2020

Journal Articles (English)

  1. Tohda C, Matsui M, Inada Y, Yang X, Kuboyama T, Kimbara Y, Watari H : Combined treatment with two water extracts of Eleutherococcus senticosus leaf and rhizome of Drynaria fortunei enhances cognitive function: a placebo-controlled, randomized, double-blind study in healthy adults. Nutrients,12(2). pii: E303. doi: 10.3390/nu12020303, 2020.
  2. Hori H, Itoh M, Yoshida F, Lin M, Niwa M, Hakamata Y, Ino K, Imai R, Ogawa S, Matsui M, Kamo T, Kunugi H, Kim Y: The BDNF Val66Met polymorphism affects negative memory bias in civilian women with PTSD. Scientific Reports, in press.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M,  Ebina K,Inada Y, Higuchi Y, Suzuki M: Study on frontal personality characteristics of schizophrenia. International Neuropsychological Society 48th Annual Meeting, 2020, 2, 5-8, Denver. (poster)

2020年

著書

  1. 松井三枝:精神疾患と社会脳ー認知機能障害からみた統合失調症、苧阪直行(編)、学術会議叢書26 社会脳から心を探るー自己と他者をつなぐ社会適応の脳内メカニズムー、公益財団法人日本学術協力財団、東京、pp125-146, 2020.2.

原著

  1. Tohda C, Matsui M, Inada Y, Yang X, Kuboyama T, Kimbara Y, Watari H : Combined treatment with two water extracts of Eleutherococcus senticosus leaf and rhizome of Drynaria fortunei enhances cognitive function: a placebo-controlled, randomized, double-blind study in healthy adults. Nutrients,12(2). pii: E303. doi: 10.3390/nu12020303, 2020.
  2. Hori H, Itoh M, Yoshida F, Lin M, Niwa M, Hakamata Y, Ino K, Imai R, Ogawa S, Matsui M, Kamo T, Kunugi H, Kim Y: The BDNF Val66Met polymorphism affects negative memory bias in civilian women with PTSD. Scientific Reports,10, 3151 (2020). https://doi.org/10.1038/s41598-020-60096-1.
  3. 稲田祐奈、松井三枝、川崎裕香子、吉田丈俊:Bayley発達検査の縦断比較による極低出生体重児の発達特徴、脳と発達、52(1), 16-21, 2020.

総説・論説・紹介

  1. 松井三枝:前頭葉・実行機能プログラム(Frontal/Executive Program: FEP) 日本語版、Clinical Neuroscience, 38 (2), 247-249, 2020

学会報告

  1. Matsui M,  Ebina K,Inada Y, Higuchi Y, Suzuki M: Study on frontal personality characteristics of schizophrenia. International Neuropsychological Society 48th Annual Meeting, 2020, 2, 5-8, Denver. (poster)
  2. 木下雅史, 松井三枝, 蝦名昴大, 稲田祐奈, 齋藤大輔, 中田光俊:認知予備力が影響する脳腫瘍術後慢性期の認知機能と白質神経ネットワークについて、第22回日本ヒト脳機能マッピング学会、3, 6-7, 札幌(口演)、予定→延期
  3. 蝦名昴大, 松井三枝, 木下雅史, 稲田祐奈, 齋藤大輔, 中田光俊:脳腫瘍患者における腫瘍摘出後のワーキングメモリへの認知予備力の影響、第22回日本ヒト脳機能マッピング学会、3, 6-7, 札幌(ポスター)、予定→延期
  4. 蝦名昂大、松井三枝、稲田祐奈、中田翔太郎,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症の前頭葉性パーソナリテイ特徴に関する研究、第15回日本統合失調症学会、2020、3,20-21, 富山 (ポスター)、予定→延期
  5. 松井三枝、永井知代子、梅田聡、熊田孝恒、月浦崇:シンポジウム「神経心理学と認知心理学の接点」、日本認知心理学会第18回大会、2020、6,6-7, 金沢、予定

その他

  1. 稲田祐奈、松井三枝:極低出生体重児の乳幼児期の言語発達、第9回金沢大学認知科学シンポジウム「認知機能と言語コミュニケーションの発達」、2020, 3,  6, 金沢(学内)、予定

2019年

原著

  1. Kawasaki Y, Yoshida T, Matsui M, Hiraiwa A, Inomata S, Tamura K, Makimoto M, Oishi K: Clinical factors that affect the relationship between head circumference and brain volume in very-low-birth-weight infants. Journal of Neuroimaging, 29(1), 104-110, 2019
  2. Hakamata Y, Sato E, Tagaya H, Matsui M, Mizukami S, Komi S, Izawa S, Hanakawa T, Kim Y, Moriguchi Y, Motomura Y, Inoue Y: Cortisol-related hippocampal-extrastriate functional connectivity explains the adverse effect of cortisol on visuospatial retrieval. Psychoneuroendocrinology, 104310. doi: 10.1016/j.psyneuen.2019.04.013. in press.
  3. Watari H, Shimada Y, Matsui M, Tohda C: Kihito, a traditional Japanese Kampo medicine, improves cognitive function in Alzheimer’s disease patients. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, doi: 10.1155/2019/4086749. eCollection 2019.
  4. Hiraiwa A, Ichida F, Origasa H, Hirono K, Ibuki K, Oishi K, Matsui M, Yoshimura N, Kawasaki Y: Brain development of children with single ventricle physiology or transposition of the great arteries: A longitudinal observation study, Seminars in Thoracic and Cardiovascular Surgery, in press https://doi.org/10.1053/j.semtcvs.2019.06.013
  5. Hori H, Yoshida F, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Imai R, Ogawa S, Matsui M, Kamo T, Kunugi H, Kim Y: Proinflammatory status-stratified blood transcriptome profiling of civilian women with PTSD., Psychoneuroendocrinology,111:104491. doi: 10.1016/j.psyneuen.2019.104491. in press
  6. Tarumi R, Tsugawa S, Noda Y, Plitman E, Honda S, Matsushita K, Chavez S, Sawada K, Wada M, Matsui M, Fujii S, Miyazaki T, Chakravarty M, Uchida H, Remington G, Graff-Guerrero A, Mimura M, and Nakajima S: Levels of Glutamatergic Neurometabolites in Patients with Severe Treatment-Resistant Schizophrenia: a Proton Magnetic Resonance Spectroscopy Study, Neuropsychopharmacology,  doi: 10.1038/s41386-019-0589-z, in press.

学会報告

  1. Matsui M, Inada Y, Ebina K, Higuchi Y, Suzuki M: Pilot study of cognitive reserve in Japanese patients with schizophrenia using Cognitive Reserve Index questionnaire. International Neuropsychological Society 47th Annual Meeting, 2019, 2, 20-23, New York. (poster)
  2. Tarumi R, Tsugawa S, Noda Y, Plitman E, Honda S, Matsushita K, Chavez S, Sawada K, Wada M, Matsui M, Fujii S, Miyazaki T, Chakravarty M, Uchida H, Remingto G, Graff-Guerrero A, MImura M, Nakajima S: Gulutamategic neurometabolite levels in patients with severe treatment-resistant schizophrenia: a cross-sectional 3T proton magnetic resonance spectroscopy study. 32nd ECNP Congress, 2019, 9, 7-10, Copenghagen. (poster)
  3. Tarumi R, Tsugawa S, Noda Y, Plitman E, Honda S, Matsushita K, Chavez S, Sawada K, Wada M, Matsui M, Fujii S, Miyazaki T, Chakravarty M, Uchida H, Remingto G, Graff-Guerrero A, MImura M, Nakajima S: Gulutamategic neurometabolite levels in patients with severe treatment-resistant schizophrenia: a cross-sectional 3T proton magnetic resonance spectroscopy study. 6th Annual Meeting of Asian College of Neuropsychopharmachology, 2019, 10, 11-13, Fukuoka. (poster)
  4. 河野直子、青木宏文、岩本邦弘、松井三枝、尾崎紀夫:MCIが運転能力に与える影響に関するコホート研究、第3回日本安全運転・医療研究会、2019, 1, 27, 東京
  5. 蝦名昂大,松井三枝,稲田祐奈,中田翔太郎,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症患者の主観的認知機能障害、異分野協働懇話会2019(日本心理学会若手心理学者のキャンプセミナー)、2019, 3, 4-5, 京都(ポスター)
  6. 平岩明子、川崎裕香子、草開祥平、田中朋美、伊吹圭二郎、小澤綾佳、廣野恵一、宮一志、松井三枝、芳村直樹、大石健一、市田蕗子、足立雄一:重症先天性心疾患児の学童期までの発達予後:単心室と完全大血管転位における発達検査と頭部MRI検査を用いた脳体積の比較、2019、5,31、第61回日本小児神経科学会、名古屋、(優秀口演賞)
  7. 荒川(河野)直子、松井三枝、尾崎紀夫、青木宏文:MCI評価に関するRBANS-Jの指標特性、第34回日本老年精神医学会、2019, 6, 6-8, 仙台(ポスター)
  8. 蝦名昂大,松井三枝,稲田祐奈,佐藤邦子:大学生への認知トレーニング有用性の検討、第24回認知神経科学会学術集会、2019,7、13-14、東京(口演)
  9. 稲田祐奈,蝦名昂大,佐藤邦子、樋口杏、松井三枝:. 現代日本人の余暇活動の実態調査~臨床余暇活動尺度作成のために~、第24回認知神経科学会学術集会、2019,7、13-14、東京(口演)
  10. 小久保奈緒美、齊藤勇二、横井優磨、丸尾和司、吉本定伸、鈴木健文、松井三枝、三村將、堀越勝: UX-TMTを用いた主観的認知機能を規定する行動指標探索の試み、第24回認知神経科学会学術集会、2019,7、13-14、東京(口演)
  11. 小野靖樹、佐藤邦子、菊知充、松井三枝:精神疾患における前頭葉機能低下の関連要因:予備的検討、第22回日本光脳機能イメージング学会学術集会、2019, 7, 20、東京(ポスター+フラッシュトーク)
  12. 佐藤邦子、稲田祐奈,蝦名昂大,松井三枝:うつ傾向とレジリエンスの関係、日本心理学会第83回大会、2019, 9, 11-13, 大阪府茨木市(ポスター)
  13. 稲田祐奈,蝦名昂大,佐藤邦子、松井三枝:現代日本人における余暇活動の実態、日本心理学会第83回大会、2019, 9, 11-13, 大阪府茨木市(ポスター)
  14. 松井三枝:精神疾患の自己主体性;苧阪直行、松井三枝、今水寛、渡邊正孝、矢追健、坂田省吾、苧阪満里子:公募シンポジウム「融合社会脳研究ー自己の主体性を考える」、日本心理学会第83回大会、2019, 9, 11-13, 大阪府茨木市
  15. 松井三枝、稲田祐奈、蝦名昂大、佐藤邦子、濱貴子、石岡良子:認知予備力指標評価について、第39回精神科診断学会、2019, 9, 20, 京都(ポスター)
  16. 蝦名昂大、松井三枝、稲田祐奈、中田翔太郎,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症の前頭葉性パーソナリテイ特徴に関する検討、第19回精神疾患と認知機能研究会、2019、11,9, 東京
  17. 住吉チカ、松井三枝、倉井正佳、橋本亮太、吉村直記、住吉太幹:カテゴリ流暢性課題を利用した統合失調症患者の高次認知機能の評価:最近の研究動向、第19回精神疾患と認知機能研究会、2019、11,9, 東京
  18. 蝦名昂大、稲田祐奈、佐藤邦子、松井三枝、石岡良子:仕事の複雑性測度の妥当性、第54回北陸心理学会大会、2019,12,8、富山
  19. 佐藤邦子、稲田祐奈、蝦名昂大、松井三枝:うつ傾向と運動習慣の関係、第54回北陸心理学会大会、2019,12,8、富山
  20. 稲田祐奈、金沢創、松井三枝:幼児の嗅覚検査開発における予備的検討、第54回北陸心理学会大会、2019,12,8、富山
  21. 酒井渉、野口裕之、松井三枝:学生相談における危機レベルと精神的健康度との関連について-項目反応理論を用いて、第54回北陸心理学会大会、2019,12,8、富山
  22. 齋藤 大輔、蝦名 昂大、木下 雅史、稲田 祐奈、中田 光俊、松井 三枝:認知予備力が認知機能に及ぼす影響:器質性脳疾患における脳機能画像による検討、第17回日本ワーキングメモリ学会、2019, 12, 14, 京都
  23. 蝦名 昂大、木下 雅史、稲田 祐奈、齋藤 大輔、中田 光俊、松井 三枝:脳腫瘍患者における腫瘍摘出後のワーキングメモリへの認知予備力の影響、第17回日本ワーキングメモリ学会、2019, 12, 14, 京都

その他

  1. 松井三枝:生涯学の挑戦について、平成30年度法人主導(トップダウン)型研究課題キックオフセミナー、2019,3,16、金沢
  2. 河野 直子, 青木 宏文, 尾崎 紀夫, 岩本 邦弘, 松井 三枝:軽度認知障害が運転能力に与える影響に関する追跡調査 中高年期のモビリティ確保による健康増進に向けた萌芽的研究、 大和証券ヘルス財団研究業績集、42, 150-155, 2019.
  3. 松井三枝、濵貴子:認知予備力指標尺度の開発ー仕事の複雑性・余暇活動とメンタルヘルスの関連、男女参画共同研究支援成果報告会、2019, 6, 10, 金沢
  4. 松井三枝:特集「認知症の診断・治療と心理学の役割」特集の趣旨、学術の動向、24(5)、9、2019
  5. 松井三枝:特集「認知症の診断・治療と心理学の役割」表紙の画、学術の動向、24(5)、3、2019

6. 松井三枝、岩原昭彦、平井啓、三村將、坂爪一幸、緑川晶:高次脳機能障害の実際と心理学の役割、日本心理学会公開シンポジウム、2019, 10, 6, 東京

7. 松井三枝、岩原昭彦、平井啓、森悦朗、平林一、小海宏之:高次脳機能障害の実際と心理学の役割、日本心理学会公開シンポジウム、2019, 11, 10, 金沢

8.Inada Y, Ebina K, Sato K, Matsui, M: Actual conditions of Japanese leisure activities. St Petersburg University – Kanazawa University Joint Symposuim on Psychology, 2019, 10, 15, Kanazawa

9. Ebina K, Matsui M, Inada Y, Nakada S, Higuchi Y, Suzuki M: Subjective and objective cognitive functioning in patients with schizophrenia. St Petersburg University – Kanazawa University Joint Symposuim on Psychology, 2019, 10, 15, Kanazawa

10. Sato K, Inada Y, Ebina K, Matsui M: The relations between depression and resilience.  St Petersburg University – Kanazawa University Joint Symposuim on Psychology, 2019, 10, 15, Kanazawa

11. Matsui M: Compensatory cognitive training for schizophrenia. St Petersburg University – Kanazawa University Joint Symposuim on Psychology, 2019, 10, 15, Kanazawa

12. Matsui M: The challenge to lifelong science -to live better in a super-aged society-. Kanazawa University Prioritized Research Fund : International Symposium, 2019, 11, 3, Kanazawa シンポジウムポスター20191103E

13. 松井三枝:編集後記、心理学の諸領域、8 (1), 13, 2019.

 

 

金沢大学におけるメンタルヘルス対策

きぃつけまっし(安全で快適な学生生活のために)

「金沢の方言?」と言えば,かなりの人がこの「…しまっし」(…しなさい)という言い方を真っ先に思いつくでしょう。
市内の多くの看板や交通標識にもこの「~しまっし」という言い方は頻繁に使われる程,金沢では日常的に使う方言といえましょう。(金沢市ホームページ:いいねっと金沢関連サイトから)

この「きぃつけまっし」は,これから皆さんが直面するかもしれない色々な出来事や事態に対して,上記金沢方言の「気をつけてくださいね」という意味合いと,「Key(あるいはKeyとなる知識や心構え)をつけてくださいね」という意味合いとを併せ持っていて,すこしでも役に立てればの思いでつけられたタイトルです。
いつも身近において、卒業まで役立ててください。

心と身体の健康管理・悩み事
金沢大学の学生相談支援体制
金沢大学では,入学した学生を卒業まで”いつも誰かが心にかけている”ことができるよう,全学的な相談支援体制をとっています。身近な相談相手としてはアドバイス教員がいます。所属している研究科等に関することは,各研究科等を担当する学生課の窓口が対応します。その他に,保健管理センター学生相談室,総合教育棟のなんでも相談室「よるまっし」,また,就職支援室や障がい学生支援室での相談もあります。
困ったら相談しよう !  大学に行けない,人間関係で悩んでいる,気分が落ち込む…などなんでもオーケーです。
下記のいくつかの相談窓口があります。

〈アドバイス教員〉
• 皆さんには,一人ひとりにアドバイス教員(指導教員以外の教員)がついています。研究科等や学年によって,どの教員がアドバイス教員になるかは違います。割り振りされているところや,クラス担任が兼ねているところ,ゼミや演習の教員が兼ねているところなどがあります。自分のアドバイス教員が誰なのかを必ず確認しておいてください。
• アドバイス教員の役割は,皆さんが学生生活をスムーズに送る応援をすることです。学業面や生活面のわからないことを聞いたり,相談してみてください。適切な情報を教えてくれたり,よい相談先を紹介してくれたり,アドバイスをしてくださるでしょう。
• アドバイス教員とうまくいかないなぁ。。。意思の疎通ができないなぁ。。。などお悩みの場合は所属研究科等の学生課に相談してみてください。きっと相談に乗ってくれますよ。

〈研究科等相談窓口・相談室〉(各研究科等教員による学生相談)
各研究科等の学生課に学生相談窓口があります。学業や学生生活上の相談,修学や進路に関する相談には特に力になってもらえるでしょう。また,どんなところへ相談したら良いかも教えてもらえます。

〈なんでも相談室-よるまっし-〉
• 場所は総合教育講義棟2階奥の学務係向かいにあります。学期中の平日に開いています(相談担当者名を記した開室日程表を月ごとに相談室前に掲示します)。電話,メールで予約も受け付け,相談日時を調整することも可能です。
• “よるまっし”というのは,金沢の方言で「寄っていきなさい」「寄ってみませんか」という意味です。分からないことや困ったことがあれば,どうぞお気軽にお立ち寄りください!教員または学生相談員が相談にのり,必要に応じて他の先生や窓口を紹介することもあります。当然のことながら相談内容について秘密は厳守します。
• 開室日時 平日の10:30~17:00

〈保健管理センター学生相談室〉
●保健管理センター学生相談室とは?
学生生活において直面する様々な悩みや問題について,心理カウンセラー(臨床心理士)が専門的な立場から秘密厳守で相談にのります。大学でのカウンセリングサービスを学生相談といいます。人との関係や自分の性格といった精神的な悩み,学業や進路に関する悩み,不眠や食欲不振などの身体的な悩みなど,困ったことがあったら,予約を取って相談に来てください。
カウンセリングの主体はあくまで相談者本人にあります。心理カウンセラーは相談者の困っていることや希望を聞き,問題を整理することによって,相談者が自分なりの解決法を得やすいように支援します。その他にも,相談者の希望に応じて,専門的な情報を伝える,関係者の間に入って環境を調整する,適切な人物や機関の紹介をするなど,様々なことを行います。
相談室に行くことに抵抗があり,インターネットで解答を探したり,SNSで相談したりする人も増えていると思いますが,個別の悩みや問題の解決策は簡単に見つかるものではありません。友達や家族に相談しても悩みや問題が継続する場合は,カウンセリングを利用してみてください。友達や家族が困っているという場合も,利用できます。必要なときに人に頼れるような柔軟性も獲得していきましょう。
●保健管理センター学生相談室の場所は?
学生相談室は,保健管理センター本部(本部棟)と南分室(自然科学本館)にあります。この他,保健学類の学生相談室にも火曜日12:15~16:00,人間社会系の学生相談室にも火曜日12:15~16:00に心理カウンセラーが待機しています。休業期間中不在のこともありますので,予約してください。
●カウンセリング(学生相談)の申し込み先は?
多くの学生がカウンセリングを利用しています。相談したいと思ったら,まずは電話かメールで次の連絡先に連絡して予約をとってください。直接,保健管理センターに来てもらってもよいですが,当日相談できないこともありますのでご了承ください。ただし,緊急性の高い場合はすぐに保健管理センターに来てください。
受付時間 月曜~金曜 午前8時半~午後5時;休業期間中も可

〈障がい学生支援室について〉
「障がい学生支援室」は角間キャンパスの本部棟2階にあります。毎週月・水・金曜日の12:10~13:30に,障がい学生支援室員が常駐し,障がいのある学生の修学や生活に関する様々な相談に応じています。障がい学生支援室窓口は,同じ本部棟2階の学生支援課にありますので,何か相談があれば気軽に声をかけてください。
●学生のみなさんへ
大学生活を送るうえで様々なサポートが必要な学生がいます。授業におけるノートテイクもその一つです。ノートテイクは学生の皆さんのサポートが無ければ実現できません。ノートテイクに興味がある方は,是非,学生支援課の窓口にお越しください。待っています!

〈留学生センターへの相談〉
●留学生センターへの相談とは?
留学生本人,留学生を受入れた研究室の学域生,院生,教職員をはじめとする人々から寄せられる,留学生活を送る際に生じる,勉学・経済面・生活面などの多様な問題に対応しています。留学期間は限られていますから,少しでも早く相談に来て,問題解決を図りましょう。なお,プライバシー保護は言うまでもありません。
●国際機構留学生センターと連携して相談に対応する留学生担当教員もいます。

 

*上記金沢大学におけるメンタルヘルス対策は「きぃつけまっし2018年版」より、メンタルヘルスについての取り組みに関して抜粋しています。

学生サポートガイド

自殺とその予防 日本の自殺者は年間約3万人前後で推移しており,社会問題となっています。特に20代を中心とする若い世代の自殺率は高い水準にあり,若者の死因の第一位になっています。自殺防止は大学等の高等教育機関における喫緊の課題です。学生の自殺の危険因子には,経済的困窮や孤立,自殺企図歴や精神疾患との各世代に共通するものだけでなく,学業や研究上の困難,対人関係(親子,家族,友人等)の悩み,進路決定や就職活動の悩み等の学生生活上の諸課題も関連します。
近年の自殺の発生状況に関して,深い悲しみを覚えます。残念ながら自殺を防止するのに決定的な処方箋はありません。しかし,自殺を考えている人は何らかのサインを発していることが多いため,そのことに気づき,傾聴し,専門家につなぎ,見守ることができるよう,教員,職員,専門職等が力を合わせて,全学的に取り組むことが自殺防止につながります。
自殺は本人にとって不幸であるだけでなく,周囲やその人が属する組織に大きな影響を与えます。自殺を予防することは,その人の心のありようを計るということの前に,本人の命や周りの人の幸せ,組織の活動を守るための危機管理であると肝に銘ずるべきです。
<対応> どんなに手を尽くしても,どんなに注意をしていても,自殺は生じてしまうことがあります。残念ながら,自殺に強い親和性を持つ人たちがいます(文豪の太宰治は有名です)。周囲の人たちに罪はありません。しかし,死にたいという気持ち(希死念慮)に気づいたときは,最善の対応をとっておくことが重要です。以下の対応の後,保健管理センターまで一緒に連れて来ていただくか,ご連絡ください。自殺の手段,場所,時期などを考えて身辺整理を考えている(自殺念慮)ことに気づいたときは,家族への連絡も必要です。

<自殺を考えている人に向き合うときの心構え>
1. 自殺についてどこまで考えているのか具体的に聞く。
2. 自殺は肯定も否定もせず,自殺を思うに至った心の苦しみに共感する。
3. 自殺によって解決できる問題と解決できない問題をたずねる。
4. 将来の計画や,跡に残される家族や友人の思いをたずねる。
5. 絶対に自殺しないでほしいと,言葉を尽くして話す。
6. 誰か他に相談したい人がいるかどうかたずねる。
7. 話の最後に自殺は絶対にしないという約束(口約束であっても)をする。
(国立大学法人保健管理施設協議会メンタルヘルス委員会自殺問題検討WG 資料 2010)

うつ病の場合,回復期の途上で逝ってしまうことがよく起こります。本当に心が沈んでいる時は死ぬだけのエネルギーがないために死ねなかったに過ぎず,少し回復して,行動に移すだけのエネルギーが戻ってきたときに自死します。周囲の人たちにとっては,元気が出てきてよかったとほっとしている時期に死なれることになります。
もし,学生がうつ病の治療を受けている場合には,たとえば病院や保健管理センターに通っていても,学生の様子を見ながら,おかしいなと思ったら,どの程度「死にたい気持ち」があるか,確認してあげてください。また,自殺企図をした学生と接している場合には,再び自殺を試みる可能性が極めて高いので,「死にたい気持ち」を時々確認してあげてください。大人が真剣に向き合ってたずねていくことがとても重要です。
<自殺企図・未遂の発生時における対応>
1. 自殺企図・未遂が大学構内で発生した場合,医療と保護のためハイリスク者を医療機関へ搬送する。関係部署の教職員や保健管理センターが複数で対応する。直ちに大学執行部に報告するとともに家族に連絡する。また,消防署へ救急車の出動要請を行う。
2. 自殺企図・未遂が,下宿など学外で発生した場合には,関係部署の教職員や保健管理センターが複数で対応し,大学執行部に報告するとともに家族に連絡する。家族がすぐに現場に出向けない場合には職員が出向くことを了解してもらう。
(国立大学法人保健管理施設協議会メンタルヘルス委員会自殺問題検討WG 資料 2010)

1. 学生相談体制の整備・充実
全学的かつ日常的な教育活動や,学生支援・学生相談を丁寧に行うことが,学生の自殺防止につながります。周囲のサポートが得られることは自殺の防御因子となります。日本学生支援機構では,大学において学生相談に従事する学識経験者を中心に調査研究を行い,その成果を次のように取りまとめました。以下は,平成19年3月に発表された「大学における学生相談体制の充実方策について」の報告書(要旨)を抜粋したものです。

(1)基本的考え方
ア 教育の一環としての学生支援・学生相談
・学生相談とは:学生が「ニーズを感じた時点」で,「個別相談」を中心とする丁寧なコミュニケーションを通じて,「全人的に」育てていく機能を有するもの
・「学生相談の機能を学生の人間形成を促すものとして捉え直し,大学教育の一環として位置づける必要がある」(廣中レポート)

イ 学生の個別ニーズに対応した学生支援
①学生の多様化と大学全体の学生支援力の強化
・学生の個別性と多様性に配慮しつつ,教育的・成長促進的視点に立った的確な支援
・大学全体の学生支援力の強化

②学生期の課題に応じた学生支援
・入学前後の大きな環境変化に緩やかに移行するよう,きめ細やかな個別支援や導入教育
・インターンシップやボランティア等社会的経験を組み入れた多様な模索を可能にする支援
・卒業に向けて進路決定の具体化と体験を統合する機会の提供
・大学院生に対する研究環境への再適応や就職支援等の社会性形成に向けた個別支援

ウ 「学生支援の3階層モデル」による総合的な学生支援体制
①教職員と専門的カウンセラーの連携・協働
・ここでの標記
「学生相談」:カウンセラーによる心理的・専門的援助活動
「学生支援」:教育及び支援活動における相談機能全般

②学生支援の3階層モデル
第1層 日常的学生支援
第2層 制度化された学生支援
第3層 専門的学生支援

③「学生支援の3階層モデル」の留意点
・各階層間での交流及び連携・協働
・各大学の個性・特色を活かした体制づくり

(2)総合的な学生支援体制の整備
ア 学生支援体制を統括する機能
「学生支援の3階層モデル」が実効あるものとなるために,学生支援体制を統括する機能を大学が有することが重要
学生支援全般について審議・検討する審議会や委員会等の設置
代表責任者に理事や副学長といった全学的な政策決定に直接関与できる者が就任

イ [日常的学生支援(第1層)]-日常的な個別ニーズの把握と対応-
①教職員に求められる基本姿勢と対応
・すべての教職員:学生の発達的な課題や今日的状況への理解,支援的な姿勢
・教員:学生と双方向のコミュニケーションを取りやすくする工夫等
・事務系職員:温かく誠意ある対応等,学生が安心感や信頼感を持てるよう努める

②支援が必要な学生に対しての姿勢
・日々の教育・指導や窓口対応等で,深刻な問題を抱える学生の存在を把握した場合は,学生相談機関をはじめとする必要部署と相談・連携し支援の方途を検討することが重要

③自主的活動に対する支援-学生の相互的成長と社会化の促進-
・学生の自主的活動の意義を認識し,環境整備や情報収集・提供に努め,学生の自主性を尊重した適度な指導・支援を行う必要

ウ [制度化された学生支援(第2層)]-個別ニーズに応える役割・場の工夫-
①教員が担う役割・場の工夫
学生が質問や相談を持ちかけやすい体制づくり
クラス担任制度,アカデミック・アドバイザー,チュートリアル・システム 等

②事務系職員が担う役割・場の工夫
学生の個別ニーズに応える体制づくり
何でも相談窓口(員)の配置,関連窓口の集中配置,カウンターの工夫 等

③学生の相互援助力の活性化
学生相互の自然な助け合いが生じやすいよう,相互援助力を活性化させる試み
ティーチング・アシスタント,ラーニング・アドバイザー(図書館等),ピア・サポート,オリエンテーションでの交流 等

エ [専門的学生支援(第3層)]-個別ニーズに応える専門性の分化と深化-
①専門的学生支援機関の必要性
第1層・第2層のみでは対応できない学生の個別ニーズへの,教育的・専門的支援

②専門的学生支援機関における連携・協働
・対応困難な問題が生じた際に,学内外の連携・協働の核として問題解決に取組む
・専門性を基にした研修やコンサルテーションによって,第1層・第2層を支える役割

③種々の専門的学生支援機関
1. 学生相談(カウンセリングを中心とした専門的な適応支援・教育的支援)
2. 修学相談(修学・学習に関する問題は適応状況や心理状態と密接に関連)
3. 進路・就職相談(生き方の教育であり内的成熟の促進や性格等の吟味等に関し連携)
4. ハラスメント相談(調査や処遇決定は学生相談とは異なる相談ルートが必須)
5. メンタルヘルス相談(カウンセリングと並行して医療的なケアが必要な場合の連携)
6. 留学生支援・相談(異文化適応等の問題や留学する際の事前説明・心の準備等)
⇒基幹となる学生相談と各専門機能との連携・協働を各大学の事情に応じて構築する必要

(3)学生相談体制のあり方-学生相談機関・専門家の充実-
ア 学生相談機関の設置
①学生相談機関の使命
・学生の悩みや困難に対し,カウンセリングを中心とした専門的な適応支援・教育的支援を行い,学生の心理社会的成長・発達・回復を促進すること
・相談活動を通して見えてくる課題について,大学構成員と共有し,大学へ提案・提言
②全学共通基盤としての位置づけ
すべての学生を対象としており,専任の教職員を配置した安定した位置づけを
③学生相談機関の運営
・運営の責任者は,関連機関との連携・協働が必要なため,学生相談に通暁した者
・学生相談機関は,学生・教職員の懲罰や成績評価を決定する機関から中立性を保つ必要
④学生相談機関の倫理
・プライバシーの保護と個人情報保護法の遵守
・情報の開示に関して負う役割の特殊性について大学が認識し周知を図る必要
⑤学生相談機関の施設
専有スペースの保持,安心して相談に集中できる環境,学生が訪れやすい環境

イ 学生相談機関の役割・活動(業務)
①学生相談機関の役割
「個別の心理的援助」「心理教育的役割」「予防・啓発・提言の役割」「危機管理活動への貢献」
②大学における活動(業務)
多様な活動を「援助活動」「教育活動」「コミュニティ活動」「実践研究活動」の4つに分類

ウ カウンセラー等の充実
①カウンセラーの位置づけ
教育機能を担うことや学内ネットワーク構築のため,常勤かつ教員であることが望ましい
②カウンセラーの配置数
10%の来談率(相談に訪れる学生数/全学生数)に対応できるよう,最低限カウンセラー1人/学生3,000人の配置を目指し努力すべき
③カウンセラーの資格
心理臨床や大学教育に関し,しかるべき研修と経験を有する者が配置される必要
④カウンセラーの時間配分
多様な活動を展開しかつ新規相談に即応すべく,面接の割合は勤務時間の65%程度が妥当

エ 学生相談機関からの情報発信
①情報発信の必要性
「総合的な学生支援」と「専門的な学生相談」の連携・協働に向けて情報発信は不可欠
②情報発信のための研究
学生相談機関が得た知見の蓄積を「研究」という形で一般化・共有化して大学教育へ還元
③情報発信の機会
実情報告や委員会等への提言による定期的・継続的な情報発信の機会の整備

オ 学生支援・学生相談の日米比較
日本と米国における学生支援・学生相談の現状と課題の比較(人的配置や予算に大きな差異)

(4)ネットワークづくりと研修体制-学生支援の連携・協働-
ア 諸課題へのネットワークによる対応と留意点-3階層での支援と連携・協働-
①学業不振・不登校学生への支援
[第1層]早期の個別対応に結びつける姿勢,学生の居場所の提供 等
[第2層]不登校傾向の学生の把握・面談・連絡 等
[第3層]保護者,教員,カウンセラー間での継続的な連絡・支援
②自殺をめぐる問題
[第1層]メンタルヘルスに関する基礎的な知識の習得 等
[第2層]教職員・関連部署との情報の共有及び対応の検討
[第3層]学生及び関係者双方の援助,学内外の医療機関とのネットワークの構築
③事件性のある諸問題
[第1層]日常の交流の中でのモラル教育,予防のための啓発活動 等
[第2層]学内外の専門家の助言を参考にしつつ,危機管理マニュアルの整備
[第3層]関係者への心理的援助・助言,危機対応の研修・実践,ネットワークづくり 等
④障がいのある学生への支援
[第1層]障がいに関する基本的な知識の習得 等
[第2層]本人のニーズ把握と支援方策への反映 等
[第3層]カウンセラーによる障がいの受容などの心理的支援,連携体制を作る活動 等

イ 連携・協働のための留意点-守秘義務について-
・日常の学生支援や相談窓口等で得られた学生の個人情報への配慮及び関係諸法規の遵守
・学生の情報を危機対応や教育・指導の目的で共有する場合のマニュアル等の整備
・インフォームドコンセントについての検討及び対応の必要性

ウ 研修体制の充実
①大学教職員のスキルの向上
・大学としての課題及び教職員の個別ニーズに対応した研修機会の提供
・研修費用や研修時間の保証等による研修体制整備,研修を活かした活動実績の肯定的評価
②研修の実施形態
・各大学の状況に即した学内研修及び他大学等の教職員と交流する学外研修の併用
・知識伝達型,体験学習・実習,宿泊型等の研修内容に適した形態の工夫
③日常的なネットワークによる相互研鑽
学生対応の具体的事例や実際の仕事を通じた訓練,日常的な協力体制に基づく相互の研鑽

2. 学生が遭遇する様々な危機
(1)第1の危機:入学~1年前期
「アドバイス教員」の先生は,「初学者ゼミ」等を通じて,担当学生と関わる時間を増やしてください。この時期は,大学になじみ,大学生の生活に慣れることで,「大学生」 になる時期です。この時期につまずく学生が最も多いといわれ,留年や休学・退学にいたる原因や兆候が,この時期から2年生の前半までの間に見られます。不本意入学の場合には欠席が多くなります。最も注意が必要な時期です。担当学生と関わる時間を増やすと,一時的に,学生はアドバイス教員に依存してきますが,学生が大学生活 に順応し始めると,自然と先生から離れて友達との時間を増やしていきます。困った 時には,保健管理センターにご連絡ください。

①人間関係:友達が作れない学生はその後の学生生活が不安定になりがちです。 北陸三県の出身学生は,出身高校の先輩や同輩とのつながりが適応の一助になる場合があります。その他,部活やサークルに入ると,出会いの機会は増えますが,その一方で,いきなりたくさんの刺激を周囲から受けるので,人付き合いの苦手な学生に対して,少人数での人間関係が構築しやすくなるような講義の利用が期待されます。

②勉学:新しい勉強の仕方についての戸惑いが生じます。カリキュラムの組み方,授業の選択,レポート作成など,いろいろなことに適応しなくてはなりません。平成 18年度から開講されている「大学・社会生活論」の枠を有効に活用してください。

③一人暮らし:一人暮らしを始めると,心理的には親からの自立,具体的には自炊を始めとした家事の負担や生活時間の自己管理がスタートします。5月の連 休に帰省をすすめたり,友達の有無を確認するなど,学生が孤立しないように 配慮してください。また,部活/サークルやアルバイトをスムーズに始めた学 生の中には,適応的な場合もあれば,多忙を極めることで孤独感を否認している場合もあるので,少し気に留めながら見守ってあげてください。

(2) 第2の危機
1年生の後半,夏休み明けと学期末は,第2の危機です。入学時または入学後に発生した問題を持ち越していて,この時期に現れてくることがあります。講義の欠席が続くことがあるので,出席を確認してください。他大学を再受験しようと決意する学 生も出てきます。気になる学生がいたら,保健管理センターにご相談ください。

(3) 第3の危機
3年生の前半から4年生の前半までは,第3の危機です。専門分野の学業が気になってくる時期です。留年の可能性に際して,学生相談を必要とする学生には,保健管理センターを紹介してください。また,休学や退学を希望した学生や,病院実習など,実習の直前や終了後に不適応を呈する学生がいたら,保健管理センターを紹介してください。その他,就職活動に際して,目標を見失ったり混乱をきたす学生もいるので,その際は保健管理センターや就職支援室を勧めてください。

大学生が陥りやすい心の病や障がいとその対応
(1) 気分障がい(躁病,うつ病,躁うつ病)
理由もなく,気分がハイになったり,逆に,落ち込んだりすることは誰でも経験するものです。それが極端な形をとるのが「気分障がい」といわれる病気です。どちらか一方だけのものが,躁病またはうつ病で,両方ペアになって現れるのが躁うつ病です。
躁病は,気分と活動性が高まります。軽い躁病の場合には,精力的に勉学して世界 的な業績をあげることも稀ではなく,実業家や政治家として名をなす場合もあります。 高揚の後に落ち込みの来る場合は躁うつ病です。躁病の場合も躁うつ病の躁状態の場 合にも,喉がかれるほどよくしゃべったり,早朝から起きだし周囲を叩き起こしたり 説教したりと,落ち着きがありません。自分本位に動きまわるので周囲の人には迷惑 をかけるのですが,本人は不適応感がないので自分が病気だという病識に欠ける場合が多いです。
うつ病は,躁病とは正反対に,気分の落ち込みと活動性の低下があります。やらな ければならないことばかり頭に浮かびますが,何をするのも億劫で,体がいうことを きいてくれません。これも本人が病気だという病識に欠ける場合が多く,自分は怠けていると思い,自分を責め,自信をなくし,将来への希望を失います。さらには「死にたい」と希死念慮を抱く場合もあります。身体の不調を併発し,漠然とした不調感をはじめ,不眠,頭痛,食欲不振,便秘などもみられます。
<対応> 気分障がいに対しては薬物療法が必要です。適切な医療機関を紹介しますので,保健管理センターへ行くように勧めてください。病識に欠ける場合には,精神的な問題としてではなく,身体的な不調(不眠や食欲不振など)に気遣ってあげると共に,その体調の改善を理由に,保健管理センターへ行くよう指導してください。場合によっては付き添ってあげてください。

(2) 適応障がい,特に強い不安感の場合
ある社会環境においてうまく適応することができず,さまざまな心身の症状があらわれて社会生活に支障をきたした状態を適応障がいといいます。個人要因が大きな役割を果たしていますが,もし心理社会的ストレスがなければこの状態は起こらなかったと考えられることがこの障がいの基本的な概念です。
適応障がいの症状は,不安,抑うつ,焦燥などの情緒的な症状,不眠,食欲不振,腹痛などの身体症状,遅刻,早退,ネット依存などの問題行動があります。そして,次第に引きこもってうつ状態となります。発達障がいの人が適応障がいと診断される場合も多く見られます。
<対応> まず原因となっている心理社会的ストレスを軽減することが第一です。どのようなことがストレスとなっているのかカウンセラーが話を聴き,環境を整えることでなんとかやれるのか,休学して休養することが必要なのか判断しますので,保健管理センターへ行くように勧めてください。病院での薬物療法が必要な場合もあります。

(3) 統合失調症
かつては精神分裂病と呼ばれ,現実的な判断や思考が出来なくなる病気です。約100 人に一人の発症率といわれ,統計学上は,1万人の金沢大学には約100名の学生が統合 失調症に罹患しながらも学業に励んでいることになります。周囲からは,共感の乏しさ,気配りのなさ,約束をすっぽかす,行動に一貫性がない,孤立,奇行,奇妙な理 屈や攻撃的な態度などで目立つ存在になります。意欲の低下,思考のまとまりのなさ, 生活のリズムの崩れなどのために,授業に出ないでアパートにこもり,部屋は雑然, 衣服は汚れ,人が変わったようになる場合もあります。しかしながら,多くの場合, 本人に病識がないために,治療の必要性を認識するに至りません。また,最近では軽 症化する傾向にあり,「うつ病みたい」とか単に「変わり者」ということで,周囲から孤立してしまう危険性があります。
<対応> 適切な薬物療法で寛解が期待できます。病識のない場合が多いので,身体 の不調を気遣いながら,保健管理センターまで一緒に連れてきていただくか,ご連絡 ください。また,家族への連絡も必要となってきますので,ぜひ保健管理センターまでご相談ください。

(4) 神経症~対人恐怖や自己臭症を含めて~
私たちは,葛藤を抱えきれなくなると,神経症を発症します。ドアの鍵やガス栓を 何度も確かめないと気がすまないとか,不合理な考えが繰り返し浮かぶので苦しむ強迫神 経症,特定の物や場所が怖い恐怖症,すりガラスを隔てて見ているようで現実感が持てないという離人症,身体のあちこちがつぎつぎと悪いように思われる心気症,不安 が根底にある不安神経症などがあります。抑うつ気分のつよいものは神経症性うつ病 ともなります。
日本の学生に多いのは,対人恐怖症です。初対面の人や大勢の人の前で緊張するのは 当り前ですが,対人恐怖症は,そこそこ知っているけれども特に親しくはない「半知り」 の人に対して緊張したり,異性に会うと異常に緊張したりするというものです。自分の 視線が他人を傷つけていると思っていたり他人の視線が怖いと感じたりする視線恐怖や, 自分がいやな臭いを出していてまわりに迷惑をかけているという自己臭恐怖もあります。
<対応> 葛藤の内容が学生自身にも分からない場合があります。その時は,保健管理センターなど,学内の相談機関を訪ねるよう勧めてください。

(5) 心身症
身体の症状なのに心理的なストレスが原因であるものや,身体の症状が心理的な影 響を強く受けている場合,そして治療に当って心理的要因を考慮しなければならない 病態を心身症と呼びます。特定の病気ではなく,心身の相互関係が深い場合の総称で す。心身の相関がわかってくるにつれ,心身症に含まれる身体の病気も増えてきまし た。有名なのは,胃・十二指腸の消化性潰瘍,過敏性腸症候群(神経性下痢や便秘), 高血圧症,心臓神経症,筋緊張性頭痛,喘息,過換気症候群(過呼吸症候群),各種ア レルギー疾患,じん麻疹,円形脱毛症,頻尿,夜尿症,月経障がい,インポテンツ,不感 症,腰痛,めまい・耳鳴りなどです。心身症を呈する人は,几帳面で頑張り屋という性 格が基盤にあり,症状を起こす部位の身体的な弱さが関連していると考えられています。
<対応> 多くの場合,自発的に保健管理センターを訪れて,身体の不調を訴えます。 保健管理センターを知らない学生には,ぜひ訪れるよう勧めてください。なお,心 身症は全て心理的要因によって発症するとは限らないので,まずは,それぞれの症状 に応じた診療科で身体の検査を受けることが重要です。

(6) スチューデント・アパシーと引きこもり
スチューデント・アパシーは,無気力学生/退却神経症などとも呼ばれます。長期 欠席学生や留年生の中に高率に見つかります。学生の本分である学業からの退却が主 症状で,朝起きられない,もしくは,たとえ準備して起きても魔法にかかったように授 業には出られない,ところが,サークルやアルバイトには出ることができ,普通に振る 舞っており,内心は苦にしているのに他人に助けを求めないので発見が遅れるなど, 一連の特徴があります。思い切って退学も決断できない,うずくまったような状態です。
下宿にこもり,他者や外界との接触を断ってしまう引きこもりは年々増えています。 親には大学へ行っていると偽りを通し,気付かれることがありません。
<対応> スチューデント・アパシーの場合には,本人と家族が,カウンセラー,更 には担当教員とよく連絡をとって,対処する必要があります。
引きこもりの場合には,教職員はもちろん,友達が連絡をとっても返事をしないことがほとんどなので,家族に連絡をすることが求められます。一度保健管理センターにご相談ください。

(7) 人格障がい(パーソナリティ・ディスオーダー)
人は,思考や行動様式,社会的態度,関心や興味などにおいてそれぞれに一つのまとまりをもった特徴ある型(パターン)をもっています。それは社会生活を送るうえで 本人の生活を向上させ,社会へ貢献するものですが,これが平均的な姿からひどく遊 離してくると,逆に本人ないしは社会のいずれかが悩むほどに個人の生活を阻害し周 囲に困難を引き起こすようになります。このようになると人格障がいとして位置づけられるようになります(南山堂医学大辞典より)。
いくつかのタイプが人格障がいにはあり ますが,中でも,最も周囲が困惑するタイプに境界性人格障がいがあげられます。それ は,良いと悪いという2つの価値観しかない世界の中で生きており,相手に対するネ ガティブな感情を無意識のうちに相手に投影して相手が抱いている感情だとするよう な人たちのことです。言い換えると,それまで好意をもっていたり,味方だと思って いたり,尊敬できると思っていた相手のちょっとした態度によって,態度をがらりと変え,突然その相手を,悪意のある,敵対的で侮辱するに値する人物だと感じてしまうような人です。大学生の場合には,それまで熱心で好意的な態度を示していた学生 が,些細な教員のミスや言葉遣いを契機に,突然「先生は信じられない」といった否定 的な態度を向けてくることがあります。学生は,自分には非がなく,悪いのは教員の 方だと一方的に敵意を向けてくるので,言われる教員にとっては,寝返りをくったような驚きを感じます。
人格障がいのその他のタイプとしては,自分の能力や業績を過度 に誇張し,他人からの賞賛を求め,共感性に欠ける「自己愛性人格障がい」,社会的な規 範にあわせることができず他人の権利を無視し侵害することに無頓着な「反社会的人格障がい」等があります。
<対応> このタイプの学生は,相手を批判し自分を正当化するので,悩んだり考え込んで相談機関を訪れるような場合はほとんどありません。それでいて,周囲を混乱 に巻き込み,調和を乱すので,周囲の学生がとても迷惑をして,教員に相談する場合 があります。まずは,周囲へのサポートが必要になりますので,保健管理センターまでご相談ください。

(8) 発達障がい(アスペルガー症候群など)
発達障がいという言葉からは,知的な問題を連想させるので,大学生とは無縁のよう に思われがちですが,発達障がいとは,知的には問題がなく,「知的障がいのない自閉症」 といわれているものです。(1)社会的相互交渉における質的な障がい,(2)コミュニケーショ ンにおける質的障がい,(3)反復的・常同的行動,狭い関心や活動性,の3つが主な特徴 です。例えば,“あの時に先生からこれをしてくれたから,今度は自分からこうしてあげよう”といった配慮に欠けたり,教員の話は聞かずに,一方的な要求を繰り返したり, 同じセリフを何度も繰り返したりといった状態のことです。つまり,人と人との間に 生じる微妙な機微が読み取れないので,人間関係につまずきやすく,入学後に新しい 友達をつくれなかったり,グループ課題や卒論,修論などの少人数の研究室で活動を する際に,周囲の学生たちから「自分勝手」や「融通の効かない人」といった文句を受け たりと,問題を生じさせることがあります。特に,知的には問題がないので,中間や 期末などの試験では優秀な成績をおさめることが多く,研究室に配属されてから,問題が 表面化することがあります。自分がなぜ注意されるかわからないという場合がありますので,問題が表面化したときに保健管理センターへ行くように勧めてください。
<対応> 発達障害の学生は一人一人の特性が異なるため,個々のアセスメントと支援計画が必要になります。集団行動に支障を来すようになったら,家族の支援が必要になってきます。学生に自覚がある場合は障がい学生支援室,自覚がない場合は保健管理センターへご相談ください。

(9) 性的マイノリティ(LGBTs)
人間のアイデンティティの大きな柱に性的アイデンティティがありますが,学生の中にも次のような性的マイノリティ(セクシュアルマイノリティ,LGBTs)の人が約5%程度いると言われています。
・性的指向(恋愛感情や性的欲求の対象)が同性に向かう人(レズビアン(女性の同性愛者,ゲイ(男性の同性愛者))
・性的指向が両性に向かう人(バイセクシュアル(両性愛者))
・性的指向を持たない人(アセクシュアル,無性愛者)
・出生時の戸籍等の性別と性自認(ジェンダー・アイデンティティ)が一致しない人(トランスジェンダー,なお性同一性障がいは医学的診断名)
・生物学的(身体的)な性の発達が男女に判別しづらい状態にある人(インターセックス,性分化疾患),など。
マジョリティに対してのマイノリティですから,こうした性のあり方が間違っているとかおかしいということではありません。あくまでも一人一人の性的なアイデンティティとして同時に尊重すべきものです。しかし,セクシュアルマイノリティの人は,周囲や社会からの差別や偏見がいまだ根強いために,家族との関係や学生生活,就職活動などで様々な困難に直面することが多くあります。
授業や面談などの際には,こうした学生がクラスや研究室に一人はいるという前提で,そうしたあり方も尊重して話すように配慮してください。また,こうした学生は,セルフエスティーム(自己肯定感)が低くなりやすく,自殺念慮(死にたい気持ち)をもつ割合は6倍というデータもあります。したがって,こうした学生が相談に来た場合は,「セクシュアルマイノリティというあり方も人間のひとつの個性だとして尊重し,とにかくありのままその学生を受け入れる」ということが大切です(異性愛もひとつの個性です)。そして,悩みが深いような場合やご自分にはちょっと対応しきれないと思った場合は,その学生を総合相談室や保健管理センターにつないであげてください。ただし,情報の共有は本人に確認してから行うようにしてください。また,そこにつないだ後も,支持的に寄り添うようなサポートを心がけてください。

具体的な接し方
1.自傷他害と早期発見
まず何よりも重要なことは,さまざまな問題を抱えて悩んでいる学生や病気や障がいをもつ学生を早期に発見し,適切な援助をすることです。このような学生の早期発見や援助には,学生と教室や研究室で,日常直接関わっている教室員同士・教員や学生関係の窓口にいる職員の関与が重要です。自傷他害など緊急の対応が必要な場合があることを考えて,日頃から各学類・研究科等で対応を確認しておいてください。また、緊急時の連絡網を周知しておくことは大事です(教員、職員、あらゆる研究室員が普段から非常事態に備えておくこと)。

