2005年

著書

  1. 松井三枝:脳と心―統合失調症患者の認知機能と脳、仲真紀子編、認知心理学の新しいかたち、Pp.208-241, 誠信書房、東京、2005

原著

  1. Suzuki M, Hagino H, Nohara S, Zhou SY, Kawasaki Y, Takahashi T, Matsui M, Seto H, Ono T, Kurachi M.: Male-specific volume expansion of the human hippocampus during adolescence. Cerebral Cortex,15, 187-193, 2005.
  2. Sumiyoshi C, Sumiyoshi T, Nohara S, Matsui M, Kurachi M, Niwa S: Disorganization of semantic memory underlies alogia in schizophrenia: An analysis of verbal fluency performance in Japanese subjects. Schizophrenia Research, 74, 91-100, 2005
  3. Tsunoda M., Kawasaki Y. , Matsui M., Tonoya Y. , Hagino H., Suzuki M. , Seto H. , Kurachi M. : Relationship between exploratory eye movements and brain morphology in schizophrenia spectrum patients -Voxel–based morphometry of three–dimensional magnetic resonance imaging. Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci. ,255, 104-110, 2005.
  4. Suzuki M, Zhou SY, Hagino H, Niu L, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Ono T, Kurachi M.: Morphological brain changes associated with Schneider’s first-rank symptoms in schizophrenia: a MRI study. Psychol Med., 35, 549-560, 2005.
  5. Zhou SY, Suzuki M, Hagino H, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Volumetric analysis of sulci/gyri-defined in vivo frontal lobe regions in schizophrenia: Precentral gyrus, cingulate gyrus, and prefrontal region. Psychiatry Res. 139, 127-139, 2005.
  6. Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Hagino H, Kawasaki Y, Niu L, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Differential contributions of prefrontal and temporolimbic pathology to mechanisms of psychosis. Brain, 128, 2109-2122, 2005.

総説

  1. 松井三枝、倉知正佳:統合失調症の高次脳機能障害、Annual Review 神経2005,325-332,2005
  2. 松井三枝:臨床神経心理学の立場から、基礎心理学研究、24, 40-46, 2005.
  3. 倉知正佳、鈴木道雄、川崎康弘、住吉太幹、松井三枝:統合失調症の脳形態の変化と神経発達障害仮説、脳と精神の医学、15, 427-434, 2005.

症例報告

  1. 田仲耕大, 倉本崇, 鈴木道雄, 川崎康弘, 水上祐子, 松井三枝, 倉知正佳:痴呆様症状を呈したてんかんの1例、精神科、7、85-91,2005.

