協力研究(国立精神・神経医療研究センター)が受理されました

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所成人精神保健研究部の先生方の下記の協力研究がJournal of Psychiatric Researchに掲載されることに決まりました。神経心理学的評価法について関与させていただきました。

Imai R, Hori H, Itoh M, Lin M, Niwa M, Ino K, Ogawa S, Ishida M, Sekiguchi A, Matsui M, Kunugi H, Akechi T, Kamo T, Kim Y:  Inflammatory markers and their possible effects on cognitive function in women with posttraumatic stress disorder. Journal of Psychiatric Research, in press.

日本統合失調症学会で研究発表しました

研究員稲田さんと院生蝦名君がそれぞれ発表しました。

  • 稲田祐奈,松井三枝,蝦名昂大,中田翔太郎,五十嵐由香梨,門本笑花,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症患者における認知予備能とQOLの関連の検討、第13回日本統合失調症学会、2018, 3, 23, 徳島、(ポスター+口頭発表)
  • 蝦名昂大,松井三枝,稲田祐奈,中田翔太郎,門本笑花,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症患者の認知機能における洞察、第13回日本統合失調症学会、2018, 3, 23, 徳島、(ポスター+口頭発表)

 

院生が学会発表しました

金沢医科大学で開催された第193回北陸精神神経学会で蝦名君が研究の口頭発表をしました。

蝦名昂大,松井三枝,稲田祐奈,中田翔太郎,門本笑花,樋口悠子,鈴木道雄:統合失調症における認知機能の主観評価と客観評価、第193回北陸精神神経学会、2018, 3, 4, 内灘、(口演)