(1) 早期発見のために~初期変化への気付き~
ア.変化(症状)の表われ方
心の問題や病気によって起こる変化は,主に3つの面に現われます。その1つは,たとえば,気分が暗くなったり,明るくなったり,奇妙な感じ方や考え方が生じたりなど感情の変化として現われます。2つ目は,学校に行きたくない小学生が登校時間になると頭痛や腹痛を訴えるような,身体の症状として表われるものです。3つ目は,行動の変化として表われるもので,表情や態度,話し方など日常の生活行動の変化として表われてきます。特に,3週続けて講義を欠席した場合は注意してください。

イ.初期に表われやすい変化
このように,心の問題や病気によって起こる変化は様々な形で現われてきますが,周囲の人々によって気づかれやすいのは,日常の生活行動の変化です。そこで,心の病気や不適応の初期症状として行動面に表われやすい変化を以下にまとめておきます。
○キャンパス不適応の初期症状
行動・態度 3週続けて欠席する。遅刻,早退が多くなる。成績が下がる。
人を避ける。無関心になる。ふさぎこむ。
いらだつ。粗暴になる。攻撃的になる。
落ち着きがない。気分の変化が激しい。
衝動的になる。だらしなくなる。
服装や身だしなみが乱れ不潔になる。
表情・話し方  表情は,暗い,固い,うつろな,変化に乏しい。
逆に明るすぎる。
話し方は,無口,あるいは多弁,理屈っぽくなる。
思考・判断  自分本位の思考,主観的な判断,奇妙な考え方。
自分に関係のないことを関係があるように考える。
自分の噂や悪口を言っているなどと他人の言動を気にする。
決断力が乏しく優柔不断になる。あるいは衝動的な決断をする。

ウ.変化に気づこうとする関心/好奇心
このような変化に気づくためには,相手への関心や好奇心が必要になります。普段よりも少しだけ相手に対する関心と好奇心を強くもってください。

< 気になる学生を見かけたら>
ア.声をかける
何となく落ち着きがないとか,表惰が暗いとか,動作がおかしいとか,2週続けて欠席したなど,変化に気づいたら迷わず声をかけてください。声をかけやすい話題は,食欲と睡眠です。
イ.専門家に相談する
話を聞いていて何となく不自然さを感じたり心の病気かもと思われた場合には,保健管理センターにご連絡ください。

(2) 自傷他害の危険性がある場合
他人を傷つけたり自分を傷つけたりすることを自傷他害と呼びます。自傷他害の恐れがある場合は緊急の対応を必要とします。通常このような場合には,その背後に,心の病気が進行していることが多いのですが,あまり気づかれずに,ある日突然,心理的援助の対象となって表われてきます。たとえば,下宿で興奮状態になる,教室で訳の分からぬことを話しだす,研究室で急に泣き出す,他人に暴力を加える,キャンパスの中で不審な行動をとるなど,自らの行動を充分統制することができないものです。不測の事態が予想されるので緊急の援助が必要になります。
このような緊急例に最初に気づくのは学生の身辺にいる人々で,友達や下宿の大家さん,付近の住民,キャンパスの中では学生や教職員などです。下宿の大家さんから「少し様子がおかしい」と連絡が入ることもありますし,友達が何人かで保健管理センターなどに連れてくることもあります。また,関係事務員や担当教員のところへ直接連絡が入ることもあるでしょう。
このような緊急例に対しては,保健管理センターにご連絡ください。時間外に問題が生じた場合は各学類・研究科での対応となりますが,緊急対応の後も問題が継続する場合がありますので,後日でも保健管理センターにご相談ください。
一時的な保護や入院が必要となる場合には,本人の同意が必要ですが,緊急例では本人が判断できないことが多く,家族(保護義務者:通常,両親または両親のいずれかがなる)が決定します。

○ 学生相談に関する参考文献リスト等
1. 大学における学生サポートおよび学生相談に関する資料
「学生相談と心理臨床 心理臨床の実際3」  河合隼雄他(監) 金子書房 (1998)
「メンタルヘルスガイド【充実した大学生活をおくるために】」  松原達哉(編著) 教育出版 (1994)
「大学教職員のための大学生のこころのケア・ガイドブック─精神科と学生相談からの15章」  福田真也(著) 金剛出版(2007)
「学生相談ハンドブック」 日本学生相談学会50周年記念誌編集委員会(編) 学苑社(2010)
2. 心の健康に関する資料
「自殺行動の心理と指導 シンポジアム青年期2 」 上里一郎(編) ナカニシヤ出版 (1980)
「マンガ心のレスキュー パニック・不安・うつ・不眠な時」 越野好文(作) 北大路出版 (2002)
「『ひきこもり』救出マニュアル」 斎藤環著 PHP研究所 (2002)
「大学生のための精神医学(改訂版)」 高橋俊彦・近藤三男 岩崎学術出版社 (2004)
「Q&A 大学生のアスペルガー症候群-理解と支援を進めるためのガイドブック-」 福田真也(著) 明石書店 (2010)
「発達障害大学生支援への挑戦-ナラティブ・アプローチとナレッジ・マネジメント」 斎藤清二(著)、吉永崇史(著)、西村優紀美(著) 金剛出版 (2010)

 

*上記学生サポートガイドは、金沢大学学生サポートガイドブック(2018年版)から、メンタルヘルス対策について、抜粋要約しております。

2019

Journal Articles (English)

  1. Kawasaki Y, Yoshida T, Matsui M, Hiraiwa A, Inomata S, Tamura K, Makimoto M, Oishi K: Clinical factors that affect the relationship between head circumference and brain volume in very-low-birth-weight infants. Journal of Neuroimaging, 29(1), 104-110, 2019
  2. Hakamata Y, Sato E, Tagaya H, Matsui M, Mizukami S, Komi S, Izawa S, Hanakawa T, Kim Y, Moriguchi Y, Motomura Y, Inoue Y: Cortisol-related hippocampal-extrastriate functional connectivity explains the adverse effect of cortisol on visuospatial retrieval. Psychoneuroendocrinology, in press.
  3. Watari H, Shimada Y, Matsui M, Tohda C: Kihito, a traditional Japanese Kampo medicine, improves cognitive function in Alzheimer’s disease patients. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, 2019, 4086749.
  4. Hiraiwa A, Ichida F, Origasa H, Hirono K, Ibuki K, Oishi K, Matsui M, Yoshimura N, Kawasaki Y: Brain development of children with single ventricle physiology or transposition of the great arteries: A longitudinal observation study, Seminars in Thoracic and Cardiovascular Surgery, in press https://doi.org/10.1053/j.semtcvs.2019.06.013
  5. Hori H, Yoshida F, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Imai R, Ogawa S, Matsui M, Kamo T, Kunugi H, Kim Y: Proinflammatory status-stratified blood transcriptome profiling of civilian women with PTSD., Psychoneuroendocrinology, in press
  6. Tarumi R, Tsugawa S, Noda Y, Plitman E, Honda S, Matsushita K, Chavez S, Sawada K, Wada M, Matsui M, Fujii S, Miyazaki T, Chakravarty M, Uchida H, Remington G, Graff-Guerrero A, Mimura M, and Nakajima S: Levels of Glutamatergic Neurometabolites in Patients with Severe Treatment-Resistant Schizophrenia: a Proton Magnetic Resonance Spectroscopy Study, Neuropsychopharmacology, in press.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Inada Y, Ebina K, Higuchi Y, Suzuki M: Pilot study of cognitive reserve in Japanese patients with schizophrenia using Cognitive Reserve Index questionnaire. International Neuropsychological Society 47th Annual Meeting, 2019, 2, 20-23, New York. (poster)
  2. Tarumi R, Tsugawa S, Noda Y, Plitman E, Honda S, Matsushita K, Chavez S, Sawada K, Wada M, Matsui M, Fujii S, Miyazaki T, Chakravarty M, Uchida H, Remingto G, Graff-Guerrero A, MImura M, Nakajima S: Gulutamategic neurometabolite levels in patients with severe treatment-resistant schizophrenia: a cross-sectional 3T proton magnetic resonance spectroscopy study. 32nd ECNP Congress, 2019, 9, 7-10, Copenghagen. (poster)
  3. Tarumi R, Tsugawa S, Noda Y, Plitman E, Honda S, Matsushita K, Chavez S, Sawada K, Wada M, Matsui M, Fujii S, Miyazaki T, Chakravarty M, Uchida H, Remingto G, Graff-Guerrero A, MImura M, Nakajima S: Gulutamategic neurometabolite levels in patients with severe treatment-resistant schizophrenia: a cross-sectional 3T proton magnetic resonance spectroscopy study. 6th Annual Meeting of Asian College of Neuropsychopharmachology, 2019, 10, 11-13, Fukuoka. (poster)
  4. Inada Y, Ebina K, Sato K, Matsui, M: Actual conditions of Japanese leisure activities. St Petersburg University – Kanazawa University Joint Symposuim on Psychology, 2019, 10, 15, Kanazawa (poster)
  5. Ebina K, Matsui M, Inada Y, Nakada S, Higuchi Y, Suzuki M: Subjective and objective cognitive functioning in patients with schizophrenia. St Petersburg University – Kanazawa University Joint Symposuim on Psychology, 2019, 10, 15, Kanazawa (poster)
  6. Sato K, Inada Y, Ebina K, Matsui M: The relations between depression and resilience. St Petersburg University – Kanazawa University Joint Symposuim on Psychology, 2019, 10, 15, Kanazawa (poster)
  7. Matsui M: Compensatory cognitive training for schizophrenia. St Petersburg University – Kanazawa University Joint Symposuim on Psychology, 2019, 10, 15, Kanazawa
  8. Matsui M: The challenge to lifelong science -to live better in a super-aged society-. Kanazawa University Prioritized Research Fund : International Symposium, 2019, 11, 3, Kanazawa

2018

Journal Articles (English)

  1. Nakajima N, Kinoshita M, Okita H, Yahata T, Matsui M, Nakada M: Neural networks mediating high-level mentalizing in patients with right cerebral hemispheric gliomas. Frontiers in Behavioral Neuroscience, 12, 2018, https://doi.org/10.3389/fnbeh.2018.00033.
  2. Narita-Ohtaki R, Hori H, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Imai  R, Ogawa S, Sekiguchi A, Matsui M, Kunugi H, Kamo T, Kim Y: Cognitive function in Japanese women with posttraumatic stress disorder: association with exercise habits. Journal of Affective Disorders, 236, 306-312, 2018. doi:10.1016/j.jad.2018.02.061.
  3. Imai R, Hori H, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Ogawa S, Ishida M, Sekiguchi A, Matsui M, Kunugi H, Akechi T, Kamo T, Kim Y:  Inflammatory markers and their possible effects on cognitive function in women with posttraumatic stress disorder. Journal of Psychiatric Research,102, 192-200, 2018.
  4. Kawasaki Y, Yoshida T, Matsui M, Hiraiwa A, Inomata S, Tamura K, Makimoto M, Oishi K: Clinical factors that affect the relationship between head circumference and brain volume in very-low-birth-weight infants. Journal of Neuroimaging, doi.org/10.1111/jon.12558.2018.09.10.
  5. Miyajima M, Omiya H, Yamashita K, Yambe K, Matsui M, Denda K: Therapeutic responses to a frontal/executive programme in autism spectrum disorser: comparison with schizophrenia. Hong Kong Journal of Occupational Therapy, 31(2):69-75, 2018. doi.10.1177/1569186118808217
  6. Itoh M, Hori H,Lin M, Niwa M, Ino K, Imai R, Ogawa S, Matsui M,  Kamo T, Kim Y: Memory bias and its association with memory function in women with posttraumatic stress disorder. Journal of Affective Disorders, 245, 461-467, 2019. DOI: 10.1016/j.jad.2018.10.365

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Ebina K, Inada Y, Nakada S, Kadomoto E, Higuchi Y, Suzuki M: Subjective and objective cognitive impairment in schizophrenia. International Neuropsychological Society 46th Annual Meeting, 2018, 2, 14-17, Washington, DC.
  2. Matsui M: Age-related cognitive change in Japanese normal adults from 20 to 98 using RBANS. International Neuropsychological Society 2018 Mid-Year Meeting, 2018, 7, 18–20,  Prague, Czech Republic.
  3. Kawasaki Y, Yoshida T, Matsui M, Hiraiwa A, Inomata S, Tamura K, Makimoto M, Oishi K: Head circumference and brain volume. 143nd Annual Meeting of the American Neurological Association, 2018, 10, 21-23, Atlanta (Poster)
  4. Mikami A, Sakai T, Hamada Y, Suzuki J, Miyabe-NIshiwaki T, Matsui M, Oishi K, Matsuzawa T, Tanaka M, Hayashi M, Tomonaga M: Development of the brain structures in chimpanzees and databases of MRI data. Neuroscience 2018, 2018, 11, 5, San Diego (Poster)

2017

Book (English)

  1. Matsui M, Yamashita A, Oishi K (eds):How humans evolved supersize brains : The growth of the brain.Ichiryushobou、Tokyo、2017, ISBN978-4-86431-567-8

Journal Articles (English)

  1. Takahashi M, Matsui M, Nakashima M, Takahashi T, Suzuki M: The callosal size in first-episode schizophrenia patients with illness duration of less than one year: a cross-sectional MRI study. Asian Journal of Psychiatry,, 25, 197-202, 2017.
  2. Sakai T,Komaki Y, Hata J, Okahara J, Okahara N, Inoue T, Mikami A, Matsui M, Oishi K, Sasaki E, Okano H:Elucidation of developmental patterns of marmoset corpus callosum through a comparative MRI in marmosets, chimpanzees, and humans. Neuroscience Research, 122, 25-34, 2017.
  3. Sakai T, Mikami A, Suzuki J, Miyabe-Nishiwaki T, Matsui M, Tomonaga M,  Hamada Y, Matsuzawa T, Okano H, Oishi K: Developmental trajectory of the corpus callosum from infancy to the juvenile stage: comparative MRI between chimpanzees and humans. PLOS ONE, https://doi.org/10.1371/journal.pone.0179624, 2017.
  4. Tsuzuki, D., Homae, F., Taga, G., Watanabe, H., Matsui, M., & Dan, I. Macroanatomical landmarks featuring junctions of major sulci and fissures and scalp landmarks based on the international 10-10 system for analyzing lateral cortical development of infants. Frontiers in Neuroscience, section Evolutionary Psychology and Neuroscience, 11, 394, 2017,doi: 10.3389/fnins.2017.00394
  5. Toda C, Yang X, Matsui M, Inada Y, Kadomoto E, Nakada S, Watari H, Shibahara N: Diosgenin-rich yam extract enhances cognitive function: a placebo-controlled, randomized, double-blind, crossover study of healthy adults. Nutrients,9(10), 2017; doi:10.3390/nu9101160.  

2018年

著書

  1. 松井三枝・井村修(編)日本心理学会(監修)、「病気のひとのこころー医療のなかでの心理学」、誠信書房、2018.1、ISBN978-4414311204

原著

  1. Nakajima N, Kinoshita M, Okita H, Yahata T, Matsui M, Nakada M: Neural networks mediating high-level mentalizing in patients with right cerebral hemispheric gliomas. Frontiers in Behavioral Neuroscience,12, 2018, https://doi.org/10.3389/fnbeh.2018.00033.
  2. Narita-Ohtaki R, Hori H, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Imai  R, Ogawa S, Sekiguchi A, Matsui M, Kunugi H, Kamo T, Kim Y: Cognitive function in Japanese women with posttraumatic stress disorder: association with exercise habits. Journal of Affective Disorders, 236, 306-312, 2018. doi:10.1016/j.jad.2018.02.061.
  3. Imai R, Hori H, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Ogawa S, Ishida M, Sekiguchi A, Matsui M, Kunugi H, Akechi T, Kamo T, Kim Y:  Inflammatory markers and their possible effects on cognitive function in women with posttraumatic stress disorder. Journal of Psychiatric Research, 102, 192-200, 2018. doi:10.1016/j.jpsychires.2018.04.009.
  4. Kawasaki Y, Yoshida T, Matsui M, Hiraiwa A, Inomata S, Tamura K, Makimoto M, Oishi K: Clinical factors that affect the relationship between head circumference and brain volume in very-low-birth-weight infants. Journal of Neuroimaging, doi.org/10.1111/jon.12558.2018.09.10.
  5. Miyajima M, Omiya H, Yamashita K, Yambe K, Matsui M, Denda K: Therapeutic responses to a frontal/executive programme in autism spectrum disorser: comparison with schizophrenia. Hong Kong Journal of Occupational Therapy, 31(2) : 69-75, 2018. doi.10.1177/1569186118808217
  6. Itoh M, Hori H,Lin M, Niwa M, Ino K, Imai R, Ogawa S, Matsui M,  Kamo T, Kim Y: Memory bias and its association with memory function in women with posttraumatic stress disorder. Journal of Affective Disorders, 245, 461-467, 2019. DOI: 10.1016/j.jad.2018.10.365

総説

  1. 松井三枝, 稲田祐奈, 蝦名昂大:統合失調症の認知機能改善療法、精神科、32 (3), 204-210, 2018
  2. 松井三枝:統合失調症の理解と心理学:神経心理学からの紹介、心理学評論、60(4), 237-253, 2017 (2018年3月22日刊行)
  3. 松井三枝:統合失調症の認知機能障害、行動科学、56 (2), 103-116, 2018
  4. 松井三枝:神経心理・認知機能、村井俊哉(企画)「統合失調症」 最新医学 別冊 診断と治療のABC, 136, 95-104, 2018

学会報告

  1. Matsui M, Ebina K, Inada Y, Nakada S, Kadomoto E, Higuchi Y, Suzuki M: Subjective and objective cognitive impairment in schizophrenia. International Neuropsychological Society 46th Annual Meeting, 2018, 2, 14-17, Washington, DC. (ポスター)
  2. Matsui M: Age-related cognitive change in Japanese normal adults from 20 to 98 using RBANS. International Neuropsychological Society 2018 Mid-Year Meeting, 2018, 7, 18–20,  Prague, Czech Republic.(ポスター)
  3. Kawasaki Y, Yoshida T, Matsui M, Hiraiwa A, Inomata S, Tamura K, Makimoto M, Oishi K: Head circumference and brain volume. 143nd Annual Meeting of the American Neurological Association, 2018, 10, 21-23, Atlanta (Poster)
  4. Mikami A, Sakai T, Hamada Y, Suzuki J, Miyabe-NIshiwaki T, Matsui M, Oishi K, Matsuzawa T, Tanaka M, Hayashi M, Tomonaga M: Development of the brain structures in chimpanzees and databases of MRI data. Neuroscience 2018, 2018, 11, 5, San Diego (Poster)
  5. 蝦名昂大,松井三枝,稲田祐奈,中田翔太郎,門本笑花,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症における認知機能の主観評価と客観評価、第193回北陸精神神経学会、2018, 3, 4, 内灘、(口演)
  6. 稲田祐奈,松井三枝,蝦名昂大,中田翔太郎,五十嵐由香梨,門本笑花,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症患者における認知予備能とQOLの関連の検討、第13回日本統合失調症学会、2018, 3, 23, 徳島(ポスター+口頭発表)
  7. 蝦名昂大,松井三枝,稲田祐奈,中田翔太郎,門本笑花,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症患者の認知機能における洞察、第13回日本統合失調症学会、2018, 3, 23, 徳島(ポスター+口頭発表)
  8. 倉知正佳、松井三枝、小林仁志、宮地雅之、高橋伸徳、松原六郎:臨床面接における認知機能評価 I.統合失調症圏患者の機能水準の予測のために、第194回北陸精神神経学会、2018, 7, 29, 富山
  9. 丹野義彦、横田正夫、藤野陽生、古村健、松井三枝:シンポジウム「統合失調症を持つ人への心理的支援:そのサイエンスとアート」、日本心理臨床学会第37回大会、2018,8, 30, 神戸
  10. 河野直子、松井三枝:高齢運転者の個人特性と運転行動、日本心理臨床学会第37回大会、2018, 9, 1 神戸、(口演)
  11. Toda C, Yang X, Inada Y, Matsui M: Diosgenin-rich yam extract enhances dognitive function: a placebo-controlled, randomized, doble-blind, crossover study of healthy adults, 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会合同年会、2018, 9, 7, 神戸(口演)
  12. 今井理紗, 堀 弘明, 伊藤真利子, 林 明明, 丹羽まどか, 井野敬子, 小川 成, 石田牧子, 関口敦, 松井三枝, 功刀浩, 明智龍男, 加茂登志子, 金 吉晴: PTSD女性患者における炎症マーカー:炎症の亢進が認知機能低下に影響を与える可能性, 第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会合同年会、2018, 9, 8, 神戸(ポスター)
  13. 苧阪直行、松井三枝、大平英樹、川畑秀明、坂上雅道、蘆田宏、渡邊正孝、仁平義明、苧阪満里子:融合社会脳研究の創生と展開、学会企画シンポジウム、日本心理学会第82回大会、2018, 9, 26, 仙台
  14. 月浦崇、松井三枝、柴田悠、櫻井芳雄、原田悦子:生涯学の挑戦:超高齢社会の中で幸せに生きるために、公募シンポジウム、日本心理学会第82回大会、2018,9,25、仙台
  15. 清水寛之、松井三枝、宮谷真人、石田雅人、谷内通、原口雅浩、山口浩、田山忠行、森田美弥子:地域心理学会の魅力と課題、公募シンポジウム、日本心理学会第82回大会、2018,9,26、仙台
  16. 稲田祐奈, 松井三枝, 蝦名昂大, 中田翔太郎, 高橋芳雄, 樋口悠子, 鈴木道雄:統合失調症のための認知機能改善療法の効果ー血中BDNFによる検討ー、第18回精神疾患と認知機能研究会、2018, 11, 10, 東京、(口演)
  17. 蝦名昂大,松井三枝,稲田祐奈,中田翔太郎,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症患者の認知機能に対する自己認識の影響、北陸心理学会第53回大会、2018, 12, 8, 金沢、(口演)
  18. 稲田祐奈,松井三枝、川崎裕香子、吉田丈俊:極低出生体重児における発達経過の違いによるBayley-III得点の比較、北陸心理学会第53回大会、2018, 12, 8, 金沢、(口演)、大会賞受賞

その他

  1. 大滝涼子、堀弘明、伊藤真利子、林眠眠、丹羽まどか、伊野敬子、今井里紗、小川成、関口敦、松井三枝、功刀浩、加茂登志子、金吉晴:心的外傷後ストレス障害を有する日本人女性における認知機能:運動習慣との関連、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所平成29年度研究報告会(第29回)、2018, 2, 19, 東京
  2. 松井三枝:統合失調症の認知機能障害、Kanazawa Hokuriku認知科学シンポジウム、2018、3,9、能美市(北陸先端科学技術大学院大学)
  3. 松井三枝:統合失調症の認知機能改善療法(招待講演)、浅香山エリアフォーラム2018、2018, 5, 25, 堺
  4. 岩原昭彦、松井三枝、平井啓、池田学、八田武志、小森憲治郎:認知症医療への心理学的貢献、日本心理学会公開シンポジウム、2018, 10, 7, 京都
  5. 山脇成人、松井三枝、苧阪直行、伊佐正、萩原一郎、川人光男、合原一幸、村上祐子:脳科学と人工知能(AI):その期待と活動、日本学術会議公開シンポジウム、2018, 10, 13, 東京
  6. 苧阪直行、菊知充、大平英樹、高橋英彦、松井三枝、伊藤公雄:社会脳から心を探る、日本学術会議近畿地区会議学術講演会、2018, 10, 20, 京都
  7. 松井三枝:精神疾患の認知機能へのアプローチ、認知心理学会公開シンポジウム「認知心理学のフロンテイアX-司法・医療への貢献ー」2018, 11, 17, 京都(招待講演)
  8. 岩原昭彦、松井三枝、平井啓、成田迅、佐藤眞一、緑川晶:認知症医療への心理学的貢献、日本心理学会公開シンポジウム、2018, 12, 9, 東京
  9. 松井三枝:第46回国際神経心理学会年次大会参加の印象記、心理学の諸領域、7, 31-32, 2018.
  10.  松井三枝:精神神経疾患の認知機能~心理学と医療の架け橋としての神経心理学~、ダイバーシテイ研究環境推進シンポジウム、2018、12、1、金沢、(講演)

 

2017年

著書

  1. Matsui M, Yamashita A, Oishi K (eds):How humans evolved supersize brains : The growth of the brain.Ichiryushobou、Tokyo、2017, ISBN978-4-86431-567-8
  2. 松井三枝:6章5節 脳画像を読む、坂田省吾・山田冨美雄(編)、「生理心理学と精神生理学 第1巻」、北大路書房、pp97-103、2017、ISBN978-4-7628-2972-7

原著

  1. Takahashi M, Matsui M, Nakashima M, Takahashi T, Suzuki M: The callosal size in first-episode schizophrenia patients with illness duration of less than one year: a cross-sectional MRI study. Asian Journal of Psychiatry, 25, 197-202, 2017.
  2. Sakai T, Komaki Y, Hata J, Okahara J, Okahara N, Inoue T, Mikami A, Matsui M, Oishi K, Sasaki E, Okano H: Elucidation of developmental patterns of marmoset corpus callosum through a comparative MRI in marmosets, chimpanzees, and humans. Neuroscience Research, 122, 25-34, 2017.(研究内容)
  3. Sakai T, Mikami A, Suzuki J, Miyabe-Nishiwaki T, Matsui M, Tomonaga M,  Hamada Y, Matsuzawa T, Okano H, Oishi K: Developmental trajectory of the corpus callosum from infancy to the juvenile stage: comparative MRI between chimpanzees and humans. PLOS ONE, https://doi.org/10.1371/journal.pone.0179624, 2017.(研究内容
  4. Tsuzuki, D., Homae, F., Taga, G., Watanabe, H., Matsui, M., & Dan, I. Macroanatomical landmarks featuring junctions of major sulci and fissures and scalp landmarks based on the international 10-10 system for analyzing lateral cortical development of infants. Frontiers in Neuroscience, section Evolutionary Psychology and Neuroscience, 11, 394, 2017, doi: 10.3389/fnins.2017.00394.
  5. Toda C, Yang X, Matsui M, Inada Y, Kadomoto E, Nakada S, Watari H, Shibahara N: Diosgenin-rich yam extract enhances cognitive function: a placebo-controlled, randomized, double-blind, crossover study of healthy adults. Nutrients,9(10), 2017; doi:10.3390/nu9101160.
  6. 稲田祐奈,松井三枝,川崎裕香子,吉田丈俊: 低出生体重児における発達特性の検討:Bayley乳幼児発達検査第3版(Bayley-Ⅲ)を用いて、心理学の諸領域、6、41-48、2017.

総説・論説・紹介

  1. 大宮秀淑、傳田健三、山家研二、松本出、宮島真貴、松井三枝:前頭葉・実行機能プログラム (Frontal/Executive Program: FEP) 日本語版の紹介、精神医学、59 (3), 275-281, 2017.
  2. 松井三枝:心理学から見た症候学、公募シンポジウム1座長記、神経心理学、33, 92-93、2017.
  3. 松井三枝:精神疾患を対象とした神経心理学的アプローチ、神経心理学、33, 94-103、2017.
  4. 松井三枝:精神疾患を対象とした神経心理学的検査の有用性~意味性認知症の症例から~、認知神経科学、19, 149-157, 2017.

学会報告

  1. 松井三枝: 統合失調症の認知機能障害. 第33回日本行動科学学会ウインターカンファレンスin石川, 2017, 2, 27, 白山市, 石川.(招待講演)
  2. 蝦名昂大, 松井三枝, 稲田祐奈, 中田翔太郎, 門本笑花, 大塚貞男, 樋口悠子, 鈴木道雄:統合失調症患者の認知機能における主観評価と客観評価, 第12回日本統合失調症学会、2017, 3, 24, 米子(ポスター発表)
  3. 稲田祐奈,川崎裕香子,吉田丈俊,松井三枝: 極低出生体重児における修正18か月と36か月での縦断的発達指数の検討, 第59回日本小児神経学会学術集会、2017, 6, 15-17, 大阪(口演)
  4. 川崎裕香子,小野洋輔、田村賢太郎、松井三枝、吉田丈俊: 出生後のステロイド投与が修正18か月時の神経学的予後に与える影響, 第59回日本小児神経学会学術集会、2017, 6, 15-17, 大阪(口演)
  5. 平岩明子,田中朋美,宮一志,松井三枝,市田蕗子,足立雄一: 先天性心疾患児の幼児期発達指数は,学童期の知能指数と学習要支援者を予測しうる,  第59回日本小児神経学会学術集会、2017, 6, 15-17, 大阪(口演)
  6. 續木大介, 保前文高, 多賀厳太郎, 渡辺はま, 松井三枝, 檀一平太: 小児脳MRIを対象とした頭表ランドマークと脳特徴点の対応に関する検討-代数的記述および幾何的解析を用いて-. 日本光脳機能イメージング学会 第20回学術集会, 2017, 7, 15, 東京(フラッシュトーク+ポスター)
  7. 松井三枝:精神疾患を対象とした神経心理学的検査の有用性、シンポジウム2「神経心理学的検査法」、第22回認知神経科学会学術集会、2017, 7, 29-30, 東京
  8. 松井三枝:認知機能からみたこころの健康へのアプローチ:精神・神経疾患、シンポジウム「生涯学」の展開:新しい発達観と人生観に向けて、第81回日本心理学会、2017, 9, 21, 久留米
  9. 松井三枝:統合失調症の認知機能へのアプローチ、シンポジウム 心理学領域からの医学・医療、リハビリテーションへの貢献、第81回日本心理学会、2017, 9, 21, 久留米
  10. 蝦名昂大, 松井三枝, 稲田祐奈, 中田翔太郎, 門本笑花, 樋口悠子, 鈴木道雄:統合失調症患者の認知機能に対する洞察、第81回日本心理学会、2017, 9, 21, 久留米 (ポスター発表)
  11. 高橋芳雄、松井三枝、中村和彦:幼児期から成人期にかけてのブローカ野における灰白質体積の発達、第44回日本脳科学会、2017, 10, 14-15, 弘前
  12. 蝦名昂大, 松井三枝, 稲田祐奈, 中田翔太郎, 門本笑花, 樋口悠子, 鈴木道雄:統合失調症患者における認知機能の主観評価と客観評価、第17回精神疾患と認知機能研究会、2017, 11, 11, 東京、(口演)
  13. 稲田祐奈,松井三枝、川崎裕香子,吉田丈俊: Bayley-IIIを用いた極低出生体重児における発達特性の縦断的検討, 北陸心理学会第52回大会、2017, 12, 9, 金沢(口演)
  14. 蝦名昂大, 松井三枝, 稲田祐奈, 中田翔太郎, 門本笑花, 樋口悠子, 鈴木道雄:統合失調症患者の主観的認知機能、北陸心理学会第52回大会、2017, 12, 9, 金沢(口演)

その他

  1. 松井三枝:統合失調症の認知機能へのアプローチ、平成28年度北海道大学ニューロサイエンス・ミーテイング講演会、2017, 2, 3, 札幌(招待講演)
  2. 松井三枝:認知の障害と問題克服の試み、金沢大学人文学類・認知科学合同シンポジウム、2017,3, 20, 金沢(シンポジウム講演)
  3. 松井三枝:研究紹介、金沢大学・北陸先端科学技術大学院大学融合科学共同専攻第2回共同ワークショップ、2017, 9, 25, 金沢
  4. 松井三枝:精神神経疾患の認知機能へのアプローチ:統合失調症を中心に、平成29年度第7回(通算第91回)つるまセミナー、2017, 12, 20, 金沢(学内)

リンク

学内

学会

その他

1991-2000

Book Chapters

English Chapters

  1. Matsui M, Tonoya Y, Kurachi M: Cognitive dysfunction and exploratory eye movements in patients with schizophrenia. In: Contemporary Neuropsychiatry, Springer-Verlag, Tokyo, in press.
  2. Kurachi M., Aso M., Matsui M., Shibata, R., Tanii Y., Sun Y.J., Uehara T., and Saitoh O. : Medial temporal lobe structures and schizophrenia. In: The hippocampus: Functions and clinical relevance. by Kato N. (Ed.), Pp 405-413, Elsevier, Amsterdam, 1996.
  3. Kurachi M., Yuasa S., Matsui M., Kadono, Y.., Aso M., Yasui S., Suzuki M., Sakurai Y. and Seto H. : Simple reaction time and regional cerebral blood flow in patients with schizophrenia. In: The Biology of Schizophrenia. Developments in Psychiatry Vol.10, by Moroji T. and Yamamoto K. (Eds.), Pp71-75, Elsevier, Amsterdam, 1994.

Japanese Book Chapters

  1. Matsui M:Age-related changes of the brain gray and white matter in healthy adults: a quantitative magnetic resonance imaging study. In T Yamashima (ed.), Brain Image, Tokyo、SciMed Pub.、Pp159-168, 1999.
  2. Matsui M, Kurachi M: Schizophrenia. In H. Torii et al (eds.), Neuropsychology and psychiatry. Tokyo: Gakkai Syuppan Center, Pp 171-189, 1996.
  3. Matsui M, Kurachi M: Can cognitive impairement in schizophrenic patients be explained by frontal dysfunction? : Psychophysiological aspect. In T. Kojima, T. Okuma (eds.), Cognitive functions in schizophrenia. Tokyo: Gakkai Syuppan Center, Pp 114-127, 1993.

Journal Articles

English Journal Articles

  1. Sumiyoshi T, Matsui M, Yamashita I, Nohara S, Uehara T, Kurachi M, Sumiyoshi S. Sumiyoshi, C., Meltzer HY: The Effect of Tandospirone, a Serotonin 1A Agonist, on Memory Function in Schizophrenia. Biological Psychiarty, in press
  2. Aso M, Suzuki M, Kawasaki Y, Matsui M, Hagino H, Kurokawa K, Seto H, Kurachi M. Sylvian fissure and medial temporal lobe structures in patients with schizophrenia: a magnetic resonance imaging study. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 55, 49-56, 2001.
  3. Matsuzawa J, Matsui M, Konishi T, Noguchi K, Gur RC, Bilker W, Miyawaki : Age-related volumetric changes of brain gray and white matter in healthy infants and children. Cerebral Cortex, 11, 2001, in press.
  4. Takahashi T, Kawasaki Y, Kurokawa K, Hagino H, Nohara S, Yamashita I, Nakamura K, Murata M, Matsui M, Suzuki M, Seto H, Kurachi M: Volumetric magnetic resonance imaging study of the anterior cingulate gyrus in schizophrenia. Schizophrenia Res. in press.
  5. Kurokawa K, Nakamura K, Sumiyoshi T, Hagino H, Yotsutsuji T, Yamashita I, Suzuki M, Matsui M and Kurachi M: Ventricular Enlargement in Schizophrenia Spectrum Patients with Prodromal Symptoms of Obsessive-Compulsive Disorder. Psychiatry Res:Neuroimaging, 99, 83-91, 2000.
  6. Matsui M, Gur RC, Turetsky BI, Yan M, Gur RE: The relation between tendency for psychopathology and reduced frontal brain volume in healthy people. Neuropsychiatry, Neuropsychology & Behavioral Neurology, 13, 155-162, 2000.
  7. Sumiyoshi T, Matsui M, Yamashita I, Nohara S, Uehara T, Kurachi M, Meltzer HY: Effect of adjunctive therapy with serotnin1A agonist Thandospirone on memory functions in schizophrenia, J Clinical Psychopharmacol, 20, 386-388, 2000.
  8. Nohara S, Suzuki M, Kurachi M, Yamashita I, Matsui M, Seto H, Saitoh O: Neural correlates of memory organization deficits in schizophrenia – a single pho ton emission computed tomography study with 99m Tc-ECD during a verbal learning task-. Schizophrenia Research, 42, 209-222, 2000.
  9. Gur RC, Turetsky BI, Matsui M, Yan M, Bilker W, Hughett P, Gur RE: Sex differences in brain gray and white matter in healthy young adults: correlations with cognitive performance. Journal of Neuroscience, 19:4065-4072, 1999.
  10. Matsui M., Kurachi M., Yuasa S., Aso M., Tonoya Y., Nohara S., and Saitoh O. : Saccadic eye movements and regional cerebral blood flow in schizophrenic patients. Eur. Arch. Psychiatry Clin. Neurosci., 247: 219-227, 1997.
  11. Yuasa S., Kurachi M., Suzuki M., Kadono, Y.., Matsui M., Saitoh O. and Seto H. : Clinical symptoms and regional cerebral blood flow in schizophrenia. Eur. Arch. Psychiatry Clin. Neurosci., 246: 7-12, 1995.
  12. Aso M., Kurachi M., Suzuki M., Yuasa S., Matsui M., and Saitoh O. : Asymmetry of the ventricle and age at the onset of schizophrenia. Eur. Arch. Psychiatry Clin. Neurosci.,245: 142-144, 1995.
  13. Matsui M., Kurachi M.: Impaired saccadic eye movements on stationary targets in patients with schizophrenia spectrum disorder. Eur. Arch. Psychiatry Clin. Neurosci., 245:129-134, 1995.
  14. Kurachi M., Matsui M., Kiba K., Suzuki M., Tsunoda M. and Yamaguchi N. : Limited visual search on the WAIS picture completion test in patients with schizophrenia. Schizophrenia Res.,12: 75-80, 1994.
  15. Tsunoda M., Kurachi M., Yuasa S., Kadono, Y.., Matsui M., Shimizu A. : Scanning eye
  16. movements in schizophrenia. Schizophrenia Res., 7, 159-168, 1992.

Japanese Journal Articles

  1. Yamashita, I、Matsui, M., Kurachi, M.:Development of a word memory test measuring memory organization 、Seishin Igaku、42, 1279-1283, 2000
  2. Niu, L.、Matsui, M.、Yamashita, N.、Kurachi, M.:The relationship between University Personality Inventory (UPI) and Minnesota Multiphasic Personality Inventory (MMPI)..Seishin Igaku、42, 827-833, 2000
  3. Saito, S.、Matsui, M., Niu, L., Watanabe, M.:Assessment of medical interviewing skills with objective structured examination: correlation with cognitive-behavior characteristics、Medical Education、31, 213-219, 2000.
  4. Kobayashi, C.、Matsui, M.、Kurachi, M.、Yuasa, S.、Aso, M.、Matsumoto, K.:Trial of development of disturbance of the self scale for schizophrenia、Hokuriku Seishin Igaku, 10, 41-47,1996.
  5. Matsui, M.,Yuasa, S.,Kurachi, M. :Cognitive functions in patients with schizophrenia. Japanese Journal of Neuropsychology, 9, 47-54, 1993.
  6. Kurachi, M.,Aso, M.,Suzuki, M.,Yasui, S.,Shibata, R.,Murata, M.,Yuasa, S.,Matsui, M., Uehara, T.,Tanii, Y.,Kurata, K.:Brain imaging of schizophrenia: for the understanding of mechanism of treatment-resistancy, Brain Science and Mental Disorders, 4 , 177-185, 1993.
  7. Kurachi, M.,Matsui, M.,Fujii, T.:Brain and verbal comprehension: comparison with dementia of the Alzheimer type and aphasia. Higher Brain Function Research, 13, 174-182, 1993.
  8. Matsui, M.,Kurachi, M.:Eye movements in schizophrenia spectrum patients: comparison with Benton visual retention test and the picture completion of WAIS.Seishin Igaku ・ 35 ・ 635-641, 1993
  9. Naganuma Y,Konishi, T.,Matsui, M.,Hogo, K.,Murakami, M., Yamatani, M.,Okada, T. :The relationship between P300 latencies, and WISC-R and Wechsler memory scale results in epileptic children.No to Hattatu ・ 25 ・515-520,1993.
  10. Matsui, M.、Kurachi, M.,Yuasa, S.、Suzuki, M.:Stroop effect and regional cerebral blood flow in schizophrenic patients. Hokuriku Seishin Igaku, 7, 63-69, 1993.
  11. Matsui, M.,Kurachi, M. : Auditory sentence memory and visual design memory in schizophrenic patients., Seishin Igaku, 34 , 609-613, 1992.
  12. Matsui, M.,Kurachi, M.: Performance of Benton visual retention test in schizophrenic patients., Seishin Igaku, 34 , 1005-1007, 1992.
  13. Matsui, M.,Kurachi, M., Yuasa, S.,Kadono, Y.., Suzuki, M.: Memory functions in schizophrenia: a study with Japanese Selective Reminding Test, Seishin Igaku, 34, 1225-1230, 1992.
  14. Kurachi, M.、Kim, Y.、Kadono, Y..,Yuasa, S.,Matsui, M.:Mini-Dementia Scale for the early diagnosis of dementia、Rinsho Seishin Igaku、20,451-455,1991.
  15. Matsui, M., Kurachi, M.、Kadono, Y.,Tsunoda, M.、Kawai, Y.、Fujii, T.、Tahniguchi, Y.、Funasaka, M.:The relationship between clinical symptoms and WAIS findings in schizophrenia. Seishin Igaku、33,705-712,1991.
  16. Kurachi, M.、Tsunoda, M.、Yuasa, S.,Kadono, Y.,Matsui, M., Shibata, R.、Yasui, S.、Kurachi, T.、Tanii, Y.、Kurata, K.、Sakurai, Y.、Suzuki, M.、Kawasaki, Y.:123I-IMP SPECT findings and the mechanism in schizophrenia、Seisin Sinkei Igaku Zassi、93, 830-835, 1991.

Reviews

  1. Kurokawa, K.、Matsui M.、Kurachi, M.:Assessment of prodromal stage in schizophrenia、Rinsyo Seishin Igaku、29, 629-633, 2000.
  2. Matsui M.:Sex difference in patients with schizophrenia: brain image and neuropsychological approach. Hokuriku Seishin Igaku、13, 1-13, 1999.
  3. Kurachi, M.,Matsui M.: Cognitive structure in patients with schizophrenia.PONS, 12: 9-11, 1993.
  4. Kurachi, M.,Yuasa, S.,Matsui M., Kadono, Y.,Tanii, Y.,Uehara, T.,Yasui, S.,Aso, M.,Suzuki, M. To what extent has schizophrenia a physical basis?, Japanese Journal of Psychiatric Treatment, 7 , 473-483,1992.

Presentations

International meeting

Invitation lecture:
  1. Matsui M.: Impaired saccadic eye movements in schizophrenic patients. International Conference :An Actual Aspects of Physiology, Psychology in Psychiatry, 1995, 7, Vladivostok.
Symposia:
  1. Matsui, M., Tonoya, Y., Kurachi, M.: Cognitive dysfunction and exploratory eye movements in patients with schizophrenia. 3rd International Congress of Neuropsychiatry, Symposia, 2000, 4. Kyoto.
  2. Kurachi M., Yuasa S.,Yasui S., Suzuki M., Matsui M., Aso M., Tanii Y., Shibata R., Murata M., Sakurai Y.: SPECT studies of schizophrenia: a neural network approach. The 7th TIP International Symposium. 1992, 10, Tokyo
General presentation:
  1. Matsui M, Matsuzawa J, Konishi T, Noguchi K, Gur RC : Age-related Volumetric Changes of Brain Gray and White Matter in Healthy Infants and Children. International Neuropsychological Society 29th Annual Meeting, 2001, 2, Chicago.
  2. Matsui M, Yoneyama E, Sumiyoshi T, Noguchi K , Nohara S, Kurachi M , Seto H: Lack of self-control in personality inventory and reduced volume of supplementary motor area. ISBET2001, 2001, 3, Utsunomiya.
  3. Sumiyoshi T, Matsui M, Yamashita I, Nohara S, Uehara T, Kurachi M, Meltzer HY: Effect of adjunctive therapy with serotnin1A agonist Thandospirone on memory functions in schizophrenia, Society for Neuroscience, 2000.11. New Orleans.
  4. Kurokawa, K., Nakamura, K., Hagino, H., Yotsutsuji, T., Yamashita, I., Suzuki, M., Sumiyoshi, T., Matsui, M., Kurachi, M. Ventricular enlargement in schizophrenic patients with prodromal symptoms of obsessive-compulsive disorder. 3rd International Congress of Neuropsychiatry, 2000, 4. Kyoto.
  5. Matsui M, Yamashima T, Kumahashi K, Yukie M, Sugishita M : Paired associate learning impaired by lesion of left perirhinal cortex. 2nd Tsukuba International Conference on Memory. 1999, 12, Tsukuba.
  6. Nohara S, Suzuki M, Kurachi M, Matsui M, Yamashita I, Seto H, Saitoh O: Neural correlates of memory organization deficits in schizophrenia – a single photon emission computed tomography study with 99m Tc-ECD during a verbal learning task-. XI World Congress of Psychiatry, 1998, 8, Humburg, Germany.
  7. Nohara.S, Suzuki.M, Matsui.M, Yamashita.I, Matsumoto.K, Saitoh.O, Kurachi.M.: Verbal Learning Task and Regional Cerebral Blood Flow in Normal Controls and Schizophrenic Patients. 6th World Congress of Biological Psychiatry, 1997, 6, Nice, France.
  8. Matsui M., Kurachi M., Yuasa S., Aso M., Tonoya Y., Nohara S., Saitoh O. : Saccadic eye movements and regional cerebral blood flow in schizophrenic patients. International Symposium Perception, Memory, and Emotion: Frontier in Neuroscience. 1995, 7, Toyama.
  9. Matsui M, Kurachi M: Saccadic eye movements during Picture Completion task in schizophrenic patients. 1993 World Congress World Federation for Mental Health. 1993, 8, Chiba
  10. Yuasa S., Matsui M., Kurachi M.: A SPECT study of schizophrenia: neural network approach. 1993 World Congress World Federation for Mental Health. 1993, 8, Chiba
  11. Matsui M., Kurachi M., Yuasa S., Suzuki M.: Eye movements during Benton visual retention test and regional cerebral blood flow. The Biology of Schizophrenia. The 7th TIP International Symposium. 1992, 10, Tokyo.

Japanese meeting (Invitation and Symposia)

Invitation lecture:
  1. Matsui, M.: Sex difference in patients with schizophrenia: brain image and neuropsychological approach,141 meeting for the Hokuriku Society of Psychiatry and Neurology、1998,9,Kanazawa
Symposia:
  1. Matsui, M.、Kurachi, M.:Cognitive functions in patients with schizophrenia.The16th annual meeting for Japanese neuropsycholgical Society .Symposia concerning cognitive dysfunction, 1992,9、Chiba

Other reports

  1. Matsui, M.,Yuasa, S.,Suzuki, M., Aso, M., Kurachi, M.:Neuropsychological study in patients with schizophrenia. Japanese version of Schizophrenia Bulletin, 3, 92,1993.
  2. Yuasa, S.,Suzuki, M., Aso, M.,Matsui, M., Kurachi, M.:Brain imaging in patients with schizophrenia. Japanese version of Schizophrenia Bulletin, 3, 92-93, 1993.
  3. Matsui, M.,Kurachi, M.:Schizophrenic syndromes, cognitive performance and neurological dysfunction(translation and explanation).Japanese Journal of Psychiatric Treatment, 8, 995-999, 1993.
  4. Matsui, M.,Kurachi, M.:Stop phenomenon of eye movements in schizophrenic spectrum disorder.Seishin Igaku, 35, 1348 , 1993.
  5. Matsui, M.、Niu, L.:Self cognition of personality formation in university students, J Liberal Arts & Sciences、22, 43-45, 1999
  6. Goodall, S., Matsui, M., Sakka, L.: An observational study into the cross-cultural differences of postural-gestural communication between Japanese and non-Japanese, J Liberal Arts & Sciences, 22, 47-59, 1999
  7. Matsui, M.:Change of image to Psychology in university students: investigation before and after lecture, J Liberal Arts & Sciences、23, 63-68, 2000.
  8. Matsui, M., Yuasa, S.、Aso, M.、Kurachi, M.:Re-examination of schizophrenic syndrome: alienation syndrome, J Liberal Arts & Sciences、23, 69-74, 2000.
  9. Matsui, M.:Trial of introduction of the student group-lecture、J Liberal Arts & Sciences、24, 45-56, 2000.
  10. Matsui, M.:Behavioral observations and mental status rating scale、J Liberal Arts & Sciences、24, 37-44, 2000
  11. Matsui, M.:Introduction of neuropsychological tests. J Liberal Arts & Sciences、25, in press.

2001

Book Chapters (English)

  1. Matsui M., Tonoya Y., Kurachi M.: Cognitive dysfunction and exploratory eye movements in patients with schizophrenia. In: Contemporary Neuropsychiatry, Springer-Verlag, Tokyo, Pp.290-295, 2001.

Journal Articles (English)

  1. Sumiyoshi T., Matsui M., Yamashita I., Nohara S., Uehara T., Kurachi M., Sumiyoshi S. Sumiyoshi C., Meltzer H.Y.: The Effect of Tandospirone, a Serotonin 1A Agonist, on Memory Function in Schizophrenia. Biological Psychiarty, 49, 861-868, 2001.
  2. Aso M., Suzuki M, Kawasaki Y., Matsui M., Hagino H., Kurokawa K., Seto H., Kurachi M. Sylvian fissure and medial temporal lobe structures in patients with schizophrenia: a magnetic resonance imaging study. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 55, 49-56, 2001.
  3. Matsuzawa J., Matsui M., Konishi T., Noguchi K., Gur R.C., Bilker W., Miyawaki.T. : Age-related volumetric changes of brain gray and white matter in healthy infants and children. Cerebral Cortex, 11, 335-342, 2001
  4. Sumiyoshi T., Matsui M., Nohara S., Yamashita I., Kurachi M., Sumiyoshi C., Jayathilake K, Meltzer H.Y.: Addition of Tandospirone to neuroleptic treatment enhances cognitive performance in schizophrenia. American Journal of Psychiatry, 158, 1722-1725, 2001.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M., Matsuzawa J., Konishi T., Noguchi K., Gur R.C. : Age-related Volumetric Changes of Brain Gray and White Matter in Healthy Infants and Children. International Neuropsychological Society 29th Annual Meeting, 2001, 2, Chicago.
  2. Matsui M., Yoneyama E., Sumiyoshi T., Noguchi K. , Nohara S., Kurachi M. , Seto H.: Lack of self-control in personality inventory and reduced volume of supplementary motor area. ISBET2001, 2001, 3, Utsunomiya.
  3. Matsui M., Yoneyama E., Sumiyoshi T., Noguchi K. , Nohara S., Kurachi M. , Seto H.: Lack of self-control in personality inventory and reduced volume of supplementary motor area. First Japan International Conference on Early Intervention and Prevention In Psychiatric Disorders, 2001, 6, Naha.
  4. Suzuki M., Kurachi M., Nohara S., Hagino H., Kawasaki Y., Takahashi T., Yotsutsuji T., Nakamura K., Matsui M.: Brain Morphology in Patients with Schizophrenia: Voxel-based Analysis of Structural MRI. In Symposium “Magnetic resonance imaging in psychiatry: Highlights of our current state of knowledge and future directions; 7th World Congress of Biological Psychiatry, 2001,6,Berlin.
  5. Sumiyoshi C., Matsui M., Sumiyoshi T., Yamashita I., Sumiyoshi S., Kurachi M.: Mental structure in schizophrenia assessed by category fluency test: related to verbal intelligence and age of onset. The 24th Annual International Neuropsychological Society; Mid-Year Conference, Brasilia, Brazil, 2001,7.6. J Int. Neuropsychol. Soc. (JINS) 7:421, 2001.
  6. Suzuki M., Nohara S., Hagino H., Kurokawa K., Yotsutsuji T., Kawasaki Y., Takahashi T., Matsui M., Watanabe N., Seto H., Kurachi M.: Regional changes in brain gray and white matter in schizophrenia: A voxel-based analysis of structural MRI using SPM96. 2001 Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum (CINP) Regional Meeting Hiroshima, 2001, 10, Hiroshima.
  7. Sumiyoshi T., Matsui M., Nohara S., Yamashita I., Kurachi M., Sumiyoshi C., Jayathilake K, Meltzer H.Y.: Tandospirone, a serotonin-1A agonist, added to neuroleptic treatment enhances cognitive performance in schizophrenia. 31st Annual Meeting Society for Neuroscience, 2001, 11, San Diego.
  8. Sumiyoshi T., Matsui M., Nohara S., Yamashita I., Kurachi M., Sumiyoshi C., Jayathilake K, Meltzer H.Y.: Addition of Tandospirone to neuroleptic treatment enhances cognitive performance in schizophrenia. American College of Neuropsychopharmacology 2001 Annual Meeting,2001,12, Hawaii.