学会報告

  1. Matsui, M., Tanaka, K., Kurachi, M.: Activation of the frontal cortex during words memory learning in healthy people: a near-infrared spectroscopy study. 6th Tsukuba International Conference on Memory, 2005, 3, Tsukuba
  2. Matsui, M.: Impairment of memory organization in patients with schizophrenia spectrum disorder, Symposia “ Neuropsychology in schizophrenia and medication effects.” 8th World Congress of Biological Psychiatry, 2005, 6, Vienna.
  3. Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Kurachi M.: A possible contribution of prefrontal pathology to mechanisms of psychosis. 8th World Congress of Biological Psychiatry, 2005, 6, Vienna.
  4. Suzuki M, Hagino H, Niu L, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Kurachi M.: Medial temporal volume reduction as a vulnerability marker for schizophrenia. 8th World Congress of Biological Psychiatry, 2005, 6, Vienna.
  5. Matsui, M., Yuuki, H., Kato K., Takeuchi A., Kurachi , M.: Characteristics of neuropsychological profile in patients with schizotypal disorder, 28th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2005, 7, Dublin.
  6. Nishiyama S., Matsui, M.: Mechanism for selective impairment of reading following occipital lobe damage. 28th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2005, 7, Dublin.
  7. Matsui M, Tanaka K, Yonezawa M, Kurachi M: Activation of the frontal cortex during words memory learning: a near-infrared spectroscopy study. 25th Annual Conference of National Academy of Neuropsychology, 2005, 10, Tampa, Florida.
  8. Mikami, A., Nishimura, T., Miwa, T., Matsui, M., Tanaka, M., Tomonaga, M., Matsuzawa, T., Suzjuki, J., Kato, A., Matsubayashi, K., Goto, S., Hashimoto, C. Development of the brain structures in infanct chimpanzees. Soc. for Neurosci. 2005, 11, Washington, DC
  9. 鈴木道雄, Zhou SY, 高橋努,川崎康弘,松井三枝、倉知正佳:統合失調症の病態形成と前頭前野の異常:MRI体積測定による統合失調症型障害との比較、第160回北陸精神神経学会、2005,1、金沢
  10. 川崎康弘, 鈴木道雄,中村主計、高橋努,野原茂、松井三枝、倉知正佳:脳形態所見による統合失調症の診断可能性について、第160回北陸精神神経学会、2005,1、金沢
  11. 松井三枝、住吉太幹、倉知正佳:精神医学研修コース「専門医のための認知・心理学的検査と精神症状評価」、第101回日本精神神経学会、2005、5、大宮
  12. 扇暁子、松井三枝、倉知正佳:統合失調症患者における動物概念構造の分析、第3回日本認知心理学会 2005, 5, 金沢
  13. 高岩亜輝子、桑山直也、久保道也、林央周、松井三枝、遠藤俊郎:CEAおよびCAS前後における高次脳機能評価、第4回日本頚部脳血管治療学会, 2005, 6、奈良
  14. 田仲耕大、倉本崇、鈴木道雄、川崎康弘、水上祐子、松井三枝、倉知正佳:痴呆症状を呈したてんかんの1例、第161回北陸精神神経学会、2005, 6, 金沢 
  15. 松崎多千代、渡辺一洋、渡辺綾佳、市田蕗子、大嶋義博、松井三枝、中澤 潤、広瀬幸美、宮脇利男、八木原俊克:先天性心疾患児における精神運動発達の評価~Bayley scale適応の試み、第41回日本小児循環器学会、2005,7、東京
