,宇多聡、田仲千秋、三浦佳代子、野口京:乳児期から成人早期における脳白質構造の発達変化:拡散テンソル画像による検討、第39回日本神経心理学会、2015, 9, 11, 札幌
  19. 松井三枝、佐藤さやか、大塚貞男、大宮秀淑、菊池安希子:公募シンポジウム「統合失調症の認知機能改善へのアプローチ」、日本心理学会第79回大会, 2015, 9, 22-24, 名古屋
  20. 月浦崇、杉田陽一、山口真美、櫻井芳雄、金沢創、松井三枝:公募シンポジウム「生涯学」の創出にむけて:誕生から死までの統合的アプローチ、日本心理学会第79回大会, 2015, 9, 22-24, 名古屋
  21. 三浦佳代子:小講演「神経内科領域における心理学ーパーキンソン患者の神経心理学的機能に着目して」、司会 松井三枝、日本心理学会第79回大会, 2015, 9, 22-24, 名古屋
  22. 松井三枝,宇多聡、田仲千秋、三浦佳代子、野口京:拡散テンソル画像による脳白質構造の発達変化-乳児から青年までの検討、第37回日本生物学的精神医学会、2015, 9, 25, 東京
  23. 松井三枝:統合失調症の認知機能改善療法は神経可塑性にどこまで寄与するか、公開シンポジウム「心の先端研究の現在とこれから」日本学術会議・心の先端研究と心理学専門教育分科会、2015, 10, 10, 富山
  24. 高橋芳雄、松井三枝、越智大輔、小野田佑美、石井政栄、三浦佳代子、上野照子、大塚貞男、古市厚志、笹林大樹、樋口悠子、高橋努、鈴木道雄:統合失調症の認知機能改善療法による神経可塑性の寄与に関する予備的検討、第15回精神疾患と認知機能研究会、2015、11、14、東京
  25. 星野貴俊、越智大輔、松井三枝、大塚貞男、高橋芳雄、鈴木道雄:統合失調症患者の言語記憶過程における方略利用と脳活動:前頭葉活動と意味的クラスタリング方略の関連、第50回北陸心理学会、2015, 12, 5, 金沢

その他

  1. 松井三枝:前頭葉と辺縁系の脳形態発達ー認知機能との関連、新学術領域研究「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」平成26年度第2回領域会議、2015, 3, 14, 東京
  2. 三浦佳代子、松井三枝、高嶋修太郎、田中耕太郎:パーキンソン病患者における神経心理機能と高次生活機能との関連、第14回北陸パーキンソン病研究会、2015, 7, 4, 金沢
  3. 松井三枝:前頭葉と辺縁系の脳形態発達、新学術領域研究「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」Newsletter, 4, 24, 2015
  4. 松井三枝、川名泉、市田蕗子:診断別による成人先天性心疾患の心理・行動の特徴とその関連要因の検討、厚生労働省科学研究費補助金循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業「成人先天性心疾患患者の診療体制の確立に関する研究」平成26年度総括・分担研究報告書、108-125、2015, 8.
  5. 松井三枝:乳児から成人にわたる脳形態発達変化:脳画像研究から、講演、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所、2015, 9, 3, 東京
  6. 中島允丈、高橋芳雄、松井三枝:MRIによる前頭葉脳回化の発達の検討、平成27年度富山大学若手研究者等の学術交流・発表会、2015, 9, 8,富山