Other reports (English)

  1. Matsui, M.: Neuropsycho-physiological assessment in schizophrenia. Special lecture of Vanderbilt University Medical Center, 2001, 7, Nashville.

2002

Book Chapters (English)

  1. Matsui, M., Yoneyama, E., Sumiyoshi, T., Noguchi, K., Nohara, S., Kurachi, M., Seto, H. : Poor self-control in personality inventory and reduced volume of supplementary motor area. In Hirata, K., Koga, Y., Nagata, N., Yamazaki, R.(eds.) Recent advances in human mapping : International congress sereies I232, Elsevier, Pp.131-135, 2002.
  2. Matsui, M., Yoneyama, E., Sumiyoshi, T., Noguchi, K., Nohara, S., Seto, H. , Kurachi, M.: Lack of self-control in personality inventory and reduced volume of supplementary motor area, In Ogura, C., Recent advances in early intervention and prevention in psychiatric disorders, Seiwa-Shoten, Pp.268-269, 2002.
  3. Kawasaki, Y.,Nakamura, K., Nohara, S., Hagino, H., Matsui, M., Suzuki, M., Kurachi, M.: Possibility of early diagnosis of schizophrenia by three-dimensional magnetic resonance imaging, In Ogura, C., Recent advances in early intervention and prevention in psychiatric disorders, Seiwa-Shoten, Pp.46-49, 2002.

Journal Articles (English)

  1. Sumiyoshi,C., Matsui, M., Sumiyoshi, T., Yamashita, I., Sumiyoshi, S., Kurachi, M.: Semantic structure in schizophrenia as assessed by the category fluency test: effect of verbal intelligence and age of onset. Psychiatry Research, 105, 187-199, 2002.
  2. Matsui, M., Yoneyama, E., Sumiyoshi, T., Noguchi, K., Nohara, S., Suzuki, M., Kawasaki, Y., Seto , H., Kurachi, M.: Lack of self-control as assessed by a personality inventory is related to reduced volume of supplementary motor area. Psychiatry Research: Neuroimaging, 116, 53-61, 2002.
  3. Matsui, M., Sumiyoshi, T., Niu, L., Kurokawa, K., Kurachi, M.: MMPI profile characteristics of schizotypal personality disorder. Psychiatry and Clinical Neuroscience, 56, 443-452, 2002.
  4. Takahashi T, Kawasaki Y, Kurokawa K, Hagino H, Nohara S, Yamashita I, Nakamura K, Murata M, Matsui M, Suzuki M, Seto H, Kurachi M: Volumetric magnetic resonance imaging study of the anterior cingulate gyrus in schizophrenia. Schizophrenia Res.55, 69-81, 2002.
  5. Suzuki M, Nohara S, Hagino H, Kurokawa K, Yotsutsuji T, Kawasaki Y, Matsui M, Watanabe N, Seto H, Kurachi M: Regional changes in brain gray and white matter in patients with schizophrenia demonstrated with voxel-based analysis of MRI. Schizophrenia Res.55, 41-54, 2002.
  6. Hagino, H, Suzuki M, Mori K, Nohara S, Yamashita I, TakahashiT, Kurokawa K, Matsui M, Watanabe N, Seto H, Kurachi M: Proton magnetic resonance spectroscopy of the inferior frontal gyrus and thalamus, and its relationship to verbal learning task performance in patients with schizophrenia: a preliminary report. Psychiatry and Clinical Neuroscience, 56, 499-507, 2002.
  7. Tonoya Y, Matsui M, Kurachi M, Kurokawa K, Sumiyoshi T: Exploratory eye movements in schizophrenia: effects of figure size and the instruction on visual search. European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience, in press.
  8. Yotsustuji T, Saitoh O, Suzuki M, Hagino H, Mori K, Takahashi T, Kurokawa K, Matsui M, Seto H, Kurachi M : Quantification of lateral ventricular subdivisions in schizophrenia by high-resolution three-dimensional MR imaging. Psychiatry Research: Neuroimaging, in press.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M., Matsuzawa J., Niu L, Konishi T., Noguchi K., Yagi S. : Age-related volumetric changes of prefrontal gray and white matter in healthy infants and children. International Neuropsychological Society 30th Annual Meeting, 2002, 2, Toronto.
  2. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Sumiyoshi S, Kikura Y, Kurachi M.: Impairment of story memory organization in patients with schizophrenia. 3rd Tsukuba International Conference on Memory, 2002, 3, Tsukuba.
  3. Kawasaki Y, Nohara S, Suzuki M, Hagino H, Matsui M, Yamashita I, Chitnis X, McGuire PK, Seto H, Kurachi M: Structural brain differences in patients with schizotypal disorder and schizophrenia using voxel-based morphometry. XIth Binnial Winter Workshop on Schizophrenia, 2002, 3, Davos, Switzerland.
  4. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Sumiyoshi S, Kikura Y, Kurachi M.: Impairment of story memory organization in patients with schizophrenia.  International Neuropsychological Society 25th Mid-Year Meeting, 2002, 7, Stockholm.
  5. Kurachi M, Kawasaki Y, Nohara S, Hagino H, Suzuki M, Matsui M: Brain morphology underlying the vulnerability to schizophrenia. WPA, 2002, 8, Yokohama.
  6. Kawasaki Y, Nohara S, Suzuki M, Hagino H, Matsui M, Kurachi M: MRI studies in schizophrenia-I: voxel-based morphometry. WPA, 2002, 8, Yokohama.
  7. Nohara S, Suzuki M, Hagino H, Kawasaki Y, Mori K, Matsui M, Seto H, Kurachi M : MRI studies in schizophrenia-IV: developmetal changes in adolescence. WPA, 2002, 8, Yokohama.
  8. Mikami A , Matsui M, Nishimura T, Tanaka M, Tomonaga M, Matsuzawa T, Suzuki J, Kato A, Matsubayashi K, Goto S, Hashimoto C: Development of the brain in baby chimpanzees. The 3rd FAONS congress for the Federation of Asia-Oceanian Neuroscience Societies 2002, 9, Seoul, Korea.
  9. Mikami A , Matsui M, Nishimura T, Tanaka M, Tomonaga M, Matsuzawa T, Suzuki J, Kato A, Matsubayashi K, Goto S, Hashimoto C: A MRI Study of Brain Structures in Infant Chimpanzees. COE International Symposium, 2002, 11, Inuyama.

2003

Book Chapters (English)

  1. Kurachi M, Suzuki M, Kawasaki Y, Sumiyoshi T, Matsui M: Pathogenesis of schizophrenia: temporo-frontal two-step hypothesis. In Ono T. et al (eds.) Cognition and emotion in the brain. International congress series 1250, Elsevier, 441-445, 2003.

Journal Articles (English)

  1. Tonoya Y, Matsui M, Kurachi M, Kurokawa K, Sumiyoshi T: Exploratory eye movements in schizophrenia: effects of figure size and the instruction on visual search. European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience, 252: 255-261, 2002.
  2. Yotsutsuji T, Saitoh O, Suzuki M, Hagino H, Mori K, Takahashi T, Kurokawa K, Matsui M, Seto H, Kurachi M : Quantification of lateral ventricular subdivisions in schizophrenia by high-resolution three-dimensional MR imaging. Psychiatry Research: Neuroimaging, 122: 1-12, 2003.
  3. Yoneyama E, Matsui M, Kawasaki Y, Nohara S, Takahashi T, Hagino H, Suzuki M, Seto H, Kurachi M: Gray matter features of schizotypal disorder patients exhibiting the schizophrenia-related code types of the Minnesota Multiphasic Personality Inventory. Acta Psychiatrica Scandinavica, 108:333-340, 2003.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Yuuki H, Kato K, Kurachi M.: The nature of memory impairment in patients with schizophrenia spectrum disorder. 4th Tsukuba International Conference on Memory, 2003, 1, Tsukuba.
  2. Kato K, Matsui M, Kurachi M.: Age-related changes in cognitive function of elderly healthy people: An examination through Mini-Neuropsychological Scale. 4th Tsukuba International Conference on Memory, 2003, 1, Tsukuba.
  3. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Yoneyama E, Kurachi M.: A comparative profile analysis of neuropsychological functioning in schizotypal personality disorder. 14th Annual Meeting of American Neuropsychiatric Association, 2003, 2, Honolulu, Hawaii.
  4. Matsui M, Kato K, Yuuki H, Yoneyama E, Kurachi M.: Neuropsychological profile in schizophrenia and schizotypal personality disorder. 31st Annual International Neuropsychological Society Conference, 2003, 2, Honolulu, Hawaii.
  5. Sumiyoshi C., Sumiyoshi T., Matsui M., Nohara S., Yamashita I., Kurachi M. : Effect of orthography on the verbal fluency performance: Examination using Japanese patients with schizophrenia. The Sixth Biennial Mt. Sinai Conference on Cognition in Schizophrenia, 2003, 3, Colorado Spring, CO, U.S.A.
  6. Sumiyoshi, C., Sumiyoshi, T., Matsui, M., Nohara, S, Yamashita, I., M Kurachi, M., Niwa, S. Effect Of Orthography On The Verbal Fluency Performance: Examination Using Japanese Patients With Schizophrenia. The Sixth Biennial Mt. Sinai Conference on Cognition in Schizophrenia: An Official Satellite of the 2003 International Congress on Schizophrenia Research. 2003, 3, Colorado Spring, CO, U.S.A.
  7. Suzuki M., Zhou S-Y., Kawasaki Y., Hagino H., Takahashi T., Nohara S., Matsui M., and Kurachi M.: Differential involvement of the frontal lobe in schizophrenia and schizotypal disorder. The 16th Congress of the European College of Neuropsychopharmacology, 2003, 9, Prague.
  8. Matsui M, Kato K, Yuuki H, Takeuchi A, Kurachi M : Response characteristics on a guessing task in schizophrenic patients, 26th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2003, 7, Berlin, Germany.
  9. Nishiyama S, Matsui M, Tajiri K, Minami S, Kurachi M : Selective impairment of reading in pure alexia –a case study-, 26th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2003, 7, Berlin, Germany.

2004

Book Chapters (English)

  1. Sumiyoshi T., Matsui M., Nohara S., Yamashita I., Kurachi M., Sumiyoshi C., Jayathilake K. and Meltzer H.Y.: Enhancement of cognitive performance in schizophrenia by addition of tandospirone to neuroleptic treatment. In: Simpson G.M. (Ed). Year Book of Psychiatry & Applied Mental Health (Vol. 2003), Mosby-Year Book Inc., 2003, pp. 329-330.

Journal Articles (English)

  1. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Yoneyama E, Kurachi M: Neuropsychological profile in patients with schizotypal personality disorder or schizophrenia. Psychological Reports, 94:387-397, 2004.
  2. Sumiyoshi C, Sumiyoshi T, Matsui M, Nohara S, Yamashita I, Kurachi M, Niwa S : Effects of orthography on the verbal fluency performance in schizophrenia: examination using Japanese patients. Schizophrenia Research, 69: 15-22, 2004.
  3. Suzuki M, Zhou SY, Hagino H, Takahashi T, Kawasaki Y, Nohara S, Yamashita I, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Volume reduction of the right anterior limb of the internal capsule in patients with schizotypal disorder. Psychiatry Research: Neuroimaging, 130: 213-225, 2004
  4. Niu L, Matsui M, Hagino H, Zhou SY, Takahashi T, Yoneyama E, Kawasaki Y, Suzuki M, Seto H, Ono T, Kurachi M: Volume reduction of the amygdala in patients with schizophrenia: a magnetic resonance imaging study. Psychiatry Research: Neuroimaging, 132: 41-51, 2004.
  5. Matsui M: Impairment of paired associate learning following the perirhinal cortex damage. Journal of Human Environmental Studies, 2: 1-8,2004.
  6. Nakamura K, Kawasaki Y, Suzuki M, Hagino H, Kurokawa K, Takahashi T, Niu L, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Multiple structural brain measures obtained by three-dimensional magnetic resonance imaging to distinguish between schizophrenia patients and normal subjects. Schizophr Bull., 30:393-404, 2004
  7. Kawasaki Y, Suzuki M, Nohara S, Hagino H, Takahashi T, Matsui M, Yamashita I, Chitnis XA, McGuire PK, Seto H, Kurachi M.: Structural brain differences in patients with schizophrenia and schizotypal disorder demonstrated by voxel-based morphometry. Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci. 254:406-414, 2004.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Kato K, Yuuki H, Kurachi M.: Impairment of memory organization in patients with schizophrenia spectrum disorder. 32nd Annual International Neuropsychological Society Conference, 2004, 2, Baltimore.
  2. Matsui M, Sumiyoshi T, Yuuki H, Kato K, Kurachi M.: A breakdown of event schemas in patients with schizophrenia: an examination of their script for shopping at supermarket. 5th Tsukuba International Conference on Memory, 2004, 3, Tsukuba.
  3. Kurachi M., Suzuki M., Kawasaki Y., Matsui M. : Pathogenesis of schizophrenia: Temporo-frontal two-step hypothesis. In Symposium “Brain imaging in adolescents and first-break patients with schizophrenia”; The 24th Congress of Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum (CINP), 2004, 6, Paris.
  4. Suzuki M., Zhou S.-Y., Hagino H., Niu L., Kawasaki Y., Takahashi T., Matsui M., and Kurachi M. : Brain abnormalities associated with Schneider’s first rank symptoms in schizophrenia. The 24th Congress of Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum (CINP), 2004, 6, Paris.
  5. Zhou S.-Y., Suzuki M., Hagino H., Takahashi T., Kawasaki Y., Matsui M., and Kurachi M. : Sulci/gyri defined frontal lobe and its subregions in patients with schizophrenia in vivo. The 24th Congress of Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum (CINP), 2004, 6, Paris.
  6. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Yuuki H, Kurachi M : Impairment of event schema in patients with schizophrenia. Oral session, 27th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2004, 7, Brisbane.
  7. Nishiyama S, Matsui M, Taniguchi S, Kurachi M : Neural mechanism for selective impairment of reading following occipital lobe damage, 27th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2004, 7, Brisbane.
  8. Takeuchi A, Matsui M, Kato K, Yuuki H, Kurachi M: Factor analysis of neuropsychological function on normal population.27th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2004, 7, Brisbane.
  9. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Yuuki H, Kurachi M: Characteristics on everyday cognition in patients with schizophrenia, Symposia, World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004, 2004, 7, Kobe.
  10. Mikami, A., Nishimura, T, Miwa, T, Matsui, M, Tanaka, M , Tomonaga, M, Matsuzawa, T, Suzuki, J., Kato, A., Matsubayashi, K., Goto, S., Hashimoto, C.: Development of the brain structures in chimpanzee infants. IPS,2004,8, Italy.
  11. atsui M, Sumiyoshi T, Yuuki H, Kato K, Kurachi M : Impairment of event schema in patients with schizophrenia: an examination of their script for shopping at supermarket. 24th Annual Conference of National Academy of Neuropsychology, 2004, 11, Seattle.

2005

Journal Articles (English)

  1. Suzuki M, Hagino H, Nohara S, Zhou SY, Kawasaki Y, Takahashi T, Matsui M, Seto H, Ono T, Kurachi M.: Male-specific volume expansion of the human hippocampus during adolescence. Cerebral Cortex,15, 187-193, 2005.
  2. Sumiyoshi C, Sumiyoshi T, Nohara S, Matsui M, Kurachi M, Niwa S: Disorganization of semantic memory underlies alogia in schizophrenia: An analysis of verbal fluency performance in Japanese subjects. Schizophrenia Research, 74, 91-100, 2005
  3. Tsunoda M., Kawasaki Y. , Matsui M., Tonoya Y. , Hagino H., Suzuki M. , Seto H. , Kurachi M. : Relationship between exploratory eye movements and brain morphology in schizophrenia spectrum patients -Voxel–based morphometry of three–dimensional magnetic resonance imaging. Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci., 255, 104-110, 2005.
  4. Suzuki M, Zhou SY, Hagino H, Niu L, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Ono T, Kurachi M.: Morphological brain changes associated with Schneider’s first-rank symptoms in schizophrenia: a MRI study. Psychol Med., 35, 549-560, 2005.
  5. Zhou SY, Suzuki M, Hagino H, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Volumetric analysis of sulci/gyri-defined in vivo frontal lobe regions in schizophrenia: Precentral gyrus, cingulate gyrus, and prefrontal region. Psychiatry Res. 139, 127-139, 2005.
  6. Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Hagino H, Kawasaki Y, Niu L, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Differential contributions of prefrontal and temporolimbic pathology to mechanisms of psychosis. Brain, 128, 2109-2122, 2005.

Presentations in International meeting

  1. Matsui, M., Tanaka, K., Kurachi, M.: Activation of the frontal cortex during words memory learning in healthy people: a near-infrared spectroscopy study. 6th Tsukuba International Conference on Memory, 2005, 3, Tsukuba
  2. Matsui, M.: Impairment of memory organization in patients with schizophrenia spectrum disorder, Symposia “ Neuropsychology in schizophrenia and medication effects.” 8th World Congress of Biological Psychiatry, 2005, 6, Vienna.
  3. Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Kurachi M.: A possible contribution of prefrontal pathology to mechanisms of psychosis. 8th World Congress of Biological Psychiatry, 2005, 6, Vienna.
  4. Suzuki M, Hagino H, Niu L, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Kurachi M.: Medial temporal volume reduction as a vulnerability marker for schizophrenia. 8th World Congress of Biological Psychiatry, 2005, 6, Vienna.
  5. Matsui, M., Yuuki, H., Kato K., Takeuchi A., Kurachi , M.: Characteristics of neuropsychological profile in patients with schizotypal disorder, 28th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2005, 7, Dublin.
  6. Nishiyama S., Matsui, M.: Mechanism for selective impairment of reading following occipital lobe damage. 28th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2005, 7, Dublin.
  7. Matsui M, Tanaka K, Yonezawa M, Kurachi M: Activation of the frontal cortex during words memory learning: a near-infrared spectroscopy study. 25th Annual Conference of National Academy of Neuropsychology, 2005, 10, Tampa, Florida.

2006

Journal Articles (English)

  1. Matsui M, Sumiyoshi T, Yuuki H, Kato K, Kurachi M: Impairment of event schema in patients with schizophrenia : Examination of script for shopping at supermarket. Psychiatry Research, 143 (2-3), 179-187, 2006.
  2. Matsui M, Yuuki H. Kato K, Kurachi M: Impairment of memory organization in patients with schizophrenia or schizotypal disorder, Journal of International Neuropsychological Society,12, 750-754, 2006.
  3. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Kawasaki Y, Matsui M, Kato K, Yuuki H, Arai H, Kurachi M: Electrical brain activity and response to olanzapine in schizophrenia: A study with LORETA images of P300. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, 30, 1299-1303, 2006.
  4. Takahashi T, Suzuki M, Zhou SY, Tanino R, Hagino H, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Morphologic alterations of the parcellated superior temporal gyrus in schizophrenia spectrum. Schizophr Res. 83, 131-143, 2006.
  5. Kurimoto M, Asahi T, Shibata T, Takahashi C, Nagai S, Hayashi N, Matsui M, Endo S: Safe removal of glioblastoma near the angular gyrus by awake surgery preserving calculation ability-case report-. Neurologia medico-chirurgica 46: 46-50, 2006.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Takamiya C, Kobayashi T, Kawasaki Y, Suzuki M, Nishijo H, Nakazawa J, Noguchi K, Kurachi M: Brain activation associated with theory of mind : an fMRI study. 29th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2006, 7, Zurich.
  2. Nishiyama S, Matsui M, Furuichi A, Kurachi M: Neuropsychological examination in agenesis of corpus callosum. 29th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2006, 7, Zurich.
  3. Yamada E., Sumiyoshi T., Takayanagi E., Hori N., Matsui M.: Long-term Reality Orientation Training in hospitalized patients with dementia : 25th CINP(International College of Neuropsychopharmacology) Congress, 2006, 7, Chicago
  4. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Matsui M., Arai H., Takamiya C., Meltzer H.Y. and Kurachi M.: Effective adjunctive use of tandospirone with perospirone for enhancing verbal memory deficits and quality of life in schizophrenia: Role of serotonin1A agonism in cognitive enhancement. Serotonin Club Sixth IUPHAR Satellite Meeting on Serotonin, 2006.6 Sapporo.
  5. Sumiyoshi T., Matsui M., Itoh H., Higuchi Y., Arai H., Takamiya C., Kurachi M.: Essential polyunsaturated fatty acids and social cognition in schizophrenia. The Second Dual Congress on Psychiatry and the Neurosciences (INA/WFSBP), 2006.12, Athens ,Greece.
  6. Suzuki M., Zhou S.-Y., Takahashi T., Kawasaki Y., Matsui M., and Kurachi M.: Differential contributions of prefrontal and temporal pathology to development of schizophrenia. 13th Biennial Winter Workshop on Schizophrenia Research, 2006, 2, Davos.
  7. Suzuki M., Zhou S.-Y., Takahashi T., Kawasaki Y., Matsui M., Tanino R., and Kurachi M.: Changes in brain morphology implicating vulnerability and protection factors for psychosis development. 5th International Conference on Early Psychosis, 2006, 10, Birmingham.
  8. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Matsui M., Arai H., Takamiya C., Meltzer H. Y., and Kurachi M.: Effective adjunctive use of tandospirone with perospirone for enhanccing verbal memory deficits and quality of life in schizophrenia: Role of serotonin1A agonism in cognitive enhancement. Serotonin Club Sixth IUPHAR Satellite Meeting on Serotonin, 2006, 6, Sapporo.
  9. Ichida F, Watanabe K, Matsui M, Noguchi K, Yoshimura N, Oshima Y, Murakami H, Watanabe S, Hirono K, Uese K, Origsa H, Nakazawa J, Yagihara T, Bilker WB, Gur RC.: Neuroanatomical Development of Infants Undergoing Heart Surgery Evaluated bu Quantitative Three-Dimensional Magnetic Resonance Imaging. The 79th Scientific Sessions of American Heart Association, 2006,11, Chicago

2007

Journal Articles (English)

  1. Matsui M, Tanaka K, Yonezawa M, Kurachi M: Activation of the prefrontal cortex during memory learning: a near-infrared spectroscopy study, Psychiatry and Clinical Neurosciences, 61 (1), 31-38, 2007.
  2. Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Tanaka K, Kurachi M: Influence of instruction on the Japanese Verbal Learning Test in patients with schizophrenia. Schizophrenia Research, 90, 366-367, 2007.
  3. Matsui M, Yuuki H, Kato K, Takeuchi A, Nishiyama S, Bilker W, Kurachi M: Schizotypal disorder and schizophrenia: A profile analysis of neuropsychological functioning in Japanese patients. Journal of International Neuropsychological Society, 13(4), 672-682, 2007.
  4. Matsui M, Sumiyoshi T,Abe R, Kato K, Yuuki H, Kurachi M: Impairment of story memory organization in patients with schizophrenia. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 61 (4), 437-440, 2007. Corrigenda: Psychiatry and Clinical Neurosciences, 61 (5), 580, 2007.
  5. Kawasaki Y, Suzuki M, Kherif F, Takahashi T, Zhou SY, Nakamura K, Matsui M, Sumiyoshi T, Seto H, Kurachi M.: Multivariate voxel-based morphometry successfully differentiates schizophrenia patients from healthy controls. Neuroimage, 34, 235-252, 2007.
  6. Zhou SY, Suzuki M, Takahashi T, Hagino H, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M. Parietal lobe volume deficits in schizophrenia spectrum disorders. Schizophr Res. 89, 35-48, 2007.
  7. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Matsui M, Arai H, Takamiya C, Meltzer HY, Kurachi M: Effective adjunctive use of tandospirone with perospirone for enhancing verbal memory and quality of life in schizophrenia. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, 31, 965-967, 2007.
  8. Takeuchi M, Hayashi N, Takaiwa A, Hamada H, Kuwayama N, Hirashima Y, Matsui M, Endo S.: Clinical value of constructional skill testing in patients with secondary normal pressure hydrocephalus. Neurol Med Chir., 47(7), 322-324, 2007.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Tanaka K, Kurachi M: Influence of instruction on the Verbal Learning Test in patients with schizophrenia. 35th Annual Meeting of International Neuropsychological Society, 2007, 2, Portland.
  2. Kawasaki Y., Suzuki M., Takahashi T., Iwata T., Sumiyoshi T., Matui M., Kurachi M., Kazukawa S. : Clinical service for young people at risk of deveroping psychosis: Toyama early detection & intervention project. The XIX World Congress of the World Association for Social Psychiartry, 2007, 10, 22, Prague, Czech Republic.
  3. Sumiyoshi T., Kawasaki Y., Higuchi Y., Matsui M., Suzuki M., Kurachi M.: Neurocognitive assessment and pharmacotherapy: Towards prevention of psychosis. In Symposium “First Episode Psychosis: Integrating Neurobiological and Psychosocial determinants of outcome”; World Federation of Societies of Biological Psychiatry – The 2nd International Congress of Biological Psychiatry, 2007, 4, 20, Santiago, Chile.

2008

Journal Articles (English)

  1. Matsui M, Sumiyoshi T, Arai H, Higuchi Y, Kurachi M: Cognitive functioning related to quality of life in schizophrenia. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, 32, 280-287, 2008.
  2. Higuchi Y, Sumiyoshi T, Kawasaki Y, Matsui M, Arai H, Kurachi M: Electrophysiological basis for the ability of olanzapine to improve cognitive and functional status in patients of schizophrenia: A LORETA analysis of P300. Schizophrenia Research, 101, 320-330, 2008.
  3. Matsui M, Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Yuuki H, Kato K, Kurachi M: The relationship between prefrontal brain volume and characteristics of memory strategy in schizophrenia spectrum disorders. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, 32, 1854-1862, 2008.
  4. Sumiyoshi T, Matsui M, Itoh H, Higuchi Y, Arai H, Takamiya C, Kurachi M: Essential polyunsaturated fatty acids and social cognition in schizophrenia Psychiatry Research, 157, 87-93, 2008.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Sumiyoshi T, Arai H, Higuchi Y, Kurachi M: Cognitive functioning related to quality of life in patients with schizophrenia. 36th Annual Meeting of International Neuropsychological Society, 2008, 2, Hawaii.
  2. Kawasaki K, Suzuki M, Sumiyoshi S, Takahashi T, Nishiyama S, Matsui M, Kurachi M, Kazukawa S: Implementing clinical service for young people at risk of developing psychosis in Toyama, Japan. XIVth Biennial Winter Workshop on Schizophrenia and Bipolar Disorders, 2008, 2, Montreux, Switzerland
  3. Matsui M, Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Kurachi M: Prefrontal brain volume and characteristics of memory strategy in schizophrenia spectrum disorder, 7th Tsukuba International Conference on Memory, 2008, 3.21, Tsukuba
  4. Miyazaki A, Matsui M, Narahara M, Kobayashi T, Nishijo H: Study of brain activation related to memory organization by near-infrared spectroscopy, 7th Tsukuba International Conference on Memory, 2008, 3.21, Tsukuba
  5. Suzuki M, Kawasaki Y, Takahashi T, Sumiyoshi T, Nishiyama S, Matsui M, Kurachi M, Kazukawa S: Early detection and intervention project for people at risk for developing psychosis in Toyama. 1st Schizophrenia International Research Society Conference, 2008.6.21-25, Venice, Italy.
  6. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Kawasaki Y, Arai H, Matsui M, Kurachi M: Electrophysiological basis for the ability of olanzapine to improve cognitive and functional status in patients of schizophrenia: A LORETA analysis of P300. XXV! CINP Congress, 2008.7.13-17, Munich, Germany.
  7. Matsui M, Suzuki M, Zhou S-Y, Takahashi T, Kawasaki Y, Yuuki H, Kato K, Kurachi M: Prefrontal Brain Volume and Characteristics of Memory Strategy in Schizophrenia Spectrum Disorder. Symposium” Neuropsychology and Neuroimaging Approach to Memory Function in Schizophrenia Spectrum Disorders”. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, 2008.9.11, Toyama
  8. Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Sumiyoshi T, Suzuki M, Kurachi M: The effects of cognitive rehabilitation on social knowledge in patients with schizophrenia. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, 2008.9.13, Toyama
  9. Suzuki M, Kawasaki Y, Takahashi T, Sumiyoshi T, Nishiyama S, Matsui M, Kurachi M, Kazukawa S: Early Intervention Project in Toyama and Structural Brain Imaging in Early Psychosis. Symposium” Early Psychosis: Clinical and Neurobiological Perspectives”. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, 2008.9.11-13, Toyama
  10. Nishiyama S, Matsui M, Takahashi T, Tanino R, Tsunoda M, Kawasaki Y, Suzuki M, Kurachi M: Development and Validation of a Self-disturbance Scale for Schizophrenia. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, 2008.9.11-13, Toyama
  11. Higuchi Y, Sumiyoshi T, Kawasaki Y, Matsui M, Arai H, Kurachi M: Electrophysiological basis for the ability of Olanzapine to improve verbal memory and functional outcome in patients with schizophrenia: a LORETA analysis of P300. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, 2008.9.11-13, Toyama
  12. Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Sumiyoshi T, Suzuki M, Kurachi M: Effect of cognitive rehabilitation focused on deficits of social knowledge in patients with schizophrenia. National Academy of Neuropsychology 28th Annual Conference, 2008, 10.22-25, New York.
  13. Nishiyama S, Matsui M, Takahashi T, Tanino R, Tsunoda M, Kawasaki Y, Suzuki M, Kurachi M: Development of a self-disturbance scale from the Minnesota Multiphasic Personality Inventory. 6th International Conference on Early Psychosis, Early Intervention, 2008, 10.20-22. Melbourne
  14. Kawasaki Y, Suzuki M, Takahashi T, Sumiyoshi T, Nishiyama S, Matsui M, Kurachi M, Kazukawa S: Early detection and intervention project for young people at risk for developing psychosis in Toyama. 6th International Conference on Early Psychosis, Early Intervention, 2008, 10.20-22. Melbourne

2009

Journal Articles (English)

  1. Watanabe K, Matsui M, Matsuzawa J, Tanaka C, Noguchi K, Yoshimura N, Hongo K, Ishiguro M, Wanatabe S, Hirono K, Uese K, Ichida F, Origasa H, Nakazawa J, Oshima Y, Miyawaki T, Yagihara T, Bilker W, Gur RC: Impaired neuroanatomical development in Infants with Congenital Heart Disease. Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, 137 (1), 146-153, 2009.
  2. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Itoh T, Matsui M, Arai H, Suzuki M, Kurachi M, Sumiyoshi C, Kawasaki Y: Effect of perospirone on P300 electrophysiological activity in schizophrenia: A three-dimensional analysis with sLORETA, Psychiatry Research: Neuroimaging, 172 (3), 180-183, 2009.
  3. Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Sumiyoshi T, Suzuki M, Kurachi M: The effects of cognitive rehabilitation on social knowledge in patients with schizophrenia. Applied Neuropsychology, 16 (3), 158-164, 2009.
  4. Matsuzaki T, Matsui M, Ichida F, Nakazawa J, Hattori A, Yoshikoshi K, Miyazaki M, Fujii M, Hagino I, Yagihara T: Neurodevelopment in 1-year-old Japanese infants after congenital heart surgery. Pediatrics International, 53(2), in press.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Yuuki H, Kato K, Kurachi M: Characteristics of memory strategy and prefrontal brain volume and in schizophrenia spectrum disorders. 37th Annual Meeting of International Neuropsychological Society, 2009, 2.11-15, Atlanta.
  2. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Itoh T., Matsui M., Arai H., Suzuki M., Sumiyoshi C., Kawasaki Y.: Effect of perospirone on P300 electrophysiological activity and social cognition in schizophrenia: A three-dimensional analysis with sLORETA. 17th European Congress of Psychiatry, 2009, 1.24-28, Lisbon, Portugal.
  3. Watanabe K, Matsui M, Yoshimura N, Hirono K, Ichida F, Ohshima Y, Matsuzaki T, Yagihara T: Impaired neuroanatomic development in infants with congenital heart disease. 5th World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery. 2009, 6, Cairns, Australia
  4. Matsui M, Arai H, Nakatsubo T, Yonezawa M, Sumiyoshi T, Suzuki M, Kurachi M: The effect of cognitive rehabilitation using car driving simulator in schizophrenia. 2009 Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2009, 7.29-8.1, Helsinki, Finland and Tallinn, Estonia.
  5. Shibata T, Matsui M, Kobayashi S, Chan RC, Shibata T: Study of neurological soft sighs in Japanese patients with schizophrenia. 2009 Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2009, 7.29-8.1, Helsinki, Finland and Tallinn, Estonia.
  6. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Matsui M., Itoh H, Itoh T., Arai H, Takamiya C. Uehara T., Suzuki M., Kurachi M.: Membrane fatty acid levels as a predictor of treatment response in schizophrenia. 22nd European Congress of Neuropsychopharmacology, 2009, 6.14, Istanbul, Turkey.
  7. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Itoh T., Matsui M., Arai H., Suzuki M., Sumiyoshi C., Kawasaki Y.: Effect of perospirone on P300 electrophysiological activity and social cognition in schizophrenia: A three-dimensional analysis with sLORETA. World Federation of Societies of Biological Psychiatry – The 9th World Congress of Biological Psychiatry, 2009, 7.1, Paris.
  8. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Matsui M., Itoh H, Itoh T., Arai H, Takamiya C. Uehara T., Suzuki M., Kurachi M.: Membrane fatty acid levels as a predictor of treatment response in schizophrenia. 1st Asian Congress of Neuropsychopharmacology, 2009, 11.14, Kyoto.

2011

Journal Articles (English)

  1. Hashimoto N, Matsui M, Kusumi I, Toyomaki A, Ito K, Kako Y, Koyama T: Effect of explicit instruction on Japanese Verbal Learning Test in schizophrenia. Psychiatry Research, 188, 289-290, 2011.
  2. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Matsui M, Itoh H, Uehara T, Itoh T, Arai H, Takamiya C, Suzuki M, Kurachi M: Membrane fatty acid levels as a predictor of treatment response in chronic schizophrenia. Psychiatry Research, 186, 23-27, 2011.
  3. Matsuda Y, Matsui M, Tonoya Y, Ebihara N, Kurachi M: Useful visual field in patients with schizophrenia: a choice reaction time study. Perceptual and Motor Skills, 11 (2), 369-381, 2011.
  4. Sakai T, Mikami A, Tomonaga M, Matsui M, Suzuki J, Hamada Y, Tanaka M, Miyaba-Nishiwaki T, Makishima H, Nakatsukasa M, Matsuzawa T : Differential prefrontal white matter development in chimpanzees and humans. Current Biology, 21 (16), 1397-1402, 2011.
  5. Ibuki K, Watanabe K, Yoshimura N, Kakimoto T, Matsui M, Yoshida T, Origasa H, Ichida F: The improvement of hypoxia correlates with neuroanatomical and developmental outcomes; Comparison of mid-term outcomes in infants with transposition of the great arteries or single ventricle physiology. Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, in press.

Presentations in International meeting

  1. Yasuoka K, Matsui M, Matsuoka T, Suzuki M: The relationship between brain volume/brain blood flow and neuropsychological function in Alzheimer’s disease: examination by VSRAD, eZIS and Brief-Neuropsychological Scale. 9th Tsukuba International Conference on Memory, 2011, 3.6-8, Tokyo
  2. Matsui M, Takeuchi A, Katagiri M, Suzuki M, Murohashi H: Deficit in shifts of attention to different levels of global-local stimuli in schizophrenia. 13th International Congress on Schizophrenia Research, Colorado Springs, Colorade, USA
  3. Matsui M, Miyazaki A, Nishijo H: Selection of memory strategy and brain activity during metamemory process: a near-infrared spectroscopy study. 2011 International Neuropsychological Society Mid-year Meeting, 2011, 7, 6-9, Auckland, New Zealand
  4. Matsui M, Takeuchi A, Matsuda Y, Katagiri M, Suzuki M, Murohashi H: Deficit in shifts of attention to different levels of global-local stimuli in patients with schizophrenia. 2011 International Neuropsychological Society Mid-year Meeting, 2011, 7, 6-9, Auckland, New Zealand

2012

Journal Articles (English)

  1. Ibuki K, Watanabe K, Yoshimura N, Kakimoto T, Matsui M, Yoshida T, Origasa H, Ichida F: The improvement of hypoxia correlates with neuroanatomical and developmental outcomes; Comparison of mid-term outcomes in infants with transposition of the great arteries or single ventricle physiology. Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery,143(5), 1077-1085, 2012.
  2. Uematsu A, Matsui M, Tanaka C, Takahashi T, Noguchi K, Suzuki M, Nishijo H: Developmental trajectories of amygdala and hippocampus from infancy to early adulthood in healthy individuals. PLoS ONE, 7(10), e46970, DOI: 10.1371/journal.pone.0046970, 2012
  3. Tanaka C, Matsui M, Uematsu A, Noguchi K, Miyawaki T: Developmental trajectories of the fronto-temporal lobes from infancy to early adulthood in healthy individuals. Developmental Neuroscience, (DOI:10.1159/000345152) Published Online: December 21, 2012.
  4. Sakai T, Matsui M, Mikami A, Malkova L, Hamada Y, Tomonaga M, Suzuki J, Tanaka M, Miyaba-Nishiwaki T, Makishima H, Nakatsukasa M, Matsuzawa T: Developmental patterns of chimpanzee cerebral tissues provide important clues for understanding the remarkable enlargement of the human brain. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 280 (1753), Published online December 19, 2012doi: 10.1098/rspb.2012.2398

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Uematsu A, Tanaka C, Tanaka MM, Noguchi K, Takahashi T, Nishijo H, Suzuki M: Age-related volumetric changes of hippocampus and amygdala from healthy infants to adults. International Neuropsychological Society 40th Annuual Meeting, 2012, 2, 15-18, Montreal
  2. Miura K, Matsui M. : A study of factors related to the selection and use of memory strategy: from the perspective of metamemory. 10th Tsukuba International Conference on Memory, 2012, 3.4-6, Tokyo
  3. Matsui M, Takeuchi A, Katagiri M, Matsuda Y, Suzuki M : Deficit in shifts of attention to different levels of global-local stimuli in patients with schizophrenia. Cognition in Schizophrenia 2012: A Satellite Meeting of the Schizophrenia International Research Society , 2012, 4, 14, Florence, Italy
  4. Katagiri, M., Miya, K., Matsui, M. : Do individuals with autism spectrum disorder have deficits in disengagement and/or multimodal processing? The 20th World Congress of the International Association for Child and Adolescent Psychiatry and Allied Professions, 2012, 7, 21 – 25, Paris, France.

2013

Journal Articles (English)

  1. Tanaka C, Matsui M, Uematsu A, Noguchi K, Miyawaki T: Developmental trajectories of the fronto-temporal lobes from infancy to early adulthood in healthy individuals. Developmental Neuroscience, 34, 477-487, 2012.
  2. Sakai T, Matsui M, Mikami A, Malkova L, Hamada Y, Tomonaga M, Suzuki J, Tanaka M, Miyaba-Nishiwaki T, Makishima H, Nakatsukasa M, Matsuzawa T: Developmental patterns of chimpanzee cerebral tissues provide important clues for understanding the remarkable enlargement of the human brain. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 280 (1753), 20122398; 1471-2954, 2013

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Tanaka MM, Uda S: Developmental Trajectories of the Fronto-Temporal Lobes from Infancy to Early Adulthood in Healthy Individuals. International Neuropsychological Society 41st Annuual Meeting, 2013, 2, 6-9, Waikoloa, Hawaii
  2. Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Tanaka MM, Uda S: Development of the fronto-temporal lobes from infancy to early adulthood: A structural MRI study. The 36th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuro2013), 2013, 6, 20-23, Kyoto
  3. Sakai T, Mikami A, Hirata S, Takeshita H, Matsui M, Hamada Y, Tomonaga M, Matsuzawa T: estimated prenatal growth patterns of brain volume in chimpanzees versus humans. The 36th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuro2013), 2013, 6, 20-23, Kyoto
  4. Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Tanaka MM, Uda S, Takahashi T, Suzuki M, Kurachi M: Brain development from infancy to early adulthood: A structural magnetic resonance imaging study. 11th World Congress of Biological Psychiatry, 2013, 6, 23-27, Kyoto
  5. Matsui M, Tanaka MM, Uematsu A, Tanaka C, Uda S, Miura K: Normal Developmental changes of the corpus callosum from infancy to early adulthood. The International Neuropsychological Society 2013 Mid-Year Meeting, 2013, 7, 10-13, Amsterdam
  6. Katagiri M, Miya K, Matsui M: Delayed disengagement of attention in individuals with autism spectrum disorders is caused by difficulty in cross-modal processing. the 10th International Autism-Europe Congress, 2013, 9, 26-28, Budapest, Hungary.
  7. Matsui M: Developmental changes from infancy to early adulthood: a structural magnetic resonance imaging study. Symposium on a 5 year-collaboration in research and training among Vetnum Military Medical University/ University of Toyama/Kanazawa Medical University, 2013, 12, 14, Hanoi, Vietnam

2014

Journal Articles (English)

  1. Matsui M, Homae F, Tsuzuki D, Watanabe H, Katagiri M, Uda S, Nakashima M, Dan I, Taga G: Referential framework for transcranial anatomical correspondence for fNIRS based on manually traced sulci and gyri of an infant brain. Neuroscience Research, 80, 55-68, 2014.
  2. Katagiri M, Miya K, Matsui M: Difficulty of crossmodal processing in individuals with autism spectrum disorders: An audio-visual gap/overlap paradigm study. Research in Autism Spectrum Disorders, 8, 424-431, 2014.
  3. Takeuchi M, Furuta H, Sumiyoshi T, Suzuki M, Ochiai Y, Hosokawa M, Matsui M, Kurachi M: Does sleep improve memory organization? Frontiers in Behavioral Neuroscience, 8, doi: 10.3389/fnbeh.2014.00065, 2014.
  4. Miura K, Takashima S, Matsui M, Tanaka K: Low frequency of leisure-time activities correlates with cognitive decline and apathy in patients with Parkinson’s disease. Advances in Parkinson’s Disease, 3, 15-21, 2014
  5. Hakamata Y, Matsui M, Tagaya H: Does neurocognitive function affect cognitive bias toward an emotional stimulus? Association between general attentional ability and attentional bias toward threat. Frontier in Psychology, section Personality and Social Psychology, 5, 881, 2014, doi: 10.3389/fpsyg.2014.00881.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Nakagawa M, Katagiri M, Hoshino T: Brain activity in cognitive conflict using face expression stimuli: A study of near-infrared spectroscopy. International Neuropsychological Society 42nd Annual Meeting, 2014, 2, 12-15, Seattle.
  2. Ohmiya H, Yamashita K, Miyata T, Hatakeyama Y, Yambe K, Matsumoto I, Matsui M, Toyomaki A, Denda K: A practical study on cognitive remediation therapy (CRT) using the frontal/executive program (FEP) for patients with schizophrenia. XVI World Congress of Psychiatry, 2014, 9, 14-18, Madrid, Spain.

2015

Journal Articles (English)

  1. Uda S, Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Miura K, Kawana I, Noguchi K: Normal development of human brain white matter from infancy to early adulthood: a diffusion tensor imaging study. Developmental Neuroscience, Developmental Neuroscience, 37, 182-194, 2015. DOI/10.1159/000373885.
  2. Tanaka-Arakawa MM, Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Uda S, Miura K, Sakai T, Noguchi K: Developmental changes in the corpus callosum from infancy to early adulthood: A structural magnetic resonance imaging study. PloS One, 10(3):e0118760, 2015, DOI: 10.1371/journal.pone.0118760.
  3. Miura K, Matsui M, Takashima S, Tanaka K: Neuropsychological characteristics and their association with higher-level functional capacity in Parkinson’s disease. Dementia and Geriatric Cognitive Disorders Extra 2015;5:271-284 . DOI:10.1159/000381333.
  4. Nakagawa M, Matsui M, Katagiri M, Hoshino T: Near infrared spectroscopic study of brain activity during cognitive conflicts on facial expressions. Research in Psychology and Behavioral Sciences, 3 (2), 32-38, 2015.DOI: 10.12691/rpbs-3-2-3
  5. Otsuka S, Matsui M, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: The effectiveness and applicability of compensatory cognitive training for Japanese patients with schizophrenia: a pilot study. Advances in Psychiatry, vol. 2015, Article ID 314804, 12 pages, 2015. doi:10.1155/2015/314804.
  6. Omiya H, Yamashita K, Miyata T, Hatakeyama Y, Miyajima M, Yambe K, Matsumoto I, Matsui M, Toyomaki A, Denda K : The effects of cognitive remediation therapy using the frontal/executive program for treating chronic schizophrenia. Open Psychiatry Journal, in press
  7. Gaynor JW, Stopp C, Wypij D, Andropoulos DB, Atallah J, Atz AM, Beca J, Donofrio MT, Duncan K, Ghanayem NS, Goldberg CS, Hövels-Gürich H, Ichida F, Jacobs JP, Justo R, Latal B, Li JS, Mahle WT, McQuillen PS, Menon SC, Pemberton VL, Pike NA, Pizarro C, Shekerdemian LS, Synnes A, Williams I, Bellinger DC, Newburger JW; International Cardiac Collaborative on Neurodevelopment (ICCON) Investigators, Pizarro C, Sood E, Bellinger DC, Dunbar-Masterson C, Jonas RA, Newburger JW, Ilardi D, Mahle WT, Lewis AB, Pike NA, Bernbaum J, Clancy RR, Gerdes M, Wernovsky G, Zackai EH, DeMare C, Needelman H, Donofrio MT, Glass P, Jonas RA, Skurow-Todd KB, Jacobs JP, Brosig CL, Ghanayem NS, Mussatto KA, Atz AM, Ohye RG, Pearson G, Williams I, Menon SC, Gunn J, Goldsworthy M, Beca J, Atallah J, Rebeyka IM, Robertson CM, Andropoulos DB, Turcich M, Voigt R, Ibuki K, Matsui M, Kakimoto TM, Yoshimura N, Beck I, Knirsch W, Latal B, Synnes A, McQuillen PS, Miller SP, Colditz PB, Robertson DR, Hövels-Gürich H.: Neurodevelopmental outcomes after cardiac surgery in infancy, Pediatrics, 135(5):816-825, 2015. doi: 10.1542/peds.2014-3825.

Presentations in International meeting

  1. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: Cognitive remediation therapy focusing upon the strategy coaching in schizophrenia. International Neuropsychological Society 43rd Annual Meeting, 2015, 2, 4-7, Denver, Colorado, USA.
  2. Miura K, Matsui M, Takashima S, Tanaka K: Neuropsychological characteristics and their association with high-level functional capacity in Parkinson’s disease, 25th Annual Rotman Conference on “25 Years of Brain and Aging”, 2015, 3, 9-11, Toronto, Canada.
  3. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: Cognitive remediation therapy focusing upon the strategy coaching for Japanese patients with schizophrenia.15th International Congress on Schizophrenia Research, 2015, 3, 29 – 4.1, Colorado Springs, Colorade, USA.
  4. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: The effectiveness and applicability of compensatory cognitive training in schizophrenia. Symposium [Cognitive rehabilitation and supported employment for persons with schizophrenia], WPA Regional Congress Osaka Japan 2015, 2015, 6, 4-6, Osaka.
  5. Matsui M, Uda S, Tanaka C, Miura K, Kawana I: Development trajectories of human brain white matter from infancy to early adulthood: a diffusion tensor imaging study.2015 International Neuropsychological Society Mid-Year Meeting, 2015, 7, 1-4, Sydney, Australia
  6. Matsui M: The challenges and tips of oral presentations in English. Symposium “Tips for better oral presentations in the international congress”, The 79th Annual Convention of the Japanese Psychological Assosiation, 2015, 9, 22, Nagoya
  7. Takahashi M, Nakashima M, Matsui M: Normal development change of Broca’s area volume from infancy to early adulthood, International Symposium Adolescent brain & mind and Self-regulation, 2015, 11, 1, Tokyo.

2016

Journal Articles (English)

  1. Matsui M, Tanaka C, Niu L, Noguchi K, Bilker WB, Wierzbicki M, Gur RC: Age-related volumetric changes of prefrontal gray and white matter from healthy infancy to adulthood, International Journal of Clinical and Experimental Neurology, 4 (1), 1-8, 2016. doi: 10.12691/ijcen-4-1-1
  2. Miyajima M, Omiya H, Yamashita K, Miyata T, Yambe K, Matsui M, Denda K : The effect of cognitive remediation therapy using the frontal/executive program for autism spectrum disorder. International Journal of Psychiatry in Medicine, 51 (3), 223-235, 2016. doi: 10.1177/0091217416651254.

Presentations in International meeting

  1. Takahashi M, Matsui M : The strctureal depelopment of Broca’s area. International Symposium ” How Humans evolved supersize brains – The grows of th brain” 2016, 3, 28, Toyama.
  2. Matsui M, Takahashi M, Nakashima M, Takahashi T, Suzuki M: Corpus callosum morphorogy in patients with first-episode schizophreia: association with negative symptoms. International Neuropsychological Society 2016 Mid-Year Meeting, 2016, July, 6-8, London
  3. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Takahashi M: Compensatory cognitive training for schizophrenia, Symposium,The 31st International Congress of Psychology, 2016, 7, 24-29, Yokohama
  4. Midorikawa A, Koyama S, Ramon L, Matsui M: Do neuropsychological case studies belong to the past? Why are cases studies majorities in Japan?, Symposium, The 31st International Congress of Psychology, 2016, 7, 24-29, Yokohama
  5. Takahashi M, Nakashima M, Matsui M: developmental change of Broca’s area from infancy to early adulthood in healthy individuals, Poster session, The 31st International Congress of Psychology, 2016, 7, 24-29, Yokohama.
  6. Kawasaki Y, Matsui M, Yoshida T : Early assessment of brain by MR imaging segmentation in small-for-gestational-age infants. International Symposium ” How Humans evolved supersize brains – The grows of the brain” 2016, 3, 28, Toyama.
  7. Hiraiwa A, Ibuki K, Watanabe K, Matsui M, Ichida F: Neurodevelopmental outcome in children with congential heart disease. International Symposium ” How Humans evolved supersize brains – The grows of the brain” 2016, 3, 28, Toyama.
  8. Takahashi M, Matsui M : The strctural depelopment of Broca’s area. International Symposium ” How Humans evolved supersize brains – The grows of the brain” 2016, 3, 28, Toyama.