  16. 角田雅彦、樋口悠子、住吉太幹、松井三枝、鈴木道雄、倉知正佳:統合失調型障害患者における探索眼球運動:統合失調症患者や健常者との比較、第27回日本生物学的精神医学会、2005、7、大阪
  17. 住吉チカ、住吉太幹、野原茂、松井三枝、倉知正佳、丹羽真一:統合失調症患者における精神症状と長期意味記憶機能との関連:語流暢性課題による検討、第27回日本生物学的精神医学会、2005、7、大阪
  18. Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Kurachi M.: Volumetric comparisons of prefrontal cortices between schizotypaldisorder and schizophrenia, 第27回日本生物学的精神医学会、2005、7、大阪
  19. Kawasaki Y, Suzuki M, Sumiyoshi T, Takahashi T, Matsui M, Kurachi M: can structural MRI findings be of diagnostic value for schizophrenia?, 第27回日本生物学的精神医学会、2005、7、大阪
  20. Mikami, A., Nishimura, T, Miwa, T, Matsui, M, Tanaka, M , Tomonaga, M, Matsuzawa, T, Suzuki, J., Kato, A., Matsubayashi, K., Goto, S., Hashimoto, C.: Development of the brain structures in chimpanzee infants. 第28回日本神経科学大会、2005, 7, 東京
  21. 松井三枝、富永大介、三浦利奈、緑川晶、加藤奏、宮森孝史、八田武志:ワークショップ「臨床神経心理学の現況」、第69回日本心理学会大会、2005,9、東京
  22. 加藤奏,松井三枝,結城博実,岩田卓也,谷口茂樹,倉知正佳:児童期統合失調症のための神経心理学的評価、第29回日本神経心理学会、2005、9、京都
  23. 水上祐子、松井三枝、加藤奏、結城博実、葛野洋一、鈴木道雄、倉知正佳:アルツハイマー病患者の神経心理学的機能についての縦断的研究~1年後のフォローアップ~、第29回日本神経心理学会、2005、9、京都
  24. 松井三枝、田中邦子、加藤奏、倉知正佳:大学生のMMPIプロフィールと統合失調型人格傾向―6年間の新入生の動向、第25回日本精神科診断学会、2005、9、新潟
  25. 角田雅彦、樋口悠子、住吉太幹、松井三枝、鈴木道雄、倉知正佳:急性一過性精神病性障害患者における探索眼球運動、第162回北陸精神神経学会、2005、9、福井
  26. 荒井宏文、松井三枝:現代のスクリプト構造、第40回北陸心理学会、2005,10、富山
  27. 樋口悠子、住吉太幹、川崎康弘、松井三枝、加藤奏、結城博実、倉知正佳:P300のLORETA解析による脳画像と認知機能に対する第2世代抗精神病薬の効果、第15回日本臨床精神神経薬理学会、2005,10,東京
  28. 水上祐子、松井三枝、加藤奏、結城博実、葛野洋一、鈴木道雄、倉知正佳:アルツハイマー病患者と健常高齢者の神経心理学的機能における差異~1年後のフォローアップ検査から~、第5回精神疾患と認知機能研究会、2005,11,東京
  29. 松井三枝:統合失調症の認知機能障害を神経心理検査から観る、パネルデイスカッション「認知機能障害の探索が明らかにする脳病態」、第5回精神疾患と認知機能研究会、2005,11,東京
  30. 高岩亜輝子、桑山直也、久保道也、林央周、松井三枝、遠藤俊郎:CEAおよびCASにおける術前・術後の高次機能評価、第21回日本脳神経血管内治療学会総会、2005,11、和歌山
  31. 竹内幹伸、林央周、高岩亜輝子、梅村公子、栗本昌紀、平島豊、遠藤俊郎、松井三枝:正常圧水頭症により構成失行を呈した3例、第29回北日本脳神経外科連合学術集会、2005,5、山形
  32. 竹内幹伸、高岩亜輝子、西尾陽一、林央周、栗本昌紀、桑山直也、松井三枝、遠藤俊郎:正常圧水頭症により構成失行を呈した3例、第64回社団法人日本脳神経外科学会総会、2005,10、横浜
  33. 栗本昌紀、上山浩永、永井正一、西尾陽一、竹内幹伸、林央周、平島豊、高岩亜輝子、松井三枝、遠藤俊郎:標準化に向けた覚醒下手術における言語マッピングプログラム、第64回社団法人日本脳神経外科学会総会、2005,10、横浜

その他

  1. 田仲耕大、倉本崇、鈴木道雄、川崎康弘、松井三枝、倉知正佳:痴呆症状を呈したてんかんの症例、第12回臨床精神医学研究会、2005, 2.17、富山
  2. 高岩亜輝子、桑山直也、林央周、竹内幹伸、久保道也、松井三枝、遠藤俊郎:RBANSを用いた高次脳機能評価―血行再建術前後の比較検討―、第19回富山県脳卒中研究会、2005.9.16、富山
  3. 鈴木道雄, 高橋 努, 周 世昱, 川﨑康弘, 角田雅彦, 谷口茂樹, 谷野亮一郎, 松井三枝, 瀬戸 光, 倉知正佳 : 統合失調症の脆弱性と発症に関わる画像診断指標とその成立機序について. 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費「脳画像解析と生物学的指標を用いた精神疾患の診断と治療効果の判定への応用に関する研究」研究報告会, 2005, 12, 東京.
  4. 松井三枝、荒井宏文:スクリプトの構造―2005年の調査から―、富山医科薬科大学一般教育研究紀要、33、47-59, 2005.