その他

学会等座長、司会ほか

  • 第9回海馬と高次脳機能学会.2000,11,金沢 座長
  • 第7回認知神経科学会、2002, 7, 東京 シンポジウム「医療における神経心理」指定発言
  • 第67回日本心理学会、2003、9、東京 ワークショップ「認知機能障害へのアプローチー臨床神経心理学の役割―」司会、企画
  • 第27回日本神経心理学会、2003,9、愛媛 座長
  • An international Conference on Neuropsychology : Recent advances in the East and West, 2003, 12, Hong Kong, China. Scientific Committee
  • 第10回臨床精神医学研究会―富山、2004,3、富山 座長
  • 第68回日本心理学会、2004,9、大阪、ワークショップ 「臨床神経心理学の実践と教育システムを考える」司会、企画
  • 第69回日本心理学会、2005,9、東京、ワークショップ「臨床神経心理学の現況」司会、企画
  • 第14回日本精神障害者リハビリテーション学会 2006 富山大会 運営委員
  • 第70回日本心理学会、 2006, 11, 福岡、ワークショップ「臨床神経心理学の検査とその診断―認知神経科学からの示唆―」司会、企画
  • 第30回日本神経心理学会、2006, 9, 名古屋、座長
  • 精神科早期診断・早期治療懇話会 世話人 2006-現在
  • 第71回日本心理学会、2007,9、東京、ワークショップ「脳損傷・統合失調症・強迫性障害患者への神経心理学的アプローチ」司会、企画(医学界新聞第2752号に掲載)
  • 第4回富山脳外傷リハビリテーション懇話会、2007.12.23、座長
  • Symposium”Neuropsychology and Neuroimaging Approach to Memory Function in Schizophrenia Spectrum Disorders”. 2nd World Federation of Societies of Biological Psychiatry, and Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of Japanese Society of Biological Psychiatry, 2008.9.11, Chair
  • 第5回富山脳外傷リハビリテーション講習会、2009.2.22、座長
  • 第31回日本生物学的精神医学会、2009.4.25, 京都、座長
  • 弟46回日本小児循環器学会、セッション「発達、精神心理社会的問題」、2010.7.7、浦安、座長
  • 日本学術会議中部地区会議学術講演会、2011, 6, 24, 富山、運営
  • 平成22年度周産期医療環境整備事業講演会、2011.1.21, 富山大学、司会
  • 弟178回北陸精神神経学会、2011.1.23、金沢、座長
  • 第31回国際心理学会議(ICP2016)、組織委員、2011-2016
  • 日本脳外傷友の会第12回全国大会2012 inとやま大会実行委員会副委員長、2011-2012
  • 富山大学大学院生命融合科学教育部シンポジウム「障害脳は回復するか」、2012.1.12、富山国際会議場、座長
  • 第48回北陸心理学会大会長、2013年11月16日、富山大学杉谷キャンパスにて開催
  • 第32回日本基礎心理学会準備委員、2013年12月7-8日、金沢市文化ホールにて開催
  • 第9回日本統合失調症学会、2014年3月14日、京都、ポスターセッション、座長
  • 第10回日本統合失調症学会、2015年3月28日、東京、ポスターセッション、座長
  • 日本学術会議中部地区会議学術講演会「日本海地域の未来」2015年7月17日、富山大学黒田講堂、全体司会
  • 日本心理学会第79回大会公募シンポジウム「統合失調症の認知機能改善へのアプローチ」、2015年9月24日、名古屋国際会議場、企画・司会
  • 日本学術会議心の先端研究と心理学教育専門分科会公開シンポジウム「心の先端研究の現在とこれから」、2015年10月10日、富山大学日医工オーデイトリアム、企画
  • 日本心理学会公開シンポジウム「医療における心理学の広がりを考える」、2015年11月23日、富山大学黒田講堂、企画・司会
  • 日本統合失調症のための認知リハビリテーション研修会、2015年12月13日、富山大学杉谷キャンパス・カンファレンスルーム2、企画
  • 国際シンポジウム「How Human Evolved Supersize Brains-The Growth of the Brain-」、 2016年3月28日、富山大学日医工オーデイトリアム、企画
  • The 31st International Congress of Psychology, シンポジウム「Cognitive remediation therapy for schizophrenia」企画・司会、2016, 7, 24-29, Yokohama
  • 日本心理臨床学会第35回秋季大会、自主シンポジウム「統合失調症の心理社会的介入の実際とこれから」企画・司会、2016, 9, 4-7, 横浜
  • 第40回日本神経心理学会、シンポジウム「心理学からみた症候学」企画・司会、2016, 9, 15-16, 熊本
  • 日本心理学会公開シンポジウム、「医療分野における心理学の広がりを考えるII」企画・司会、2016,11,26、東京
  • 北陸心理学会第52回大会公開シンポジウム、「北陸の心理学の諸領域研究と社会をつなぐ」企画・指定討論、2017, 12, 9, 金沢
  • 第13回日本統合失調症学会一般演題、座長、2018, 3, 24, 徳島
  • 第14回日本統合失調症学会プログラム委員 2018.3-2019.4
  • シンポジウム「統合失調症を持つ人への心理的支援:そのサイエンスとアート」、日本心理臨床学会第37回大会、指定討論、2018,8, 30, 神戸
  • 融合社会脳研究の創生と展開、学会企画シンポジウム、司会、日本心理学会第82回大会、2018, 9, 26, 仙台
  • 地域心理学会の魅力と課題、公募シンポジウム、司会、日本心理学会第82回大会、2018,9,26、仙台
  • 認知症医療への心理学的貢献、日本心理学会公開シンポジウム、企画、2018, 10, 7, 京都
  • 脳科学と人工知能(AI):その期待と活動、コーディネーター、日本学術会議公開シンポジウム、2018, 10, 13, 東京
  • 社会脳から心を探る、全体討論司会、日本学術会議近畿地区会議学術講演会、2018, 10, 20, 京都
  • 大学ニュース,2018, 12, 1
  • 認知症医療への心理学的貢献、日本心理学会公開シンポジウム、企画、2018, 12, 9, 東京
  • 日本心理学会 認定心理士の会・北陸支部会「講演会in富山」、挨拶、2019, 3, 3, 富山
  • 高次脳機能障害の実際と心理学の役割、日本心理学会公開シンポジウム、企画・司会、2019,10, 6, 東京
  • 高次脳機能障害の実際と心理学の役割、日本心理学会公開シンポジウム、企画・司会、2019,11, 10, 金沢
  • 日本認知心理学会第18回大会(2020年6月6-7日開催)in金沢 準備委員会副委員長

記事など

1991年-2000年

英文著書

  1. Kurachi M., Aso M., Matsui M., Shibata, R., Tanii Y., Sun Y.J., Uehara T., and Saitoh O. : Medial temporal lobe structures and schizophrenia. In: The hippocampus: Functions and clinical relevance. by Kato N. (Ed.), Pp 405-413, Elsevier, Amsterdam, 1996.
  2. Kurachi M., Yuasa S., Matsui M., Kadono Y., Aso M., Yasui S., Suzuki M., Sakurai Y. and Seto H. : Simple reaction time and regional cerebral blood flow in patients with schizophrenia. In: The Biology of Schizophrenia. Developments in Psychiatry Vol.10, by Moroji T. and Yamamoto K. (Eds.), Pp71-75, Elsevier, Amsterdam, 1994.

和文著書

  1. 松井三枝:健常成人脳における灰白質と白質容積の加齢変化−脳磁気共鳴画像による検討—。石川春津、吉岡享、山下純宏監修「脳のイメージング」サイメッドパブリケーションズ、東京、Pp159-168, 1999.
  2. 松井三枝、倉知正佳: 精神分裂病.「神経心理学と精神医学」日本生物学的精神医学会,鳥居方策、鹿島晴雄、浅井昌弘、小島卓也編,学会出版センター, Pp 171-189, 1996.
  3. 松井三枝、倉知正佳: 精神分裂病の認知障害は前頭葉機能で説明できるかー精神生理学的面からー.「認知機能からみた精神分裂病」日本生物学的精神医学会,小島卓也、大熊輝男編,学会出版センター, Pp 114-127, 1993.

原著論文

英文原著論文

  1. Kurokawa K, Nakamura K, Sumiyoshi T, Hagino H, Yotsutsuji T, Yamashita I, Suzuki M, Matsui M and Kurachi M: Ventricular Enlargement in Schizophrenia Spectrum Patients with Prodromal Symptoms of Obsessive-Compulsive Disorder. Psychiatry Res:Neuroimaging, 99, 83-91, 2000.
  2. Matsui M, Gur RC, Turetsky BI, Yan M, Gur RE: The relation between tendency for psychopathology and reduced frontal brain volume in healthy people. Neuropsychiatry, Neuropsychology & Behavioral Neurology, 13, 155-162, 2000.
  3. Sumiyoshi T, Matsui M, Yamashita I, Nohara S, Uehara T, Kurachi M, Meltzer HY: Effect of adjunctive therapy with serotnin1A agonist Thandospirone on memory functions in schizophrenia, J Clinical Psychopharmacol, 20, 386-388, 2000.
  4. Nohara S, Suzuki M, Kurachi M, Yamashita I, Matsui M, Seto H, Saitoh O: Neural correlates of memory organization deficits in schizophrenia – a single photon emission computed tomography study with 99m Tc-ECD during a verbal learning task-. Schizophrenia Research, 42, 209-222, 2000.
  5. Gur RC, Turetsky BI, Matsui M, Yan M, Bilker W, Hughett P, Gur RE: Sex differences in brain gray and white matter in healthy young adults: correlations with cognitive performance. Journal of Neuroscience, 19:4065-4072, 1999.
  6. Yuasa S., Kurachi M., Suzuki M., Kadono Y., Matsui M., Saitoh O. and Seto H. : Clinical symptoms and regional cerebral blood flow in schizophrenia. Eur. Arch. Psychiatry Clin. Neurosci., 246: 7-12, 1995.
  7. Aso M., Kurachi M., Suzuki M., Yuasa S., Matsui M., and Saitoh O. : Asymmetry of the ventricle and age at the onset of schizophrenia. Eur. Arch. Psychiatry Clin. Neurosci.,245: 142-144, 1995.
  8. Matsui M., Kurachi M.: Impaired saccadic eye movements on stationary targets in patients with schizophrenia spectrum disorder. Eur. Arch. Psychiatry Clin. Neurosci., 245:129-134, 1995.
  9. Kurachi M., Matsui M., Kiba K., Suzuki M., Tsunoda M. and Yamaguchi N. : Limited visual search on the WAIS picture completion test in patients with schizophrenia. Schizophrenia Res.,12: 75-80, 1994.
  10. Tsunoda M., Kurachi M., Yuasa S., Kadono Y., Matsui M., Shimizu A. : Scanning eye movements in schizophrenia. Schizophrenia Res., 7, 159-168, 1992.

和文原著論文

  1. 山下委希子、松井三枝, 倉知正佳:記憶の体制化を測る単語記憶検査の作成、精神医学、42, 1279-1283, 2000
  2. 牛麗莎、松井三枝、山下直宏、倉知正佳:大学生のメンタルヘルスーUPIとMMPIの関係についてー.精神医学、42, 827-833, 2000
  3. 小林千恵美、松井三枝、倉知正佳、湯浅悟、麻生光男、松本香里:精神分裂病の自我障害尺度作成の試み、北陸神経精神医学雑誌・10・41-47,1996.
  4. 松井三枝,湯浅 悟,倉知正佳 : 精神障害における認知機能ー精神分裂病を中心にー, 神経心理学, 9, 47-54, 1993.
  5. 倉知正佳,麻生光男,鈴木道雄,安井伸一,柴田良子,村田昌彦,湯浅 悟,松井三枝, 上原 隆,谷井靖之,倉田孝一:画像解析からみた精神分裂病ー難治性のメカニズム解明のためにー, 脳と精神の医学, 4 , 177-185, 1993.
  6. 倉知正佳,松井三枝,藤井 勉:脳と言語了解ーAlzheimer型痴呆と失語症との比較. 失語症研究, 13, 174-182, 1993.
  7. 松井三枝,倉知正佳:精神分裂病圏患者の開時眼球運動ーベントン視覚記銘とWAIS絵画完成図版との比較ー.精神医学 ・ 35 ・ 635-641, 1993
  8. 長沼賢寛,小西 徹,松井三枝,本郷和久,村上美也子, 山谷美和,岡田敏夫 :小児てんかんにおける聴覚事象関連電位P300とWISC-R, Wechsler memory scaleの関連性.脳と発達 ・ 25 ・515-520,1993.
  9. 松井三枝、倉知正佳,湯浅 悟、鈴木道雄:精神分裂病圏患者におけるStroop効果とSPECT所見との関連. 北陸神経精神医学雑誌, 7, 63-69, 1993.
  10. 松井三枝,倉知正佳 : 精神分裂病患者の聴覚性文章記憶と視覚性図形記憶, 精神医学, 34 , 609-613, 1992.
  11. 松井三枝,倉知正佳: 精神分裂病患者におけるベントン視覚記銘検査成績の特徴, 精神医学, 34 , 1005-1007, 1992.
  12. 松井三枝,倉知正佳, 湯浅 悟,葛野洋一, 鈴木道雄: 精神分裂病患者の記憶機能ーSelective Reminding Testによる検討ー, 精神医学, 34, 1225-1230, 1992.
  13. 倉知正佳、金英道、葛野洋一,湯浅 悟,松井三枝:Mini-Dementia Scaleー痴呆の早期診断のためにー、臨床精神医学、20,451-455,1991.
  14. 松井三枝, 倉知正佳、葛野洋一,角田雅彦、河合義治、藤井勉、谷口保子、舟坂雅春:精神分裂病患者の臨床症状とWAIS所見との関連について、精神医学、33,705-712,1991.
  15. 倉知正佳、角田雅彦、湯浅 悟,葛野洋一,松井三枝,柴田良子、安井伸一、倉知照、谷井靖之、倉田孝一、櫻井芳雄、鈴木道雄、川崎康弘:精神分裂病の123I-IMP SPECT所見とその成立機序について、精神神経学雑誌、93, 830-835, 1991.

総説

  1. 黒川賢造、松井三枝、倉知正佳:精神分裂病および他の精神病性障害:精神分裂病の経過関連—前駆期、臨床精神医学、29, 629-633, 2000.
  2. 松井三枝:性差からみた精神分裂病—脳画像および神経心理学的アプローチ—. 北陸神経精神医学雑誌、13, 1-13, 1999.
  3. 倉知正佳,松井三枝: 分裂病患者の認知構造.PONS, 12: 9-11, 1993.
  4. 倉知正佳,湯浅 悟,松井三枝,葛野洋一,谷井靖之,上原 隆,安井伸一,麻生光男,鈴木道雄精神分裂病はどこまで身体に基礎づけられるか.精神科治療学, 7 , 473-483,1992.

学会発表

国際学会

招待講演
  1. Matsui M.: Impaired saccadic eye movements in schizophrenic patients. International Conference :An Actual Aspects of Physiology, Psychology in Psychiatry, 1995, 7, Vladivostok.
シンポジウム
  1. Matsui, M., Tonoya, Y., Kurachi, M.: Cognitive dysfunction and exploratory eye movements in patients with schizophrenia. 3rd International Congress of Neuropsychiatry, Symposia, 2000, 4. Kyoto.
  2. Kurachi M., Yuasa S.,Yasui S., Suzuki M., Matsui M., Aso M., Tanii Y., Shibata R., Murata M., Sakurai Y.: SPECT studies of schizophrenia: a neural network approach. The 7th TIP International Symposium. 1992, 10, Tokyo
一般講演
  1. Sumiyoshi T, Matsui M, Yamashita I, Nohara S, Uehara T, Kurachi M, Meltzer HY: Effect of adjunctive therapy with serotnin1A agonist Thandospirone on memory functions in schizophrenia, Society for Neuroscience, 2000.11. New Orleans.
  2. Kurokawa, K., Nakamura, K., Hagino, H., Yotsutsuji, T., Yamashita, I., Suzuki, M., Sumiyoshi, T., Matsui, M., Kurachi, M. Ventricular enlargement in schizophrenic patients with prodromal symptoms of pbsessive-compulsive disorder. 3rd International Congress of Neuropsychiatry, 2000, 4. Kyoto.
  3. Matsui M, Yamashima T, Kumahashi K, Yukie M, Sugishita M : Paired associate learning impaired by lesion of left perirhinal cortex. 2nd Tsukuba International Conference on Memory. 1999, 12, Tsukuba.
  4. Nohara S, Suzuki M, Kurachi M, Matsui M, Yamashita I, Seto H, Saitoh O: Neural correlates of memory organization deficits in schizophrenia – a single photon emission computed tomography study with 99m Tc-ECD during a verbal learning task-. XI World Congress of Psychiatry, 1998, 8, Humburg, Germany.
  5. Nohara.S, Suzuki.M, Matsui.M, Yamashita.I, Matsumoto.K, Saitoh.O, Kurachi.M.: Verbal Learning Task and Regional Cerebral Blood Flow in Normal Controls and Schizophrenic Patients. 6th World Congress of Biological Psychiatry, 1997, 6, Nice, France.
  6. Matsui M., Kurachi M., Yuasa S., Aso M., Tonoya Y., Nohara S., Saitoh O. : Saccadic eye movements and regional cerebral blood flow in schizophrenic patients. International Symposium Perception, Memory, and Emotion: Frontier in Neuroscience. 1995, 7, Toyama.
  7. Matsui M, Kurachi M: Saccadic eye movements during Picture Completion task in schizophrenic patients. 1993 World Congress World Federation for Mental Health. 1993, 8, Chiba
  8. Yuasa S., Matsui M., Kurachi M.: A SPECT study of schizophrenia: neural network approach. 1993 World Congress World Federation for Mental Health. 1993, 8, Chiba
  9. Matsui M., Kurachi M., Yuasa S., Suzuki M.: Eye movements during Benton visual retention test and regional cerebral blood flow. The Biology of Schizophrenia. The 7th TIP International Symposium. 1992, 10, Tokyo.

国内学会

招待講演
  1. 松井三枝:性差からみた精神分裂病−脳画像および神経心理学的アプローチ −.第141回北陸精神神経学会.特別講演、1998,9,金沢
シンポジウム
  1. 松井三枝、倉知正佳:精神障害における認知機能−精神分裂病を中心に−.第16回日本神経心理学会.シンポジウム「認知障害をめぐって」1992,9、千葉
一般講演
  1. 黒川賢造、中村主計、萩野宏文、山下委希子、鈴木道雄、住吉太幹、松井三枝、倉知正佳:強迫性障害と強迫症状を呈した分裂病圏障害のMRIと予後について.第4回日本精神障害予防研究会.2000,3,東京
  2. 松井三枝、松沢純子、小西 徹、野口京:健常乳幼児脳における灰白質と白質体積の発達変化.第2回ヒト脳機能マッピング研究会学術集会.2000,3, 東京
  3. 萩野宏文、森 光一、野原 茂、鈴木道雄、倉知正佳、高橋 努、黒川賢造、山下委希子、渡邊直人、瀬戸 光、松井三枝:精神分裂病の下前頭回および視床の1H-MRS.第22回生物学的精神医学会.2000,3, 東京
  4. 松井三枝、殿谷康博、松田幸久、海老原直邦:視野制限下における図形認知の検討—分裂病患者との比較—.日本視覚学会2000年夏季大会.2000,7, 河口湖
  5. 山下委希子、松井三枝、黒川賢造、藤城香里、倉知正佳:分裂病型障害と精神分裂病患者の神経心理学的プロフィールの比較.第24回神経心理学会.2000,9,東京
  6. 山下委希子、松井三枝、黒川賢造、倉知正佳:ICD-10に基づく分裂病型障害と精神分裂病患者のMMPIプロフィールについて−第2報−.第20回 日本精神科診断学会.2000,10,福島
  7. 住吉チカ、松井三枝、住吉太幹、山下委希子、住吉佐和子、倉知正佳:Verbal Fluency Testにみる精神分裂病患者の心的カテゴリ構造.第20回日本精神科診断学会.2000,10,福島
  8. 松井三枝、山下委希子:精神分裂病患者における物語記憶体制化の検討.第64回日本心理学会.2000,11,京都
  9. 山下委希子、松井三枝:記憶の体制化を測る単語記憶検査の作成−第2報 −分裂病圏患者における検討—.第64回日本心理学会.2000,11,京都
  10. 清水句利子、山嶋哲盛、松井三枝:高次機能検査RBANS (Repeatable Battery for the Assessment of Neuropsychological Status)の臨床分野 における有用性.第9回海馬と高次機能学会.2000,11,金沢
  11. 倉知正佳、野原 茂、鈴木道雄、萩野宏文、川崎康弘、黒川賢造、四衢 崇、高橋 努、米山英一、松井三枝、山下委希子、森 光一、瀬戸 光: 精神分裂病患者の脳の形態学的変化:3-D MRIとSPMを用いた検討.厚生省精神・神経疾患研究委託費平成12年度研究報告会.2000,12,東京
  12. 松井三枝、牛 麗莎、山下委希子、黒川賢造、鈴木道雄、倉知正佳:大学生のメンタルヘルスー入学時MMPI所見.第3回日本精神障害予防研究会.1999,3,福島
  13. 殿谷康博、松井三枝, 山下委希子、黒川賢造,倉知正佳、齋 藤治:精神分裂病患者の視覚的探索活動と単語記憶についての検討.第21回日本生物学的精神医学会.1999,4,仙台
  14. 野原 茂、鈴木道雄、山下委希子、倉知正佳、松井三枝、齋藤 治、瀬戸 光:精神分裂病における記憶の組織化の障害の神経機構について−単語記憶課題遂行時の99mTc-ECD-SPECTによる検討.第21回日本生物学的精神医学会.1999,4,仙台
  15. 山下委希子、黒川賢造、倉知正佳、松井三枝、牛 麗莎、宮下貞和、小林千恵美:ICD-10に基づく分裂病型障害と精神分裂病患者のMMPIプロフィールについてー第2報−.第143回北陸精神神経学会.1999,6、金沢
  16. 松井三枝、山嶋哲盛、熊橋一彦、靱負正雄、杉下守弘:嗅周皮質梗塞患者で見られた記憶障害.第22回日本神経科学会.1999,7,大阪
  17. 山下委希子、松井三枝:記憶の体制化を測る単語記憶検査の作成.第63回日本心理学会.1999,9,名古屋
  18. 山下委希子、黒川賢造、松井三枝、倉知正佳:ICD-10に基づく分裂病型障害と精神分裂病患者のMMPIプロフィールについて.第19回日本精神科診断学会.1999,9,札幌
  19. 黒川賢造、中村主計、萩野宏文、四衢 崇、山下委希子、鈴木道雄、住吉太幹、松井三枝、倉知正佳:病初期に強迫症状を呈した分裂病圏障害と強迫性障害の3D-MRIによる早期鑑別の可能性について.第19回日本精神科診断学会.1999,9,札幌
  20. 牛 麗莎、松井三枝、山下直宏、倉知正佳:大学生のメンタルヘルス−UPIとMMPIの関係について−.第144回北陸精神神経学会.1999,9,富山
  21. 山下委希子、黒川賢造、松井三枝、藤城香里、倉知正佳:分裂病型障害と神経心理学的プロフィールの比較.第144回北陸精神神経学会.1999,9,富山
  22. 住吉太幹、松井三枝、山下委希子、野 原茂、上原隆、倉知正佳:セロトニン1A受容体作動薬タンドスピロンの精神分裂病患者の記憶機能に対する効果.第9回日本臨床精神神経薬理学会.1999,10,大分
  23. 倉知正佳、鈴木道雄、野原 茂、黒川賢造、萩野宏文、四衢 崇、高橋 努、山下委希子、松井三枝、森 光一、瀬戸 光:精神分裂病の脳画像解析—SPM を用いた検討.平成11年度厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告会.1999,12,東京
  24. 野原茂、鈴木道雄、松井三枝、山下委希子、松本香里、齋藤 治、倉知正佳、瀬戸 光:精神分裂病患者における単語記憶課題(Gold)遂行時の局所脳血流の変化 –SPECTと三次元MRIとの重ね合わせによる再検討−.第20回日本生物学的精神医学会.1998,3,北九州
  25. 殿谷康博、倉知正佳、斎藤 治、黒川賢造,松井三枝:精神分裂病患者における図形再生と探索的眼球運動について −横S図版を用いての検討−.第140回北陸精神神経学会.1998,6,金沢
  26. 松井三枝、Gur R.C.,Gur R.E.: 脳灰白質と白質体積の性差.第21回日本神経科学会.1998,9,東京
  27. 山下委希子、松井三枝、倉知正佳:単語記憶課題 (Gold) 日本語版作成の試みー健常者における検討.第141回北陸精神神経学会.1998,9,金沢
  28. 松井三枝:精神病理学的パーソナリテイ傾向と前頭葉体積との関係.第62 回日本心理学会.1998,10, 東京
  29. 松本香里、山下委希子、松井三枝:記憶範囲課題における再生方向の効果 −モダリテイ比較および健常者と分裂病患者の比較−.第17回日本基礎心理学会.1998,11,東京
  30. 倉知正佳、四衢 崇、野原 茂、住吉太幹、斎藤 治、鈴木道雄、萩野宏文、黒川賢造,山下委希子、松井三枝、森光 一、瀬戸光:1. 精神分裂病の脳画像解析ー3次元MRI による脳室系の測定とSPECTによるふ活時の局所脳血流ー. 2.ストレスによる血漿中ホモバニリン酸濃度の変化.平成10年度厚生省精神神経疾患研究報告会.1998,12,東京
  31. 野原茂、鈴木道雄、松井三枝、山下委希子、松本香里、齋藤治、倉知正佳:Verbal learning task(Gold)遂行時の局所脳血流 −健常対照者および精神分裂病患者における検討−.第19回日本生物学的精神医学会.1997,3,大阪
  32. 山下委希子,松井三枝,宮下貞和,小林千恵美,黒川賢造,倉知正佳:ICD-10に基づく分裂病型障害と精神分裂病患者のMMPIプロフィールについて─予備的検討─.第137回北陸精神神経学会,1997,6,金沢
  33. 倉知正佳、四衢崇、斎藤 治、萩野宏文、野原茂、鈴木道雄、瀬戸 光、松井三枝:精神分裂病の脳画像解析ー3次元MRI による脳室系の測定とSPECTによるふ活時の局所脳血流ー. 平成9年度厚生省精神神経疾患研究報告会.1997,12,東京
  34. 殿谷康博、松井三枝、斉藤 治、倉知正佳:横S字型図版を用いた精神分裂病患者の探索的眼球運動−教示方法による改善可能性について−.第18回日本生物学的精神医学会.1996,3,大阪
  35. 殿谷康博、松井三枝、斉藤 治、倉知正佳:精神分裂病患者における眼球運動障害の改善可能性−8点刺激追視時一.第134回北陸精神神経学会.1996,6,金沢
  36. 野原 茂、鈴木道雄、松井三枝、山下委希子、松本香里、斉藤 治、倉知正佳:単語記憶課題(Gold)遂行時の局部脳血流−健常対照者における検討−.第135回北陸精神神経学会.1996,9,金沢
  37. 松井三枝、湯浅 悟、麻生光男、鈴木道雄、倉知正佳、葛野洋一:精神分裂病症候群の再検討−他者化症候群−.第130回北陸精神神経学会.1995,1, 金沢
  38. 小林千美恵、松井三枝、湯浅 悟、麻生光男、倉知正佳:自我障害尺度作成への試み−金沢大学版MMPIによる予備的検討−.第130回北陸精神神経学会.1995,1,金沢
  39. 松井三枝、湯浅 悟、麻生光男、鈴木道雄、安井伸一、倉知正佳:精神分裂病の症候群, 神経心理学的遂行および局所脳血流.第17回日本生物学的精神医学会.1995,3,山形
  40. 野原 茂、湯浅 悟、松井三枝、麻生光男、倉知正佳:アルツハイマ一型痴呆における局部脳血流とMini-Dementia Scaleの継時的変化−Amiridinの長期投与及び単回投与から−.第17回日本生物学的精神医学会.1995,3,山形
  41. 松井三枝、湯浅 悟、麻生光男、殿谷康博、野原 茂、斉藤 治、倉知正佳:精神分裂病におけるサッカデック眼球運動と局部脳血流.第131回北陸精神神経学会.1995,6,金沢
  42. 松井三枝、湯浅 悟、殿谷康博、野原 茂、斉藤 治、倉知正佳:精神分裂病におけるサッカデック眼球運動と局部脳血流.第19回日本神経心理学会.1995,9,浜松
  43. 殿谷康博、松井三枝、斉藤 治、倉知正佳:横S図版を用いた精神分裂病患者の探索的眼球運動−教示方法による改善可能性について−.第132回北陸精神神経学会.1995,9,金沢
  44. 野原 茂、橘 博之、金 英道、麻生光男、上原 隆、松井三枝、斉藤 治、倉知正佳:定量脳波を指標とした一酸化炭素中毒の高気圧酸素療法について.第132回北陸精神神経学会.1995,9,金沢
  45. 橘 博之、安井伸一、松井三枝、湯浅 悟、麻生光男、鈴木道雄、倉知正佳、中野正人、川合 宏:足関節拘縮をきたした単純分裂病の一例.第127 回北陸精神神経学会.1994,1,金沢
  46. 殿谷康博、松井三枝、倉知正佳:横S字原版と1/2図版での開瞼時眼球運動の比較−精神分裂病圏患者と健常者について−.第127回北陸精神神経学会.1994,1,金沢
  47. 松井三枝、殿谷康博、倉知正佳:精神分裂病圏患者の眼球運動−8点刺激追視時−.第16回日本生物学的精神医学会.1994,3,神戸
  48. 湯浅 悟、松井三枝、野原 茂、倉知正佳:アルツハイマ一型痴呆におけるMini-Dementia ScaleとHMPAO SPECT所見との関連.第128回北陸精神神経学会.1994,5,金沢
  49. 野原 茂、湯浅 悟、湯浅ゆき子、松井三枝、葛野洋一、麻生光男、岡部彰人、上原 隆、倉知正佳、大星光史:俳句からみた患者心理の継時的変化−進行性核上性麻痺患者の1例−.第128回北陸精神神経学会.1994,5,金沢
  50. 湯浅 悟、松井三枝、野原 茂、倉知正佳:アルツハイマ一型痴呆における局部脳血流とMini- Dementia Scaleの継時的変化−Amiridinの単回投与及び長期投与から−.第129回北陸精神神経学会.1994,9,富山
  51. 松井三枝:精神分裂病圏患者の眼球運動−刺激図版の大きさの効果−.第58回日本心理学会.1994,10,東京
  52. 倉知正佳、麻生光男、松井三枝、湯浅 悟、谷井靖之、柴田良子、上原 隆、孫 月吉、斉藤 治:精神分裂病における側頭葉内側構造病変の意義−臨床的・基礎的検討.平成6年度厚生省精神・神経疾患研究委託費.「精神分裂病の発症および病態生理に関する基礎的・臨床的研究」班会議.1994,12,東京
  53. 松井三枝、殿谷康博、倉知正佳:精神分裂病圏患者にみられた眼球運動の停止現象.第124回北陸精神神経学会.1993,1, 金沢
  54. 麻生光男、鈴木道雄、湯浅 悟、松井三枝、倉知正佳:精神分裂病患者のMRI所見−発病年齢、罹病期間と側脳室シルビウス裂との関係−.第124 回北陸精神神経学会.1993,1,金沢
  55. 麻生光男、鈴木道雄、湯浅 悟、松井三枝、倉知正佳:精神分裂病患者のMRI所見−発病年齢と側脳室シルビウス裂との関係−.第15回日本生物 学的精神医学会.1993,3, 東京
  56. 松井三枝、殿谷康博、倉知正佳:精神分裂病圏患者の眼球運動−8点刺激 追視時−.第125回北陸精神神経学会.1993,6,金沢
  57. 麻生光男、鈴木道雄、湯浅 悟、松井三枝、倉知正佳:精神分裂病患者の MRI所見−発病と海馬体との関係−.第125回北陸精神神経学会.1993, 6, 金沢
  58. 鈴木道雄、湯浅 悟、松井三枝、倉知正佳:分裂病圏患者の幻聴と123− IMP SPECT−左上側頭領域集積増加の所見の再検討.第126回北陸精神神経学会.1993,9, 金沢
  59. 松井三枝、殿谷康博、倉知正佳:精神分裂病患者の眼球運動−一点刺激凝視時−.第126回北陸精神神経学会.1993,9, 金沢
  60. 上原 隆、殿谷康博、萩野宏文、松井三枝、倉知正佳、岡部彰人、堤 学:一酸化炭素中毒間欠型の一例−定量脳波による経時的観察.第126回北陸精神神経学会.1993,9,金沢
  61. 村田昌彦、上原 隆、引網純一、殿谷康博、萩野宏文、松井三枝、湯浅 悟、鈴木道雄、倉知正佳、岡部彰人:一酸化炭素中毒3症例のMRIとSPECT所見.第126回北陸精神神経学会.1993,9,金沢
  62. 松井三枝:精神分裂病圏患者における一点凝視時の眼球運動.第57回日本心理学会.1993,9, 所沢
  63. 松井三枝、倉知正佳:精神分裂病圏患者の眼球運動−8点刺激追視時−. 第 17回日本神経心理学会.1993,9,大阪
  64. 松井三枝、藤井 勉、倉知正佳:伝導失語の一小児例.第121回北陸精神神経学会.1992,1, 金沢
  65. 三辺義雄、倉田孝一、松井三枝、吉本博昭、藤井 勉:恐慌性障害の臨床的検討.第121回北陸精神神経学会.1992,1,金沢
  66. 上原 隆、谷井靖之、湯浅 悟、松井三枝、倉知正佳、勝川和彦:側頭型Pick病が疑われた1症例について.第121回北陸精神神経学会.1992,1,金沢
  67. 松井三枝、倉知正佳:精神分裂病圏患者の開瞼時眼球運−べントン視覚記銘とWAIS絵画完成図版との比較−.第14回日本生物学的精神医学会.1992,3,鹿児島
  68. 松井三枝、湯浅 悟、鈴木道雄、安井伸一、葛野洋一、倉知正佳:精神分裂病圏患者におけるStroop効果とSPECT所見との関連.第122回北陸精神神経学会.1992,5,金沢
  69. 松井三枝、湯浅 悟、鈴木道雄、葛野洋一、安井伸一、倉知正佳:分裂病型人格障害の神経心理学的所見−とくに文章記憶の障害−.第122回北陸精神神経学会.1992,5,金沢
  70. 麻生光男、鈴木道雄、湯浅 悟、松井三枝、倉知正佳:精神分裂病患者のMRI所見−発病年齢と脳室との関係一.第123回北陸精神神経学会.1992,9, 福井
  71. 引網純一、松井三枝、倉田孝一、倉知正佳、本田 徹:身体症状、摂食障害などに失声を伴った1例.第123回北陸精神神経学会.1992,9,福井
  72. 篠田真由美、松井三枝、湯浅 悟、倉知正佳:思春期精神分裂病患者にみられた人格変化について.第123回北陸精神神経学会.1992,9,福井
  73. 松井三枝:精神分裂病患者における視覚記銘の特徴.第56回日本心理学会.1992,9, 京都
  74. 松井三枝、葛野洋一、倉知正佳:精神分裂病患者の文章記憶.第118回北陸精神神経学会.1991,1, 金沢
  75. 松井三枝、葛野洋一、角田雅彦、倉知正佳:精神分裂病患者のWAIS所見と臨床症状との関連について.第13回日本生物学的精神医学会.1991,3,前橋
  76. 倉知正佳、葛野洋一、角田雅彦、湯浅 悟、松井三枝、柴田良子、安井伸一、桜井芳雄、鈴木道雄、川崎康弘:精神分裂病患者の123I −IMP SPECT所見とその成立機序について.第87回日本精神神経学会.1991,5,東京
  77. 松井三枝、倉知正佳、河合義治、藤井 勉、谷口保子、引網純一、葛野洋一:精神分裂病患者の文章記憶と臨床症状との関連について.第119回北陸精神神経学会.1991,6,金沢
  78. 麻生光男、葛野洋一、松井三枝、倉知正佳:Progressive Supranuclear Palsy 例の精神症状の検討.第119回北陸精神神経学会.1991,6,金沢
  79. 松井三枝、倉知正佳、角田雅彦:精神分裂病圏患者の開瞼時眼球運−Benton 視覚記銘とWAIS絵画完成図版との比較一.第120回北陸精神神経学会.1991,9,金沢
  80. 松井三枝、倉知正佳:精神分裂病患者の聴覚性文章記憶と視覚性図形記憶.第15回日本神経心理学会.1991,9,大分
  81. 松井三枝:精神分裂病患者における文章記憶課題の再生.第33回日本教育心理学会.1991,9,上越
  82. 松井三枝:精神分裂病患者における文章記憶.第55回日本心理学会.1991,10,仙台

その他

  1. 松井三枝,湯浅 悟,鈴木道雄,麻生光男, 倉知正佳:精神分裂病の神経心理学的研究.精神分裂病研究の進歩, 3, 92,1993.
  2. 湯浅 悟,鈴木道雄, 麻生光男,松井三枝, 倉知正佳:精神分裂病の画像診断.精神分裂病研究の進歩, 3, 92-93, 1993.
  3. 松井三枝,倉知正佳:精神分裂病の症侯群、認知遂行および神経学的機能障害(翻訳と解説).精神科治療学, 8, 995-999, 1993.
  4. 松井三枝,倉知正佳:精神分裂病圏患者にみられた眼球運動の停止現象.精神医学, 35, 1348 , 1993.
  5. 倉知正佳、麻生光男、松井三枝、湯浅 悟、谷井靖之、柴田良子、上原 隆、孫 月吉、斎藤 治:精神分裂病における側頭葉内側構造病変の意義ー臨床的、基礎的検討. 平成6年度厚生省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集、325,1995.
  6. 倉知正佳、四衢崇、野原茂、住吉太幹、斎藤治、鈴木道雄、黒川賢造,山下委希子、松井三枝、森光一、瀬戸光:精神分裂病の脳画像解析とドーパミン代謝、平成8〜10年度厚生省精神・神経疾患研究委託費総括研究報告集、15-18, 1999.
  7. 松井三枝、牛麗沙:大学生における性格形成要因の自己認識, 富山医科薬科大学一般教育研究紀要、22, 43-45, 1999
  8. Goodall, S., Matsui, M., Sakka, L.: An observational study into the cross-cultural differences of postural-gestural communication between Japanese and non-Japanese, J Liberal Arts & Sciences, 22, 47-59, 1999
  9. 松井三枝:はじめて学ぶ「心理学」に対するイメージの変化—「心の科学」受講前後の調査からー。富山医科薬科大学一般教育研究紀要、23, 63-68, 2000.
  10. 松井三枝、湯浅悟、麻生光男、倉知正佳:精神分裂病症候群の再検討ー他者化症候群ー。富山医科薬科大学一般教育研究紀要、23, 69-74, 2000.
  11. 松井三枝:グループ講義導入の試み、富山医科薬科大学一般教育研究紀要、24, 45-56, 2000.
  12. 松井三枝:行動観察と精神状態評定尺度—神経心理検査導入のためにー、富山医科薬科大学一般教育研究紀要、24, 37-44, 2000

2001年

著書

  1. Matsui M., Tonoya Y., Kurachi M.: Cognitive dysfunction and exploratory eye movements in patients with schizophrenia. In: Contemporary Neuropsychiatry, Springer-Verlag, Tokyo, Pp.290-295, 2001.

原著

  1. Sumiyoshi T., Matsui M., Yamashita I., Nohara S., Uehara T., Kurachi M., Sumiyoshi S. Sumiyoshi C., Meltzer H.Y.: The Effect of Tandospirone, a Serotonin 1A Agonist, on Memory Function in Schizophrenia. Biological Psychiarty, 49, 861-868, 2001.
  2. Aso M., Suzuki M, Kawasaki Y., Matsui M., Hagino H., Kurokawa K., Seto H., Kurachi M. Sylvian fissure and medial temporal lobe structures in patients with schizophrenia: a magnetic resonance imaging study. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 55, 49-56, 2001.
  3. Matsuzawa J., Matsui M., Konishi T., Noguchi K., Gur R.C., Bilker W., Miyawaki.T. : Age-related volumetric changes of brain gray and white matter in healthy infants and children. Cerebral Cortex, 11, 335-342, 2001
  4. Sumiyoshi T., Matsui M., Nohara S., Yamashita I., Kurachi M., Sumiyoshi C., Jayathilake K, Meltzer H.Y.: Addition of Tandospirone to neuroleptic treatment enhances cognitive performance in schizophrenia. American Journal of Psychiatry, 158, 1722-1725, 2001.
  5. 野原茂、鈴木道雄、倉知正佳、山下委希子、松井三枝、瀬戸光、斎藤治:精神分裂病における記憶の組織化の障害の神経機構についてー単語記憶課題施行中の99mTc-ECD-SPECTによる検討、精神神経学雑誌、103, 622-629, 2001.

学会報告

  1. Matsui M., Matsuzawa J., Konishi T., Noguchi K., Gur R.C. : Age-related Volumetric Changes of Brain Gray and White Matter in Healthy Infants and Children. International Neuropsychological Society 29th Annual Meeting, 2001, 2, Chicago.
  2. Matsui M., Yoneyama E., Sumiyoshi T., Noguchi K. , Nohara S., Kurachi M. , Seto H.: Lack of self-control in personality inventory and reduced volume of supplementary motor area. ISBET2001, 2001, 3, Utsunomiya.
  3. Matsui M., Yoneyama E., Sumiyoshi T., Noguchi K. , Nohara S., Kurachi M. , Seto H.: Lack of self-control in personality inventory and reduced volume of supplementary motor area. First Japan International Conferenceon Early Intervention and Prevention In Psychiatric Disorders, 2001, 6, Naha.
  4. Suzuki M., Kurachi M., Nohara S., Hagino H., Kawasaki Y., Takahashi T., Yotsutsuji T., Nakamura K., Matsui M.: Brain Morphology in Patients with Schizophrenia: Voxel-based Analysis of Structural MRI. In Symposium “Magnetic resonance imaging in psychiatry: Highlights of our current state of knowledge and future directions; 7th World Congress of Biological Psychiatry, 2001,6,Berlin.
  5. Sumiyoshi C., Matsui M., Sumiyoshi T., Yamashita I., Sumiyoshi S., Kurachi M.: Mental structure in schizophrenia assessed by category fluency test: related to verbal intelligence and age of onset. The 24th Annual International Neuropsychological Society; Mid-Year Conference, Brasilia, Brazil, 2001,7.6. J Int. Neuropsychol. Soc. (JINS) 7:421, 2001.
  6. Suzuki M., Nohara S., Hagino H., Kurokawa K., Yotsutsuji T., Kawasaki Y., Takahashi T., Matsui M., Watanabe N., Seto H., Kurachi M.: Regional changes in brain gray and white matter in schizophrenia: A voxel-based analysis of structural MRI using SPM96. 2001 Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum (CINP) Regional Meeting Hiroshima, 2001, 10, Hiroshima.
  7. Sumiyoshi T., Matsui M., Nohara S., Yamashita I., Kurachi M., Sumiyoshi C., Jayathilake K, Meltzer H.Y.: Tandospirone, a serotonin-1A agonist, added to neuroleptic treatment enhances cognitive performance in schizophrenia. 31st Annual Meeting Society for Neuroscience, 2001, 11, San Diego.
  8. Sumiyoshi T., Matsui M., Nohara S., Yamashita I., Kurachi M., Sumiyoshi C., Jayathilake K, Meltzer H.Y.: Addition of Tandospirone to neuroleptic treatment enhances cognitive performance in schizophrenia. American College of Neuropsychopharmacology 2001 Annual Meeting,2001,12, Hawaii.
  9. 野原 茂,鈴木道雄,倉知正佳,山下委希子,松井三枝,瀬戸光,齋藤治:精神分裂病における記憶の組織化の障害の神経機構について—単語記憶課題遂行中の99mTc-ECD-SPECTによる検討—. 第97回日本精神神経学会,2001,5,大阪.
  10. 殿谷康博、松井三枝、松田幸久、海老原直邦、倉知正佳、谷野亮爾、精神分裂病患者における周辺視の検討, 第149回北陸精神神経学会, 2001, 6, 金沢
  11. 米澤峰男、松井三枝、倉知正佳:前頭葉の酸素化・脱酸素化ヘモグロビンの濃度変化の予備的検討—近赤外線スペクトロスコピー(NIRS)を用いて、第149回北陸精神神経学会, 2001, 6, 金沢
  12. 吉田真奈美、松井三枝、山嶋哲盛:日本版Repeatable Battery for the Assessment of Neuropsychological Status (RBANS)作成の予備的検討、第6回日本認知神経科学会、2001, 7, 東京
  13. 松田幸久、海老原直邦、松井三枝、殿谷康博、倉知正佳:精神分裂病患者における中心・周辺視の検討、日本視覚学会2001年夏季大会, 2001, 7, 湘南
  14. 加藤奏、松井三枝、倉知正佳:健常者の記憶保持能力における加齢の効果、第25回日本神経心理学会、2001, 9, 神戸
  15. 松田幸久、松井三枝、海老原直邦:健常者と精神分裂病患者における周辺視の比較、弟65回日本心理学会、2001, 11, 筑波
  16. 斎藤清二、北啓一郎、大澤幸冶、渡辺明治、松井三枝、福田正冶:医・看・薬共通カリキュラム「医療学入門」における医療面接技能教育。第33回医学教育学会総会、2001, 7, 東京
  17. 米山英一、角田雅彦、山下委希子、松井三枝、倉知正佳:記憶障害と妄想性人格変化が残遺したびまん性軸索損傷の1例—神経心理学的検査と画像所見からの考察—、第150回北陸精神神経学会, 2001, 9, 福井
  18. 松井三枝、松沢純子、牛麗莎、八木信一、小西徹:健常乳幼児脳における前頭前野体積の発達変化、 第25回日本神経心理学会、2001, 9, 神戸
  19. 米山英一、松井三枝、山下委希子、野原 茂、萩野宏文、川崎康弘、鈴木道雄、倉知正佳: 分裂病圏におけるミネソタ多面人格目録(MMPI)分裂病下位尺度と脳灰白質体積の関連—SPM99による検討—。第21回日本精神科診断学会, 2001, 10, 富山
  20. 加藤奏、松井三枝、倉知正佳:健常者の記憶保持能力における加齢の効果、第21回日本精神科診断学会, 2001, 10, 富山
  21. 住吉チカ、野原 茂、松井三枝、住吉太幹、山下委希子、倉知正佳:精神分裂病患者のVerbal Fluency機能と精神症状との関連、第21回日本精神科診断学会, 2001, 10, 富山

その他

  1. Matsui, M.: Neuropsycho-physiological assessment in schizophrenia. Special lecture of Vanderbilt University Medical Center, 2001, 7, Nashville.
  2. 松井三枝:神経心理学的検査の紹介。富山医科薬科大学一般教育研究紀要、25, 39-56, 2001.
  3. 松井三枝:臨床神経心理学的査定の解釈実践のためのガイド(1)、富山医科薬科大学一般教育研究紀要、26, 53-68, 2001.
  4. 加藤奏、松井三枝:記憶研究の流れと今後の展望-忘却に関する臨床研究のために-富山医科薬科大学一般教育研究紀要、26, 69-80, 2001.
  5. 松井三枝:第1回日本国際精神障害予防会議印象記、臨床精神医学、30, 1136-1137, 2001.
  6. 住吉太幹、松井三枝、山下委希子、野原 茂、倉知正佳、上原隆、住吉佐和子、住吉チカ、Meltzer H.Y.:セロトニン1A受容体アゴニストの精神分裂病患者の記憶機能に対する効果、臨床薬理の進歩2001, 118-123, 2001.
  7. 山下委希子、松井三枝、加藤奏、野原 茂、高橋努、米山英一、倉知正佳: 分裂病型障害と精神分裂病患者の神経心理学的プロフィールの比較、第1回精神疾患と認知機能研究会, 東京、2001, 11, 東京
  8. 倉知正佳、野原 茂、川﨑康弘、鈴木道雄、萩野宏文、高橋努、中村主計、米山英一、Zhou Shiyu、松井三枝、山下委希子、森光一、瀬戸光:精神分裂病圏患者の脳の形態と思春期健常者の脳の発達:3-D MRIを用いた検討、厚生省精神・神経疾患研究委託費平成13年度研究報告会.2001,12,東京

2002年

著書

  1. Matsui, M., Yoneyama, E., Sumiyoshi, T., Noguchi, K., Nohara, S., Kurachi, M., Seto, H. : Poor self-control in personality inventory and reduced volume of supplementary motor area. In Hirata, K., Koga, Y., Nagata, N., Yamazaki, R.(eds.) Recent advances in human mapping : International congress sereies I232, Elsevier, Pp.131-135, 2002.
  2. Matsui, M., Yoneyama, E., Sumiyoshi, T., Noguchi, K., Nohara, S., Seto, H. , Kurachi, M.:Lack of self-control in personality inventory and reduced volume of supplementary motor area, In Ogura, C., Recent advances in early intervention and prevention in psychiatric disorders, Seiwa-Shoten、Pp.268-269, 2002.
  3. Kawasaki, Y.,Nakamura, K., Nohara, S., Hagino, H., Matsui, M., Suzuki, M., Kurachi, M.:Possibility of early diagnosis of schizophrenia by three-dimensional magnetic resonance imaging、In Ogura, C., Recent advances in early intervention and prevention in psychiatric disorders, Seiwa-Shoten、Pp.46-49, 2002.

原著

  1. umiyoshi,C., Matsui, M., Sumiyoshi, T., Yamashita, I., Sumiyoshi, S., Kurachi, M.: Semantic structure in schizophrenia as assessed by the category fluency test: effect of verbal intelligence and age of onset. Psychiatry Research, 105, 187-199, 2002.
  2. Matsui, M., Yoneyama, E., Sumiyoshi, T., Noguchi, K., Nohara, S., Suzuki, M., Kawasaki, Y., Seto , H., Kurachi, M.: Lack of self-control as assessed by a personality inventory is related to reduced volume of supplementary motor area. Psychiatry Research: Neuroimaging, 116, 53-61,2002.
  3. Matsui, M., Sumiyoshi, T., Niu, L., Kurokawa, K., Kurachi, M.: MMPI profile characteristics of schizotypal personality disorder. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 56, 443-452, 2002.
  4. Takahashi T, Kawasaki Y, Kurokawa K, Hagino H, Nohara S, Yamashita I, Nakamura K, Murata M, Matsui M, Suzuki M, Seto H, Kurachi M: Volumetric magnetic resonance imaging study of the anterior cingulate gyrus in schizophrenia. Schizophrenia Res.55, 69-81, 2002.
  5. Suzuki M, Nohara S, Hagino H, Kurokawa K, Yotsutsuji T, Kawasaki Y, Matsui M, Watanabe N, Seto H, Kurachi M: Regional changes in brain gray and white matter in patients with schizophrenia demonstrated with voxel-based analysis of MRI. Schizophrenia Res.55, 41-54, 2002.
  6. Hagino, H, Suzuki M, Mori K, Nohara S, TakahashiT, Kurokawa K, Matsui M, Watanabe N, Seto H, Kurachi M: Proton magnetic resonance spectroscopy of the inferior frontal gyrus and thalamus, and its relationship to verbal learning task performance in patients with schizophrenia: a preliminary report. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 56, 499-507, 2002.
  7. 山下委希子、松井三枝、倉知正佳、野原茂、高橋努、米山英一、加藤奏、黒川賢造:分裂病型障害患者と精神分裂病患者の神経心理学的プロフィールの比較、精神医学, 44, 845-851, 2002.
  8. 秋元治朗, 松本功, 福田忠治, 原岡襄,松井三枝: 日本版RBANSによる頭部外傷後高次脳機能障害の評価、神経外傷、25(2), 96-102, 2002.

総説

  1. 松井三枝:精神分裂病の神経心理学的プロフィール. Schizophrenia Frontier, 3, 149-154, 2002.

学会報告

  1. Matsui M., Matsuzawa J., Niu L, Konishi T., Noguchi K., Yagi S. : Age-related volumetric changes of prefrontal gray and white matter in healthy infants and children. International Neuropsychological Society 30th Annual Meeting, 2002, 2, Toronto.
  2. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Sumiyoshi S, Kikura Y, Kurachi M.: Impairment of story memory organization in patients with schizophrenia. 3rd Tsukuba International Conference on Memory, 2002, 3, Tsukuba
  3. Kawasaki Y, Nohara S, Suzuki M, Hagino H, Matsui M, Yamashita I, Chitnis X, McGuire PK, Seto H, Kurachi M: Structural brain differences in patients with schizotypal disorder and schizophrenia using voxel-based morphometry. XIth Binnial Winter Workshop on Schizophrenia, 2002, 3, Davos, Switzerland.
  4. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Sumiyoshi S, Kikura Y, Kurachi M.: Impairment of story memory organization in patients with schizophrenia.  International Neuropsychological Society 25th Mid-Year Meeting, 2002, 7, Stockholm.
  5. Kurachi M, Kawasaki Y, Nohara S, Hagino H, Suzuki M, Matsui M: Brain morphology underlying the vulnerability to schizophrenia. WPA, 2002, 8, Yokohama.
  6. Kawasaki Y, Nohara S, Suzuki M, Hagino H, Matsui M, Kurachi M: MRI studies in schizophrenia-I: voxel-based morphometry. WPA, 2002, 8, Yokohama.
  7. Nohara S, Suzuki M, Hagino H, Kawasaki Y, Mori K, Matsui M, Seto H, Kurachi M : MRI studies in schizophrenia-IV: developmetal changes in adolescence. WPA, 2002, 8, Yokohama.
  8. Mikami A , Matsui M, Nishimura T, Tanaka M, Tomonaga M, Matsuzawa T, Suzuki J, Kato A, Matsubayashi K, Goto S, Hashimoto C: Development of the brain in baby chimpanzees. The 3rd FAONS congress for the Federation of Asia-Oceanian Neuroscience Societies 2002, 9, Seoul, Korea.
  9. Mikami A , Matsui M, Nishimura T, Tanaka M, Tomonaga M, Matsuzawa T, Suzuki J, Kato A, Matsubayashi K, Goto S, Hashimoto C: A MRI Study of Brain Structures in Infant Chimpanzees. COE International Symposium, 2002, 11, Inuyama.
  10. 加藤奏、松井三枝、倉知正佳:加齢に伴う認知機能の変化―Mini-Dementia Scaleによる検討―、第152回北陸精神神経学会, 2002, 6, 金沢
  11. 西山志満子、松井三枝、田尻浩嗣、南真司、倉知圓:左後頭葉損傷例における神経心理学的機能の評価、第152回北陸精神神経学会2002, 6, 金沢
  12. 松井三枝:指定発言、シンポジウム「医療における神経心理」、第7回認知神経科学会、2002, 7, 東京
  13. 加藤奏、松井三枝、倉知正佳:情報探索活動課題の作成、第26回日本神経心理学会2002, 9, 東京
  14. 西山志満子、松井三枝、田尻浩嗣、南真司、倉知圓:左後大脳動脈閉塞症例における神経心理学的機能の検討、第26回日本神経心理学会2002, 9, 東京
  15. 松井三枝:記憶と神経心理学からのアプローチ、 シンポジウム「精神分裂病の心理臨床」、第21回日本心理臨床学会, 2002, 9, 名古屋
  16. 松井三枝:精神分裂病の神経心理学、ワークショップ「心理学者の神経心理学」 第66回日本心理学会, 2002, 9, 広島
  17. 米沢峰男, 松井三枝, 倉知正佳, 高草保夫: 前頭葉の酸素化・脱酸素化ヘモグロビンの濃度変化の予備的検討――測定機材と計算法の比較・検討-, 第153回北陸精神神経医学会、2002,9、金沢
  18. 松井三枝:精神分裂病と記憶、教育講演、第2回精神疾患と認知機能研究会、2002, 11, 東京
  19. 住吉チカ、住吉太幹、野原茂、松井三枝、倉知正佳、丹羽真一:精神分裂病患者における長期意味記憶機能と精神症状との関連:Category Fluency Testに基づく検討、第2回精神疾患と認知機能研究会、2002, 11, 東京
  20. 三上章允、松井三枝、西村剛、田中正之、友永雅己、松澤哲郎、鈴木樹里、加藤朗野、後藤俊二、橋本千絵:MRIで見たチンパンジー幼児の脳の発達、科学研究費特別推進研究COE国際シンポジウム「類人猿の進化と人類の成立」サテライトシンポジウム:SAGA5,2002,11、犬山

その他

  1. 松井三枝:精神分裂病患者への神経心理学的アプローチ、福島大学学術講演、福島、2002, 3.
  2. 帯刀圭子、角田雅彦、野原 茂、松井三枝、鈴木道雄、倉知正佳:前頭葉萎縮を伴ったOrganic manic disorderを疑った一例、第7回臨床精神医学研究会―富山、2002、8、富山.
  3. 松井三枝:心理検査実施訓練の重要性について、富山医科薬科大学一般教育研究紀要、28, 19-23,2002.
  4. 倉知正佳、川﨑康弘、鈴木道雄、野原 茂、萩野宏文、高橋努、中村主計、米山英一、Zhou Shiyu、松井三枝、森光一、瀬戸光:統合失調症の病態形成と形態画像診断の可能性:3-D MRIによる検討、厚生省精神・神経疾患研究委託費平成14年度研究報告会.2002,12,東京

2003年

著書

  1. 松井三枝:統合失調症における認知障害、武田雅俊編、新世紀の精神科治療第6巻「認知の科学と臨床」、116-128, 中山書店、東京、2003
  2. 松井三枝:記憶と神経心理学からのアプローチ、横田正夫、丹野義彦、石垣琢磨編「統合失調症の臨床心理学」、195-218, 東京大学出版会、東京、2003
  3. Kurachi M, Suzuki M, Kawasaki Y, Sumiyoshi T, Matsui M: Pathogenesis of schizophrenia: temporo-frontal two-step hypothesis. In Ono T. et al (eds.) Cognition and emotion in the brain. International congress series 1250, Elsevier, 441-445, 2003.

原著

  1. Tonoya Y, Matsui M, Kurachi M, Kurokawa K, Sumiyoshi T: Exploratory eye movements in schizophrenia: effects of figure size and the instruction on visual search. European Archives of Psychiatry and Clinical Neuroscience, 252: 255-261, 2002.
  2. Yotsutsuji T, Saitoh O, Suzuki M, Hagino H, Mori K, Takahashi T, Kurokawa K, Matsui M, Seto H, Kurachi M : Quantification of lateral ventricular subdivisions in schizophrenia by high-resolution three-dimensional MR imaging. Psychiatry Research: Neuroimaging, 122: 1-12, 2003.
  3. Yoneyama E, Matsui M, Kawasaki Y, Nohara S, Takahashi T, Hagino H, Suzuki M, Seto H, Kurachi M: Gray matter features of schizotypal disorder patients exhibiting the schizophrenia-related code types of the Minnesota Multiphasic Personality Inventory. Acta Psychiatrica Scandinavica, 108:333-340, 2003.

総説

  1. 松井三枝:統合失調症と記憶、精神医学45: 1254-1262、2003.
  2. 松井三枝:California Verbal Learning Test. 「痴呆症学(1)―高齢社会と脳科学の進歩―」、日本臨床、61(増刊号9):274-278、2003

学会報告

  1. Matsui M, Yuuki H, Kato K, Kurachi M.: The nature of memory impairment in patients with schizophrenia spectrum disorder. 4th Tsukuba International Conference on Memory, 2003, 1, Tsukuba.
  2. Kato K, Matsui M, Kurachi M.: Age-related changes in cognitive function of elderly healthy people: An examination through Mini-Neuropsychological Scale. 4th Tsukuba International Conference on Memory, 2003, 1, Tsukuba.
  3. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Yoneyama E, Kurachi M.: A comparative profile analysis of neuropsychological functioning in schizotypal personality disorder. 14th Annual Meeting of American Neuropsychiatric Association, 2003, 2, Honolulu, Hawaii.
  4. Matsui M, Kato K, Yuuki H, Yoneyama E, Kurachi M.: Neuropsychological profile in schizophrenia and schizotypal personality disorder. 31st Annual International Neuropsychological Society Conference, 2003, 2, Honolulu, Hawaii.
  5. Sumiyoshi C., Sumiyoshi T., Matsui M., Nohara S., Yamashita I., Kurachi M. : Effect of orthography on the verbal fluency performance: Examination using Japanese patients with schizophrenia. The Sixth Biennial Mt. Sinai Conference on Cognition in Schizophrenia, 2003, 3, Colorado Spring, CO, U.S.A.
  6. Sumiyoshi, C., Sumiyoshi, T., Matsui, M., Nohara, S, Yamashita, I., M Kurachi, M., Niwa, S. Effect Of Orthography On The Verbal Fluency Performance: Examination Using Japanese Patients With Schizophrenia. The Sixth Biennial Mt. Sinai Conference on Cognition in Schizophrenia: An Official Satellite of the 2003 International Congress on Schizophrenia Research. 2003, 3, Colorado Spring, CO, U.S.A.
  7. Suzuki M., Zhou S-Y., Kawasaki Y., Hagino H., Takahashi T., Nohara S., Matsui M., and Kurachi M.: Differential involvement of the frontal lobe in schizophrenia and schizotypal disorder. The 16th Congress of the European College of Neuropsychopharmacology, 2003, 9, Prague.
  8. Matsui M, Kato K, Yuuki H, Takeuchi A, Kurachi M : Response characteristics on a guessing task in schizophrenic patients, 26th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2003, 7, Berlin, Germany.
  9. Nishiyama S, Matsui M, Tajiri K, Minami S, Kurachi M : Selective impairment of reading in pure alexia –a case study-, 26th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2003, 7, Berlin, Germany.
  10. Takai Y, Matsui M: Assessment using neuropsychological tests available in Japan. 第26回日本神経科学大会、2003. 7, 名古屋
  11. Minabe Y, Matsui M: Assessment of cognitive impairment in patients with schizophrenia. 第26回日本神経科学大会、2003. 7, 名古屋
  12. 結城博実、田中いずみ、水原結城、松井三枝、倉知正佳:生活技能訓練(Social Skills Training)における評価の必要性について、第154回北陸精神神経学会、2003,1、金沢
  13. 花輪尚子、下田和紀、松井三枝、中川功:重度痴呆患者に対する回想法の試み、第154回北陸精神神経学会、2003,1、金沢
  14. 米山英一、松井三枝、川崎康弘、野原茂、萩野宏文、高橋務、鈴木道雄、倉知正佳:ミネソタ多面人格目録(MMPI)にて統合失調症関連コードタイプを示す統合失調症型障害患者の脳灰白質の形態学的特徴、第25回日本生物学的精神医学会、2003.4、金沢
  15. 角田雅彦、川崎康弘、鈴木道雄、萩野宏文、殿谷康弘、松井三枝、倉知正佳:統合失調症患者における探索的眼球運動と3D-MRIとの関連―Voxel-based morphometryによる検討―、第25回日本生物学的精神医学会、2003.4、金沢
  16. 米沢峰男、松井三枝、倉知正佳:前頭葉の酸素化・脱酸素化ヘモグロビンの濃度変化の予備的検討―計算法の比較・検討―、第25回日本生物学的精神医学会、2003.4、金沢
  17. 萩野宏文、牛麗莎、鈴木道雄、Zhou Shi-Yu, 高橋努、川崎康弘、野原茂、米山英一、中村主計、森光一、瀬戸光、松井三枝、倉知正佳:統合失調症および統合失調型障害患者における海馬と海馬傍回の体積、第25回日本生物学的精神医学会、2003.4、金沢
  18. 牛麗莎、松井三枝、萩野宏文、Zhou Shi-Yu, 高橋努、米山英一、川崎康弘、鈴木道雄、瀬戸光、倉知正佳:MRIを用いた統合失調症圏患者における扁桃体体積の検討、第25回日本生物学的精神医学会、2003.4、金沢
  19. Zhou Shi-Yu, 鈴木道雄、萩野宏文、高橋努、川崎康弘、野原茂、森光一、瀬戸光、松井三枝、倉知正佳:Volumetric evaluation of the frontal lobe in patients with schizophrenia: I. The total volume of the frontal lobe, 第25回日本生物学的精神医学会、2003.4、金沢
  20. 田仲千秋, 宮一志, 影山隆司, 栗原真紀子, 松沢純子,本郷和久, 山谷美和, 八木信一, 宮脇利男, 松井三枝, 小西徹:乳幼児期から思春期における健常発達脳のMRI による検討、第45回日本小児神経学会、2003,5,福岡
  21. 加藤奏、松井三枝、倉知正佳:Mini-Dementia Scale (MDS)の痴呆患者への試み、第155回北陸精神神経学会、2003,6、金沢
  22. 阿部里絵、松井三枝、高柳功:入院加療中の統合失調症患者におけるMMPIプロフィールの特徴、第155回北陸精神神経学会、2003,6、金沢
  23. 結城博実、松井三枝、加藤奏、竹内愛、倉知正佳:統合失調症の神経心理学的機能―新しい検査バッテリーによる検討―、第155回北陸精神神経学会、2003,6、金沢
  24. 松岡理、鈴木道雄、加藤奏、結城博実、萩野宏文、田尻浩嗣、松井三枝、倉知正佳:顕著な葉性萎縮を伴わない前頭側頭型痴呆を疑われる一例、第155回北陸精神神経学会、2003,6、金沢
  25. 松井三枝:神経心理学からのアプローチ、ワークショップ「統合失調症の認知障害」、第67回日本心理学会、2003、9、東京
  26. 花輪尚子、松井三枝:高齢痴呆患者における見当識障害について、第67回日本心理学会、2003、9、東京
  27. 加藤奏、松井三枝、結城博実、竹内愛、倉知正佳:情報探索活動課題における統合失調症患者の特徴、第27回日本神経心理学会、2003,9、愛媛
  28. 結城博実、松井三枝、加藤奏、竹内愛、倉知正佳:統合失調症と統合失調型障害患者の神経心理学的機能、第27回日本神経心理学会、2003,9、愛媛
  29. 竹内愛、加藤奏、結城博実、松井三枝:健常者における神経心理学的機能の因子構造、第27回日本神経心理学会、2003,9、愛媛
  30. 西山志満子、松井三枝、上原隆、倉知圓:選択的音読障害が認められた純粋失読の1症例、第27回日本神経心理学会、2003,9、愛媛
  31. 白石眞、真木二葉、古川綾子、本間裕子、渡邊裕文、杉原浩、高橋洋一、松井三枝:脳梁、帯状回病変におけるRBANSを用いた検討、第27回日本神経心理学会、2003,9、愛媛
  32. 西山志満子、松井三枝、上原隆、倉知圓:認知行動療法と薬物療法の併用で症状が軽快した強迫性障害の1例、第43回全国国保地域医療学会、2003、9、高松
  33. 松井三枝、旭雄士、遠藤俊郎:視覚性運動失調(ataxie optique)が残存する左頭頂葉病変例、第156回北陸精神神経学会、2003,9、富山
  34. 田中邦子、松井三枝、倉知正佳:大学生のメンタルヘルスー6年間の新入生のMMPIの動向―、第156回北陸精神神経学会、2003,9、富山
  35. 加藤奏、松井三枝、倉知正佳:Mini-Dementia scaleの初期痴呆患者への適用について、第22回日本痴呆学会、2003,10、東京
  36. 栗本昌紀、旭雄士、柴田孝、松村内久、林央周、平島豊、遠藤俊郎、松井三枝:Atypical language dominanceを有した2症例に対するAwake Surgeryの経験、第1回日本Awake Surgery研究会、2003,11,沖縄
  37. 加藤奏、松井三枝、倉知正佳:Mini-Neuropsychological scaleの初期痴呆患者への適用について、第3 回精神疾患と認知機能研究会、2003,11、東京
  38. 旭雄士、栗本昌紀、柴田孝、松井三枝、平島豊、遠藤俊郎:術中覚醒下手術にて優位半球角回を固定し機能を温存して腫瘍の亜全摘ができた一例、第8回日本脳腫瘍の外科学会、2004,11、沖縄
  39. 松井三枝:精神神経疾患における記憶障害、シンポジウム「記憶障害における新たなアプローチ」、第27回日本高次脳機能障害学会、2003,12、東京

その他

  1. 松井三枝:脳画像からみたヒトの健常発達変化、COEシンポジウム「類人猿の行動発達と脳」、2003, 2, 犬山(京都大学霊長類研究所)
  2. 松井三枝:神経心理学とモラル、招待講演、第2回RBANS研究会、2003、4、浜松
  3. 松井三枝、富永大介、宮森孝史、山下光、八田武志、本田仁視: ワークショップ「認知機能障害へのアプローチー臨床神経心理学の役割―」、第67回日本心理学会、2003、9、東京
  4. 倉知正佳、川﨑康弘、鈴木道雄、野原 茂、萩野宏文、高橋努、中村主計、米山英一、Zhou Shiyu、松井三枝、森光一、瀬戸光:統合失調症の病態形成と形態画像診断の可能性:3-D MRIによる検討、厚生省精神・神経疾患研究委託費平成15年度研究報告会.2003,12,東京

2004年

著書

  1. 松井三枝、倉知正佳:画像診断、氏原寛、亀口憲治、成田善弘、東山鉱久、山中康裕編、「心理臨床大事典改訂版」、培風館、2004,pp.800-803.
  2. Sumiyoshi T., Matsui M., Nohara S., Yamashita I., Kurachi M., Sumiyoshi C., Jayathilake K. and Meltzer H.Y.: Enhancement of cognitive performance in schizophrenia by addition of tandospirone to neuroleptic treatment. In: Simpson G.M. (Ed). Year Book of Psychiatry & Applied Mental Health (Vol. 2003), Mosby-Year Book Inc., 2003, pp. 329-330.

原著

  1. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Yoneyama E, Kurachi M: Neuropsychological profile in patients with schizotypal personality disorder or schizophrenia. Psychological Reports, 94:387-397, 2004.
  2. Sumiyoshi C, Sumiyoshi T, Matsui M, Nohara S, Yamashita I, Kurachi M, Niwa S : Effects of orthography on the verbal fluency performance in schizophrenia: examination using Japanese patients. Schizophrenia Research, 69: 15-22, 2004.
  3. Suzuki M, Zhou SY, Hagino H, Takahashi T, Kawasaki Y, Nohara S, Yamashita I, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Volume reduction of the right anterior limb of the internal capsule in patients with schizotypal disorder. Psychiatry Research: Neuroimaging, 130: 213-225, 2004
  4. Niu L, Matsui M, Hagino H, Zhou SY, Takahashi T, Yoneyama E, Kawasaki Y, Suzuki M, Seto H, Ono T, Kurachi M: Volume reduction of the amygdala in patients with schizophrenia: a magnetic resonance imaging study. Psychiatry Research: Neuroimaging, 132: 41-51, 2004.
  5. Matsui M: Impairment of paired associate learning following the perirhinal cortex damage. Journal of Human Environmental Studies, 2: 1-8,2004.
  6. Nakamura K, Kawasaki Y, Suzuki M, Hagino H, Kurokawa K, Takahashi T, Niu L, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Multiple structural brain measures obtained by three-dimensional magnetic resonance imaging to distinguish between schizophrenia patients and normal subjects. Schizophr Bull., 30:393-404, 2004
  7. Kawasaki Y, Suzuki M, Nohara S, Hagino H, Takahashi T, Matsui M, Yamashita I, Chitnis XA, McGuire PK, Seto H, Kurachi M.: Structural brain differences in patients with schizophrenia and schizotypal disorder demonstrated by voxel-based morphometry. Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci. 254:406-414, 2004.
  8. 米澤峰男、松井三枝、倉知正佳:前頭葉の酸素化・脱酸素化ヘモグロビンの濃度変化の予備的検討、精神医学、46、993-996、2004
  9. 秋元治朗, 原岡襄,松井三枝: 新しい神経心理バッテリーRBANS(アーバンス)の頭部外傷後高次脳機能障害への応用(第2報)、神経外傷、27(2), 209-215, 2004.

総説

  1. 松井三枝:精神神経疾患における記憶障害、高次脳機能研究、24、51-59、2004
  2. 松井三枝:認知機能からみた精神疾患、基礎心理学研究、23、83-89、2004
  3.  

学会報告

  1. Matsui M, Kato K, Yuuki H, Kurachi M.: Impairment of memory organization in patients with schizophrenia spectrum disorder. 32nd Annual International Neuropsychological Society Conference, 2004, 2, Baltimore.
  2. Matsui M, Sumiyoshi T, Yuuki H, Kato K, Kurachi M.: A breakdown of event schemas in patients with schizophrenia: an examination of their script for shopping at supermarket. 5th Tsukuba International Conference on Memory, 2004, 3, Tsukuba.
  3. Kurachi M., Suzuki M., Kawasaki Y., Matsui M. : Pathogenesis of schizophrenia: Temporo-frontal two-step hypothesis. In Symposium “Brain imaging in adolescents and first-break patients with schizophrenia”; The 24th Congress of Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum (CINP), 2004, 6, Paris.
  4. Suzuki M., Zhou S.-Y., Hagino H., Niu L., Kawasaki Y., Takahashi T., Matsui M., and Kurachi M. : Brain abnormalities associated with Schneider’s first rank symptoms in schizophrenia. The 24th Congress of Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum (CINP), 2004, 6, Paris.
  5. Zhou S.-Y., Suzuki M., Hagino H., Takahashi T., Kawasaki Y., Matsui M., and Kurachi M. : Sulci/gyri defined frontal lobe and its subregions in patients with schizophrenia in vivo. The 24th Congress of Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum (CINP), 2004, 6, Paris.
  6. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Yuuki H, Kurachi M : Impairment of event schema in patients with schizophrenia. Oral session, 27th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2004, 7, Brisbane.
  7. Nishiyama S, Matsui M, Taniguchi S, Kurachi M : Neural mechanism for selective impairment of reading following occipital lobe damage, 27th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2004, 7, Brisbane.
  8. Takeuchi A, Matsui M, Kato K, Yuuki H, Kurachi M: Factor analysis of neuropsychological function on normal population.27th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2004, 7, Brisbane.
  9. Matsui M, Sumiyoshi T, Kato K, Yuuki H, Kurachi M: Characteristics on everyday cognition in patients with schizophrenia, Symposia, World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies 2004, 2004, 7, Kobe.
  10. Mikami, A., Nishimura, T, Miwa, T, Matsui, M, Tanaka, M , Tomonaga, M, Matsuzawa, T, Suzuki, J., Kato, A., Matsubayashi, K., Goto, S., Hashimoto, C.: Development of the brain structures in chimpanzee infants. IPS,2004,8, Italy.
  11. Matsui M, Sumiyoshi T, Yuuki H, Kato K, Kurachi M : Impairment of event schema in patients with schizophrenia: an examination of their script for shopping at supermarket. 24th Annual Conference of National Academy of Neuropsychology, 2004, 11, Seattle.
  12. 鈴木道雄, 川崎康弘, 萩野宏文,谷野亮一郎、加藤奏、結城博実、松井三枝、野原茂、倉知正佳:脳画像によるアルツハイマー病早期診断の試みー局所脳血流パターンの解析―、第157回北陸精神神経学会、2004,1、金沢
  13. 田中邦子、松井三枝、米澤峰男、倉知正佳:記憶学習課題および推理課題施行中の近赤外線分光法を用いた前頭前野の血行動態、第6回ヒト脳機能マッピング学会、2004,3、東京.
  14. 田仲千秋、松沢純子, 宮一志, 影山隆司, 本郷和久, 八木信一, 松井三枝, 宮脇利男:乳幼児期から思春期における健常発達脳のMRIによる検討、第107回日本小児科学会、2004,4、岡山
  15. 住吉チカ、住吉太幹、野原茂、松井三枝、倉知正佳、丹羽真一:統合失調症患者の語流暢性課題遂行における正書法の影響、第26回日本生物学的精神医学会,2004,7,東京
  16. 川崎康弘、鈴木道雄、住吉太幹、中村主計、萩野宏文、高橋努、Shi-Yu Zhou、松井三枝、倉知正佳:脳形態所見による統合失調症の診断可能性について、第26回日本生物学的精神医学会,2004,7,東京
  17. Zhou SY、Suzuki M, Hagino H, Takahashi T, Kawasaki Y, Seto H, Matsui M, Kurachi M : Sulci/Gyri-Defined Frontal Lobe Regions in Schizophrenia: A MRI Study,第26回日本生物学的精神医学会,2004,7,東京
  18. 鈴木道雄, Zhou SY,萩野宏文, Niu L, 川崎康弘, 高橋努, 松井三枝, 倉知正佳: 統合失調症におけるSchneiderの1級症状と関連する脳形態, 第26回日本生物学的精神医学会,2004,7,東京
  19. 牛麗莎, 松井三枝, 萩野宏文, Zhou SY, 米山英一, 瀬戸光, 倉知正佳: 統合失調型障害と統合失調症における扁桃体体積とMMPIとの関係, 第26回日本生物学的精神医学会,2004,7,東京
  20. 萩野宏文, 鈴木道雄, Zhou SY, 牛麗莎, 高橋努, 野原茂, 川崎康弘, 森光一, 瀬戸光, 松井三枝, 倉知正佳:思春期健常者における海馬の形態的発達の横断的検討, 第26回日本生物学的精神医学会,2004,7,東京
  21. 倉知正佳、鈴木道雄、川崎 康弘、住吉 太幹、松井 三枝:統合失調症の神経発達障害仮説と脳形態の変化、シンポジウム, 第26回日本生物学的精神医学会,2004,7,東京
  22. 南知佐子、松井三枝、荒井幸、林央周、遠藤俊郎:障害認識へのアプロ-チを通して早期社会復帰を果たした記憶障害患者例,第13回日本意識障害学会、2004,7、筑波
  23. 松井三枝:精神科領域から、ワークショップ 「臨床神経心理学の実践と教育システムを考える」、第68回日本心理学会大会、2004,9、大阪
  24. 松井三枝:認知障害と認知リハビリテーション、ワークショップ 「統合失調症の心理社会的問題と治療」、第68回日本心理学会大会、2004,9、大阪
  25. 西山志満子、松井三枝:左後頭葉損傷による選択的音読障害の検討、第68回日本心理学会大会、2004,9、大阪
  26. 結城博実、加藤奏、松井三枝、倉知正佳:AD/HD児童におけるWISC-IIIプロフィールの検討。第28回日本神経心理学会総会、2004,9、広島
  27. 西山志満子、松井三枝:左後頭葉損傷による選択的音読障害の検討、第28回日本神経心理学会総会、2004,9、広島
  28. 田中邦子、松井三枝、米澤峰男、倉知正佳:記憶学習課題施行中の近赤外線分光法を用いた前頭前野の血行動態、第159回北陸精神神経学会、2004,9、金沢
  29. 加藤奏、松井三枝、結城博実、鈴木道雄、倉知正佳:Brief-Neuropsychological Scaleの初期Alzheimer病患者への適用について、第159回北陸精神神経学会、2004,9、金沢
  30. 松岡理、松井三枝、藤井勉、角田雅彦、上原隆、瀬尾知徳、川崎康弘、鈴木道雄、水上祐子、荒井宏文、倉知正佳:大脳皮質基底核変性症(CBD)の一例、第159回北陸精神神経学会、2004,9、金沢
  31. 鈴木道雄, 川崎康弘, 高橋 努, 葛野洋一, 谷野亮一郎, 加藤 奏, 結城博実, 松井三枝, 倉知正佳: 統計画像解析を用いた局所脳血流パターンによるアルツハイマー病患者と健常者の判別. 第23回日本痴呆学会, 2004, 9, 東京.
  32. 結城博実、松井三枝、加藤奏、竹内愛、倉知正佳:統合失調症患者と統合失調型障害患者の神経心理学的機能、第4回精神疾患と認知機能研究会、2004、10、東京
  33. 松井三枝:神経心理学の立場から、シンポジウム I「基礎と臨床-共通の言語を求めて」第23回日本基礎心理学会、2004、11、新潟
  34. 栗本昌紀、永井正一、上山浩永、西尾陽一、旭雄士、林央周、平島豊、遠藤俊郎、高岩亜輝子、松井三枝:覚醒下手術における言語マッピングについて、第2回日本Awake Surgery研究会、2004,11,金沢

その他

  1. Matsui M : Developmental changes in human brain-study of magnetic resonance imaging-. Special lecture of University of Pennsylvania Health System, 2004, 2.3, Philadelphia.
  2. 松井三枝:認知機能からみた精神疾患。基礎心理学フォーラム「心理学基礎研究の地域貢献を考える」、2003年度第2回日本基礎心理学会フォーラム、2004,2.14、金沢
  3. 松井三枝:臨床神経心理学の現状と展望、「高次脳機能障害をめぐってー日本の現状と将来への展望―」、第8回東京医科大学医科学フォーラム、2004,3.12、東京
  4. 松井三枝:統合失調症の認知機能、特別講演、第204回富山県精神科医会学術講演会、2004, 5.28, 富山
  5. 松井三枝:臨床心理学と脳科学の進歩、講演、第45回日本臨床心理士資格認定協会研修会、2004.6.27、福島
  6. 松井三枝:高次脳機能障害の評価法について、講演、第16回日本リハビリテーション医学会北陸ブロック専門医・認定臨床医生涯教育研修会 2004.9.4 金沢
  7. 松井三枝、富永大介、宮森孝史、坂爪一幸、緑川晶、磯村順子:ワークショップ 「臨床神経心理学の実践と教育システムを考える」、第68回日本心理学会大会、2004,9、大阪

2005年

著書

  1. 松井三枝:脳と心―統合失調症患者の認知機能と脳、仲真紀子編、認知心理学の新しいかたち、Pp.208-241, 誠信書房、東京、2005

原著

  1. Suzuki M, Hagino H, Nohara S, Zhou SY, Kawasaki Y, Takahashi T, Matsui M, Seto H, Ono T, Kurachi M.: Male-specific volume expansion of the human hippocampus during adolescence. Cerebral Cortex,15, 187-193, 2005.
  2. Sumiyoshi C, Sumiyoshi T, Nohara S, Matsui M, Kurachi M, Niwa S: Disorganization of semantic memory underlies alogia in schizophrenia: An analysis of verbal fluency performance in Japanese subjects. Schizophrenia Research, 74, 91-100, 2005
  3. Tsunoda M., Kawasaki Y. , Matsui M., Tonoya Y. , Hagino H., Suzuki M. , Seto H. , Kurachi M. : Relationship between exploratory eye movements and brain morphology in schizophrenia spectrum patients -Voxel–based morphometry of three–dimensional magnetic resonance imaging. Eur Arch Psychiatry Clin Neurosci. ,255, 104-110, 2005.
  4. Suzuki M, Zhou SY, Hagino H, Niu L, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Ono T, Kurachi M.: Morphological brain changes associated with Schneider’s first-rank symptoms in schizophrenia: a MRI study. Psychol Med., 35, 549-560, 2005.
  5. Zhou SY, Suzuki M, Hagino H, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Volumetric analysis of sulci/gyri-defined in vivo frontal lobe regions in schizophrenia: Precentral gyrus, cingulate gyrus, and prefrontal region. Psychiatry Res. 139, 127-139, 2005.
  6. Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Hagino H, Kawasaki Y, Niu L, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Differential contributions of prefrontal and temporolimbic pathology to mechanisms of psychosis. Brain, 128, 2109-2122, 2005.

総説

  1. 松井三枝、倉知正佳:統合失調症の高次脳機能障害、Annual Review 神経2005,325-332,2005
  2. 松井三枝:臨床神経心理学の立場から、基礎心理学研究、24, 40-46, 2005.
  3. 倉知正佳、鈴木道雄、川崎康弘、住吉太幹、松井三枝:統合失調症の脳形態の変化と神経発達障害仮説、脳と精神の医学、15, 427-434, 2005.

症例報告

  1. 田仲耕大, 倉本崇, 鈴木道雄, 川崎康弘, 水上祐子, 松井三枝, 倉知正佳:痴呆様症状を呈したてんかんの1例、精神科、7、85-91,2005.

学会報告

  1. Matsui, M., Tanaka, K., Kurachi, M.: Activation of the frontal cortex during words memory learning in healthy people: a near-infrared spectroscopy study. 6th Tsukuba International Conference on Memory, 2005, 3, Tsukuba
  2. Matsui, M.: Impairment of memory organization in patients with schizophrenia spectrum disorder, Symposia “ Neuropsychology in schizophrenia and medication effects.” 8th World Congress of Biological Psychiatry, 2005, 6, Vienna.
  3. Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Kurachi M.: A possible contribution of prefrontal pathology to mechanisms of psychosis. 8th World Congress of Biological Psychiatry, 2005, 6, Vienna.
  4. Suzuki M, Hagino H, Niu L, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Kurachi M.: Medial temporal volume reduction as a vulnerability marker for schizophrenia. 8th World Congress of Biological Psychiatry, 2005, 6, Vienna.
  5. Matsui, M., Yuuki, H., Kato K., Takeuchi A., Kurachi , M.: Characteristics of neuropsychological profile in patients with schizotypal disorder, 28th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2005, 7, Dublin.
  6. Nishiyama S., Matsui, M.: Mechanism for selective impairment of reading following occipital lobe damage. 28th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2005, 7, Dublin.
  7. Matsui M, Tanaka K, Yonezawa M, Kurachi M: Activation of the frontal cortex during words memory learning: a near-infrared spectroscopy study. 25th Annual Conference of National Academy of Neuropsychology, 2005, 10, Tampa, Florida.
  8. Mikami, A., Nishimura, T., Miwa, T., Matsui, M., Tanaka, M., Tomonaga, M., Matsuzawa, T., Suzjuki, J., Kato, A., Matsubayashi, K., Goto, S., Hashimoto, C. Development of the brain structures in infanct chimpanzees. Soc. for Neurosci. 2005, 11, Washington, DC
  9. 鈴木道雄, Zhou SY, 高橋努,川崎康弘,松井三枝、倉知正佳:統合失調症の病態形成と前頭前野の異常:MRI体積測定による統合失調症型障害との比較、第160回北陸精神神経学会、2005,1、金沢
  10. 川崎康弘, 鈴木道雄,中村主計、高橋努,野原茂、松井三枝、倉知正佳:脳形態所見による統合失調症の診断可能性について、第160回北陸精神神経学会、2005,1、金沢
  11. 松井三枝、住吉太幹、倉知正佳:精神医学研修コース「専門医のための認知・心理学的検査と精神症状評価」、第101回日本精神神経学会、2005、5、大宮
  12. 扇暁子、松井三枝、倉知正佳:統合失調症患者における動物概念構造の分析、第3回日本認知心理学会 2005, 5, 金沢
  13. 高岩亜輝子、桑山直也、久保道也、林央周、松井三枝、遠藤俊郎:CEAおよびCAS前後における高次脳機能評価、第4回日本頚部脳血管治療学会, 2005, 6、奈良
  14. 田仲耕大、倉本崇、鈴木道雄、川崎康弘、水上祐子、松井三枝、倉知正佳:痴呆症状を呈したてんかんの1例、第161回北陸精神神経学会、2005, 6, 金沢
  15. 松崎多千代、渡辺一洋、渡辺綾佳、市田蕗子、大嶋義博、松井三枝、中澤 潤、広瀬幸美、宮脇利男、八木原俊克:先天性心疾患児における精神運動発達の評価~Bayley scale適応の試み、第41回日本小児循環器学会、2005,7、東京
  16. 角田雅彦、樋口悠子、住吉太幹、松井三枝、鈴木道雄、倉知正佳:統合失調型障害患者における探索眼球運動:統合失調症患者や健常者との比較、第27回日本生物学的精神医学会、2005、7、大阪
  17. 住吉チカ、住吉太幹、野原茂、松井三枝、倉知正佳、丹羽真一:統合失調症患者における精神症状と長期意味記憶機能との関連:語流暢性課題による検討、第27回日本生物学的精神医学会、2005、7、大阪
  18. Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Kurachi M.: Volumetric comparisons of prefrontal cortices between schizotypaldisorder and schizophrenia, 第27回日本生物学的精神医学会、2005、7、大阪
  19. Kawasaki Y, Suzuki M, Sumiyoshi T, Takahashi T, Matsui M, Kurachi M: can structural MRI findings be of diagnostic value for schizophrenia?, 第27回日本生物学的精神医学会、2005、7、大阪
  20. Mikami, A., Nishimura, T, Miwa, T, Matsui, M, Tanaka, M , Tomonaga, M, Matsuzawa, T, Suzuki, J., Kato, A., Matsubayashi, K., Goto, S., Hashimoto, C.: Development of the brain structures in chimpanzee infants. 第28回日本神経科学大会、2005, 7, 東京
  21. 松井三枝、富永大介、三浦利奈、緑川晶、加藤奏、宮森孝史、八田武志:ワークショップ「臨床神経心理学の現況」、第69回日本心理学会大会、2005,9、東京
  22. 加藤奏,松井三枝,結城博実,岩田卓也,谷口茂樹,倉知正佳:児童期統合失調症のための神経心理学的評価、第29回日本神経心理学会、2005、9、京都
  23. 水上祐子、松井三枝、加藤奏、結城博実、葛野洋一、鈴木道雄、倉知正佳:アルツハイマー病患者の神経心理学的機能についての縦断的研究~1年後のフォローアップ~、第29回日本神経心理学会、2005、9、京都
  24. 松井三枝、田中邦子、加藤奏、倉知正佳:大学生のMMPIプロフィールと統合失調型人格傾向―6年間の新入生の動向、第25回日本精神科診断学会、2005、9、新潟
  25. 角田雅彦、樋口悠子、住吉太幹、松井三枝、鈴木道雄、倉知正佳:急性一過性精神病性障害患者における探索眼球運動、第162回北陸精神神経学会、2005、9、福井
  26. 荒井宏文、松井三枝:現代のスクリプト構造、第40回北陸心理学会、2005,10、富山
  27. 樋口悠子、住吉太幹、川崎康弘、松井三枝、加藤奏、結城博実、倉知正佳:P300のLORETA解析による脳画像と認知機能に対する第2世代抗精神病薬の効果、第15回日本臨床精神神経薬理学会、2005,10,東京
  28. 水上祐子、松井三枝、加藤奏、結城博実、葛野洋一、鈴木道雄、倉知正佳:アルツハイマー病患者と健常高齢者の神経心理学的機能における差異~1年後のフォローアップ検査から~、第5回精神疾患と認知機能研究会、2005,11,東京
  29. 松井三枝:統合失調症の認知機能障害を神経心理検査から観る、パネルデイスカッション「認知機能障害の探索が明らかにする脳病態」、第5回精神疾患と認知機能研究会、2005,11,東京
  30. 高岩亜輝子、桑山直也、久保道也、林央周、松井三枝、遠藤俊郎:CEAおよびCASにおける術前・術後の高次機能評価、第21回日本脳神経血管内治療学会総会、2005,11、和歌山
  31. 竹内幹伸、林央周、高岩亜輝子、梅村公子、栗本昌紀、平島豊、遠藤俊郎、松井三枝:正常圧水頭症により構成失行を呈した3例、第29回北日本脳神経外科連合学術集会、2005,5、山形
  32. 竹内幹伸、高岩亜輝子、西尾陽一、林央周、栗本昌紀、桑山直也、松井三枝、遠藤俊郎:正常圧水頭症により構成失行を呈した3例、第64回社団法人日本脳神経外科学会総会、2005,10、横浜
  33. 栗本昌紀、上山浩永、永井正一、西尾陽一、竹内幹伸、林央周、平島豊、高岩亜輝子、松井三枝、遠藤俊郎:標準化に向けた覚醒下手術における言語マッピングプログラム、第64回社団法人日本脳神経外科学会総会、2005,10、横浜

その他

  1. 田仲耕大、倉本崇、鈴木道雄、川崎康弘、松井三枝、倉知正佳:痴呆症状を呈したてんかんの症例、第12回臨床精神医学研究会、2005, 2.17、富山
  2. 高岩亜輝子、桑山直也、林央周、竹内幹伸、久保道也、松井三枝、遠藤俊郎:RBANSを用いた高次脳機能評価―血行再建術前後の比較検討―、第19回富山県脳卒中研究会、2005.9.16、富山
  3. 鈴木道雄, 高橋 努, 周 世昱, 川﨑康弘, 角田雅彦, 谷口茂樹, 谷野亮一郎, 松井三枝, 瀬戸 光, 倉知正佳 : 統合失調症の脆弱性と発症に関わる画像診断指標とその成立機序について. 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費「脳画像解析と生物学的指標を用いた精神疾患の診断と治療効果の判定への応用に関する研究」研究報告会, 2005, 12, 東京.
  4. 松井三枝、荒井宏文:スクリプトの構造―2005年の調査から―、富山医科薬科大学一般教育研究紀要、33、47-59, 2005.

2006年

原著

  1. Matsui M, Sumiyoshi T, Yuuki H, Kato K, Kurachi M: Impairment of event schema in patients with schizophrenia : Examination of script for shopping at supermarket. Psychiatry Research, 143 (2-3), 179-187, 2006.
  2. Matsui M, Yuuki H. Kato K, Kurachi M: Impairment of memory organization in patients with schizophrenia or schizotypal disorder, Journal of International Neuropsychological Society,12, 750-754, 2006.
  3. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Kawasaki Y, Matsui M, Kato K, Yuuki H, Arai H, Kurachi M: Electrical brain activity and response to olanzapine in schizophrenia: A study with LORETA images of P300. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, 30, 1299-1303, 2006.
  4. Takahashi T, Suzuki M, Zhou SY, Tanino R, Hagino H, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M.: Morphologic alterations of the parcellated superior temporal gyrus in schizophrenia spectrum. Schizophr Res. 83, 131-143, 2006.
  5. Kurimoto M, Asahi T, Shibata T, Takahashi C, Nagai S, Hayashi N, Matsui M, Endo S: Safe removal of glioblastoma near the angular gyrus by awake surgery preserving calculation ability-case report-. Neurologia medico-chirurgica 46: 46-50, 2006.
  6. 高岩亜輝子、桑山直也、久保道也、林央周、松井三枝、遠藤俊郎:頚動脈狭窄症における認知機能障害、脳と神経、58, 681-686, 2006.
  7. 加藤奏、松井三枝、倉知正佳、結城博実、鈴木道雄:Brief-Neuropsychological Scaleの初期Alzheimer病患者への適用について、精神医学、48, 1301-1307, 2006.
  8. 山田恵理子、住吉太幹、高柳恵美、堀信行、松井三枝:認知症関連疾患患者へのリアリテイ・オリエンテーションの試み、北陸神経精神医学雑誌、20: 22-27, 2006.

総説

  1. 松井三枝:統合失調症の認知リハビリテーション、臨床心理学、6(5), 687-692, 2006

学会報告

  1. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Matsui M., Arai H., Takamiya C., Meltzer H.Y. and Kurachi M.: Effective adjunctive use of tandospirone with perospirone for enhancing verbal memory deficits and quality of life in schizophrenia: Role of serotonin1A agonism in cognitive enhancement. Serotonin Club Sixth IUPHAR Satellite Meeting on Serotonin, 2006.6 Sapporo.
  2. Matsui M, Takamiya C, Kobayashi T, Kawasaki Y, Suzuki M, Nishijo H, Nakazawa J, Noguchi K, Kurachi M: Brain activation associated with theory of mind : an fMRI study. 29th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2006, 7, Zurich.
  3. Nishiyama S, Matsui M, Furuichi A, Kurachi M: Neuropsychological examination in agenesis of corpus callosum. 29th Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society, 2006, 7, Zurich.
  4. Yamada E., Sumiyoshi T., Takayanagi E., Hori N., Matsui M.: Long-term Reality Orientation Training in hospitalized patients with dementia : 25th CINP(International College of Neuropsychopharmacology) Congress, 2006, 7, Chicago
  5. Sumiyoshi T., Matsui M., Itoh H., Higuchi Y., Arai H., Takamiya C., Kurachi M.: Essential polyunsaturated fatty acids and social cognition in schizophrenia. The Second Dual Congress on Psychiatry and the Neurosciences (INA/WFSBP), 2006.12, Athens ,Greece.
  6. 西山志満子、松井三枝、古市厚志、倉知正佳:先天性脳梁欠損(完全欠損)症例の神経心理学的検討、第163回北陸精神神経学会、2006,1、金沢
  7. 山田恵理子、高柳絵美、堀信行、住吉太幹、松井三枝:認知症患者へのリアリテイ・オリエンテーションの試み、第163回北陸精神神経学会、2006,1、金沢
  8. 梅原修一、松井三枝:視線認知に対する被注察傾向、日本基礎心理学会第25回大会、2006,6、広島
  9. 荒井宏文、松井三枝、米沢峰男、住吉太幹、倉知正佳:統合失調症患者に対する認知リハビリテーションの効果研究―第一報、第164回北陸精神神経学会、2006、6、金沢
  10. 松井三枝:神経心理学、「精神医学における評価について」シンポジウム、第31回群馬精神医学会、2006、6、前橋
  11. 松崎多千代、中澤潤、市田蕗子、松井三枝、角秀秋、坂本喜三郎、佐野俊二、濱脇正好、前田正信、石坂透、萩野生男、鍵崎康治、八木原俊克:小児開心術術後における発達評価としてのBayley Scaleの導入、第42回日本小児循環器学会、2006, 7, 名古屋
  12. 渡辺一洋, 松井三枝, 石黒真弓, 芳村直樹, 村上博久, 渡辺綾佳, 上勢敬一郎, 市田蕗子, 宮脇利男, 大嶋義博, 八木原俊克:開心術を施行された先天性心疾患児の発達予後 Bayley scaleおよび3D-MRIを用いた脳容量の評価、第42回日本小児循環器学会、2006, 7, 名古屋
  13. 渡辺一洋, 市田蕗子, 宮脇利男, 松井三枝, 石黒真由美, 芳村直樹, 大嶋義博, 中沢潤, 松崎多千代, 八木原俊克:新生児期,乳児早期に開心術を施行された先天性心疾患児の精神運動発達予後、第109回日本小児科学会、2006,4、金沢
  14. 高宮千枝子,松井三枝,小林恒之,西条寿夫,鈴木道雄,川崎康弘,倉知正佳、中澤潤,野口京,瀬戸光:機能的脳画像を用いた社会的認知の研究、 第29回日本神経科学会大会、2006,7、京都
  15. 三上章允, 西村剛, 三輪隆子, 松井三枝, 田中正之, 友永雅己, 松沢哲郎, 鈴木樹里, 加藤朗野, 松林清明, 後藤俊二, 橋本ちひろ:チンパンジー4頭の脳形態の発達、第22回 日本霊長類学会大会、2006、7、大阪
  16. 高宮千枝子,松井三枝,小林恒之,西条寿夫,鈴木道雄,川崎康弘,倉知正佳、中澤潤,野口京,瀬戸光:Functional magnetic resonance imaging study of social cognition. 日本認知心理学会第4回大会、2006,8、名古屋
  17. 松崎多千代、松井三枝、中澤潤:Bayley Scale of Infant Development 2nd editionの妥当性研究―乳幼児精神発達質問紙との比較―、第48回日本教育心理学会総会、2006,9、岡山
  18. 西山志満子、松井三枝、古市厚志、倉知正佳:先天性脳梁欠損症例における高次機能障害、第30回日本神経心理学会総会、2006,9、名古屋
  19. 高岩亜輝子、桑山直也、久保道也、林央周、松井三枝、遠藤俊郎:頚動脈狭窄症における血行再建術前後の高次脳機能の変化―内膜剥離術およびステント留置術の比較検討―、第30回日本神経心理学会総会、2006,9、名古屋
  20. 角田雅彦、樋口悠子、住吉太幹、松井三枝、鈴木道雄,倉知正佳:急性一過性精神病性患者における探索眼球運動、第28回日本生物学精神医学会、2006,9、名古屋
  21. Sumiyoshi T, Matsui M, Itoh H, Higuchi Y, Arai H, Takamiya C, Kurachi M: Essential polyunsaturated fatty acids and social cognition in schizophrenia,第28回日本生物学精神医学会、2006,9、名古屋
  22. Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M: Anatomical changes of parietal regions in schizophrenia spectrum revealed with MRI-based volumetry. 第28回日本生物学精神医学会、2006,9、名古屋
  23. Takahashi T, Suzuki M, Zhou SY, Tanno R, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M: Morphologic alterations of the parceled superior temporal gyrus in schizophrenia spectrum, 第28回日本生物学精神医学会、2006,9、名古屋
  24. 荒井宏文、松井三枝、米沢峰男、住吉太幹、倉知正佳:統合失調症患者に対する認知リハビリテーションの効果研究―実行機能に着目して、第6回日本認知療法学会、2006、10、東京
  25. 倉知正佳、阿部里絵、松本圭、松井三枝:ミネソタ多面人格目録(MMPI)の自我障害尺度の開発―統合失調症の早期診断のためにー、第26回日本精神科診断学会、2006,10、京都
  26. 樋口悠子、住吉太幹、川崎康宏、松井三枝、荒井宏文、伊東 徹、倉知正佳:Perospirone の統合失調症における社会認知機能障害に対する効果. 第16回日本臨床精神神経薬理学会、2006,10, 北九州.
  27. 松井三枝:臨床神経心理学、ワークショップ「医療心理学の課題と展望」、日本心理学会第70回大会、2006,11、福岡
  28. 荒井宏文、松井三枝:統合失調症患者に対する認知リハビリテーションの効果研究―社会的知識構造の改善に向けてー、日本心理学会第70回大会、2006,11、福岡
  29. 中澤潤、松井三枝、松崎多千代、市田蕗子、八木原俊克:Bayley乳幼児発達尺度による発達査定(1)健常1歳児への適用、日本心理学会第70回大会、2006,11、福岡
  30. 松崎多千代、中澤潤、松井三枝、市田蕗子、八木原俊克:Bayley乳幼児発達尺度による発達査定(2)心臓疾患児への適用、日本心理学会第70回大会、2006,11、福岡
  31. 松井三枝、西山志満子、加藤奏、結城博実、倉知正佳:統合失調症患者における神経心理学的機能の縦断的検討、第6回精神疾患と認知機能研究会、2006、11、東京
  32. Suzuki M., Zhou S.-Y., Takahashi T., Kawasaki Y., Matsui M., and Kurachi M.: Differential contributions of prefrontal and temporal pathology to development of schizophrenia. 13th Biennial Winter Workshop on Schizophrenia Research, 2006, 2, Davos.
  33. Suzuki M., Zhou S.-Y., Takahashi T., Kawasaki Y., Matsui M., Tanino R., and Kurachi M.: Changes in brain morphology implicating vulnerability and protection factors for psychosis development. 5th International Conference on Early Psychosis, 2006, 10, Birmingham
  34. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Matsui M., Arai H., Takamiya C., Meltzer H. Y., and Kurachi M.: Effective adjunctive use of tandospirone with perospirone for enhanccing verbal memory deficits and quality of life in schizophrenia: Role of serotonin1A agonism in cognitive enhancement. Serotonin Club Sixth IUPHAR Satellite Meeting on Serotonin, 2006, 6, Sapporo.
  35. Ichida F, Watanabe K, Matsui M, Noguchi K, Yoshimura N, Oshima Y, Murakami H, Watanabe S, Hirono K, Uese K, Origsa H, Nakazawa J, Yagihara T, Bilker WB, Gur RC.: Neuroanatomical Development of Infants Undergoing Heart Surgery Evaluated bu Quantitative Three-Dimensional Magnetic Resonance Imaging. The 79th Scientific Sessions of American Heart Association, 2006,11, Chicago

その他

  1. 松井三枝:臨床に役立つ神経心理学、講演、第13回日本臨床心理士会医療における心理臨床ワークショップ、2006.1.8、東京
  2. 松井三枝:統合失調症の認知機能検査、教育講演、第2回統合失調症研究会、2006.2.4、東京
  3. 松井三枝:統合失調症圏患者における記憶の組織化の障害、Psychiatry Today from WFSBP, No.9:24, 2006.
  4. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Matsui M., Sumiyoshi C., Kawasaki Y. and Kurachi M.: Serotonin1A agonism in the action of perospirone and cognitive in schizophrenia. 第3回AAPシンポジウム、2006, 2, 東京.
  5. 豊田満生、松井三枝、倉知正佳:気分障害における表情認知の研究、「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第3回領域内研究報告会、2006.3.6, 大阪
  6. 高宮千枝子,松井三枝,小林恒之,川崎康弘,鈴木道雄,野口京,瀬戸光,中澤潤,西条寿夫,倉知正佳: 機能的脳画像を用いた社会的認知機能の研究、「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第3回領域内研究報告会、2006.3.6, 大阪
  7. 鈴木道雄、周世、高橋努、川崎康弘、松井三枝、谷野亮一郎、倉知正佳:前頭前野と側頭辺縁系における形態異常の精神病発症機序への関与「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第3回領域内研究報告会、2006.3.6, 大阪
  8. 渡辺一洋、松井三枝、市田蕗子、宮脇利男:開心術を施行された先天性心疾患児の発達予後―Bayley scaleおよび3D-MRIを用いた脳容量の評価―「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第3回領域内研究報告会、2006.3.6, 大阪
  9. 松井三枝:脳研究と高次脳機能障害、講義、2006年度臨床発達心理士資格認定委員会主催講習会、2006.4.30、東京
  10. 松井三枝:統合失調症の認知機能検査、第2回統合失調症研究会Proceeding, Pp10-12, 2006
  11. 富永大介、松井三枝:ワークショップ「臨床神経心理学の検査とその診断―認知神経科学からの示唆―」企画・司会、日本心理学会第70回大会、2006,11、福岡
  12. 松井三枝:精神神経疾患に対する臨床神経心理学的アプローチ、講義、全国保健・医療・福祉職能協会関西地区2006年度研修会、2006.11.12, 京都
  13. 松井三枝:統合失調症における認知機能のアセスメントと治療、特別講演、第1回北海道精神科薬物療法研究会学術講演会、2006.12.2、札幌
  14. 鈴木道雄, 川崎康弘, 高橋努, 周世昱, 角田雅彦, 谷野亮一郎, 松井三枝, 瀬戸光, 倉知正佳: 統合失調症の脆弱性と発症に関わる画像診断指標とその成立機序について(Ⅱ). 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費「脳画像解析と生物学的指標を用いた精神疾患の診断と治療効果の判定への応用に関する研究」研究報告会, 2006, 12, 東京.
  15. 鈴木道雄, 高橋努, 川崎康弘, 周世昱, 谷野亮一郎, 松井三枝, 瀬戸光, 倉知正佳: 脳画像解析による早期精神病の病態生理と客観的診断指標に関する研究. 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費「早期精神病の予防、早期治療および病態解明に関する臨床研究」研究報告会, 2006, 12, 東京.

2007年

著書

  1. 松井三枝:治療計画策定に有用な各種の評価:心理機能の評価、佐藤光源・丹羽真一・井上新平(編)、統合失調症の治療―臨床と基礎、Pp. 205-211, 朝倉書店、東京、2007
  2. 松井三枝:治療計画策定と治療の実際:回復期:心理機能の評価、佐藤光源・丹羽真一・井上新平(編)、統合失調症の治療―臨床と基礎、Pp. 407-410, 朝倉書店、東京、2007
  3. 松井三枝:治療計画策定と治療の実際:安定期:心理機能の評価、佐藤光源・丹羽真一・井上新平(編)、統合失調症の治療―臨床と基礎、Pp. 449-451, 朝倉書店、東京、2007
  4. 栗本昌紀、永井正一、上山浩永、壺井祥史、竹内幹伸、旭雄士、高岩亜輝子、松井三枝、遠藤俊郎:覚醒下手術による言語マッピングを安全・迅速・正確に実施するための工夫、黒岩敏彦(編)、脳腫瘍の外科、Pp.187-192,メデイカ出版、2007

原著

  1. Matsui M, Tanaka K, Yonezawa M, Kurachi M: Activation of the prefrontal cortex during memory learning: a near-infrared spectroscopy study, Psychiatry and Clinical Neurosciences, 61 (1), 31-38, 2007.
  2. Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Tanaka K, Kurachi M: Influence of instruction on the Japanese Verbal Learning Test in patients with schizophrenia. Schizophrenia Research, 90, 366-367, 2007.
  3. Matsui M, Yuuki H, Kato K, Takeuchi A, Nishiyama S, Bilker W, Kurachi M: Schizotypal disorder and schizophrenia: A profile analysis of neuropsychological functioning in Japanese patients. Journal of International Neuropsychological Society,13(4), 672-682, 2007.
  4. Matsui M, Sumiyoshi T,Abe R, Kato K, Yuuki H, Kurachi M: Impairment of story memory organization in patients with schizophrenia. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 61 (4), 437-440, 2007. Corrigenda: Psychiatry and Clinical Neurosciences, 61 (5), 580, 2007.
  5. Kawasaki Y, Suzuki M, Kherif F, Takahashi T, Zhou SY, Nakamura K, Matsui M, Sumiyoshi T, Seto H, Kurachi M.: Multivariate voxel-based morphometry successfully differentiates schizophrenia patients from healthy controls. Neuroimage, 34, 235-252, 2007.
  6. Zhou SY, Suzuki M, Takahashi T, Hagino H, Kawasaki Y, Matsui M, Seto H, Kurachi M. Parietal lobe volume deficits in schizophrenia spectrum disorders. Schizophr Res. 89, 35-48, 2007.
  7. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Matsui M, Arai H, Takamiya C, Meltzer HY, Kurachi M: Effective adjunctive use of tandospirone with perospirone for enhancing verbal memory and quality of life in schizophrenia. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, 31, 965-967, 2007.
  8. Takeuchi M, Hayashi N, Takaiwa A, Hamada H, Kuwayama N, Hirashima Y, Matsui M, Endo S.: Clinical value of constructional skill testing in patients with secondary normal pressure hydrocephalus. Neurol Med Chir., 47(7), 322-324, 2007.
  9. 松井三枝、住吉太幹、加藤奏、倉知正佳:日本語版単語記憶学習検査(Japanese Verbal Learning Test)代替版の作成、精神医学、49 (1), 31-34, 2007.
  10. 松井三枝、田中邦子、加藤奏、倉知正佳:大学生のメンタルヘルスー6年間の新入生のMMPIの動向―、富山大学医学会誌、17(1), 9-12, 2006.

学会報告

  1. Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Tanaka K, Kurachi M: Influence of instruction on the Verbal Learning Test in patients with schizophrenia. 35th Annual Meeting of International Neuropsychological Society, 2007, 2, Portland.
  2. Kawasaki Y., Suzuki M., Takahashi T., Iwata T., Sumiyoshi T., Matsui M., Kurachi M., Kazukawa S. : Clinical service for young people at risk of deveroping psychosis: Toyama early detection &  intervention project. The XIX World Congress of the World Association for Social Psychiartry, 2007, 10, 22, Prague, Czech Republic.
  3. Sumiyoshi T., Kawasaki Y., Higuchi Y., Matsui M., Suzuki M., Kurachi M.: Neurocognitive assessment and pharmacotherapy: Towards prevention of psychosis. In Symposium “First Episode Psychosis: Integrating Neurobiological and Psychosocial determinants of outcome”; World Federation of Societies of Biological Psychiatry – The 2nd International Congress of Biological Psychiatry, 2007, 4, 20, Santiago, Chile.
  4. 樋口悠子、鈴木道雄,川崎康弘、角田雅彦、岩田卓也、松井三枝、倉知正佳:ヘルペス脳炎後遺症患者の1例、第166回北陸精神神経学会、2007,2、金沢
  5. 樋口悠子、川崎康弘、住吉太幹、鈴木道雄、角田雅彦、岩田卓也、松井三枝、倉知正佳:ヘルペス脳炎後遺症患者の1例~P300所見を中心に.第28回ERP研究会, 2007,2,2,東京.
  6. 松井三枝, 倉知正佳: 統合失調症の病態と神経心理学的評価の実際およびその意義. シンポジウム「統合失調症の認知機能評価―テストバッテリーの開発をめぐってー」 第2回日本統合失調症学会、2007,3, 富山
  7. Takahashi T., Suzuki M., Zhou S. Y., Tanino R., Nakamura K., Kawasaki Y., Matsui M., Seto H., Kurachi M.: Morphologic alterations of temporolimbic regions in schizophrenia spectrum: a volumetric MRI study. ワークショップ「脳画像」第2回日本統合失調症学会、2007,3, 富山
  8. Kawasaki Y., Suzuki M., Sumiyoshi T., Takahashi T., Nakamura K., Matsui M., Kurachi M.: Multivariate analysis of voxel-based morphometry to characterize structural abnormality in patients with schizophrenia and their sexual dimorphism. 第2回日本統合失調症学会、2007,3, 富山
  9. Higuchi Y., Sumiyoshi T., Kawasaki Y., Matsui M., Kato K., Yuuki H., Arai H., Kurachi M.: Electrical brain activity and response to olanzapine in schizophrenia: A study with LORETA images of P300. 第2回日本統合失調症学会、2007,3, 富山
  10. 角田雅彦, 樋口悠子, 住吉太幹, 松井三枝, 鈴木道雄, 倉知正佳: 統合失調症圏患者における検索眼球運動. 第2回日本統合失調症学会、2007,3, 富山
  11. Matsui M., Arai H., Yonezawa M., Tanaka K., Kurachi M.: Influence of instruction on the Japanese Verbal Learning Test in schizophrenia. 第2回日本統合失調症学会、2007,3, 富山
  12. 荒井宏文, 松井三枝, 住吉太幹, 米沢峰男, 倉知正佳: 統合失調症患者における認知リハビリテーションの効果研究. 第2回日本統合失調症学会、2007,3, 富山
  13. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Matsui M., Arai H., Takamiya C., Kurachi M.: Effective adjunctive use of tandospirone with perospirone for enhancing verbal memory and quality of life in schizophrenia. 第2回日本統合失調症学会、2007,3, 富山
  14. 鈴木道雄, 川﨑康弘, 高橋努, 岩田卓也, 住吉太幹, 松井三枝, 數川悟, 倉知正佳: 「こころのリスク相談」および「こころのリスク外来」における活動:統合失調症の早期診断・早期治療の推進のために. 第2回日本統合失調症学会、2007,3, 富山
  15. 佐藤邦子, 松井三枝, 倉知正佳: 高校生における妄想的観念に関する研究. 第2回日本統合失調症学会、2007,3, 富山
  16. 鈴木道雄, 川﨑康弘, 高橋 努, 住吉太幹, 松井三枝, 倉知正佳: 統合失調症の早期診断・早期治療の実現のために. シンポジウム: 医薬理工融合による生命科学教育研究への富山発チャレンジ. 日本薬学会第127年会, 2007, 3, 富山.
  17. 松井三枝:認知機能障害の神経心理学的メカニズム、精神医学研修コース「統合失調症の認知機能障害」.第103回日本精神神経学会総会、2007、5、高知
  18. 梅原修一、松井三枝, 倉知正佳:被注察感および妄想傾向が視線感知に及ぼす影響、第5回日本認知心理学会、2007,5、京都
  19. 川﨑康弘, 鈴木道雄, 高橋努, 岩田卓也, 住吉太幹, 松井三枝, 倉知正佳、數川悟:富山県における早期介入の試みーこころのリスク相談・こころのリスク外来―、第167回北陸精神神経学会、2007,6、金沢
  20. 松崎多千代、鍵崎康治、萩野生男、白石修一、越後茂之、市田蕗子、中澤潤、松井三枝、八木原俊克: ベイリー乳幼児発達検査を用いた新生児期・乳児期開心術術後発達評価, 第43回日本小児循環器学会総会, 2007,7,東京
  21. 荒井宏文、松井三枝、中坪太久郎、鳥居幹樹、鈴木道雄、倉知正佳:統合失調症患者のための認知リハビリテーション外来―富山大学での取り組みー、第168回北陸精神神経学会、2007,9、富山
  22. 宮崎淳、松井三枝、奈良原光隆、小林恒之、西条寿夫: 光トポグラフィによる記憶の組織化に関わる脳機能の検討,第30回日本神経科学大会、2007,9,横浜
  23. 小林恒之、竹内幹伸、高本孝一、堀悦郎、松井三枝、石川亮宏、河野理、小野武年、西条寿夫: 社会的注意に対するアイコンタクトの効果とその神経機構―fNIRSとEEGによるー,第30回日本神経科学大会、2007,9,横浜
  24. 奈良原光隆、松井三枝、小林恒之:自己意識的情動がモラル意識の生起に与える影響―NIRSによる検討、第71回日本心理学会大会、2007,9.東京
  25. 松崎多千代、松井三枝、中澤潤、市田蕗子、八木原俊克:心臓手術を受けた1歳児の認知運動発達と入院による母子分離体験の関連―ベイリー乳幼児発達尺度第2版を用いてー、第71回日本心理学会大会、2007,9.東京
  26. 松井三枝、富永大介、田中恒彦、宮森孝史、苧阪満里子:統合失調症の臨床神経心理学、ワークショップ「脳損傷・統合失調症・強迫性障害患者への臨床神経心理学的アプローチ」、第71回日本心理学会大会、2007,9.東京
  27. 松井三枝、鈴木道雄、周世昱、高橋努、川崎康弘、結城博実、加藤奏、倉知正佳: 統合失調症圏患者における記憶方略の特徴と前頭葉体積の関連, 第31回日本神経心理学会総会,2007, 9, 金沢
  28. 加藤奏、松井三枝、倉知正佳、結城博実、鈴木道雄:Application of Brief-Neuropsychological Scale to patients with Alzheimer’s disease in early stage. 第22回日本老年精神医学会・第26回日本認知症学会・第13回国際老年精神医学会、2007, 10, 大阪
  29. 西山志満子、阿部里絵,中村晃子,松本 圭,松井三枝,高橋 努,角田雅彦,川崎康弘,鈴木道雄,倉知正佳:ミネソタ多面人格目録(MMPI)の自我障害尺度の開発 第2報-統合失調症の早期診断のために-,第27回日本精神科診断学会、2007, 10, 徳島
  30. 荒井宏文, 松井三枝, 米沢峰男, 倉知正佳: 統合失調症患者における認知リハビリテーションの効果研究.-社会的知識構造の改善に向けてー、北陸心理学会第42回大会、2007, 10,金沢
  31. 樋口悠子、住吉太幹、川崎康弘、伊東 徹、松井三枝、荒井宏文、倉知正佳: Electrophysiological basis for the ability of olanzapine to ameliorate verbal memory deficits and negative symptoms of schizophrenia: A LORETA analysis of P300. 第17回日本臨床精神神経薬理学会,2007, 10, 4, 大阪.
  32. 奈良原光隆、松井三枝、宮崎淳、小林恒之、西条寿夫: 自己意識的情動がモラル意識の生起に与える影響―NIRSによる検討、北陸心理学会第42回大会、2007, 10,金沢
  33. Watanabe K., Matsui M., Ishiguro M., Matsuzaki T., Watanabe S., Hirono K., Uese K., Yoshimura N., Ichida F., and Miyawaki T.: Neuroanatomical development of infants undergoing heart surgery evaluated by quantitative three-dimensional magnetic resonance imaging. The 3rd ASPR, 2007, 10, 東京.
  34. 松井三枝、住吉太幹, 荒井宏文、樋口悠子,倉知正佳:統合失調症患者の認知機能とQOLの関連、第7回精神疾患と認知機能研究会、2007, 11, 東京
  35. 竹内正志、古田壽一、細川宗仁、落合容子、佐藤秋雄、鈴木道雄、倉知正佳、松井三枝:記憶の組織化に及ぼす睡眠の影響について、日本睡眠学会第32回定期学術集会、2007, 11,東京
  36. 住吉太幹、樋口悠子、川崎康宏、伊東 徹、古市厚志、松井三枝、荒井宏文、倉知正佳:P300電流発生源密度分布に対するぺロスピロンの効果:sLORETAを用いた統合失調症患者における検討. 第37回日本臨床神経生理学会学術大会, 2007, 11, 21, 宇都宮.

その他

  1. 松井三枝、荒井宏文、米澤峰男、住吉太幹、倉知正佳: 統合失調症患者における社会的知識構造の障害とそのリハビリテーション, 研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第4回領域内研究報告会、2007.3.6, 大阪
  2. 奈良原光隆、松井三枝、宮崎淳、小林恒之、西条寿夫: モラル課題遂行中の脳血行動態反応-光トポグラフィによる測定, 研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第4回領域内研究報告会、2007.3.6, 大阪 
  3. 宮崎淳、松井三枝、奈良原光隆、小林恒之、西条寿夫: 光トポグラフィによる記憶の組織化に関わる脳機能の検討, 研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第4回領域内研究報告会、2007.3.6, 大阪 
  4. 小林恒之、堀悦郎、松井三枝、小野武年、西条寿夫: 視線刺激に対するヒト前頭前野の応答性-NIRSによる検討, 研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第4回領域内研究報告会、2007.3.6, 大阪 
  5. 渡辺一洋, 松井三枝, 石黒真弓, 市田蕗子, 宮脇利男:乳幼児期に手術を要する先天性心疾患児の神経解剖学的発達に関する研究, 研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第4回領域内研究報告会、2007.3.6, 大阪
  6. 松井三枝:MRIによる脳形態定量化へのアプローチ:精神疾患を中心に、特別講演、第6回京都脳機能研究会、2007.8.3、京都
  7. 松井三枝:精神神経疾患における臨床神経心理学的アプローチ、富山県臨床心理士会2007年度第4回定例研修会、2007.11.17、富山
  8. 松井三枝、鳥居幹樹:ことわざ理解テストの開発、富山大学杉谷キャンパス一般教育研究紀要、35、47-60, 2007
  9. 松井三枝、中坪太久郎:55カテゴリーにおける単語の出現頻度、富山大学杉谷キャンパス一般教育研究紀要、35、61-84, 2007

2008年

原著

  1. Matsui M, Sumiyoshi T, Arai H, Higuchi Y, Kurachi M: Cognitive functioning related to quality of life in schizophrenia. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, 32, 280-287, 2008.
  2. Higuchi Y, Sumiyoshi T, Kawasaki Y, Matsui M, Arai H, Kurachi M: Electrophysiological basis for the ability of olanzapine to improve cognitive and functional status in patients of schizophrenia: A LORETA analysis of P300. Schizophrenia Research, 101, 320-330, 2008.
  3. Matsui M, Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Yuuki H, Kato K, Kurachi M: The relationship between prefrontal brain volume and characteristics of memory strategy in schizophrenia spectrum disorders. Progress in Neuro-Psychopharmacology & Biological Psychiatry, 32, 1854-1862, 2008.
  4. Sumiyoshi T, Matsui M, Itoh H, Higuchi Y, Arai H, Takamiya C, Kurachi M: Essential polyunsaturated fatty acids and social cognition in schizophrenia Psychiatry Research, 157, 87-93, 2008.
  5. 松崎多千代、松井三枝、中澤潤、市田蕗子、八木原俊克:先天性心疾患児の発達評価としてのBayley乳幼児発達検査(第2版)導入の試み、脳と発達,40(4),308-312, 2008.
  6. 豊田満生, 松井三枝, Ruben C. Gur, 住吉太幹、田仲耕大,樋口悠子, 鈴木道雄、倉知正佳: 気分障害における表情認知の研究, 精神医学、50 (11), 1069-1077, 2008.
  7. 松井三枝、三村將、田渕肇、加藤奏、鈴木道雄、葛野洋一: 日本版前頭葉性行動質問紙Frontal Behavioral Inventory (FBI)の作成.高次脳機能研究、28(4), 373-382, 2008.

総説

  1. 松井三枝:ヒトの心の発達とその精神病理の理解を目指して:統合失調症の認知機能への神経心理学的アプローチ.Biophilia,14(2),34-40,2008
  2. 加藤奏、松井三枝、結城博実、倉知正佳、鈴木道雄:初期アルツハイマー病の神経心理学的特徴とBrief-Neuropsychological Scale (BNPS). Dementia Japan, 21 (3), 215-224, 2007.
  3. 鈴木道雄、川崎康弘、高橋努、住吉太幹、西山志満子、松井三枝、倉知正佳、数川悟:精神病への早期介入と脳構造画像研究、脳と精神の医学、19 (4), 203-210, 2008.

学会報告

  1. Matsui M, Sumiyoshi T, Arai H, Higuchi Y, Kurachi M: Cognitive functioning related to quality of life in patients with schizophrenia. 36th Annual Meeting of International Neuropsychological Society, 2008, 2.7, Kona, Hawaii.
  2. Kawasaki K, Suzuki M, Sumiyoshi S, Takahashi T, Nishiyama S, Matsui M, Kurachi M, Kazukawa S: Implementing clinical service for young people at risk of developing psychosis in Toyama, Japan. XIVth Biennial Winter Workshop on Schizophrenia and Bipolar Disorders, 2008, 2, Montreux, Switzerland
  3. Matsui M, Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Kurachi M: Prefrontal brain volume and characteristics of memory strategy in schizophrenia spectrum disorder, 7th Tsukuba International Conference on Memory, 2008, 3.21, Tsukuba
  4. Miyazaki A, Matsui M, Narahara M, Kobayashi T, Nishijo H: Study of brain activation related to memory organization by near-infrared spectroscopy, 7th Tsukuba International Conference on Memory, 2008, 3.21, Tsukuba
  5. Suzuki M, Kawasaki Y, Takahashi T, Sumiyoshi T, Nishiyama S, Matsui M, Kurachi M, Kazukawa S: Early detection and intervention project for people at risk for developing psychosis in Toyama. 1st Schizophrenia International Research Society Conference, 2008.6.21-25, Venice, Italy.
  6. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Kawasaki Y, Arai H, Matsui M, Kurachi M: Electrophysiological basis for the ability of olanzapine to improve cognitive and functional status in patients of schizophrenia: A LORETA analysis of P300. XXVI CINP Congress, 2008.7.13-17, Munich, Germany.
  7. Matsui M, Suzuki M, Zhou S-Y, Takahashi T, Kawasaki Y, Yuuki H, Kato K, Kurachi M: Prefrontal Brain Volume and Characteristics of Memory Strategy in Schizophrenia Spectrum Disorder. Symposium” Neuropsychology and Neuroimaging Approach to Memory Function in Schizophrenia Spectrum Disorders”. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, 2008.9.11, Toyama
  8. Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Sumiyoshi T, Suzuki M, Kurachi M: The effects of cognitive rehabilitation on social knowledge in patients with schizophrenia. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, 2008.9.13, Toyama
  9. Suzuki M, Kawasaki Y, Takahashi T, Sumiyoshi T, Nishiyama S, Matsui M, Kurachi M, Kazukawa S: Early Intervention Project in Toyama and Structural Brain Imaging in Early Psychosis. Symposium” Early Psychosis: Clinical and Neurobiological Perspectives”. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, 2008.9.11-13, Toyama
  10. Nishiyama S, Matsui M, Takahashi T, Tanino R, Tsunoda M, Kawasaki Y, Suzuki M, Kurachi M: Development and Validation of a Self-disturbance Scale for Schizophrenia. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, 2008.9.11-13, Toyama
  11. Higuchi Y, Sumiyoshi T, Kawasaki Y, Matsui M, Arai H, Kurachi M: Electrophysiological basis for the ability of Olanzapine to improve verbal memory and functional outcome in patients with schizophrenia: a LORETA analysis of P300. 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, 2008.9.11-13, Toyama
  12. Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Sumiyoshi T, Suzuki M, Kurachi M: Effect of cognitive rehabilitation focused on deficits of social knowledge in patients with schizophrenia. National Academy of Neuropsychology 28th Annual Conference, 2008, 10.22-25, New York.
  13. Nishiyama S, Matsui M, Takahashi T, Tanino R, Tsunoda M, Kawasaki Y, Suzuki M, Kurachi M: Development of a self-disturbance scale from the Minnesota Multiphasic Personality Inventory. 6th International Conference on Early Psychosis, Early Intervention, 2008, 10.20-22. Melbourne
  14. Kawasaki Y, Suzuki M, Takahashi T, Sumiyoshi T, Nishiyama S, Matsui M, Kurachi M, Kazukawa S: Early detection and intervention project for young people at risk for developing psychosis in Toyama. 6th International Conference on Early Psychosis, Early Intervention, 2008, 10.20-22. Melbourne
  15. 松井三枝、荒井宏文、米澤峰男、住吉太幹、倉知正佳: 統合失調症患者における認知リハビリテーションの開発とその効果研究、第4回統合失調症研究会、2008,2.16, 東京
  16. Matsui M, Sumiyoshi T, Arai H, Higuchi Y, Kurachi M: Cognitive functioning related to quality of life in schizophrenia. 第3回統合失調症学会、2008, 3.15, 東京
  17. Kawasaki Y, Suzuki M, Sumiyoshi T, Takahashi T, Iwata T, Tanaka K, Higuchi Y, Ito T, Matsui M, Kurachi M, Kazukawa S: Clinical service for young people at risk of developing psychosis in Toyama. 第3回統合失調症学会、2008, 3.15, 東京
  18. 酒井朋子, 三上章允, 西村剛, 豊田浩士, 三輪隆子, 松井三枝:チンパンジーの乳幼児期における前頭前野の発達過程,第85回日本生理学会大会、3008.3.25-27, 東京
  19. 竹内正志、古田壽一、細川宗仁、落合容子、佐藤秋雄、栗田俊治、鈴木道雄、倉知正佳、松井三枝:記憶の組織化に対する夜間睡眠の効果 ―睡眠徐波成分との関連について―, 日本睡眠学会第33回定期学術集会、2008.6.25-26、福島
  20. 渡辺一洋,石黒真由美,松井三枝,廣野恵一,市田蕗子,宮脇利男,芳村直樹,八木原俊克,松崎多千代: Bayley scaleを用いた乳児早期に開心術を施行された児の発達評価. 第44回日本小児循環器学会総会、2008.7.3、福島
  21. 松井三枝、鈴木道雄、周世昱、高橋努、川崎康弘、倉知正佳: 統合失調症圏患者における記憶方略の特徴と前頭葉体積の関連,第31回日本神経科学大会、2008.7.9, 東京
  22. 松井三枝、荒井宏文、米澤峰男、住吉太幹、鈴木道雄、倉知正佳: 統合失調症患者への認知リハビリテーションの効果研究、第32回日本神経心理学会総会、東京、2008.9.18, 東京
  23. 中坪太久郎、荒井宏文、松井三枝:統合失調症患者のワーキングメモリに関する検討―トランプ課題を用いてー、日本心理学会第72回大会、2008.9.19-21, 札幌
  24. 松崎多千代、松井三枝、長束一行、八木原俊克:心疾患患者における脳梗塞が神経心理機能に及ぼす影響、日本心理学会第72回大会、2008.9.19-21, 札幌
  25. 松井三枝:神経心理学と脳機能研究、ワークショップ「統合失調症の心理学―神経心理学から描画分析までー」、日本心理学会第72回大会、2008.9.19-21, 札幌
  26. 松井三枝:統合失調症の認知機能への神経心理学的アプローチ、国際賞講演、日本心理学会第72回大会、2008.9.19-21, 札幌
  27. 西山志満子、谷野亮一郎、高橋努、松井三枝、角田雅彦、川崎康弘、鈴木道雄、倉知正佳:ミネソタ多面人格目録(MMPI)の自我障害尺度の開発第3報―統合失調症の早期診断のためー、第28回日本精神科診断学会、2008.10.10-11、札幌
  28. 松井三枝、荒井宏文、西山志満子、古市厚志、高橋努、中村主計、川崎康弘、住吉太幹、鈴木道雄、倉知正佳:統合失調症の補助診断法としての神経心理学的評価の有用性、第8回精神疾患と認知機能研究会、2008.11.8、東京
  29. 西山志満子,高橋努,谷野亮一郎,角田雅彦,松井三枝,川崎康弘,鈴木道雄,倉知正佳: 自我障害尺度の開発とハイリスク群への適用の試み.第12回日本精神予防研究会,2008,12,14,東京

その他

  1. 奈良原光隆、松井三枝、宮崎淳、小林恒之、西条寿夫: 自己意識的情動の生起がモラル意識に与える影響-光トポグラフィによる検討, 研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第5回領域内研究報告会、2008.3.5, 大阪
  2. 宮崎淳、松井三枝、奈良原光隆、小林恒之、西条寿夫: メタ記憶が記憶方略に及ぼす影響―NIRSによる脳活動との関連, 研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第5回領域内研究報告会、2008.3.5, 大阪
  3. 竹内正志、古田壽一、細川宗仁、落合容子、佐藤秋雄、鈴木道雄、倉知正佳、松井三枝:記憶の組織化に及ぼす夜間睡眠の効果について、第2回近畿睡眠研究会、2008.3.15、京都
  4. 松井三枝:精神神経疾患における高次脳機能障害と認知リハビリテーション、講演、高次脳障害の治療と支援事業講演会、2008.8.23, 浦添、沖縄
  5. 松井三枝:精神神経疾患の高次脳機能障害の評価と認知リハビリテーション、医報とやま、1465, 6-7, 2008

2009年

著書

  1. 松井三枝:臨床神経心理学の現場と神経心理学、丹野義彦・利島保 (編)、「医療心理学を学ぶ人のために」、Pp59-75, 世界思想社、東京、2009
  2. 松井三枝:統合失調症と注意障害、加藤元一郎・鹿島晴雄(編)、「専門医のための精神科リュミエール10注意障害」、Pp.96-106, 中山書店、東京、2009
  3. 松井三枝:心理検査、山内俊雄(総編)、岡崎祐士・神庭重信・小山司・武田雅俊(編)、「精神科専門医のためのプラクテイカル精神医学」、Pp.192-199, 中山書店、東京、2009
  4. 松井三枝:神経心理学的方法、精神疾患と認知機能研究会(編)、山内俊雄(総編)、「精神疾患と認知機能」、Pp96-102, 新興医学出版社、東京、2009

原著

  1. Watanabe K, Matsui M, Matsuzawa J, Tanaka C, Noguchi K, Yoshimura N, Hongo K, Ishiguro M, Wanatabe S, Hirono K, Uese K, Ichida F, Origasa H, Nakazawa J, OshimaY, Miyawaki T, Yagihara T, Bilker W, Gur RC: Impaired neuroanatomical development in Infants with Congenital Heart Disease. Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, 137 (1), 146-153, 2009.
  2. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Itoh T, Matsui M, Arai H, Suzuki M, Kurachi M, Sumiyoshi C, Kawasaki Y: Effect of perospirone on P300 electrophysiological activity in schizophrenia: A three-dimensional analysis with sLORETA, Psychiatry Research: Neuroimaging,172 (3), 180-183, 2009.
  3. Matsui M, Arai H, Yonezawa M, Sumiyoshi T, Suzuki M, Kurachi M: The effects of cognitive rehabilitation on social knowledge in patients with schizophrenia. Applied Neuropsychology, 16 (3), 158-164, 2009.
  4. Matsuzaki T, Matsui M, Ichida F, Nakazawa J, Hattori A, Yoshikoshi K, Miyazaki M, Fujii M, Hagino I, Yagihara T: Neurodevelopment in 1-year-old Japanese infants after congenital heart surgery. Pediatrics International, 53(2), in press.
  5. Nguyen B.D., Nguyen H.M., Hoang L.V., Matsui M., Nishijo H., Ono T., Tran A.H.: Investigation on changes of hippocampal volumes in Alzheimer’s disease patients. Vietnam Journal of Physiology, 13, 1-10, 2009.
  6. 荒井宏文, 松井三枝, 米沢峰男, 住吉太幹, 倉知正佳: 統合失調症患者に対する自動車運転訓練を導入した認知リハビリテーションの効果研究, 精神医学、51(1), 65-69, 2009.
  7. 高宮千枝子、松井三枝、小林恒之、川崎康弘、鈴木道雄、西条寿夫、中澤潤、野口京、瀬戸光、倉知正佳:心の理論に関連した脳活動―脳機能画像研究―、人間環境学研究、7(2), 129-135, 2009
  8. 松井三枝:日本語版神経心理検査RBANSの標準化研究―標準値について-、富山大学杉谷キャンパス一般教育研究紀要、37、31-53, 2009

症例報告

  1. 中坪太久郎、松井三枝、荒井宏文、古市厚志、鈴木道雄、倉知正佳:認知リハビリテーションによる記憶の体制化障害の改善可能性-1統合失調症ケースから-、精神医学、51(11), 1111-1114, 2009

学会報告

  1. Matsui M, Suzuki M, Zhou SY, Takahashi T, Kawasaki Y, Yuuki H, Kato K, Kurachi M: Characteristics of memory strategy and prefrontal brain volume in schizophrenia spectrum disorders.(優秀演題賞)37th Annual Meeting of International Neuropsychological Society, 2009,2.11-15, Atlanta.
  2. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Itoh T., Matsui M., Arai H., Suzuki M., Sumiyoshi C., Kawasaki Y.: Effect of perospironeon P300 electrophysiological activity and social cognition in schizophrenia: A three-dimensional analysis with sLORETA. 17th European Congress of Psychiatry, 2009, 1.24-28, Lisbon, Portugal
  3. Watanabe K, Matsui M, Yoshimura N, Hirono K, Ichida F, Ohshima Y, Matsuzaki T, Yagihara T: Impaired neuroanatomic development in infants with congenital heart disease. 5th World Congress of Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery. 2009, 6.22, Cairns, Australia
  4. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Matsui M., Itoh H, Itoh T., Arai H, Takamiya C. Uehara T., Suzuki M., Kurachi M.: Membrane fatty acid levels as a predictor of treatment response in schizophrenia. 22nd European Congress of Neuropsychopharmacology, 2009, 6.14, Istanbul, Turkey.
  5. Matsui M, Arai H, Nakatsubo T, Yonezawa M, Sumiyoshi T, Suzuki M, Kurachi M: The effect of cognitive rehabilitation using car driving simulator in schizophrenia. 2009 Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society,2009,7.29-8.1, Helsinki, Finland and Tallinn, Estonia
  6. Shibata T, Matsui M, Kobayashi S, Chan RC, Shibata T: Study of neurological soft sighs in Japanese patients with schizophrenia. 2009 Mid-Year Meeting of International Neuropsychological Society,2009,7.29-8.1, Helsinki, Finland and Tallinn, Estonia
  7. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Itoh T., Matsui M., Arai H., Suzuki M., Sumiyoshi C., Kawasaki Y.: Effect of perospirone on P300 electrophysiological activity and social cognition in schizophrenia: A three-dimensional analysis with sLORETA. World Federation of Societies of Biological Psychiatry – The 9th World Congress of Biological Psychiatry, 2009, 7.1, Paris.
  8. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Matsui M., Itoh H, Itoh T., Arai H, Takamiya C. Uehara T., Suzuki M., Kurachi M.: Membrane fatty acid levels as a predictor of treatment response in schizophrenia. 1st Asian Congress of Neuropsychopharmacology, 2009, 11.14, Kyoto.
  9. Kawasaki Y, Suzuki M, Sumiyoshi T, Takahashi T, Nishiyama S, Matsui M, Kurachi M, Kazukawa S: Early detection and intervention project for young people at risk of developing psychosis in Toyama. 4th Annual Meeting of Japanese Society f Schizophrenia Research, 2009, 1.30-31, Osaka.
  10. 中坪太久郎、松井三枝,古市厚志、荒井宏文、松岡理、今村理佐、羽生優寿子、鈴木道雄、倉知正佳:統合失調症患者の家族の精神的健康度についての検討-患者の罹病期間、認知機能障害および家族のEE反応との関連から-、第4回日本統合失調症学会、2009,1,30-31,大阪
  11. 西山志満子,高橋努,谷野亮一郎,角田雅彦,松井三枝,川崎康弘,鈴木道雄,倉知正佳: 自我障害尺度の開発と妥当性の検討、第4回日本統合失調症学会、2009,1,30-31, 大阪
  12. 木戸幹雄、中村主計、山口幸志、松井三枝、森腰夏子、岩田卓也、鈴木道雄:多彩な臨床症状を呈した高気圧酸素療法が著効した間歇型一酸化炭素中毒の一例、第172回北陸精神神経学会、2009,2,1,金沢
  13. 中坪太久郎、松井三枝,古市厚志、荒井宏文、松岡理、今村理佐、羽生優寿子、鈴木道雄、倉知正佳:認知機能障害に関するセッションを取り入れた家族心理教育の試み, 心理教育・家族教室ネットワーク第12回研究集会, 2009,3.5-6,滋賀
  14. 桑山直也、高岩亜輝子、秋岡直樹、久保道也、林央周、松井三枝、遠藤俊郎:頸動脈血行再建術前後における高次脳機能の変化、シンポジウム「脳卒中と高次脳機能障害」、第34回日本脳卒中学会・第38回日本脳卒中の外科学会、2009,3,20-22,松江
  15. 松崎多千代、市田蕗子、松井三枝、渡辺一洋、萩野生男、八木原俊克:Bayley乳幼児発達検査(第2版)を用いた先天性心疾患児の神経発達検査、日本小児学会第112回学術集会、2009,4,18,奈良
  16. 松崎多千代、市田蕗子、芳村直樹、三崎拓郎、松井三枝、八木原俊克:新生児・乳児期開心術後患児の就学時認知機能、シンポジウム「成長、発達の観点から乳児期心臓手術治療戦略を考える」、第39回日本心臓血管外科学会学術総会、2009, 4, 22、富山
  17. 橋本直樹, 松井三枝, 久住一郎, 豊巻敦人, 賀古勇輝, 伊藤侯輝,藤井泰, 小山司:統合失調症患者における言語記憶学習の教示の効果について―認知機能改善のための基礎的検討―、第31回日本生物学的精神医学会、2009, 4, 25, 京都
  18. Sumiyoshi T., Higuchi Y., Itoh T., Matsui M., Arai H., Suzuki M., Kurachi M., Sumiyoshi C., Kawasaki Y.: Effect of perospironeon sLORETA images of P300 and social cognition in schizophrenia. 第31回日本生物学的精神医学会、2009, 4, 25, 京都
  19. 渡辺一洋, 伊吹圭二郎, 斎藤和由, 廣野恵一, 市田蕗子, 松崎多千代, 宮脇利男, 大高慎吾, 北原淳一郎, 芳村直樹, 松井三枝: 第15回日本小児循環器学会、乳児早期に開心術を施行された先天性心疾患児の脳容量、術後発達の遠隔期評価, 2009.7.15-17,神戸
  20. 小林諭史、松井三枝,浦川将、高本考一、西条寿夫:系列動作課題遂行時における脳機能検討、第11回日本光脳機能イメージング研究会、2009.7.18、東京
  21. 羽生優寿子、松井三枝、鈴木道雄、松岡理、高嶋修太郎、田中耕太郎:初期アルツハイマー病患者における潜在・顕在記憶機能の研究、日本認知心理学会7回大会、2009,7、19-20,新座
  22. 松井三枝、奈良原光隆、宮崎淳、小林恒之、西条寿夫: 自己意識的情動の生起がモラル意識に与える影響-光トポグラフィによる検討、第14回認知神経科学会学術集会、2009,7、25-26,東京
  23. 松井三枝、羽生優寿子:日本版言語記憶学習検査の初期アルツハイマー病患者への適用、日本心理学会第73回大会、2009.8.27、京都
  24. 中坪太久郎、松井三枝: 統合失調症患者に対する認知機能障害へのアプローチ-記憶の体制化障害の改善に向けて-、日本心理臨床学会第28回秋季大会、2009、9,20-22, 東京
  25. 松井三枝, 橋本直樹, 久住一郎, 豊巻敦人, 小山司:統合失調症患者の言語記憶学習における明示的教示の効果、第33回日本神経心理学会総会、2009, 9,24-25, 東京
  26. 西山志満子、谷野亮一郎,高橋 努,松井三枝,角田雅彦,川崎康弘,鈴木道雄,倉知正佳:自我障害尺度(self-disturbance scale)の開発、第29回日本精神科診断学会、2009, 10, 16-17, 東京
  27. 松井三枝:神経心理学的機能からみた精神疾患と発達障害「発達障害を科学する」、第4回日本情動研究会、2009, 10, 24, 富山
  28. 竹内正志、古田壽一、細川宗仁、落合容子、佐藤秋雄、栗田俊治、鈴木道雄、倉知正佳、松井三枝:記憶の組織化と睡眠成分との関係、日本睡眠学会第34回定期学術集会、2009, 10, 24, 大阪
  29. 松井三枝, 羽生優寿子、鈴木道雄、松岡理、高嶋修太郎、田中耕太郎:初期アルツハイマー病患者における顕在記憶と潜在記憶、第33回日本高次脳機能障害学会、2009,10,29, 札幌
  30. 松井三枝:シンポジウム「医療と心理学はどのように連携できるか」、サイエンスアゴラ2009、2009,11,1 東京
  31. 西山志満子、松井三枝、田中耕大、樋口悠子、古市厚志、川崎康弘、住吉太幹、鈴木道雄、倉知正佳:精神病発症高危険状態ARMSにおける認知機能の検討、第9回精神疾患と認知機能研究会、2009,11,7 東京
  32. 小林諭史、松井三枝, 浦川将、高本考一、石川亮宏、西条寿夫:系列動作課題遂行時における脳機能―近赤外分光法を用いたFirst-Egde-Palm taskの検討(大会発表賞)、北陸心理学会第44回大会、2009,11,14, 金沢
  33. 西山志満子、谷野亮一郎,高橋 努,松井三枝,松本圭,古市厚志、樋口悠子、川崎康弘、川崎康弘,鈴木道雄,倉知正佳:自我障害尺度の開発とハイリスク群への適用の試みー第2報、第13回日本精神保健・予防学会学術集会、2009,11,29 東京

その他

  1. 西山志満子,高橋 努,谷野亮一郎,角田雅彦,松井三枝,川崎康弘,鈴木道雄,倉知正佳:統合失調症前駆症からの介入 -新しい前駆症評価法開発- 厚生労働省平成20年度委託費精神疾患関連第2回研究班会議「思春期精神病理の疫学と精神疾患の早期介入方策に関する研究」2009,1,25, 東京.
  2. 結城みやこ、松井三枝、本郷和久、羽生優寿子、岩田卓也、鈴木道雄: 自閉症スペクトラム障害における社会的認知と前頭葉機能の発達の関連性, 研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第6回領域内研究報告会、2009.3.11, 大阪
  3. 松崎多千代、市田蕗子、渡辺一洋、松井三枝、芳村直樹: 乳幼児の情動発達. 研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第6回領域内研究報告会、2009.3.11, 大阪
  4. 鈴木道雄,川崎康弘,住吉太幹,高橋 努,樋口悠子,高柳陽一郎,中村主計,瀬尾友徳,古市厚志,松井三枝,倉知正佳:脳画像解析の応用による統合失調症の客観的補助診断と治療効果判定. 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費(20委-3) 「精神疾患の客観的補助診断法の標準化と科学的根拠に基づく治療反応性の判定法の確立に関する研究」,2009,12.2,東京
  5. 松井三枝:統合失調症の認知機能障害、講演、2009年SKETCH研究会、2009.12.10, 高松
  6. 住吉太幹, 樋口悠子, 伊東徹, 松井三枝, 古市厚志, 鈴木道雄, 川崎康弘:P300発生源の三次元電流密度分布を指標とした抗精神病薬の作用機序の解明 日常診療への応用を目指して、精神薬療研究年報、41、51-55、2009.

2010

Journal Articles (English)

  1. Matsuzaki T, Matsui M, Ichida F, Nakazawa J, Hattori A, Yoshikoshi K, Miyazaki M, Fujii M, Hagino I, Yagihara T: Neurodevelopment in 1-year-old Japanese infants after congenital heart surgery. Pediatrics International, 52(3), 420-427, 2010.
  2. Hashimoto N, Matsui M, Kusumi I, Toyomaki A, Ito K, Kako Y, Koyama T: Effect of explicit instruction on Japanese Verbal Learning Test in schizophrenia. Psychiatry Research, in press.
  3. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Matsui M, Itoh H, Uehara T, Itoh T, Arai H, Takamiya C, Suzuki M, Kurachi M: Membrane fatty acid levels as a predictor of treatment response in chronic schizophrenia. Psychiatry Research, in press.

Presentations in International meeting

  1. Matsui, M., Tanaka, C., Niu, L., Matsuzawa, J., Noguch, K., Miyawaki, T., Bilker, W.B. , Wierzbicki, M., Gur, R.C. : Age-related volumetric changes of prefrontal gray and white matter from healthy infants to adults. The 20th Annual Rotman Research Institute Conference- “Frontal Lobes”, 2010.3.22-26, Toronto
  2. Matsui M, Ha-nyu Y, Suzuki M, Matsuoka T, Takashima S, Tanaka K : Explicit and implicit memory in early-stage Alzheimer’s disease. The 8th Tsukuba International Conference on Memory, 2010.3.29-31, Tsukuba
  3. Matsui M, Hashimoto N, Toyamaki A, Kusumi I, Koyama T: Effect of explicit instruction on the Verbal Learning Test in patients with schizophrenia. 2nd Biennial Schizophrenia International Research Conference, 2010, 4, 10 -14, Florence, Italy.
  4. Shibata T, Matsui M, Kobayashi S, Takeuchi A, Chan RC, Suzuki M, Shibata T: Study of neurological soft signs in Japanese schizophrenic patients. 2nd Biennial Schizophrenia International Research Conference, 2010, 4, 10 -14, Florence, Italy.
  5. Matsui M, Hashimoto N, Toyamaki A, Kusumi I, Koyama T: Influence of explicit instruction for verbal learning in schizophrenia. San Raffaele Universitary Scientific Institute and SIRS Cognition Satellite Meeting at SIRS 2010, 2010, 4, 15, Florence, Italy.
  6. Matsui M, Ha-nyu Y, Suzuki M, Matsuoka T, Takashima S, Tanaka K : Explicit and implicit memory in patients with Alzheimer’s disease in early stage. International Neuropsychological Society Mid Year Meeting 2010, 2010, 6, 30-7, 3, Krakow, Poland.
  7. Matsui M, Miyazaki A, Narahara M, Kobayashi T, Nishijo H: Brain activation related to memory organization: a near-infrared spectroscopy. International Neuropsychological Society Mid Year Meeting 2010, 2010, 6, 30-7, 3, Krakow, Poland.
  8. Matsui M, Narahara M, Miyazaki A, Kobayashi T, Nishijo H: Self-conscious emotion influences moral conscious: a near-infrared spectroscopy study. International Neuropsychological Society Mid Year Meeting 2010, 2010, 6, 30-7, 3, Krakow, Poland.
  9. Matsui M, Takeuchi A, Katagiri M: Deficit in shifts of attention to different levels of global-local stimuli in schizophrenia. Symposium, Attention and Cognition, 2010, 9, 18, Sendai.
  10. Matsuda Y, Imaruoka T, Kunimi M, Matsumoto K, Matsui M: The brain mechanism underling interaction of processing bias and anxiety level. Symposium, Attention and Cognition, 2010, 9, 18, Sendai.
  11. Nishiyama S., Takahashi T., Tanaka K., Furuichi A., Higuchi Y., Matsui M., Kawasaki Y., Sumiyoshi T., Kurachi M., Suzuki M.: Self-disturbance in ultra high risk subjects. 7th international conference on early psychosis, 2010, 11, 29-12,1, Amsterdam.
  12. Matsui M. : Developmental changes in human brain: a study of magnetic resonance imaging. Invitation. The 8th Vietnam Scientific Conference on Physiology and Functional Diagnosis-The Meeting of Vietnam Society of Physiology, 2010, 12, 11, Hanoi, Vietnam

2010年

原著

  1. Matsuzaki T, Matsui M, Ichida F, Nakazawa J, Hattori A, Yoshikoshi K, Miyazaki M, Fujii M, Hagino I, Yagihara T: Neurodevelopment in 1-year-old Japanese infants after congenital heart surgery. Pediatrics International, 52(3), 420-427, 2010.
  2. Hashimoto N, Matsui M, Kusumi I, Toyomaki A, Ito K, Kako Y, Koyama T: Effect of explicit instruction on Japanese Verbal Learning Test in schizophrenia. Psychiatry Research, in press.
  3. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Matsui M, Itoh H, Uehara T, Itoh T, Arai H, Takamiya C, Suzuki M, Kurachi M: Membrane fatty acid levels as a predictor of treatment response in chronic schizophrenia. Psychiatry Research, in press.
  4. 宮崎淳、松井三枝、奈良原光隆、小林恒之、西条寿夫:メタ記憶過程における記憶方略選択と脳活動、人間環境学研究、8(1), 55-65, 2010.(人間環境学優秀論文賞)
  5. 松井三枝、笠井悠一、長崎真梨恵:日本語版神経心理検査RBANSの信頼性と妥当性、富山大学医学会誌、21 (1), 31-36、2010.

総説

  1. 松井三枝:神経心理学的機能からみた精神疾患と発達障害、日本情動研究会ニュース、4、9-13, 2010.
  2. 西山志満子、川崎康弘、住吉太幹、田中耕大、高橋努、樋口悠子、古市厚志、松井三枝、数川悟、倉知正佳、鈴木道雄:統合失調症の早期発見・介入の試み 特殊外来の現状と課題 ARMSを対象とした早期介入の実践 CAST、精神科、17 (3), 230-235, 2010.

症例報告

  1. 小松敦子、松井三枝、荒井宏文、古市厚志、鈴木道雄:認知リハビリテーションにより文章記憶が改善した1統合失調症ケース、精神医学、52 (10), 1021-1025, 2010

資料

  1. 松井三枝、長崎真梨恵、笠井悠一:日本語版神経心理検査RBANSの標準化研究(2)-基礎資料、改訂標準値および換算表―、富山大学杉谷キャンパス一般教育研究紀要、38, 87-133、2010.
  2. 松井三枝:25抽象カテゴリーにおける単語の出現頻度、富山大学杉谷キャンパス一般教育研究紀要、38, 71-86、2010.
  3. 松井三枝、本島優子、松崎多千代、市田蕗子:成人に達した先天性心疾患患者の心理・行動特徴の実態調査、厚生労働省科学研究費補助金循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業「成人に達した先天性心疾患患者の診療体制の確立に向けた総合的研究」平成21年度総括・分担研究報告書、85-129.

学会報告

  1. Matsui, M., Tanaka, C., Niu, L., Matsuzawa, J., Noguch, K., Miyawaki, T., Bilker, W.B. , Wierzbicki, M., Gur, R.C. : Age-related volumetric changes of prefrontal gray and white matter from healthy infants to adults. The 20th Annual Rotman Research Institute Conference- “Frontal Lobes”, 2010.3.22-26, Toronto
  2. Matsui M, Ha-nyu Y, Suzuki M, Matsuoka T, Takashima S, Tanaka K : Explicit and implicit memory in early-stage Alzheimer’s disease. The 8th Tsukuba International Conference on Memory, 2010.3.29-31, Tsukuba
  3. Matsui M, Hashimoto N, Toyamaki A, Kusumi I, Koyama T: Effect of explicit instruction on the Verbal Learning Test in patients with schizophrenia. 2nd Biennial Schizophrenia International Research Conference, 2010, 4, 10 -14, Florence, Italy.
  4. Shibata T, Matsui M, Kobayashi S, Takeuchi A, Chan RC, Suzuki M, Shibata T: Study of neurological soft signs in Japanese schizophrenic patients. 2nd Biennial Schizophrenia International Research Conference, 2010, 4, 10 -14, Florence, Italy.
  5. Matsui M, Hashimoto N, Toyamaki A, Kusumi I, Koyama T: Influence of explicit instruction for verbal learning in schizophrenia. San Raffaele Universitary Scientific Institute and SIRS Cognition Satellite Meeting at SIRS 2010, 2010, 4, 15, Florence, Italy.
  6. Matsui M, Ha-nyu Y, Suzuki M, Matsuoka T, Takashima S, Tanaka K : Explicit and implicit memory in patients with Alzheimer’s disease in early stage. International Neuropsychological Society Mid Year Meeting 2010, 2010, 6, 30-7, 3, Krakow, Poland.
  7. Matsui M, Miyazaki A, Narahara M, Kobayashi T, Nishijo H: Brain activation related to memory organization: a near-infrared spectroscopy. International Neuropsychological Society Mid Year Meeting 2010, 2010, 6, 30-7, 3, Krakow, Poland.
  8. Matsui M, Narahara M, Miyazaki A, Kobayashi T, Nishijo H: Self-conscious emotion influences moral conscious: a near-infrared spectroscopy study. International Neuropsychological Society Mid Year Meeting 2010, 2010, 6, 30-7, 3, Krakow, Poland.
  9. Matsui M, Takeuchi A, Katagiri M: Deficit in shifts of attention to different levels of global-local stimuli in schizophrenia. Symposium, Attention and Cognition, 2010, 9, 18, Sendai
  10. Matsuda Y, Imaruoka T, Kunimi M, Matsumoto K, Matsui M: The brain mechanism underling interaction of processing bias and anxiety level. Symposium, Attention and Cognition, 2010, 9, 18, Sendai
  11. Nishiyama S., Takahashi T., Tanaka K., Furuichi A., Higuchi Y., Matsui M., Kawasaki Y., Sumiyoshi T., Kurachi M., Suzuki M.: Self-disturbance in ultra high risk subjects. 7th international conference on early psychosis, 2010, 11, 29-12,1, Amsterdam.
  12. Matsui M. : Developmental changes in human brain: a study of magnetic resonance imaging. Invitation. The 8th Vietnam Scientific Conference on Physiology and Functional Diagnosis-The Meeting of Vietnam Society of Physiology, 2010, 12, 11, Hanoi, Vietnam
  13. 西山志満子、松井三枝、田中耕大、樋口悠子、古市厚志、川崎康弘、住吉太幹、鈴木道雄、倉知正佳:At risk mental stateにおける認知機能の検討、第5回日本統合失調症学会、2010, 3, 26-27, 福岡
  14. 松崎多千代、市田蕗子、松井三枝:術後先天性心疾患児の神経発達的長期予後、日本小児科学会第113回学術集会、2010, 4, 25, 盛岡
  15. 西山志満子、川崎康弘、住吉太幹、田仲耕大、高橋努、樋口悠子、古市厚志、村中泰子、松井三枝、倉知正佳、鈴木道雄:富山県におけるat risk mental stateを対象とした早期介入の実践、第176回北陸精神神経学会、2010,6,20、金沢
  16. 上原隆、住吉太幹、松岡理、伊藤博子、村中泰子、松井三枝、鈴木道雄:多価不飽和脂肪酸とアルツハイマー病の行動および認知症状、第25回日本老年精神医学会、2010、6、24-25, 熊本
  17. 松崎多千代、市田蕗子、松井三枝、芳村直樹:乳児早期に開心術を施行された先天性心疾患児の就学児認知機能、第46回日本小児循環器学会総会、2010,7,7, 浦安
  18. 本島優子、松井三枝、松崎多千代、市田蕗子、白石公:成人先天性心疾患患者の心理・行動的特徴に関する包括的検討に向けて、第46回日本小児循環器学会総会、2010,7,7, 浦安
  19. 松崎多千代、松井三枝、市田蕗子、芳村直樹、市川肇、八木原俊克:新生児・乳児開心術後の精神・運動発達の継時的評価、第46回日本小児循環器学会総会、2010,7,7-9, 浦安
  20. 小林諭史、松井三枝:大学生の衝動性と動機づけシステムー自己制御と脳機能の予備研究、第15回認知神経科学会学術大会、2010、7,18、松江
  21. 小林諭史、松井三枝, 浦川将、高本考一、石川亮宏、西条寿夫:行動指標による脳賦活様態の検討―Fist-Edge-Palm taskが反映する脳機能―、第13回光脳機能イメージング研究会、2010,7,24, 東京
  22. 植松明子、松井三枝、田仲千秋、高橋努、鈴木道雄:Examination of total intracranial volume from healthy infants to early adulthood, 第33回日本神経科科学会、2010,9,2-4,神戸
  23. 小林諭史、松井三枝, 浦川将、高本考一、石川亮宏、西条寿夫:Prefrontal cortex plays a key role undertaking fist-edge-palm task: fNIRS study, 第33回日本神経科科学会、2010,9,2-4,神戸
  24. 安岡香苗、松井三枝、松岡理、鈴木道雄:アルツハイマー病における脳形態および脳血流の変化と神経心理機能の関連―VSRAD, eZISと簡易神経心理学検査を用いてー、第34回日本神経心理学会総会、2010,9,10、京都
  25. 松井三枝:神経心理学からみた統合失調症の理解、シンポジウム「統合失調症の新しい理解に向けて」、日本心理学会第74回大会、2010,9,21, 大阪
  26. 松井三枝:統合失調症の言語記憶学習における明示的教示の効果、日本心理学会第74回大会、2010,9,21, 大阪
  27. 本島優子、松井三枝、松崎多千代:成人先天性心疾患の心理・行動特徴に関する調査研究、日本心理学会第74回大会、2010,9,21, 大阪
  28. 松本圭、伊丸岡俊秀、松井三枝、積山薫:社会不安に関連する認知過程の脳内基盤と可塑的変化の解明―眼球運動とNIRSによる解明―、ワークショップ「コミュニケーション基盤の発達と脳機能の特殊化・可塑性」、日本心理学会第74回大会、2010,9,22, 大阪
  29. 松崎多千代、吉田丈俊、二谷武、松井三枝、伊吹圭二郎、渡邊一洋、市田蕗子:Bayley乳幼児発達検査による発達評価とその有用性、第49回富山県小児保健学会、2010, 10, 3, 富山
  30. 松井三枝、宮崎淳、奈良原光隆、小林恒之、西条寿夫:メタ記憶過程における記憶方略選択と脳活動:近赤外分光法による検討、第32回日本生物学的精神医学会、2010, 10, 7-9, 小倉
  31. 柴田多美子、松井三枝、竹内あゆみ、小林諭史、山道篤子、柴田樹:統合失調症における神経学的微徴候の検討、第38回日本精神科病院協会精神医学会、2010,11,11-12, 富山
  32. 村中泰子、柳原智子、山本奈々穂、松岡理、森腰夏子、中村主計、古市厚志、宮西智広、高橋努、住吉太幹、角田雅彦、松井三枝、鈴木道雄:SST再会へ向けての院内スタッフへの働きかけ、SST普及協会第15回学術集会、2010, 11, 5-6, 富山
  33. 松井三枝、宮崎淳、奈良原光隆、小林恒之、西条寿夫:メタ記憶過程における記憶方略選択と脳活動, 第34回日本高次脳機能障害学会、2010, 11, 18-19, 大宮
  34. 竹内あゆみ、松井三枝、片桐正敏:統合失調症患者における運転能力と視覚的情報処理の関連性―運転シミュレーターを用いた研究、北陸心理学会第45回大会、2010, 11, 27, 金沢
  35. 西山志満子、高橋努、谷野亮一郎、田仲耕大、松井三枝、古市厚志、樋口悠子、川崎康弘、倉知正佳、鈴木道雄:精神病の各病期における自我障害の検討、第14回日本精神保健・予防学会学術集会、2010,12,11-12、東京
  36. 柿本多千代、吉田丈俊、二谷武、松井三枝、伊吹圭二郎、齋藤和由、渡辺一洋、小澤綾佳、市田蕗子: Bayley乳幼児発達検査による発達評価, 第300回日本小児科学会北陸地方会, 2010, 12, 12, 金沢.

その他

    1)松井三枝、西山志満子、古市厚志、田仲耕大、高橋努、川崎康弘、住吉太幹、鈴木道雄、倉知正佳:統合失調症発症リスク評価法の開発ー自我障害尺度と神経心理学的評価の有用性ー、厚生労働省平成21年度委託費精神疾患関連第2回研究班会議「思春期精神病理の疫学と精神疾患の早期介入方策に関する研究」2010,1,31, 東京.
    2)松井三枝:統合失調症患者への神経心理学的アセスメントの有用性~認知機能改善療法の開発に向けて~、「臨床心理士」研究助成事業第1回研究報告会、2010.2.28、東京
    3)小林諭史、松井三枝, 浦川将、高本考一、石川亮宏、西条寿夫:系列動作課題遂行時の脳機能―fNIRSによる検討、研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第7回領域内研究報告会、2010.3.1, 大阪
    4)柴崎光世:この人に聞く「松井三枝氏」、心理学ワールド、50,p30、2010
    5)本島優子、松井三枝、平井忠和、芳村直樹、市田蕗子:成人先天性心疾患患者の情緒と行動の問題について、第1回北陸成人先天性心疾患セミナー、2010.10.30、金沢
    6)松井三枝:統合失調症の認知リハビリテーション、講演、2010年度石川県臨床心理士会研修会、2010.11.21、金沢
    7)中村主計,高柳陽一郎,高橋 努,川﨑康弘,古市厚志,樋口悠子,瀬尾友徳,住吉太幹,松井三枝,倉知正佳,鈴木道雄:脳画像解析の応用による統合失調症の客観的補助診断と治療効果判定. 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費「精神疾患の客観的補助診断法の標準化と科学的根拠に基づく治療反応性の判定法の確立に関する研究」研究報告会, 2010, 12, 2, 東京.

2011年

著書

  1. 松井三枝:認知リハビリテーション(統合失調症)、松下正明(総編)、「精神医学キーワード事典」、Pp.681-683, 中山書店、東京、2011
  2. 松井三枝:認知リハビリテーション(脳器質性疾患)、松下正明(総編)、「精神医学キーワード事典」、Pp.725-727, 中山書店、東京、2011
  3. テイル・ワイクス、クレア・リーダー著、松井三枝(監訳):統合失調症の認知機能改善療法、金剛出版、東京、2011

原著

  1. Hashimoto N, Matsui M, Kusumi I, Toyomaki A, Ito K, Kako Y, Koyama T: Effect of explicit instruction on Japanese Verbal Learning Test in schizophrenia. Psychiatry Research, 188, 289-290, 2011.
  2. Sumiyoshi T, Higuchi Y, Matsui M, Itoh H, Uehara T, Itoh T, Arai H, Takamiya C, Suzuki M, Kurachi M: Membrane fatty acid levels as a predictor of treatment response in chronic schizophrenia. Psychiatry Research, 186, 23-27, 2011.
  3. Matsuda Y, Matsui M, Tonoya Y, Ebihara N, Kurachi M: Useful visual field in patients with schizophrenia: a choice reaction time study. Perceptual and Motor Skills, 112 (2), 369-381, 2011.
  4. Sakai T, Mikami A, Tomonaga M, Matsui M, Suzuki J, Hamada Y, Tanaka M, Miyaba-Nishiwaki T, Makishima H, Nakatsukasa M, Matsuzawa T : Differential prefrontal white matter development in chimpanzees and humans. Current Biology, 21 (16), 1397-1402, 2011.
  5. Ibuki K, Watanabe K, Yoshimura N, Kakimoto T, Matsui M, Yoshida T, Origasa H, Ichida F: The improvement of hypoxia correlates with neuroanatomical and developmental outcomes; Comparison of mid-term outcomes in infants with transposition of the great arteries or single ventricle physiology. Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery, in press.
  6. 奈良原光隆、松井三枝、宮崎淳、小林恒之、西条寿夫:自己意識的情動の生起がモラル意識に与える影響―近赤外線分光法による検討―、人間環境学研究、9 (1), 1-7, 2011.
  7. 中坪太久郎、松岡理、古市厚志、今村理佐、荒井宏文、藪田歩、松井三枝、鈴木道雄、倉知正佳:統合失調症の認知機能障害に関するセッションを取り入れた家族心理教育の試み、精神療法、37 (1),89-95,2011
  8. 柿本多千代, 松井三枝、中澤潤、吉田丈俊、市田蕗子:日本人小児へのBayley乳幼児発達検査(第3版)の有用性、富山大学医学会誌、22(1), 28-32、2011

資料

  1. 松井三枝、長崎真梨恵、笠井悠一:日語版神経心理検査RBANSの標準化研究(3)-総指標―、富山大学杉谷キャンパス一般教育研究紀要、39、17-30, 2011.

学会報告

  1. Yasuoka K, Matsui M, Matsuoka T, Suzuki M: The relationship between brain volume/brain blood flow and neuropsychological function in Alzheimer’s disease: examination by VSRAD, eZIS and Brief-Neuropsychological Scale. 9th Tsukuba International Conference on Memory, 2011, 3.6-8, Tokyo
  2. Matsui M, Takeuchi A, Katagiri M, Suzuki M, Murohashi H: Deficit in shifts of attention to different levels of global-local stimuli in schizophrenia. 13th International Congress on Schizophrenia Research, 2011, 4.5, Colorado Springs, Colorade, USA
  3. Matsui M, Miyazaki A, Nishijo H: Selection of memory strategy and brain activity during metamemory process: a near-infrared spectroscopy study. 2011 International Neuropsychological Society Mid-year Meeting, 2011, 7, 6-9, Auckland, New Zealand
  4. Matsui M, Takeuchi A, Matsuda Y, Katagiri M, Suzuki M, Murohashi H: Deficit in shifts of attention to different levels of global-local stimuli in patients with schizophrenia. 2011 International Neuropsychological Society Mid-year Meeting, 2011, 7, 6-9, Auckland, New Zealand
  5. Ibuki K, Watanabe K, Yoshimura N, Kakimoto T, Matsui M, Saito K, Ozawa S, Hirono K, Yoshida T, Noguchi K, Ichida F: The improvement of hypoxia correlates with neuroanatomical and developmental outcomes in infants with transposition of the great arteries or single ventricle physiology. The American Heart Association’s Scientific Sessions 2011, 2011, 11, 13-15, Orlando, Florida, USA
  6. 安岡香苗、松井三枝、松岡理、鈴木道雄:アルツハイマー病における脳形態および脳血流の変化と神経心理機能の関連―VSRAD, eZISと簡易神経心理学検査を用いてー、第178回北陸精神神経医学会、2011,1,23、金沢
  7. 竹内あゆみ、松井三枝、古市厚志、樋口悠子、中村主計、田中耕大、松岡理、瀬尾友徳、住吉太幹、鈴木道雄:統合失調症患者における運転能力と視覚的情報処理の関連性―運転シミュレーターを用いた研究、第178回北陸精神神経医学会、2011, 1, 23, 金沢
  8. 酒井朋子、松井三枝、中務真人、友永雅己、三上章允、鈴木樹理、濱田穣、田中正之、宮部-西脇貴子、巻島美幸、松沢哲郎:チンパンジーとヒトにおける大脳の発達過程―ヒトの脳の進化的基盤の理解にむけてー、日本赤ちゃん学会第11回学術集会、2011, 5, 7-8, 各務原(中部大学)
  9. 松井三枝、竹内あゆみ、片桐正敏、松田幸久:統合失調症患者のGlobal-Local処理における注意移動の障害、日本認知心理学会第9回大会、2011, 5, 28-29, 東京
  10. 松井三枝:人間らしさと精神―脳の健康をめざしてー、日本学術会議中部地区会議学術講演会、2011, 6, 24, 富山
  11. 伊吹圭二郎, 齋藤和由, 柿本多千代, 小澤綾佳, 渡辺一洋, 吉田丈俊, 市田蕗子, 宮脇利男, 日隈智憲, 芳村直樹, 松井三枝 :先天性心疾患児において低酸素血症の改善は脳の成長と発達予後を改善するー完全大血管転位症と単心室症の中期予後の比較、第47回日本小児循環器学会総会、2011, 7 , 6-8, 福岡
  12. 國見充展、伊丸岡俊秀、松田幸久、松本圭、松井三枝:fMRIによる感情刺激処理時の脳活動の検討、第13回日本ヒト脳機能マッピング学会、2011, 9 , 1-2, 京都
  13. 松井三枝:神経心理機能からみた統合失調症、第11回日本音楽療法学会、2011, 9, 9, 富山
  14. 松井三枝:ワークショップ「現場に役立つ心理学(2)-認知リハビリテーションにおける評価と実践―」指定討論、日本心理学会第75回大会、2011, 9, 17, 東京
  15. 片桐正敏、松井三枝、川西哲子、室橋春光:アスペルガー症候群のある人の注意の切り替えー部分から全体への注意の切り替えの問題についてー、第16回日本認知神経科学会、2011, 10, 23, 北九州
  16. 松井三枝、柴田多美子、松田幸久、片桐正敏:統合失調症の認知機能改善療法の効果研究に向けて、第11回精神疾患と認知機能研究会、2011, 11, 5, 東京
  17. 竹内あゆみ、松井三枝、片桐正敏、松田幸久、古市厚志、樋口悠子、中村主計、田仲耕大、松岡理、瀬尾友徳、住吉太幹、鈴木道雄:統合失調症患者における運転能力と視覚的情報処理の関連性-運転シミュレーターを用いた研究-、第11回精神疾患と認知機能研究会、2011, 11, 5, 東京
  18. 酒井朋子、松井三枝、Malkova L, 三上章允、中務真人、友永雅己、鈴木樹理、濱田穣、田中正之、宮部貴子、巻島美幸、松沢哲郎:チンパンジーの大脳組織の発達過程はヒトの脳進化を理解するうえでの新たな見識を与える、第65回日本人類学会、2011, 11, 4-6, 那覇
  19. 村中泰子、西山志満子、松本圭、中島眞由美、谷川智子、黒崎実千代、中松美由紀、佐藤梨穂、武田広子、瀧波賢治、鈴木道雄、松井三枝:勤労者を対象とした認知行動療法を取り入れたこころの健康づくり(第一報)、日本行動療法学会第37回大会、2011, 11, 26-28、東京
  20. 伊丸岡俊秀、國見充展、松田幸久、松本圭、松井三枝、西条寿夫:表情判断の神経基盤と社交不安特性の関係、日本基礎心理学会第30回大会、2011,12,3-4、東京
  21. 西山志満子、高橋努、田仲耕大、古市厚志、松岡理、樋口悠子、住吉佐和子、上野舞里子、松井三枝、住吉太幹、倉知正佳、鈴木道雄:統合失調症の各病期における自我障害の検討、第15回日本精神保健・予防学会学術集会、2011,12.3-4、東京
  22. 片桐正敏:「学習障害や自閉症障害、言語発達遅滞の今~発達障害との強制実現に向けた10の提言」話題提供、第2回国際シンポジウムアジアにおける社会的弱者との真の共生を目指してー医療・福祉・教育の連携と提言―、2011, 12, 10-11, 2011, 富山

その他

  1. 松井三枝:統合失調症の認知機能と心理的側面1、平成22年度富山市統合失調症家族教室、2011,3,2、富山
  2. 松井三枝:統合失調症の認知機能と心理的側面2、平成22年度富山市統合失調症家族教室、2011,3,10、富山
  3. 松井三枝:統合失調症の認知機能障害と認知リハビリテーション、日本学術会議中部地区会議ニュース、130, 10-11, 2011
  4. 松井三枝:精神神経疾患の心理社会的治療のために、医報とやま、1529, p5, 2011
  5. 松井三枝、本島優子、柿本多千代、市田蕗子:成人に達した先天性心疾患患者の心理・行動の特徴とその関連要因の検討、厚生労働省科学研究費補助金循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業「成人に達した先天性心疾患患者の診療体制の確立に向けた総合的研究」平成22年度総括・分担研究報告書、100-145.
  6. 松井三枝:統合失調症のための認知リハビリテーション、あしたの会家族教室講演会、2011, 8, 9, 富山
  7. 松井三枝:認知症の早期診断と早期介入のための認知機能検査について、群馬大学医学部講演会、2011, 10, 20, 前橋
  8. 松井三枝:高次脳機能障害の評価、群馬大学医学部講義、2011, 10, 20, 前橋
  9. 松井三枝:人間らしさと精神―脳の健康をめざしてー、日本学術会議中部地区会議ニュース、131, 5-7、2011
  10. 松井三枝:こころの病気を知ろうー統合失調症を中心にー、富山市メンタルヘルスサポーター研修会、2011, 11, 24, 富山

2012年

著書

  1. 松井三枝:認知発達の脳科学的基盤、根ヶ山光一・仲真紀子(編)発達科学ハンドブック4「発達の基盤:身体、認知、情動」、Pp105-118, 新曜社、東京、2012

原著

  1. Ibuki K, Watanabe K, Yoshimura N, Kakimoto T, Matsui M, Yoshida T, Origasa H, Ichida F: The improvement of hypoxia correlates with neuroanatomical and developmental outcomes; Comparison of mid-term outcomes in infants with transposition of the great arteries or single ventricle physiology. Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery,143(5), 1077-1085, 2012.
  2. Uematsu A, Matsui M, Tanaka C, Takahashi T, Noguchi K, Suzuki M, Nishijo H: Developmental trajectories of amygdala and hippocampus from infancy to early adulthood in healthy individuals. PLoS ONE, 7(10), e46970, DOI: 10.1371/journal.pone.0046970, 2012
  3. Tanaka C, Matsui M, Uematsu A, Noguchi K, Miyawaki T: Developmental trajectories of the fronto-temporal lobes from infancy to early adulthood in healthy individuals. Developmental Neuroscience, (DOI:10.1159/000345152) Published Online: December 21, 2012 .
  4. Sakai T, Matsui M, Mikami A, Malkova L, Hamada Y, Tomonaga M, Suzuki J, Tanaka M, Miyaba-Nishiwaki T, Makishima H, Nakatsukasa M, Matsuzawa T: Developmental patterns of chimpanzee cerebral tissues provide important clues for understanding the remarkable enlargement of the human brain. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 280 (1753), Published online December 19, 2012 doi: 10.1098/rspb.2012.2398
  5. 三浦佳代子、足立耕平、小池敦、馬場啓至、松井三枝:左側頭葉前部切除例における言語性記憶障害と記銘方略の関連、心理学の諸領域、1(1)、10-17, 2012
  6. 星野貴俊、松井三枝:健常青年における統合失調型パーソナリテイ傾向とQuality of Lifeとの関連、心理学の諸領域、1(1)、27-34, 2012

資料

  1. 松井三枝:臨床心理専門家養成のための医療実習に関する実態調査、富山大学杉谷キャンパス一般教育研究紀要、40、111-114, 2012

総説

  1. 松井三枝:統合失調症の認知機能改善療法, Schizophrenia Frontier,13(1), 28-33, 2012
  2. 柿本多千代,松井三枝,市田蕗子:ACHDの心理学的特徴と心理的ケア、Heart, 12(12),71-78, 2012

学会報告

  1. Matsui M, Uematsu A, Tanaka C, Tanaka MM, Noguchi K, Takahashi T, Nishijo H, Suzuki M: Age-related volumetric changes of hippocampus and amygdala from healthy infants to adults. International Neuropsychological Society 40th Annuual Meeting, 2012, 2, 15-18, Montreal
  2. Miura K, Matsui M. : A study of factors related to the selection and use of memory strategy: from the perspective of metamemory. 10th Tsukuba International Conference on Memory, 2012, 3.4-6, Tokyo
  3. Matsui M, Takeuchi A, Katagiri M, Matsuda Y, Suzuki M : Deficit in shifts of attention to different levels of global-local stimuli in patients with schizophrenia. Cognition in Schizophrenia 2012: A Satellite Meeting of the Schizophrenia International Research Society , 2012, 4, 14, Florence, Italy
  4. Katagiri, M., Miya, K., Miyawaki, T., Matsui, M. : Do individuals with autism spectrum disorder have deficits in disengagement and/or multimodal processing? The 20th World Congress of the International Association for Child and Adolescent Psychiatry and Allied Professions, 2012, 7, 21 – 25, Paris, France.
  5. 片桐正敏、松井三枝、河西哲子、室橋春光: LocalからGlobalへの注意の切り替えの問題―アスペルガー症候群での検討―. 富山大学大学院生命融合科学教育部シンポジウム、2012、1,12、富山
  6. 松井三枝、植松明子、田仲千秋、梅野克巳、高橋努、野口京、鈴木道雄、西条寿夫: Developmental Trajectories of Hippocampus and Amygdala from Infancy to Early Adulthood in Healthy Individuals. 富山大学大学院生命融合科学教育部シンポジウム、2012、1,12、富山
  7. 柿本多千代,松井三枝,市田蕗子,平井忠和,芳村直樹:先天性心疾患患者の心理的特徴、第14回日本成人先天性心疾患学会、2012, 1, 14-15, 東京
  8. 白石公,丹羽公一郎,賀藤均,落合亮太,市田蕗子,市川肇,池田智明,中西宣文,赤木禎治,八尾篤,中西敏雄,松井三枝,城戸佐知子:成人先天性心疾患の診療体制の構築、第14回日本成人先天性心疾患学会、2012, 1, 14-15, 東京
  9. 片桐正敏、松井三枝:抽象的推論と実行機能の関係、日本発達心理学会第23回大会、2012, 3, 9-11、名古屋
  10. 片桐正敏:実行機能の発達は言語発達を予測する、日本発達心理学会第23回大会、2012, 3, 9-11、名古屋
  11. 伊丸岡俊秀、國見充展、松田幸久、松本圭、松井三枝、西条寿夫:高不安者は課題関連の脅威刺激処理を抑制する、日本心理学会「注意と認知」研究会第10回合宿研究会、2012,3、18-20、名古屋
  12. 片桐正敏、河西哲子、松井三枝、室橋春光: アスペルガー障害は局所から広域への注意レベルの切り替えの困難を抱えている、日本認知心理学会第10回大会、2012,6,2-3、岡山
  13. 白石公, 丹羽公一郎, 賀藤均, 八尾厚史, 市田蕗子, 松井三枝, 市川肇, 大内秀雄, 中西宣文, 池田智明, 赤木禎治, 厚生労働省研究班「成人に達した先天性心疾患の診療体制の確立に向けた総合的研究」、第48回日本小児循環器学会学術集会、2012, 7, 5-7, 京都
  14. 松井三枝、柿本多千代,市田蕗子,中澤潤、八木原俊克:ベイリー検査の有用性と臨床応用、サテライトシンポジウムBayley式乳幼児発達評価法第3版実践講習会、第48回日本周産期・新生児医学会学術集会、2012, 7, 8, 大宮
  15. 星野貴俊、松井三枝:統合失調症患者における運転行動の実態と認知特性―家族へのアンケート調査による予備的検討―、第182回北陸精神神経学会、2012, 7, 15, 福井
  16. 三浦佳代子、松井三枝:学習判断における記憶方略の影響、日本心理学会76回大会、2012,9,11-13、東京
  17. 松本圭、西山志満子、村中泰子、瀧波賢治、松井三枝:勤労者を対象とした短期集団認知行動療法の効果―セッション毎の気分変化の検討―、日本心理学会76回大会、2012,9,11-13、東京
  18. 西山志満子、松本圭、村中泰子、瀧波賢治、松井三枝:勤労者を対象とした短期集団認知行動療法の効果―介入前後における効果指標の検討―、日本心理学会76回大会、2012,9,11-13、東京
  19. 松井三枝:ワークショップ「覚醒下手術と神経心理学」指定討論、日本心理学会76回大会、2012,9,11-13、東京
  20. 松井三枝:ワークショップ「コミュニケーション基盤の発達と脳機能の特殊化・可塑性」指定討論、日本心理学会76回大会、2012,9,11-13、東京
  21. 三浦佳代子、松井三枝:健常者における言語性対連合課題時の記憶方略利用と情動の関連、第36回日本神経心理学会総会、2012,9,14-15、東京
  22. 大塚貞男:心理検査結果に基づく認知面の変化に関する検討―問題解決に焦点を合わせて介入を行なった解離性障害の事例―、日本心理臨床学会第31回大会、2012, 9, 14, 日進、愛知
  23. 三浦佳代子、松井三枝:課題遂行方略の効果的利用に対するアパシーの影響、第17回日本認知神経科学会学術集会、2012, 9, 29-30, 東京
  24. 星野貴俊、松井三枝:大学生における統合失調症型パーソナリテイとQuality of Lifeの関連、第17回日本認知神経科学会学術集会、2012, 9, 29-30, 東京
  25. 田中ミルタ恵、松井三枝:脳梁形態の健常発達―MRIによる検討―、第17回日本認知神経科学会学術集会、2012, 9, 29-30, 東京
  26. 三浦佳代子、松井三枝:メタ記憶のモニタリング機能に関する研究~学習判断の正確さに対する抑うつ・前頭葉機能の影響~(大会発表賞)、第47回北陸心理学会大会、2012, 10, 27, 金沢
  27. 片桐正敏、宮一志、松井三枝:注意からみた自閉症スペクトラム障害のマルチモーダル処理、第47回北陸心理学会大会、2012, 10, 27, 金沢
  28. 片桐正敏:自閉症スペクトラム障害のある子どもにおけるマルチモーダル処理、第53回日本児童青年精神医学会総会、2012, 11, 1, 東京
  29. 酒井朋子、平田聡、竹下秀子、松井三枝、三上章允、濱田譲、松沢哲郎:胎児期から乳児期の発達原理に基づくヒトの大脳化の進化的基盤の解明、第66回日本人類学会大会、2012、11,2-4、東京
  30. 星野貴俊、松井三枝:統合失調症型パーソナリテイと主観的認知機能評定との関連、第12回精神疾患と認知機能研究会、2012, 11,10, 東京
  31. 星野貴俊、松井三枝:統合失調症患者の運転行動と日常的認知機能との関連―家族への調査の検討から―、第5回運転と認知機能研究会、2012、12、1、東京
  32. 松井三枝:統合失調症のための認知リハビリテーションと機能改善、富山大学大学院研究推進事業シンポジウム:神経機能回復の新地平、障害とその代償性潜在能力の生命科学的研究会、2012、12,6、富山
  33. 西山志満子,高橋 努,古市厚志,松岡 理,樋口悠子,住吉佐和子,上野舞里子,松井三枝,住吉太幹,倉知正佳,鈴木道雄: 統合失調症の各病期における自我障害の横断的比較、第16回日本精神保健・予防学会、2012, 12, 15-16, 東京
  34. 星野貴俊、松井三枝:健常青年における統合失調症型パーソナリテイと主観的認知機能との関連、第16回日本精神保健・予防学会、2012, 12, 15-16, 東京

その他

  1. 松井三枝:統合失調症の認知機能と心理的側面1、平成23年度富山市統合失調症家族教室、2012,2,28、富山
  2. 松井三枝:統合失調症の認知機能と心理的側面2、平成23年度富山市統合失調症家族教室、2012,3,8、富山
  3. 片桐正敏:自閉症スペクトラム障害のある子どもの聴覚処理の特異性―近赤外線スペクトロスコピーによる検討―、北陸発達科学研究会、2012, 3, 15, 上越
  4. 松井三枝:統合失調症の理解と認知機能の解明について、富山県立ふるさと支援学校研修会、2012, 6, 18, 富山
  5. 松井三枝:精神疾患における運転特性の研究、とやま産学官金交流会2012、2012,11,14、高岡
  6. 松井三枝::成人に達した先天性心疾患患者の心理・行動の特徴とその関連要因の検討、厚生労働省科学研究費補助金循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業「成人に達した先天性心疾患患者の診療体制の確立に向けた総合的研究」研究成果資料、243-259、2012.

2013年

原著

  1. Tanaka C, Matsui M, Uematsu A, Noguchi K, Miyawaki T: Developmental trajectories of the fronto-temporal lobes from infancy to early adulthood in healthy individuals. Developmental Neuroscience, 34, 477-487, 2012 .
  2. Sakai T, Matsui M, Mikami A, Malkova L, Hamada Y, Tomonaga M, Suzuki J, Tanaka M, Miyaba-Nishiwaki T, Makishima H, Nakatsukasa M, Matsuzawa T: Developmental patterns of chimpanzee cerebral tissues provide important clues for understanding the remarkable enlargement of the human brain. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences, 280 (1753), 20122398; 1471-2954, 2013

資料

     

  1. 松井三枝::臨床心理専門家養成のための医療実習に関する全国大学病院における実態調査、富山大学杉谷キャンパス一般教育研究紀要、41、115-157, 2013

学会報告

  1. Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Tanaka MM, Uda S: Developmental Trajectories of the Fronto-Temporal Lobes from Infancy to Early Adulthood in Healthy Individuals. International Neuropsychological Society 41st Annuual Meeting, 2013, 2, 6-9, Waikoloa, Hawaii
  2. Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Tanaka MM, Uda S: Development of the fronto-temporal lobes from infancy to early adulthood: A structural MRI study. The 36th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuro2013), 2013, 6, 20-23, Kyoto
  3. Sakai T, Mikami A, Hirata S, Takeshita H, Matsui M, Hamada Y, Tomonaga M, Matsuzawa T: estimated prenatal growth patterns of brain volume in chimpanzees versus humans. The 36th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society (Neuro2013), 2013, 6, 20-23, Kyoto
  4. Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Tanaka MM, Uda S, Takahashi T, Suzuki M, Kurachi M: Brain development from infancy to early adulthood: A structural magnetic resonance imaging study. 11th World Congress of Biological Psychiatry, 2013, 6, 23-27, Kyoto
  5. Matsui M, Tanaka MM, Uematsu A, Tanaka C, Uda S, Miura K: Normal Developmental changes of the corpus callosum from infancy to early adulthood. The International Neuropsychological Society 2013 Mid-Year Meeting, 2013, 7, 10-13, Amsterdam
  6. Katagiri M, Miya K, Matsui M: Delayed disengagement of attention in individuals with autism spectrum disorders is caused by difficulty in cross-modal processing. the 10th International Autism-Europe Congress, 2013, 9, 26-28, Budapest, Hungary.
  7. Matsui M: Developmental changes from infancy to early adulthood: a structural magnetic resonance imaging study. Symposium on a 5 year-collaboration in research and training among Vetnum Military Medical University/ University of Toyama/Kanazawa Medical University, 2013, 12, 14, Hanoi, Vietnam
  8. 片桐正敏: Bayley発達検査の特徴:言語および社会―情動と適応行動質問紙、ラウンドテーブル「Bayley発達検査による発達査定」. 第24回日本発達心理学会、2013、3,15-17、東京
  9. 松井三枝: Bayley発達検査を用いた研究、ラウンドテーブル「Bayley発達検査による発達査定」. 第24回日本発達心理学会、2013、3,15-17、東京
  10. 片桐正敏、宮一志、松井三枝:視聴覚同時呈示事態での注意の解放の問題について、第24回日本発達心理学会、2013、3,15-17、東京
  11. 松井三枝:統合失調症と自動車運転、メインシンポジウム「精神疾患と自動車運転」、第109回日本精神神経学会学術総会、2013、5,23-25, 福岡
  12. 松井三枝:臨床神経心理学と神経精神疾患、シンポジウム「神経とこころの発達:基礎講座」、第55回日本小児神経学会総会、2013,6,1,大分
  13. 川名 泉、松井三枝、市田蕗子:診断別による成人先天性心疾患の心理行動的問題の特徴について、第10回先天性心疾患研究会、2013,7,12、東京
  14. 大塚貞男,松井三枝,星野貴俊,三浦佳代子,川名泉,中島允丈,樋口悠子,松岡理,上原隆,高橋努,池田英二,古市厚志,竹内正志,中村祐美子,鈴木道雄:統合失調症への認知機能改善療法の効果研究―記憶方略に着目したグループ・アプローチー、第184回北陸精神神経学会、2013,7,14、富山
  15. 片桐正敏,中川宗英,星野貴俊,松井三枝: 情動刺激の認知的競合事態における前頭前野活動の特徴-近赤外スペクトロスコピーによる検討-、第16回光脳機能イメージング学会、2013,7,20、東京
  16. 三浦佳代子、松井三枝、高嶋修太郎、田中耕太郎:パーキンソン病における系列位置効果と意味的クラスタリング方略利用の効果、第18回認知神経科学会学術集会、2013,7,27-28,東京
  17. 松井三枝:指定討論、大会シンポジウム「高齢者の高次脳機能障害に対する注意機能訓練」、日本心理臨床学会第32回秋季大会、2013,8,26、横浜
  18. 松井三枝、田仲千秋、植松明子、田中ミルタ恵、宇多聡:乳幼児期から成人早期における前頭葉および側頭葉の脳形態発達、第37回日本神経心理学会総会、2013,9,12-13,札幌
  19. 武田俊信、辻由依、西田典子、松井三枝:成人期のADHDにおける単語記憶学習能力、第37回日本神経心理学会総会、2013,9,12-13,札幌
  20. 松井三枝:bio-すなわち認知神経科学からつながる、シンポジウム「臨床につながる心理学研究とは」、日本心理学会第77回大会、2013,9,19-21, 札幌
  21. 松井三枝:先天性心疾患と低体重出生児・早産児の発達特徴の検討、シンポジウム「医学と心理学の連携:BayleyIIIによる発達アセスメント」、日本心理学会第77回大会、2013,9,19-21, 札幌
  22. 三浦佳代子、松井三枝:パーキンソン病における記憶機能の低下とメタ記憶、日本心理学会第77回大会、2013,9,19-21, 札幌
  23. 片桐正敏,星野貴俊,松井三枝:表情反応抑制課題遂行時の前頭葉活動、日本心理学会第77回大会、2013,9,19-21, 札幌
  24. 三浦佳代子、松井三枝、高嶋修太郎、田中耕太郎:パーキンソン病患者における身体活動及び余暇活動と認知機能、精神症状の関連、第7回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス、2013,10,10-12, 東京
  25. 松井三枝、奈良原光隆:自己意識的情動の生起がモラル意識に与える影響―近赤外線分光法による検討、オーガナイズドセッション「NIRSによる感情の評価」、第20回医用近赤外線分光法研究会、2013,10,12,東京
  26. 大塚貞男,松井三枝,星野貴俊,三浦佳代子,樋口悠子,松岡理,鈴木道雄:統合失調症への認知機能改善療法の効果研究―記憶方略に着目したグループ・アプローチー、第13回精神疾患と認知機能研究会、2013,11,2、東京
  27. 松井三枝:企画・司会、シンポジウム「基礎心理学の臨床への応用」、第48回北陸心理学会大会、2013,11,16, 富山
  28. 片桐正敏,中川宗英、星野貴俊,松井三枝:顔刺激を用いた認知的葛藤時の脳血流反応、第48回北陸心理学会大会、2013,11,16, 富山
  29. 星野貴俊,松井三枝、鈴木道雄:統合失調症患者における運転動作特性および臨床的背景との関連、第48回北陸心理学会大会、2013,11,16, 富山
  30. 三浦佳代子、松井三枝:パーキンソン病患者における記憶とメタ記憶的知識の関連、第48回北陸心理学会大会、2013,11,16, 富山
  31. 大塚貞男,松井三枝,星野貴俊,三浦佳代子,川名泉、樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症への認知機能改善療法の効果研究―記憶方略に着目したグループ・アプローチー(大会発表賞)、第48回北陸心理学会大会、2013,11,16, 富山
  32. 星野貴俊,松井三枝:運転シミュレータを用いた統合失調症患者の運転動作特性の検討、第6回運転と認知機能研究会、2013,11, 23, 東京
  33. 三浦佳代子、松井三枝、高嶋修太郎、田中耕太郎:パーキンソン病患者における身体活動および余暇活動と認知機能、精神症状の関連、第37回日本高次脳機能障害学会学術総会、2013, 11, 30, 松江(優秀ポスター賞)
  34. 松井三枝:企画・司会、シンポジウム「高齢化社会の到来と心理学の役割」、日本基礎心理学会第32回大会、2013.12.7-8, 金沢
  35. 川名 泉、松井三枝、市田蕗子:先天性心疾患患者の心理・行動の特徴にその関連要因の検討、第11回先天性心疾患研究会、2013,12,14、千葉

その他

  1. 片桐正敏:言語尺度、社会情動、適応行動尺度:第5回日本版Bayley-III研究会、2013, 4, 27, 東京
  2. 松井三枝:精神疾患における運転行動の実態と運転特性―統合失調症を中心にー、タカタ財団第4回助成研究報告会, 2013, 6, 11 東京
  3. 松井三枝、星野貴俊:精神疾患における運転行動の実態と運転特性―統合失調症を中心にー、タカタ財団助成研究論文集―平成24年度版(中間報告)-、pp1-75, 公益財団法人タカタ財団、東京、2013
  4. 片桐正敏:言語尺度、社会情動、適応行動尺度:日本版Bayley-III予備調査研修会、2013, 6, 22, 大阪
  5. 松井三枝:精神疾患における運転特性検出、トヨタ新技術・新工法展示会、2013, 6, 25-26, 豊田
  6. 松井三枝:統合失調症患者への神経心理学的アセスメントの有用性―認知機能改善療法の開発に向けてー、第1回(平成20年度)臨床心理士研究助成研究報告抄録(一般研究)、臨床心理士報、24(2),(通巻45)、58-60, 2013.
  7. 星野貴俊,松井三枝:統合失調症患者の運転適正を予測する心理学的評価法、とやま産学官金交流会2013、2013,12,3、富山

2014年

著書

  1. 松井三枝:臨床神経心理学的検査法、下山晴彦(編集代表)誠信心理学辞典新版、誠信書房、pp446-449, 2014

原著

  1. Matsui M, Homae F, Tsuzuki D, Watanabe H, Katagiri M, Uda S, Nakashima M, Dan I, Taga G: Referential framework for transcranial anatomical correspondence for fNIRS based on manually traced sulci and gyri of an infant brain. Neuroscience Research, 80, 55-68, 2014.
  2. Katagiri M, Miya K, Matsui M: Difficulty of crossmodal processing in individuals with autism spectrum disorders: An audio-visual gap/overlap paradigm study. Research in Autism Spectrum Disorders, 8, 424-431, 2014.
  3. Takeuchi M, Furuta H, Sumiyoshi T, Suzuki M, Ochiai Y, Hosokawa M, Matsui M, Kurachi M: Does sleep improve memory organization? Frontiers in Behavioral Neuroscience, 8, doi: 10.3389/fnbeh.2014.00065, 2014.
  4. Miura K, Takashima S, Matsui M, Tanaka K: Low frequency of leisure-time activities correlates with cognitive decline and apathy in patients with Parkinson’s disease. Advances in Parkinson’s Disease, 3, 15-21, 2014.
  5. Hakamata Y, Matsui M, Tagaya H: Does neurocognitive function affect cognitive bias toward an emotional stimulus? Association between general attentional ability and attentional bias toward threat. Frontier in Psychology, section Personality and Social Psychology, 5, 881, 2014, doi: 10.3389/fpsyg.2014.00881.
  6. 星野貴俊、松井三枝:統合失調症患者における自動車運転行動実態と日常的認知機能―家族調査による検討―、精神医学、56 (1), 21-27, 2014.
  7. 大宮秀淑、山下聖子、宮田友樹、畠山雪恵、山家研司、松本出、松井三枝、豊巻敦人、傳田健三:前頭葉/実行機能プログラム(FEP)を用いた認知機能改善療法(CRT)に関する実践的研究、臨床精神医学、43 (10), 1525-1532, 2014.

資料

  1. 作田亮一、金沢創、小西行郎、松井三枝:神経とこころの発達:基礎講座、脳と発達、46(2), 140-143, 2014
  2. 松井三枝:高齢化社会の到来と心理学の役割、シンポジウム1企画の趣旨、基礎心理学研究、33(1), 48, 2014

総説

  1. 片桐正敏、松井三枝:小児心身医学に必要な心理検査・発達検査、子どもの心とからだ、22(4) , 278-286, 2014

症例報告

  1. 大宮秀淑、山家研司、松本出、松井三枝、傳田健三:慢性期統合失調症患者に対する認知機能改善療法(CRT)の効果研究―前頭葉/実行機能プログラム(FEP)による症例報告、精神科治療学、29(6), 811-816, 2014.

学会報告

  1. Matsui M, Nakagawa M, Katagiri M, Hoshino T: Brain activity in cognitive conflict using face expression stimuli: A study of near-infrared spectroscopy. International Neuropsychological Society 42nd Annual Meeting, 2014, 2, 12-15, Seattle.
  2. Ohmiya H, Yamashita K, Miyata T, Hatakeyama Y, Yambe K, Matsumoto I, Matsui M, Toyomaki A, Denda K: A practical study on cognitive remediation therapy (CRT) using the frontal/executive program (FEP) for patients with schizophrenia. XVI World Congress of Psychiatry, 2014, 9, 14-18, Madrid, Spain.
  3. 星野貴俊、松井三枝、鈴木道雄:統合失調症患者における運転動作と神経心理学的機能、第185回北陸精神神経学会、2014, 1, 26, 金沢
  4. 大塚貞男,松井三枝,星野貴俊,三浦佳代子,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症への認知機能改善療法は社会機能に効果を及ぼすか―代償的方略に着目してー、第9回日本統合失調症学会、2014, 3, 14, 京都
  5. 星野貴俊、松井三枝、鈴木道雄:統合失調症患者における運転特性と臨床的背景:運転シミュレータによる検討、第9回日本統合失調症学会、2014, 3, 14, 京都
  6. 星野貴俊、松井三枝: 統合失調症患者における自動車運転行動と日常的認知機能、シンポジウム「医学的見地からみる精神障害者の運転技術と安全性」、第110回日本精神神経学会学術集会、2014,6, 26, 横浜
  7. 続木大介、松井三枝、保前文高、渡辺はま、檀一平太、多賀厳太郎:乳児頭部MRIを対象としたマニュアルトレーシングによる脳表マクロアナトミーの解析および代表的な経頭蓋ランドマークと脳溝・脳回との空間マップの作成、第19回認知神経学会学術集会、2014, 7, 26, 東京
  8. 越智大輔、松井三枝、星野貴俊、小野田佑美、吉野修、野村忠雄:高次脳機能障害患者における自動車運転評価ー近赤外線分光法(NIRS)を用いた検討、第19回認知神経学会学術集会、2014, 7, 26, 東京(ポスター賞)
  9. 松井三枝:日本心理学会企画シンポジウム「学士課程における心理学教育の質的保障に関する参照基準の役割:学術会議の参照基準検討部会報告公表を顧みてー」指定討論、日本心理学会第78回大会, 2014, 9, 10-12, 京都
  10. 松井三枝:日本心理学会企画シンポジウムー英語ー「高齢脳の可塑性と認知神経的特徴」指定討論、日本心理学会第78回大会, 2014, 9, 10-12, 京都
  11. 松井三枝:日本心理学会企画シンポジウム「英語論文投稿への道(5)」指定討論、日本心理学会第78回大会, 2014, 9, 10-12, 京都
  12. 松井三枝:公募シンポジウム「顔認知の学習と障害」指定討論、日本心理学会第78回大会, 2014, 9, 10-12, 京都
  13. 星野貴俊、松井三枝:統合失調症患者における運転特性と認知機能、日本心理学会第78回大会, 2014, 9, 10-12, 京都
  14. 中澤潤、松井三枝、久保瑤子、小川翔大:Bayley-III発達検査の検討、日本心理学会第78回大会, 2014, 9, 10-12, 京都
  15. 松井三枝、大塚貞男,星野貴俊,三浦佳代子,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症への代償的方略に着目した認知機能改善療法の効果、第38回日本神経心理学会学術集会、2014, 9, 26, 山形
  16. 松井三枝:医学系における心理学大学院、シンポジウム「北陸の心理学系大学院の歩き方」、第49回北陸心理学会大会、2014, 10, 18, 金沢
  17. 三浦佳代子、松井三枝、高嶋修太郎、田中耕太郎:パーキンソン病患者における神経心理機能と高次生活機能との関連、第49回北陸心理学会大会、2014, 10, 18, 金沢(大会発表賞)
  18. 越智大輔、松井三枝,大塚貞男、星野貴俊、石井政栄、樋口悠子,高橋努、鈴木道雄:統合失調症患者における記憶の組織化と前頭前野の脳活動ーNIRSによる活動、第14回精神疾患と認知機能研究会、2014, 11, 8, 東京
  19. 松井三枝:統合失調症の認知機能は社会機能に影響を及ぼすか、ワークショップ講演、第14回精神疾患と認知機能研究会、2014, 11, 8, 東京
  20. 加藤奏、松井三枝、大屋尚子、吉田丈俊:Bayley乳幼児発達検査に見られる早産児の発達特徴の検討、第11回日本周産期メンタルヘルス研究会学術集会、2014, 11, 13-14, さいたま
  21. 西山志満子、高橋努、古市厚志、樋口悠子、松岡理、松井三枝、住吉太幹、倉知正佳、鈴木道雄:自我障害尺度(SELF28)の開発とそれを用いた統合失調症の病期による横断的比較、第18回日本精神保健・予防学会学術集会、2014, 11, 15-16, 東京
  22. 三浦佳代子、松井三枝、高嶋修太郎、田中耕太郎:パーキンソン病患者における神経心理機能の特徴および高次生活機能との関連、第38回日本高次脳機能障害学会、2014, 11, 28-29, 仙台

その他

  1.  川名泉、松井三枝、市田蕗子:診断別による成人先天性心疾患の心理・行動の特徴とその関連要因の検討、厚生労働科学研究「成人先天性心疾患の診療体系の確立に関する研究」平成25年度第3回班会議、2014,1,10、岡山
  2.  三浦佳代子、松井三枝:パーキンソン病患者における記憶機能の特徴、認知の生涯発達研究会、2014, 1,26, 金沢
  3. 松井三枝:精神疾患における運転行動の実態と運転特性―統合失調症を中心にー、タカタ財団研究者助成インタビュー 2014,1, 28 http://www.takatafound.or.jp/interview/pdfs/140128_02.pdf
  4.  川名泉、松井三枝、市田蕗子:診断別による成人先天性心疾患の心理・行動の特徴とその関連要因の検討、富山大学学術交流会、2014,3,10、富山
  5.  大塚貞男,松井三枝,星野貴俊,三浦佳代子,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症への認知機能改善療法の効果研究―代償的方略に着目したグループ・アプローチー、富山大学学術交流会、2014,3,10、富山
  6.  三浦佳代子、松井三枝、高嶋修太郎、田中耕太郎:パーキンソン病患者における認知機能の特徴、富山大学学術交流会、2014,3,10、富山
  7. 星野貴俊、松井三枝:統合失調症患者の運転行動と認知機能、富山大学学術交流会、2014,3,10、富山
  8.  片桐正敏、宮一志、松井三枝:自閉症スペクトラム障害のある子どもの多感覚統合処理の困難さ、富山大学学術交流会、2014,3,10、富山
  9. 松井三枝、星野貴俊:統合失調症患者の運転特性を認知機能で判断を.Medical Tribune Pro記事(医師のための専門情報サイト)、2014, 3, 26
  10.  松井三枝、川名泉、市田蕗子:診断別による成人先天性心疾患の心理・行動の特徴とその関連要因の検討、厚生労働省科学研究費補助金循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業「成人先天性心疾患患者の診療体制の確立に関する研究」平成25年度総括・分担研究報告書、99-107、2014, 3.
  11. 松井三枝:精神疾患における運転行動の実態と運転特性―統合失調症を中心にー、タカタ財団第5回助成研究報告会、2014, 6, 10, 東京
  12. 松井三枝、星野貴俊:精神疾患における運転行動の実態と運転特性―統合失調症を中心にー、タカタ財団助成研究論文集―平成25年度版(本報告)-、pp1-45, 公益財団法人タカタ財団、東京、2014
  13.  松井三枝:前頭葉と辺縁系の脳形態発達ー認知機能との関連、新学術領域研究「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」平成26年度第1回領域会議、2014, 7, 6, 東京
  14.  川名泉、松井三枝、市田蕗子:成人先天性心疾患患者の心理・行動の特徴とその関連要因の検討、厚生労働科学研究「成人先天性心疾患の診療体系の確立に関する研究」平成26年度第1回班会議、2014,7,13、大阪
  15. 川名泉、松井三枝、市田蕗子:成人先天性心疾患患者の社会心理的問題の報告と提言、厚生労働科学研究「成人先天性心疾患の診療体系の確立に関する研究」平成26年度第2回班会議、2014,9,13、東京

2015年

著書

  1. 松井三枝、柴田多美子、少作隆子:前頭葉・実行機能プログラム(FEP)~認知機能改善のためのトレーニング実践マニュアル(Ann Delahunty、Rodney Morice)・臨床家ガイド付き~.新興医学出版社、東京、2015, ISBN978-4-88002-757-9

原著

  1. Uda S, Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Miura K, Kawana I, Noguchi K: Normal development of human brain white matter from infancy to early adulthood: a diffusion tensor imaging study. Developmental Neuroscience, 37, 182-194, 2015. DOI:10.1159/000373885
  2. Tanaka-Arakawa MM, Matsui M, Tanaka C, Uematsu A, Uda S, Miura K, Sakai T, Noguchi K: Developmental changes in the corpus callosum from infancy to early adulthood: A structural magnetic resonance imaging study. PLoS One, 10(3):e0118760, 2015. DOI: 10.1371/journal.pone.0118760.
  3. Miura K, Matsui M, Takashima S, Tanaka K: Neuropsychological characteristics and their association with higher-level functional capacity in Parkinson’s disease. Dementia and Geriatric Cognitive Disorders Extra 2015;5:271-284 . DOI:10.1159/00038133
  4. Nakagawa M, Matsui M, Katagiri M, Hoshino T: Near infrared spectroscopic study of brain activity during cognitive conflicts on facial expressions. Research in Psychology and Behavioral Sciences, 3 (2), 32-38, 2015.DOI: 10.12691/rpbs-3-2-3
  5. Otsuka S, Matsui M, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: The effectiveness and applicability of compensatory cognitive training for Japanese patients with schizophrenia: a pilot study. Advances in Psychiatry, vol. 2015, Article ID 314804, 12 pages, 2015. doi:10.1155/2015/314804.
  6. Omiya H, Yamashita K, Miyata T, Hatakeyama Y, Miyajima M, Yambe K, Matsumoto I, Matsui M, Toyomaki A, Denda K : The effects of cognitive remediation therapy using the frontal/executive program for treating chronic schizophrenia. Open Psychiatry Journal, in press.
  7. Gaynor JW, Stopp C, Wypij D, Andropoulos DB, Atallah J, Atz AM, Beca J, Donofrio MT, Duncan K, Ghanayem NS, Goldberg CS, Hövels-Gürich H, Ichida F, Jacobs JP, Justo R, Latal B, Li JS, Mahle WT, McQuillen PS, Menon SC, Pemberton VL, Pike NA, Pizarro C, Shekerdemian LS, Synnes A, Williams I, Bellinger DC, Newburger JW; International Cardiac Collaborative on Neurodevelopment (ICCON) Investigators, Pizarro C, Sood E, Bellinger DC, Dunbar-Masterson C, Jonas RA, Newburger JW, Ilardi D, Mahle WT, Lewis AB, Pike NA, Bernbaum J, Clancy RR, Gerdes M, Wernovsky G, Zackai EH, DeMare C, Needelman H, Donofrio MT, Glass P, Jonas RA, Skurow-Todd KB, Jacobs JP, Brosig CL, Ghanayem NS, Mussatto KA, Atz AM, Ohye RG, Pearson G, Williams I, Menon SC, Gunn J, Goldsworthy M, Beca J, Atallah J, Rebeyka IM, Robertson CM, Andropoulos DB, Turcich M, Voigt R, Ibuki K, Matsui M, Kakimoto TM, Yoshimura N, Beck I, Knirsch W, Latal B, Synnes A, McQuillen PS, Miller SP, Colditz PB, Robertson DR, Hövels-Gürich H.: Neurodevelopmental outcomes after cardiac surgery in infancy, Pediatrics, 135(5):816-825, 2015. doi: 10.1542/peds.2014-3825.

症例報告

  1. 宮島真貴、大宮秀淑、山下聖子、松井三枝、山家研司、傳田健三:前頭葉/実行機能プログラムが有効であった成人期自閉スペクトラム症の1例。最新精神医学、20 (2), 169-175, 2015

学会報告

  1. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: Cognitive remediation therapy focusing upon the strategy coaching in schizophrenia. International Neuropsychological Society 43rd Annual Meeting, 2015, 2, 4-7, Denver, Colorado, USA.
  2. Miura K, Matsui M, Takashima S, Tanaka K: Neuropsychological characteristics and their association with high-level functional capacity in Parkinson’s disease, 25th Annual Rotman Conference on “25 Years of Brain and Aging”, 2015, 3, 9-11, Toronto, Canada.
  3. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: Cognitive remediation therapy focusing upon the strategy coaching for Japanese patients with schizophrenia.15th International Congress on Schizophrenia Research, 2015, 3, 29 – 4.1, Colorado Springs, Colorade, USA.
  4. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Higuchi Y, Suzuki M: The effectiveness and applicability of compensatory cognitive training in schizophrenia. Symposium [Cognitive rehabilitation and supported employment for persons with schizophrenia], WPA Regional Congress Osaka Japan 2015, 2015, 6, 4-6, Osaka.
  5. Matsui M, Uda S, Tanaka C, Miura K, Kawana I: Development trajectories of human brain white matter from infancy to early adulthood: a diffusion tensor imaging study.2015 International Neuropsychological Society Mid-Year Meeting, 2015, 7, 1-4, Sydney, Australia
  6. Matsui M:The challenges and tips of oral presentations in english. Symposium “Tips for better oral presentations in the international congress”, The 79th Annual Convention of the Japanese Psychological Assosiation, 2015, 9, 22, Nagoya
  7. Takahashi M, Nakashima M, Matsui M: Normal development change of Broca’s area volume from infancy to early adulthood, International Symposium Adolescent brain & mind and Self-regulation, 2015, 11, 1, Tokyo.
  8. 松井三枝、柴田多美子、大宮秀淑、石井政栄:統合失調症の認知機能改善療法の実践ー前頭葉・実行機能プログラムによるアプローチ、ミニワークショップ「認知リハビリテーション」、第34回日本社会精神医学会、2015, 3, 5-6, 富山
  9. 古市厚志、松岡理、中坪太久郎、今村理沙、薮田歩、山本菜々穂、竹内あゆみ、西山志満子、柴田真由子、宮本嘉明、松井三枝、倉知正佳、鈴木道雄:富山大学附属病院における統合失調症の家族の心理教育ー介入3年後の転帰調査、、第34回日本社会精神医学会、2015, 3, 5-6, 富山
  10. 越智大輔、松井三枝,大塚貞男、星野貴俊、石井政栄、樋口悠子,高橋努、鈴木道雄:統合失調症患者における記憶の組織化と前頭前野の脳活動ーNIRSによる活動、第10回日本統合失調症学会、2015, 3, 27-28, 東京
  11. 宮島真貴、山下聖子、松井三枝、山家研司、傳田健三:前頭葉/実行機能プログラムが有効であった成人期自閉スペクトラム症の1例、第49回日本作業療法学会、2015, 6, 19-21, 神戸
  12. 酒井朋子、三上章允、小牧裕司、畑純一、松井三枝,岡原純子、岡原則夫、井上貴司、佐々木えりか、濱田穣、鈴木樹理、宮部ー西脇貴子、松沢哲郎、岡野栄之:ヒト、チンパンジー、コモンマーモセットにおける脳梁発達の比較研究:ヒト特異的な脳構造の発達機構の解明に向けて、第31回日本霊長類学会、2015, 7, 18-19, 京都
  13. 越智大輔、松井三枝,高橋芳雄、大塚貞男、星野貴俊、石井政栄、笹林大樹、樋口悠子,高橋努、鈴木道雄:統合失調症患者における記憶体制化に関わる脳機能の検討、第18回日本光機能イメージング学会、2015, 7, 22, 東京
  14. 松井三枝,宇多聡、田仲千秋、三浦佳代子、川名泉、植松明子、片桐正敏、野口京:乳児から成人早期にわたる脳白質の発達変化-DTI研究、第38回日本神経科学大会、2015, 7, 30, 神戸
  15. 酒井朋子、小牧裕司、畑純一、三上章允、松井三枝,岡原純子、岡原則夫、井上貴司、佐々木えりか、岡野栄之:コモンマーモセット、チンパンジー、ヒトにおける脳梁の発達様式、第38回日本神経科学大会、2015, 7, 30, 神戸
  16. 中島允丈、高橋芳雄、松井三枝: 大脳皮質前頭葉折り畳み構造の健常発達 ―Gyrification Indexを用いて―, 第20回認知神経科学大会、2015, 8, 8-9, 東京
  17. 續木 大介・多賀 厳太郎・保前 文高・中島 允丈・渡辺 はま・檀一平太・松井 三枝:小児脳のMRI構造画像における脳溝・脳回の形態分析, 第20回認知神経科学大会、2015, 8, 8-9, 東京
  18. 松井三枝,宇多聡、田仲千秋、三浦佳代子、野口京:乳児期から成人早期における脳白質構造の発達変化:拡散テンソル画像による検討、第39回日本神経心理学会、2015, 9, 11, 札幌
  19. 松井三枝、佐藤さやか、大塚貞男、大宮秀淑、菊池安希子:公募シンポジウム「統合失調症の認知機能改善へのアプローチ」、日本心理学会第79回大会, 2015, 9, 22-24, 名古屋
  20. 月浦崇、杉田陽一、山口真美、櫻井芳雄、金沢創、松井三枝:公募シンポジウム「生涯学」の創出にむけて:誕生から死までの統合的アプローチ、日本心理学会第79回大会, 2015, 9, 22-24, 名古屋
  21. 三浦佳代子:小講演「神経内科領域における心理学ーパーキンソン患者の神経心理学的機能に着目して」、司会 松井三枝、日本心理学会第79回大会, 2015, 9, 22-24, 名古屋
  22. 松井三枝,宇多聡、田仲千秋、三浦佳代子、野口京:拡散テンソル画像による脳白質構造の発達変化-乳児から青年までの検討、第37回日本生物学的精神医学会、2015, 9, 25, 東京
  23. 松井三枝:統合失調症の認知機能改善療法は神経可塑性にどこまで寄与するか、公開シンポジウム「心の先端研究の現在とこれから」日本学術会議・心の先端研究と心理学専門教育分科会、2015, 10, 10, 富山
  24. 高橋芳雄、松井三枝、越智大輔、小野田佑美、石井政栄、三浦佳代子、上野照子、大塚貞男、古市厚志、笹林大樹、樋口悠子、高橋努、鈴木道雄:統合失調症の認知機能改善療法による神経可塑性の寄与に関する予備的検討、第15回精神疾患と認知機能研究会、2015、11、14、東京
  25. 星野貴俊、越智大輔、松井三枝、大塚貞男、高橋芳雄、鈴木道雄:統合失調症患者の言語記憶過程における方略利用と脳活動:前頭葉活動と意味的クラスタリング方略の関連、第50回北陸心理学会、2015, 12, 5, 金沢

その他

  1. 松井三枝:前頭葉と辺縁系の脳形態発達ー認知機能との関連、新学術領域研究「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」平成26年度第2回領域会議、2015, 3, 14, 東京
  2. 三浦佳代子、松井三枝、高嶋修太郎、田中耕太郎:パーキンソン病患者における神経心理機能と高次生活機能との関連、第14回北陸パーキンソン病研究会、2015, 7, 4, 金沢
  3. 松井三枝:前頭葉と辺縁系の脳形態発達、新学術領域研究「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」Newsletter, 4, 24, 2015
  4. 松井三枝、川名泉、市田蕗子:診断別による成人先天性心疾患の心理・行動の特徴とその関連要因の検討、厚生労働省科学研究費補助金循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業「成人先天性心疾患患者の診療体制の確立に関する研究」平成26年度総括・分担研究報告書、108-125、2015, 8.
  5. 松井三枝:乳児から成人にわたる脳形態発達変化:脳画像研究から、講演、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所、2015, 9, 3, 東京
  6. 中島允丈、高橋芳雄、松井三枝:MRIによる前頭葉脳回化の発達の検討、平成27年度富山大学若手研究者等の学術交流・発表会、2015, 9, 8,富山

Clinical Activities

Research

RESEARCH INTERESTS

Neuropsychological studies in patients with higher brain dysfunction

Cognitive remediation and neuroplasticity in schizophrenia

Lifelong development of brain structure/function and cognitive function

 

RESEARCH TECHNIQUES

Neurobehavioral psychometric testing;

Neuropsychological or Cognitive Psychological Experiments:

Psychophysiological methods;

Structural and functional neuroimaging methods (MRI, functional MRI, NIRS etc)

 

KEY WORDS

Neuropsychology, Neuroimaging, Schizophrenia, Brain & behavior, Memory, Neurodevelopment, Frontal lobes, Social cognition, Cognitive rehabilitation etc.

Home

Welcome to the Laboratory of Neuropsychology at the Kanazawa University

We conduct neuropsychological research on psychiatric and neurological diseases, brain imaging study, and basic study of cognitive science and clinical neuropsychology. In other words, clinical research on diagnosis and various therapeutic and preventive interventions are conducted by approach of clinical psychology or neuropsychology. In addition, we conduct fundamental research on cognitive psychology, neuropsychology and cognitive science on the relationship between human brain and memory, perception, thought, language, personality, the relation between brain and cognitive function and development, gender and age. The keywords are frontal lobe function, memory, social cognition. With the following specific support, clinical neuropsychological research based on clinical practice and basic research such as cognitive neuroscience aiming at clinical use are carried out.
1.Neuropsychological study on higher brain dysfunction
2.Improvement of cognitive function and neuroplasticity of neuropsychiatric disorders
3.Lifelong development of brain function / cognitive function

Our laboratory welcomes graduate students (master’s and doctoral students) and researchers who are interested in clarifying the mechanism of human cognition and the relationship between brain and mind.
In addition, we collaborate with university affiliated hospitals and conduct clinical training and education for graduate students, trainees etc. We aim to cultivate expertise in neuropsychology.

Education

 

Undergraduate education

 

Graduate education (Master course)

 

Graduate education (Ph.D. course)

 

Post-doctoral education

 

 

Reference

<Clinical Neuropsychology>

Definition of a Clinical Neuropsychologist by APA

National Academy of Neuropsychology

The following description was cited from http://faculty.washington.edu/chudler/csem.html by Eric H. Chudler, Ph.D. with permission.

“Neuroscientist” is actually a general word that describes someone who studies the nervous system. There are many career paths that neuroscientists can take:

Neuroanatomist studies the structure (anatomy) of the nervous system
Neurobiologist studies the biology of the nervous system
Neurochemist studies the chemistry (for example, neurotransmitters) of the nervous system
Neurological Surgeon a physician who performs surgery on the nervous system
Neurologist a physician who diagnoses and treats disorders of the nervous system
Neuropathologist studies diseases of the nervous system
Neuropharmacologist studies the action of drugs on the nervous system and/or behavior
Neuropsychologist studies brain-behavior relationships (especially cognitive functions) in humans
Neurophysiologist studies the physiology of the nervous system.
Physiological Psychologist (also known as a Psychobiologist or Biological Psychologist)
studies the neural basis of behavior
Psychiatrist a physician who diagnoses and treats mental disorders
Psychophysicist studies the relationships between environmental stimuli
(for example, light, sound, or heat) and the
resulting sensations and perceptions that they produce

 

2016年

 

原著

  1. Matsui M, Tanaka C, Niu L, Noguchi K, Bilker WB, Wierzbicki M, Gur RC: Age-related volumetric changes of prefrontal gray and white matter from healthy infancy to adulthood, International Journal of Clinical and Experimental Neurology, 4 (1), 1-8, 2016. doi: 10.12691/ijcen-4-1-1
  2. Omiya H, Yamashita K, Miyata T, Hatakeyama Y, Miyajima M, Yambe K, Matsumoto I, Matsui M, Toyomaki A, Denda K : The effects of cognitive remediation therapy using the frontal/executive program for treating chronic schizophrenia. Open Psychology Journal, 9, 121-128, 2016.
  3. Miyajima M, Omiya H, Yamashita K, Miyata T, Yambe K, Matsui M, Denda K : The effect of cognitive remediation therapy using the frontal/executive program for autism spectrum disorder. International Journal of Psychiatry in Medicine, 51 (3), 223-235, 2016. doi: 10.1177/0091217416651254.
  4. Takahashi M, Matsui M, Nakashima M, Takahashi T, Suzuki M: The callosal size in first-episode schizophrenia patients with illness duration of less than one year: a cross-sectional MRI study. Asian Journal of Psychiatry, in press.
  5. 宮島真貴、大宮秀淑、山家研司、松井三枝、傳田健三:自閉スペクトラム症に対する前頭葉/実行機能プログラムを用いた認知機能改善療法の効果研究。作業療法、35(1), 22-31, 2016.
  6. 安岡香苗、松井三枝、松岡理、鈴木道雄:アルツハイマー病および軽度認知障害における脳形態,脳機能,神経心理機能の関連-VSRAD,eZISと簡易神経心理検査を用いて―、富山大学医学会誌、26(1), 18-24, 2015.

紹介

  1. 松井三枝、大塚貞男:代償的認知トレーニング (Compensatory Cognitive Training : CCT) 日本語版の紹介、精神医学、58 (3), 245-253, 2016.

学会報告

  1. Matsui M, Takahashi M, Nakashima M, Takahashi T, Suzuki M: Corpus callosum morphorogy in patients with first-episode schizophreia: association with negative symptoms. International Neuropsychological Society 2016 Mid-Year Meeting, 2016, July, 6-8, London
  2. Matsui M, Sato S, Mogami T, Kikuchi A, Kurtz M: Cognitive remediation therapy for schizophrenia, Symposium,The 31st International Congress of Psychology, 2016, 7, 24-29, Yokohama
  3. Matsui M, Otsuka S, Hoshino T, Miura K, Takahashi M: Compensatory cognitive training for schizophrenia, Symposium,The 31st International Congress of Psychology, 2016, 7, 24-29, Yokohama
  4. Midorikawa A, Koyama S, Ramon L, Matsui M: Do neuropsychological case studies belong to the past? Why are cases studies majorities in Japan?, Symposium, The 31st International Congress of Psychology, 2016, 7, 24-29, Yokohama
  5. Takahashi M, Nakashima M, Matsui M: developmental change of Broca’s area from infancy to early adulthood in healthy individuals, Poster session, The 31st International Congress of Psychology, 2016, 7, 24-29, Yokohama
  6. 松井三枝: Developmental changes of brain morphometry from healthy infancy to adulthood -Brain imaging study. 招待講演、オーガナイズドセッション「マルチモーダル脳情報研究の最前線~基礎から応用まで~」、第55回日本生体医学工学会大会、2016, 4, 28, 富山
  7. 酒井渉、野口裕之、森田美弥子、鈴木健一、立瀬剛志、松井三枝:新入学時のスクリーニングテストにおけるカットオフポイントの有効性の検討ー主として連携との関連からー、日本コミュニテイ心理学会第19回大会、2016, 6, 25-26, 宇都宮
  8. 高橋芳雄、松井三枝、中島允丈、高橋努、鈴木道雄:初発統合失調症患者を対象にした脳梁の形態学的研究、2016, 7, 20-22, 第39回日本神経科学大会、横浜
  9. 松井三枝、徳里海智子、金城美穂、大塚貞男、永井康司:統合失調症の心理社会的介入の実際とこれから、自主シンポジウム、日本心理臨床学会第35回秋季大会、2016, 9, 4-7, 横浜
  10. 大宮秀淑、松井三枝、平安良二:統合失調症の認知機能改善へのアプローチ:より効果的な介入方法の構築に向けてー、日本心理臨床学会第35回秋季大会、2016, 9, 4-7, 横浜
  11. 緑川晶、松井三枝、平林一、宮森孝史:シンポジウム「心理学からみた症候学」、第40回日本神経心理学会、2016, 9, 15-16, 熊本
  12. 松井三枝、高橋芳雄、中島允丈、高橋努、鈴木道雄:初回エビソード統合失調症患者における脳梁サイズ、第16回精神疾患と認知機能研究会、2016, 11, 5, 東京

その他

  1. 松井三枝:前頭葉と辺縁系の脳形態発達ー認知機能との関連、新学術領域研究「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学」平成27年度第2回領域会議、2016, 1, 24, 東京
  2. Takahashi M, Matsui M : The strctural depelopment of Broca’s area. International Symposium ” How Humans evolved supersize brains – The grows of th brain” 2016, 3, 28, Toyama.
  3. Kawasaki Y, Matsui M, Yoshida T : Early assessment of brain by MR imaging segmentation in small-for-gestational-age infants. International Symposium ” How Humans evolved supersize brains – The grows of the brain” 2016, 3, 28, Toyama.
  4. Hiraiwa A, Ibuki K, Watanabe K, Matsui M, Ichida F: Neurodevelopmental outcome in children with congential heart disease. International Symposium ” How Humans evolved supersize brains – The grows of the brain” 2016, 3, 28, Toyama.
  5. 松井三枝,小森憲治郎、山口加代子:「医療分野における心理学の広がりを考えるII」、日本心理学会公開シンポジウム、2016,11,26、東京
  6. 松井三枝:巻頭言、心理学の諸領域、5 (1), 1, 2016.

大学院

金沢大学で神経心理学、医療心理学、臨床認知科学、臨床心理学等の専門的研究を行ないたい方および専門的教育・トレーニングを受けたい方は下記の大学院へ入っていただくことがよろしいかと思います。

<「専門家への道」モデルコース>

1.心理学等の学士取得→人間社会環境研究科人文学専攻認知科学分野修士課程→医薬保健学総合研究科医学専攻臨床認知科学分野博士課程→研究者ないしは臨床家等

2.心理学等の学士取得→新学術創成研究科融合共同科学専攻臨床神経心理学分野博士前期課程→同博士後期課程→研究者ないしは臨床家等

 

人間社会環境研究科人文学専攻学際総合型プログラム認知科学分野(修士課程)

医薬保健学総合研究科医学専攻臨床認知科学分野(博士課程)

新学術創成研究科融合共同科学専攻臨床神経心理学分野(博士前期課程・後期課程)

上記すべての大学院において、当研究室では、臨床神経心理学、医療心理学、臨床心理学といった臨床関連の研究とその基礎研究として認知心理学や認知脳科学の研究も行なうことが可能です。

臨床神経心理学は、心理学の中に位置づけるとすると、基礎心理学と臨床心理学双方にまたがる領域といえます。すなわち、科学的なアプローチとともに、対象は臨床医学に関わる分野であるので、個人へのアプローチをも重視します。したがって、4年制大学において、基礎心理学をある程度学んだことのある人、ないしは、カウンセリング等の臨床心理学の基礎をある程度学んだことのある人を当教室では歓迎いたします。また、学部の辺縁領域としては、言語学、教育心理学、人間工学、リハビリテーション学、看護学、保健学、健康科学等を学部で学んでこられた方も相談に応じえます。博士課程においては、この他、認知神経科学や臨床神経心理学について深めるための様々な専門の基礎を修士課程までに習得されている人が可能です。

修士課程の認知科学分野では修士(学術)、博士課程の臨床認知科学分野では博士(医学)を修了時、取得することになります。なお、金沢大学大学院修士課程については、国家資格となる公認心理師のためのカリキュラムを学内で準備中です。金沢大学学士課程の公認心理師カリキュラムは令和1年度から開始されています。

融合科学大学院に入られた場合は、博士前期課程では修士(融合科学)、博士後期課程では博士(融合科学)を修了時、取得することになります。

卓越大学院プログラム 上記いずれかの博士入学予定者は令和2年4月よりはじまるプログラムに応募することができます。経済的支援がここでは充実しています。

 

これまでの大学院生の研究テーマ

<修論論文>

平成16年度修士課程修了

「単語記憶課題施行中の前頭前野の血流動態―近赤外線分光法を用いた検討―」

「統合失調症における自我障害尺度の開発」

平成17年度修士課程修了

「統合失調症に対する認知リハビリテーションの効果研究」

「統合失調症患者と健常者における概念構造の比較検討」

「日本版神経心理学検査RBANSの開発」

「高校生における妄想的観念に関する研究」

「機能的脳画像を用いた社会的認知機能の研究」

「気分障害における表情認知の研究」

「頚動脈高度狭窄症における認知機能障害」

「アルツハイマー病患者の神経心理学的機能―横断的および縦断的研究」

平成18年度修士課程修了

「被注察感および妄想傾向が視線感知に及ぼす影響」

平成19年度修士課程修了

「諺テストによる統合失調症患者の思考障害評価法の開発」

「自己意識的情動の生起がモラル意識に与える影響―近赤外線分光法による検討―」

「メタ記憶が記憶方略に及ぼす影響-NIRSによる脳活動との関連-」

平成20年度修士課程修了

「自閉症スペクトラム障害における社会的認知と前頭葉機能の発達の関連性」

「初期アルツハイマー患者における潜在・顕在記憶機能の研究」

平成22年度修士課程修了

「統合失調症患者における運転能力と視覚的情報処理の関連性―運転シミュレーターを用いた研究」

「系列動作課題遂行時の脳機能―近赤外分光法による検討」

平成23年度修士課程修了

「Developmental trajectories of hippocampus and amygdale from infancy to early adulthood in typically developing healthy individuals」

「アルツハイマー病および軽度認知障害における脳形態、脳機能、神経心理機能の関連―VSRAD, eZISと簡易神経心理検査を用いてー」

平成24年度修士課程修了

「表情刺激を用いた認知的葛藤状態における脳活動―近赤外分光法(NIRS)を用いた検討―」

「Normal development of the corpus callosum: Morphometric analysis using MRI」

平成25年度修士課程修了

「統合失調症への認知機能改善療法へ効果研究―代償的方略に着目したグループ・アプローチ」

平成26年度修士課程修了

「成人先天性心疾患患者の心理的特徴の検討」

平成27年度修士課程修了

「統合失調症患者における記憶の組織化と前頭前野の脳活動ー近赤外線分光法(NIRS)による検討ー」

「MRIによる前頭葉脳回化の発達の検討」

平成29年度修士課程修了

「統合失調症における認知機能の主観評価と客観評価」

<博士論文>
平成12年度博士取得

「Age-related volumetric changes of brain gray and white matter in healthy infants and children」

平成14年度博士取得

「Gray matter features of schizotypal disorder patients exhibiting the schizophrenia-related code types of the Minnesota Multiphasic Personality Inventory.」

平成16年度博士取得

「Volume reduction of the amygdala in patients with schizophrenia: a magnetic resonance imaging study.」

平成21年度博士取得

「Development of a Self-disturbance Scale from the Minnesota Multiphasic Personality Inventory.」

平成24年度博士取得

「Developmental Trajectories of the Fronto-Tempotal Lobes from Infancy to early Adulthood in Healthy Individuals.」

平成26年度博士取得

「Normal development from Infancy to early Adulthood : a diffusion tensor imaging study.」

「Neuropsychological characteristics and their assciation with high-level functional capacity in Parkinson’s disease.」

入試についての問い合わせ先

修士課程:〒920-1192 金沢市角間町  金沢大学人間社会系事務部学生課学務係

TEL 076(264)5601    E-mail:n-jkgaku@adm.kanazawa-u.ac.jp

 

博士課程:医薬保健系事務部学生課医学学務係

TEL 076(265)2121    E-mail:t-igaku1@adm.kanazawa-u.ac.jp

 

金沢大学 学生部学務課大学院係(融合大学院関連学務)

〒920-1192 石川県金沢市角間町
Tel:(076)264-5971
Email:s-yugo@adm.kanazawa-u.ac.jp

大学院生のメンタルヘルス

最近、2つの科学雑誌「Nature」および「Science」が大学院生のメンタルヘルスについての記事を掲載しています。

 

Evans et al「Evidence for a mental health crisis in graduate education」Nature Biotechnology volume 36, pages 282–284 (2018) https://www.nature.com/articles/nbt.4089

⇒この論文を受けた記事 「Time to talk about why so many postgrads have poor mental health」Nature, 556, 5 (2018)  https://www.nature.com/articles/d41586-018-04023-5

2279名の大学院生(91.5%はUSAの学生)への調査の結果、一般人よりも不安・うつなどのメンタルヘルスの問題を感じやすい。

 

Levecque et al 「Work organization and mental health problems in PhD students」 Research Policy

Volume 46, Issue 4, Pages 868-879 (2017) http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0048733317300422

⇒この論文を受けた記事 Pain「Ph.D. students face significant mental health challenges」 Science, April 4 (2017)

http://www.sciencemag.org/careers/2017/04/phd-students-face-significant-mental-health-challenges
3659名のベルギーの大学院生への調査の結果、3分の1の学生がメンタルヘルスの問題を経験したことがある。

 

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2018.180324

原文:Nature (2017-10-25) | doi: 10.1038/nj7677-549a | A love-hurt relationship

Chris Woolston

Natureが世界各国の5700人以上の博士課程学生を対象に行った調査

 

これらの調査からもうかがえることは、世界共通して(おそらく日本においても)、大学院生の研究を成就する道のりにおいて、さまざまな揺れ動きや困難やストレスを感じる場合があると思われます。大学院生を含めた研究者が優れた研究をするためには、心身ともにまず健康であることが大切といえます。

 

したがって、当研究室においても、研究室員全員の健康に常に留意しながら、研究活動を行なってゆきたいと思います。なお、金沢大学全体においても、そのような体制が整備されており、大学のシステムをよく知って適宜利用していただけるといいように思います。

 

メンタルヘルスの支援には3つのレベルがあります。

ひとつめは、日常的にちょっとしたことでも何か心配事などがあった時に、研究室内の風通しをよくして、お互いに気づける関係を普段からつくるようにしましょう。少なくとも毎週1回は全員が集まる研究室のミーテイングをして、最近の状況をそれぞれわかちあいましょう。また、ふだんから何かきづくことがあれば声掛けをし、困ったことがあれば助け合い、安心できる関係づくりを心がけましょう。なお、研究室の親睦を図るために、折に触れて、みんなで懇親会や集いや時には楽しい行事などもいたしましょう。みなさん、自由に思いを話せる場があるといいですね。

 

大事なこととして、研究室内のコミュニケーションをよくしましょう。必要なことは、連絡網をつくり、教員、研究員、大学院生含めて、必ず、情報がみんなに伝わるようにしましょう。また、個別にじっくり指導教員(ないしは他の教員)と話したい場合は、時間をつくりますので、アポイントメントを随時とりましょう。

メンタルヘルスの観点からは、このひとつめのレベルのことがうまくいっていると、予防的に解決できることが多いと思います。

 

ふたつめは、メンタルヘルスの観点からみて、学内の支援を利用する方法です。

研究室内で万が一話しにくいことがあれば、アドバイス教員に話すことができます。これは、金沢大学全体でつくられた窓口で、指導教員以外の先生が各院生ひとりひとりに入学時から修了時までひとりつけていただけますので、相談することができます。また、定期的に困りごとなどなんでも話してみることもできます。また、なんでも相談室(下記の金沢大学のメンタルヘルス対策参照)におとづれて、気軽になんでも相談することもできます。奨学金のことや経済的なことに関して学務に問い合わせることもできます。

 

3つめは、深刻なことが生じたり、メンタルヘルスについての専門的な支援を必要な時の方法です。この場合、保健管理センターにまず相談するのがいいように思います。抵抗がある場合は、研究室員、指導教員、副指導教員、アドバイス教員、なんでも相談室、学務窓口など行きやすいところはどこでも可能です。

 

なお、留学生の場合は留学生センター、発達障害等がある学生さんは障害学生支援室に相談することも可能です(下記金沢大学におけるメンタルヘルス対策を参照)。

 

<その他のこと>

*研究について、金沢大学には、心理学の教員が国際基幹教育院だけでなく、人間社会学域や医薬保健学域に複数おられます。学内ネットワークがありますので、視野を広めるために、いろいろな先生に学業上のコンタクトをとることも可能と思います。万が一行き詰った時には、いろいろな意見をきいてみるのもひとつかもしれません。

 

*経済的なことについて、入学前に、授業料や生活費等、経済的な見通しを自らもってこられることは大事です。奨学金制度などは学生課にご相談ください。博士課程の場合、日本学術振興会による特別研究員の制度https://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_gaiyo.htmlに応募される方法があります。この制度は博士の学生を経済的に支援する良い制度ですが、競争がありますので、応募にあたって十分な準備が必要かと思います。

 

*大学院においては、何より大事なことは自ら研究を成し遂げたいという意志が大事です。研究というのは、修士論文ないしは博士論文に仕上げる道のりにおいて、大変なこともあるかもしれません。しかし、自分の意志や目標や希望がきちんとあれば、乗り越えられると思います。乗り越えたときの達成感を味わっていただけると幸いです。もしも、自身の意志がわからなくなったときは、遠慮なく指導教員や副指導教員ないしはアドバイス教員に随時相談しましょう。

 

以下にご参考までに金沢大学におけるメンタルヘルス対策を抜粋引用いたしました。

金沢大学におけるメンタルヘルス対策

学生サポートガイド

研究内容

臨床研究

脳神経疾患の認知機能研究

平成30年度法人主導(トップダウン)型研究課題が採択されました。平成31年3月16日にキックオフセミナーを行ないました。研究内容については、掲載準備中です。学内のコア・メンバー10名+学内研究協力者3名で構成されたプロジェクトとなっています。

  • 第1回トップダウン研究全体会合 2018年12月18日
  • キックオフセミナー 2019年3月16日
  • 第2回トップダウン研究全体会合 2019年4月15日
  • 第3回トップダウン研究全体会合 2019年5月14日
  • 第4回トップダウン研究全体会合 2019年6月19日
  • 第5回トップダウン研究全体会合 2019年7月30日
  • 第6回トップダウン研究全体会合   2019年9月30日
  • 第7回トップダウン研究全体会合   2019年10月29日
  • 国際シンポジウム 2019年11月3日 於金沢大学サテライトプラザ      シンポジウムポスター20191103E

  • 第8回トップダウン研究全体会合   2019年12月23日

認知リハビリテーションの開発・実施と効果研究

統合失調症のためのよりよい機能を増進し、社会復帰につなげるための認知機能改善療法(Cognitive Remediation Therapy: CRT)はこれからますます重要になってくると思われます。当教室ではそのためのアプローチをおこなうための方法をこれまで検討してきました。現在、とくに、前頭葉・遂行機能の改善をめざすマンツーマン・アプローチと記憶機能の改善をめざすグループ・アプローチに着目しています。
個別アプローチおよびグループ・アプローチのためのセッションごとのマニュアルを作成しました。
*なお、認知リハに関する理論についてはワイクスほか著、松井監訳「統合失調症の認知機能改善療法」金剛出版を御参照ください。前頭葉・遂行機能へのマンツーマン・アプローチのための実践マニュアル(松井・柴田・少作訳および日本人向けへのアレンジ)は別途あります(2015、新興医学出版)1)。 また、記憶機能を中心としたマニュアル(グループおよびマンツーマン・アプローチ)も別途あります(米国UCSD版の翻訳と日本人向けへのアレンジ、松井ほか訳、未公刊)2)。これらについて現在治療効果研究をすすめております。参加にご関心ある方・施設は当方にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

1)FEP(Frontal/Executive Program)は他施設でも行われるようなってきており、HPに紹介されております。

松井三枝:前頭葉・実行機能プログラム(Frontal/Executive Program: FEP) 日本語版、Clinical Neuroscience, 38 (2), 247-249, 2020

2)  松井三枝、大塚貞男:代償的認知トレーニング (Compensatory Cognitive Training : CCT) 日本語版の紹介、精神医学、58 (3), 245-253, 2016.

松井三枝, 稲田祐奈, 蝦名昂大:統合失調症の認知機能改善療法、精神科、32 (3), 204-210, 2018.

科学研究費・その他研究助成

<科学研究費 基盤研究(B)>精神・神経疾患の認知予備力評価法の開発:神経心理学的メカニズムの解明のために(研究代表 松井三枝)                                    
研究期間:2019-2021年度                                 研究計画の概要: 認知予備力について、医療従事者が臨床現場で出会うさまざまな精神疾患や神経疾患の発症から回復への機能的な理解や予後の予測の目的のために適用可能な道具を開発する。認知予備力はそれまでの教育、仕事、余暇活動経験や病前知能などが関連し、それがさらに、さまざまな精神・神経疾患の発症時からの機能に影響を及ぼすことが予測される。ここでは、器質性脳疾患と統合失調症を代表とする精神疾患と認知症について認知予備力と認知機能の関連を検討することにより、疾患に及ぼす影響の差異を検討する。また、脳画像にもとづく脳形態・機能と認知予備力の関連の検討により、神経基盤の解明に寄与することになると考えられる。

<科学研究費 若手研究)>言語発達を考慮した幼児用嗅覚検査の開発 (研究代表 稲田祐奈 研究員)
研究期間:2019-2021年度                                 研究計画の概要:嗅覚異常や嗅覚低下は認知症で認められるが,自閉スペクトラム症(以下,ASD)のように幼少期から嗅覚に困難を伴う疾患が存在する.そこで本申請では,幼児の嗅覚検査の開発を試みる.しかし一から開発するのではなく,既存の成人用嗅覚検査の方法を幼児向けに改変することによって,実用的かつ,最速の完成を目指す.また,成人用検査を幼児に適用する際に問題となる「言語力の乏しさ」を解消する手続きを追加する.さらに,ASD児に同検査を実施し健常児と比較することで,ASD児の嗅覚力の特徴を検討する.また臨床現場での実施に不可欠な手続きの簡便さ,所要時間の短縮化など本検査の実用性の点についても検討する.

<科学研究費 基盤研究(B)>統合失調症の認知機能改善療法は神経可塑性にどこまで寄与するか (研究代表 松井三枝)
研究期間:2014-2017年度
研究計画の概要:
統合失調症のための認知機能改善療法(Cognitive Remediation Therapy: CRT)は「認知過程(注意、記憶、実行機能、社会的認知ないしメタ認知)の持続と般化をともなった改善を目指す行動的トレーニングに基づいた介入」と定義されるが、我が国ではCRTの効果研究はまだ十分にあるとはいえない。本研究では日本人統合失調症患者のためのCRTの効果を検証することである。この際、認知機能障害の改善可能性の検討のために、臨床症状、神経心理機能、日常生活機能の各側面の評価とともに、脳機能画像・脳形態画像を指標として神経可塑性のレベルについても検討する。

<科学研究費 挑戦的萌芽研究>早産児の精神発達と脳形態の関係 (研究代表 松井三枝)
研究期間:2014-2016年度
研究計画の概要:出生後、周産母子センターに入院となった早産児の脳画像および精神発達について、詳細な評価を行ない、両者の関連の検討を行なう。このことによって、脳の発達の途上で出生してくることが精神発達にいかに影響を及ぼす可能性があるのかについて明らかにする。このために、臨床診断のために通常行なわれている脳磁気共鳴画像(Magnetic Resonance Imaging: MRI)と拡散テンソル画像(Diffusion Tensor Imaging:DTI)を撮像し、脳体積と拡散異方性を定量化する。また、ベイリー乳幼児発達検査により、認知、言語、運動および社会・情動発達を詳細に評価し、これらと脳画像の関連性を検討する。

<科学研究費 挑戦的萌芽研究>脳および頭蓋の形態発達と進化 (研究分担 松井三枝)
研究期間:2015-2017年度 : 研究代表 東京大学 多賀厳太郎先生; 研究分担 中央大学 壇一平太先生
研究実績の概要: 新生児から成人に至る脳と頭蓋の形態の特徴点を抽出し、発達によるサイズと形態の変化を明らかにすることを目的とする研究を行った。 ・発達期の頭部MRI画像から頭蓋及び脳の特徴点の抽出 生後2ヶ月から22ヶ月の乳幼児の頭部の磁気共鳴画像(MRI)16ケースを分析の対象とした。頭蓋の特徴点として、鼻根・後頭極・左右耳等の点を定義した。また、大脳皮質の脳回や脳溝の形態を反映する特徴点として、片半球あたり20箇所の点を定義した。複数の判定者が、脳表の再構成画像とスライス画像を参照しながら、特徴点の3次元位置座標を抽出し、それらを元に最終的に解剖学的な見地から特徴点の座標を決定した。 ・頭蓋及び脳の形態の分析 (a) サイズ分析 異なる月齢(年齢)の個人ごとに得られた特徴点の3次元座標から、特徴点どうしの距離を求めた。頭蓋及び脳の全体のサイズや特定の領域ごとのサイズの発達曲線を求めた。前頭葉・頭頂葉・側頭葉・後頭葉あるいは脳回それぞれにおいて、成長速度の違いの有無を検討した。現時点の解析では、サイズの発達に関する領域間の違いに明らかな傾向は認められなかった。
(b) 形態分析(プロクラステス解析、主成分分析等) 異なる月齢(年齢)の個人ごとに得られた特徴点の3次元座標から、サイズに依存しない形態のパターンを抽出するために、プロクラステス解析を行った。プロクラステス変換後の特徴点座標に主成分分析を行った結果、特徴点の個人間変動が、両半球の中心溝内側端および左半球のシルヴィウス溝後枝の屈曲点で大きいことがわかった。この結果は、脳領域間のプロポーションは、生後おおむね定まっている一方、個人間で多様性や左右の非対称性の大きな領域があることを示唆するものである。
上記研究に関連して、頭部 MRI 画像における定量的頭表ランドマーク設定法について新たな方法の開発も行った。

教育内容

金沢大学臨床認知科学研究室(専門は神経心理学、臨床心理学、医療心理学)担当として、下記の教育を行なっています。

学部

国際基幹教育院 GS教育部門(GS教育系)

金沢大学<グローバル>スタンダード」(Kanazawa University “Global” Standard;KUGS)を基軸とした、学士課程教育の基盤をなす授業科目であるGlobal Standard科目(GS科目)のなかで、3.考え・価値観を表現する:論理的構成力や言語表現力を駆使して概念やアイデアを明確に表現し,かつ自己の感性や価値観を的確に他者に伝える能力」のひとつの科目「価値と情動の認知科学」を担当しています。

科目「価値と情動の認知科学」

行動や表現を引き起こすのは、最終的には理性というより、行為者の価値観や態度や情動である。しかもそれらは、往々にして非合理的な要素を多く含み、しかも行為者当人からは隠されている。自己の行動や表現を適切にコントロールし、他者の行動や表現を適切に理解するためには、価値や情動に関する<認知・行動>の仕組みに関する理解が必要となる。学生は、最新の認知科学的な知見から、その理解の端緒を得ることができる。

学域GS科目「医療のための認知心理学」

医療心理学・臨床心理学に関心ある学生さんのために、認知心理学がどのように臨床現場で結びつくのかをアクテイブ・ラーニングを通して学びます。心理系の学生さんや将来医療従事者になることを希望している学生さん向けの授業です。

学部レベル公認心理師カリキュラムは令和元年4月より開始しています!(金沢大学人間社会学域 公認心理師養成プログラムで担当)

 

大学院博士前期課程:修士課程

人間社会環境研究科人文学専攻学際総合型プログラム認知科学分野

この課程において、心理学や認知科学を基盤とした研究指導を行います。当研究室では、認知心理学、臨床心理学の融合的分野である臨床神経心理学の研究を推し進めています。修士課程では、認知心理学よりの研究でも臨床心理学よりの研究でも可能です。心理学、認知科学と医療との融合でもあり得ますので、精神疾患や神経疾患の認知機能障害の解明も推し進めています。当研究室では様々な共同研究も行なっており、広くは脳と心の関係を追及してゆきます。

大学院博士課程

医薬保健学総合研究科医学専攻臨床認知科学分野

心理学、認知科学等いかなる分野の修士課程をも修了し、修士号を取得した人が入ることの可能な大学院です。当研究室では、心理学や認知科学を臨床患者の認知機能や高次脳機能障害の解明に応用したり、診断や治療に役立てるための研究を目指しています。また、脳画像などを駆使して脳と心の解明の人間の認知脳科学研究も行なっています。

融合大学院

新学術創成研究科融合科学共同専攻

(平成30年度4月よりスタート)

こちらの大学院から修士課程に入学されて、当研究室で心理学・臨床心理学・神経心理学・認知心理学に関連した研究を行うことも可能です。

新学術研究科独自の奨学金の制度があります。下記は新学術研究科のサイトよりの引用。

新学術創成研究科の奨学金(給付型)

学生が安心して異分野融合のための学修や研究に集中するために、本研究科独自の給付型奨学金制度を創設します。

給付条件 ・博士後期課程(平成32年度設置計画中)への進学を確約すること・有職者ではないこと

・主任研究指導教員(予定)の推薦があること

給付人数 1学年あたり最大14名
給付額 本研究科に合格した本学の学類4年生 月額 3万円
修士課程1~2年生 月額 5万円
博士後期課程1~3年生(平成32年度設置計画中) 月額10万円
給付期間 本学の学類4年次10月分から博士後期課程修了まで(標準修業年限まで)

卓越大学院プログラム 上記(医薬保健学総合研究科ないし新学術創成研究科)いずれかの博士入学予定者は令和2年4月よりはじまるプログラムに応募することができます。経済的支援がここでは充実しています。

Member

Professor Mie Matsui, Ph.D.
Research Associate Yuna Inada, M.A. (Ph.D candidate)
Research Assistant Yuduki Ueda, M.A.
Graduate Student Kodai Ebina, M. S. (Ph.D Course)

Kuniko Sato, M.S. (Ph.D Course)

Secretary Erisa Carter

ようこそ

精神疾患や神経疾患に対する神経心理学的研究や脳画像研究および臨床心理学・認知心理学・臨床神経心理学・医療心理学に関連した基礎および臨床研究を行なっています。すなわち、乳児から高齢者までそれぞれの年齢に応じた臨床心理学ないし神経心理学の手法を用い、臨床診断やさまざまな治療的および予防的介入に関する臨床研究を行います。また、人間の脳と記憶・知覚・思考・言語・人格との関連,脳および認知機能と発達・性差・加齢との関連について、認知心理学、神経心理学、認知科学による基礎的研究を行ないます。キーワードは前頭葉機能・記憶・社会認知で、以下の具体的な支柱をおき、臨床に根差した臨床神経心理学的研究ならびに臨床に役立つことを目指した認知神経科学といった基礎研究を行っています。

  1. 高次脳機能障害における神経心理学的研究
  2. 神経精神疾患の認知機能改善と神経可塑性への解明
  3. 脳機能・認知機能の生涯発達

当研究室では、人間の認知のメカニズムや脳と心の関係を明らかにすることに関心ある心理学等の大学院生(修士課程と博士課程)や研究員を随時歓迎しています。
さらに、希望があれば、大学附属病院と提携し、大学院生、研修生などに対して、高次脳機能障害や各種精神神経疾患へのアプローチを主体とした臨床研修や教育も随時行ない、神経心理学・臨床心理学・医療心理学に関する専門性を培うことを目指しています。

メンバー

教授 松井三枝
研究員 稲田祐奈
大学院生(博士課程)

 

技術補佐員

事務補佐員

蝦名昂大

佐藤邦子

上田ゆづ葵

カーター絵梨沙

 

お問い合わせ

これは、住所や電話番号などの基本的な連絡先情報が記載されたページです。 問い合わせフォームを追加するプラグインを試すこともできます。